会社などでのマナーの良いコーヒー&ケーキの出し方とは!?

自宅への来客時、喫茶店や会社で、コーヒーやケーキを飲食する機会は、意外と多いですよね。

自宅や、会社での会議や打ち合わせ時に、来客されるお客様にお出しするコーヒーやお茶には、おもてなしの心が込められています。

今回は、大人の接客マナーとして覚えておきたい「コーヒーやケーキの出し方」について説明します。

是非、実践してみて下さい!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自由研究におすすめ!醤油を使った実験をしてみよう!

小学生のお子様がいるご家庭は、毎年自由研究のテーマに悩まされているという方も多いですよね。そ...

誕生日ケーキは生クリームとバタークリームどっちを使う?

誕生日ケーキと言えば、生クリームを使ったものが多いですが、バタークリームを使えば生クリームではで...

江戸時代の天皇と庶民の暮らし紹介!玄米が病気から救った?

江戸時代にも、現代と同じく天皇という存在がいました。その天皇と庶民の暮らしは、まったく違うも...

キャンプ料理を自慢したい!ブログでおしゃれキャンプに挑戦

話題になったグランピングなどが影響して、キャンプブームが到来しています。キャンプブームの火...

二人暮らしの場合、1ヶ月でかかる食費の平均はどのくらい?

二人暮らしの場合、1ヶ月の食費の平均はどのくらいだか知っていますか?今回は年代別に月の平均額...

江戸時代の経済をまわした藩や石高について詳しく知ってみる

江戸時代、経済をまわしていたのは、お金ではなくお米でした。藩や石高という言葉を、小学校の頃に...

玄米を浸水なしで調理する際に圧力鍋を使う場合の疑問と不安

圧力鍋は時短調理に最適の家電で、忙しい女性にはとても使い勝手の良い調理器具となります。玄米も浸...

大人なら知っておきたい!ご飯と味噌汁の正しい配置場所は?

毎日の食卓に登場する「ご飯」と「味噌汁」。あなたの食卓に置かれた、ご飯と味噌汁の配置場所は正...

1歳半の子が食事を噛まずに丸飲み?噛まない原因と改善方法

生後5か月頃にスタートした”離乳食”も1歳半過ぎには卒業を迎えます。食材を柔らかくしたり裏ごし...

ふだん何気なく食べているお米の1合は何人前なの?

和食のときや、お弁当などでも食べているお米。食事内容に気を使っていたり、食費をきちんとさせたい...

味噌煮込みうどんは名古屋!有名店や家庭のレシピをご紹介!

名古屋メシの定番レシピと言えば、味噌煮込みうどんですよね。鍋で煮込むうどんなのに、冬はもちろ...

栄養満点!干し野菜作りのススメ。乾燥は電子レンジで簡単に

野菜をたくさん食べたいけれど、野菜はすぐに悪くなってしまいますし、下処理も面倒ですよね。忙しい...

家庭菜園に挑戦!土づくりや肥料に選ぶ石灰について知ろう

野菜の価格が高騰して、食費がかかるのが大変と憂いている方におすすめなのが、家庭菜園です。初めて...

世界の料理を作ってブログやSNSで披露しちゃおう!

日本のみならず、世界を見てみても素晴らしい料理が存在しています。できることなら、各国すべての料理...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすくなりました。しかし、容器の大きさはど...

スポンサーリンク

ビジネスシーンでのコーヒーの役割

職場では、会議や来客がある時には基本的にコーヒーを出すことが多いようです。
時間が掛かりそうな場合、お茶請けとしてケーキやクッキーなどを添えることもあります。
これは長く喋ることで乾いた喉を潤したり、お客様に緊張を解いてリラックスしてもらうといった意味合いが含まれています。

夏場など、暑い日には冷やしてアイスコーヒーにすることもあります。

紅茶や日本茶などを普段メインに出していた場合、もしそれらを切らしたら、代わりの飲み物としてコーヒーを出します。

カフェインを摂取すれば脳が活発に働くため、会議が長引いても集中力が切れることはありません。
また単調な話し合いが続いていると頭がぼんやりとしてきて考えがまとまらなくなります。
そんな時は眠気覚ましとしても効果を発揮してくれる上に、頭もすっきりと冴えてくるので良い気分転換にもなるでしょう。

なおこのようなお茶にも正しい出し方やマナーなどが決められているため、お茶出しの役割を任された時には、何をどうすれば良いのかを、しっかりと確認しておきましょう。

会社など職場での正しいコーヒーの出し方のポイント

職場で誰かにコーヒーを出す場合、決まった出し方というものが存在するので覚えておきましょう。

まず基本的に、ホットコーヒーは冷まさないように温かいまま、アイスコーヒーはぬるくならないように冷たいまま出して下さい。

出す順番は上座からです。
応接室なら来客から、会議室ならその場にいる人達の中で最も高い役職に就いている人から出していきます。

スプーンはカップの手前に、柄が右側に来るように置きましょう。
持ち手に関しては、ブラックで飲むことを想定した上で、右を向けた状態にして下さい。なおカップに模様や柄、イラストなどが描かれている場合はそちらを優先させます。
絵柄を正面に向けると、ほとんどは持ち手も右側を向くため、それほど悩むことはないはずです。

もしもケーキを一緒に出すのなら、コーヒーを右に、ケーキは左に置いて下さい。
三角形なら尖っている部分を左に向けます。
周りに付いている紙はそのままでも構いません。
とはいえ菓子鉢がテーブルの中央に置かれていることも多いので、お茶請けについてもそこまで気にする必要はないでしょう。

まだまだある正しいコーヒーの出し方を押さえておこう

コーヒーやケーキを来客に出す時には正しい出し方があります。
マナーとして覚えておけば、突然のお客様にも慌てず対応することが出来るでしょう。

まずカップに関しては、先ほど説明しましたが、持ち手が右向きになるようにするということ。これはブラックコーヒーを好む人がすぐに飲めるようにという理由からです。スプーンも同様に、柄を右に向けて下さい。

ですがあくまでも一般的にはこうするようにと言われているだけなので、喫茶店などでは持ち手をあえて左向きにして置くように指導するところもあるようです。
何故かというと、ミルクや砂糖を加える際、左手でカップを押さえ、右手でスプーンを持ってかき混ぜてから、カップやソーサーを回転させて向きを整える場合もあるからです。
カップはなるべく相手の正面に置きますが、資料などがあるなら右側に置きます。
あまりにも端になってしまったり、資料などの上にしか置けなさそう時は一声掛けるようにしましょう。

注ぐコーヒーの量は、カップの7~8分目が良いでしょう。
注ぎすぎると運びにくくなり、途中でこぼれる可能性があります。

コーヒーに合うケーキなどのお菓子ってどんなもの?

コーヒーにはケーキなどのお菓子をお茶請けとして添えることがあります。

それでは具体的にどのようなものを用意すれば良いのでしょうか。

カフェオレやカプチーノ、キャラメルマキアートなど、ミルクの香りや味わいを強く感じられたり、コーヒーそのものに味が付いているタイプには、クッキーやスポンジケーキといった、味があまり強くない焼き菓子が適しています。

アメリカンなど苦味よりも酸味が強いタイプの場合、お菓子もあえて酸味がはっきりと分かるものを組み合わせます。
果物をふんだんに使ったパイやタルトが良いでしょう。

エスプレッソなど苦味を前面に押し出しているタイプなら、逆に甘くてまろやかなお菓子が最適です。
ティラミスやキャラメル、アイスクリームなど、バターや生クリームを使用しているスイーツをオススメします。

なお自分だけならマナーを気にする必要はありませんが、来客がいる時はお茶の出し方にも正しい方法があるので、身に付けておくと役立ちます。

コーヒーとケーキの出し方から食べ終わりまでの良いマナー

コーヒーとケーキにはお客様へ出す時の正しい出し方や、自分に対して出された際のマナーがあるので、頭に入れておけば誰かとお茶を飲むことになっても戸惑わなくて済むでしょう。

基本の考え方は先に説明してきた通りです。
先ほどの出し方を覚えておけば、いざ立場が逆になっても問題ないはずです。

まずスプーンを使う時は、カップの持ち手の位置を見て下さい。
持ち手が右を向いていれば左手はソーサーに、左を向いているならそのまま持ってかき混ぜます。
スプーンの先端だけをコーヒーに入れて、ゆっくり取り出せば水滴が飛び散ることもありません。
後はソーサーの上側に置くだけです。

カップを回転させる場合、左手で右に少し回してから、右手に変えて右回転させます。

ケーキに貼り付いている透明なセロファンなどは、フォークの隙間に挟んで、ぐるりと一周させて巻き取ります。
そのままソーサーの上側に置いて、フォークだけ抜きましょう。
なお職場ならともかく、自宅で出す時はこのような紙を取ってから出して下さい。

食べ終わったら敷いてある紙の上に残ったものや外した紙を載せ、折り畳めるなら包み込んで、上にフォークを置いて下さい。

コーヒーの他にも、ケーキに合う紅茶の飲み方&出し方

ケーキに合うものはコーヒーだけではありません。
紅茶にも最適なものや、正しい出し方が存在します。

バターが効いているお菓子には、アールグレイなど香りの強い紅茶がよく合います。
イチゴなどさっぱりとした酸味のある果物を使ってあるのなら、ダージリンのように癖が少ないものが良いでしょう。

紅茶を出す場合、香りと色を楽しめるように、口が広くて浅いカップを使います。
持ち手の向きはどちらでも構いませんが、カップの柄や模様がどの位置に来るのかをきちんと考えて下さい。
その上で、ストレートならすぐ飲めるように右向きに、ミルクや砂糖などを入れるのなら混ぜやすいように左向きにすると便利です。

どちらにせよ、最初の一口は何も入れずに味わうことをオススメします。

それから必要なら砂糖を加えてかき混ぜ、ミルクティーならかき混ぜて出来た渦の中にミルクを注ぎます。
その後は混ぜないで下さい。

レモンティーは軽くかき混ぜたらレモンを出しましょう。
後は使ったスプーンをソーサーの上側に置き、冷める前に飲みましょう。

マナー=相手を思う心

いかがでしたか。

コーヒーなどの飲み物の出し方1つにおいても、マナーがあるのですね。

大切な方が心地良い時間を過ごせる様に、あなた自身が良いマナーを身につけて、実践できるようにしましょう。

もちろん、提供される方も良いマナーで頂けたら、更に有意義な時間が過ごせるでしょう。