玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

朝のジュース作りはミキサーとジューサーで違いがあるの!?

      2017/03/27

朝のジュース作りはミキサーとジューサーで違いがあるの!?

健康のために、朝、ジュースやスムージーを飲んでいる方は多いのではないでしょうか?

皆さんジュースやスムージーを作るときに、ミキサーやジューサーを使うかで違いがあることをご存知でしたか?

それぞれの特徴についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか? 田楽は豆腐や...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。 しかし、塩分が高くて高...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。 手前味噌とも...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。 後は好きな具材を入れるだ...

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

自家製味噌の製造販売の許可を取る方法と必要な資格の取り方

味噌は材料があれば、誰でも製造をすることができます。 ...

味噌鍋、旬の食材や冷蔵庫のもの全てをおいしく食べる作り方

冬と言えば鍋、鍋の定番のひとつは味噌鍋ですね! 味噌は...

発酵食品パワーをおかず味噌で手軽に!6つの作り方をご紹介

味噌は古くから「医者いらず」と言われるほどの発酵食品で、...

スポンサーリンク


グリーンスムージーとフレッシュジュースの違いについて

毎朝飲むために野菜ジュースを作るとしたら、どんな方法でいきますか?

ミキサーやジューサーで飲む野菜ジュースについてまずは説明しましょう。

【グリーンスムージー】

生野菜+フルーツ+水などを組み合わせてミキサーした野菜ジュース。

最大の特徴は、100%の生の葉野菜が使えること。
葉の部分には美容と健康によいビタミン群、ミネラル、食物繊維が豊富。
野菜類の繊維質は多く、とろみがあって満腹感になります。
ダイエットや美肌にオススメですね。

しかし、お腹の調子が悪いときや病気を患っている方は、消化に負担がかかります。
控えましょう。

グリーンスムージーのポイント
1.果物60%:葉野菜40%が望ましいです。
2.ミキサーによって、野菜果物の細胞壁が破壊され消化吸収しやすい。
3.食物繊維が腸内環境を整え、コレステロールの抑制や血糖値の急上昇を予防。
4.見た目はグリーン色だが、果物の比率が高ければ、飲みやすい。
5.クロロフィル(緑色の色素)不足を補ってくれる野菜の栄養素が豊富。

【フレッシュジュース】

生野菜・フルーツなどをジューサーで絞り出したフレッシュジュース。
ジューサーは低速で絞るため、熱に弱い酵素、ビタミン群が壊れにくいこと。
繊維質が取り除かれ、さらりと飲みやすいです。
お腹にもたれないので、病気を患っている方にオススメです。

 

ミキサーやジューサーによる違いとは?

朝、ミキサーでスムージーを飲む?
ジューサーでフレッシュジュースを飲む?

これらは自分の好みで選ぶこともあります。

ミキサーやジューサーによる違いについて比べてみましょう。

ポイントはのどごし!

【ミキサー(スムージー)の特性】
ミキサーボトルに食材をまるごと入れ、底についたカッターを高速回転させます。
野菜やフルーツを切り刻み、繊維質も切れるので、のどごしはドロっとします。
そのため、味にすこし癖があります。

食材によっては”えぐみ”があって苦味を感じますので、苦手な方も多いと思います。
えぐみや苦味が苦手な方はフルーツを多めに入れましょう。
甘味が増して飲みやすくするのがオススメです!

【ジューサー(フレッシュジュース)】
食材をジューサーの低速ですりおろし、絞り出した水分と繊維質を分離させます。
絞り出した水分だけ飲むので、のどごしはサラッと飲みやすいです。
多種類の野菜だけで作っても、野菜類の独特な味は感じにくいでしょう。

ジューサーで作るフレッシュジュース・ミキサーで作るジュース(スムージー)は、体調や腹の具合に合わせてそれぞれ、飲み分けることもいいかもしれませんね。

 

ミキサーとジューサーで摂取できる栄養素が変わる!

ミキサーとジューサーでの効果的な飲み方があります。

「朝、自分で健康よく飲みたい!」「朝、美容に効果あるなら、それを飲みたい!」

同じ食材の栄養素がミキサーとジューサーでは変わります。
【ミキサー・スムージーでの効果!】

ミキサーで作ったスムージーは、高速回転による摩擦熱でダイエットに効果的な酵素が壊れてしまいます。

効果があるのは、食材をまるごと切り刻み、ビタミン・ミネラル、食物繊維もしっかり摂れること。
フルーツの皮の部分には、栄養素がたくさん含まれていますので、ミキサーでムダなく栄養素を摂ることができます。
無駄なく栄養素を摂る・健康を優先する方にはスムージーがオススメです!

【ジューサー・フレッシュジュースでの効果!】

ジューサーで作ったフレッシュジュースは、低速回転なので酵素を壊すことなく摂取できます。
ダイエット目的の方は、酵素をたくさん摂れるフレッシュジュースがオススメです。

しかし、食物繊維が摂れないため、残った食材の繊維を捨てないで違う料理やスープに入れて作りましょう。
(ミネストローネスープやハンバーグなど)

健康によく、美味しく飲みたい方は、フレッシュジュースがオススメです!

 

朝、ジューサー(フレッシュジュース)かミキサー(スムージー)どっちがいいの?①

もっと深く効果を知ってうまく使い分けましょう。

ダイエットしたい方や酵素をとって健康になりたい方、注目です。

生の果物や野菜は酵素が豊富で、新陳代謝を促進する働きがあり、ダイエットや美容に効果をアップするため、若返りの泉とも呼ばれます。

ジューサーでもミキサーでも生果物・野菜から酵素は摂れます。
しかし酵素は熱に弱いので、高速回転で熱を発するミキサーは不向きです。
多く酵素が摂るならジューサーがいいですね。

でもジューサーの中で、高速タイプだとミキサーと同じように酵素を破壊します。
酵素摂取が目的の場合は、スロージューサーと呼ばれる低速タイプのジューサーを使いましょう。

便秘を解消したいタイプは食物繊維がポイントになります。

ジューサーは、食物繊維を分離するので含まれていません。
便秘解消は、繊維質を摂れるスムージーがいいでしょう。
注意点は、繊維質を摂り過ぎるとかえって便秘になるということです。

 

朝、ジューサー(ジュース)かミキサー(スムージー)どっちがいいの?②

「朝、1杯のジュースでお腹を満たしたい!」

このように満腹感を得たいなら、ミキサー?スムージー?どちらでしょうか。

出来上がりのボリュームがあるのは、そうミキサーです。
飲み物と食べ物の中間くらいの食感でしょう。
コップ1杯でしっかりとした満腹感を得られることもあります。
食物繊維質が分離しないので、ボリューム感が多いからです。

美味しさを優先してジューサーを使う場合でも性能が低いと、ジュースの美味しさが感じられないこともあります。
多少高い価格でも性能の良いスロージューサーが絶対にオススメです。

ダイエット目的なら、スムージーよりもジューサーのほうが続けやすいでしょう。

でも健康目的で合わせてダイエット効果も得るなら、スムージーもオススメしたいですね。
なによりお手入れのしやすさが優れているからです。
部品点数の少なさや手入れのしやすさがミキサーに軍配が上がります。
スムージーが出来上がるまでのスピードは、材料を入れてスイッチを押すだけのミキサーのほうが楽。

でも現在のジューサーは、部品の分解構造が優れているといいます。
片づけや洗いが面倒にならないので、かなり便利。
ジューサーの場合は、どうしても材料を少しずつ押しこむ手間がかかり、ジュースが出来上がるまでのスピードもやや遅いかもしれません。

 

朝はフレッシュジュース、夜はスムージーがオススメ

「朝はジュース、夜はスムージー。これで決まり」

【朝飲む=フレッシュジュース!】

朝は生体リズム的に老廃物を体内から出すサイクルの時間。
朝に余分な老廃物を出さないで、溜め込んでしまう可能性があると、太ったり体が重だるく感じたり、ニキビなどの肌荒れが起こりやすいこともあります。

朝食後、カラダは消化に集中しすぎないようにすることが大切。
消化に負担をかけず、老廃物が排出しやすいようにするフレッシュジュースがオススメなのです。

【夜飲む=スムージー!】

夜8時以降は、栄養素を吸収してゆっくりと休む時間。
寝ている間は、吸収した栄養素がカラダの細胞を補修し、内面からキレイな肌や髪質になっていきます。

そのため、栄養をたくさん摂れて満腹感も得られるスムージーがオススメです。
スムージーの効果はさまざまな美容方法より簡単ですから、女性の方にオススメです。

大事なポイントを覚えましょう。

スムージーやフレッシュジュース=食前に飲むこと。
飲むタイミングは食前でいきましょう。

食後にスムージーやフレッシュジュースを飲んでしまった場合、飲み物は消化のスピードが早く、食べたものを押しながら、腐敗させて皮下脂肪として蓄えるため、ダイエットに向いていません。
なので、食前がオススメです。

効率よく消化する酵素の力で腸内や身体に溜まった宿便、老廃物を外へ出すクレンジング効果あるスムージーやフレッシュジュースを食前にどうぞ。

 

効果を発揮するには継続しましょう

ミキサーで作るスムージーと、ジューサーで作るフレッシュジュースには、それぞれのメリットがあるのですね。

それぞれのメリットについて理解して、効果的に酵素や栄養を摂っていきましょう。

どちらにもたくさんの効果を期待できますが、効果を実感するには継続することが大切です。

自分に合った方法を見付けて、長く続けられるようにしましょう。

 - その他食材