【レシピ集】ヘルシーな手作りお菓子で低カロリーを実現!

「カロリー摂取は控えたいけど、お菓子を食べるのはやめられない!」という方に、ヘルシーな手作りお菓子をおすすめします。

今回は、「おから」「豆腐」「豆乳」「ヨーグルト」「寒天」の5つのヘルシー食材を使ったレシピのご紹介です。

ダイエットでストレスがたまりがちな方も、ヘルシーなお菓子でほっとするひと時を過ごしてみませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

イカをさばいて刺身を作る!肝を使ったオススメレシピとは?

私達に身近な食材のイカ。皆さん、イカは好きですか?イカは刺身や天ぷらなど、生でも火を...

グラニュー糖と上白糖の違いが活かされた料理とお菓子の数々

お砂糖と一言でいっても、種類は様々です。黒砂糖にきび砂糖、三温糖・和三盆と砂糖も色々です。...

いんげんの味噌和えをおいしく食べるレシピとそのアレンジ

みなさんは、いんげんの味噌和えを食べたことはありますか?なかなかメインにはなりにくいメニュー...

味噌汁に合うじゃがいもの切り方とは?じゃがいもの特徴は?

日本の食卓に欠かすことのできない味噌汁。そんな味噌汁の王道の具材の一つに、じゃがいもがあ...

キャベツ100グラムに含まれるカロリーと栄養のおはなし

忙しい毎日に追われ、野菜不足に陥っていませんか。野菜を毎日食べるのって、難しいですよね。...

野菜たっぷり!具だくさんのパスタは600g食べても低カロリー

パスタとは、イタリア語で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む日本語で言う「麺類」を指します...

たけのこと豚肉は相性抜群!味噌料理に灰汁抜き法もご紹介

春が旬のものといえば、たけのこ料理を挙げる方もいるでしょう。今は季節を問わず食べられますが、...

牛肉を使った味噌炒めを作ろう!簡単なコツやレシピもご紹介

「今日はガッツリと牛肉が食べたいな」なんて思う日もあると思います。牛肉を使う調理法は沢山あり...

オーガニックハーブティーがおすすめ!ギフトにもピッタリ!

ハーブティーはカフェインレスのものが多く、カフェインが取れない方でも飲むことが出来ます。妊婦...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなってしまうのが野菜です。その中で唯一、...

どっちを使う?コーヒーに使うマリームやクリープの違いは?

みなさん、コーヒーは好きですか?コーヒーは、毎日の生活の様々なシーンでの「ブレイクタイム」に欠...

おすすめ味噌田楽のレシピとは?なす田楽のアレンジレシピも

味噌田楽と聞くと、実家でおばあちゃんが作ってくれる懐かしいイメージがあります。ただ、実際...

人参をミキサーを使って、飲みやすいジュースにしてみよう!

人参・・・好きな方も、苦手な方もいますよね。人参は、用途が広いので、色々なお料理に使えて...

野菜を冷凍すると、どのくらいの期間保存ができるの?

みなさんは、野菜をどのように保存していますか?常温や冷蔵庫で保存すると、すぐにダメになってし...

オーガニックコーヒーのおすすめは?人気の豆とお店は?

オーガニックが人気です。コーヒーもオーガニックにこだわってみませんか?しかし、そもそもオ...

スポンサーリンク

ヘルシーなお菓子で適正なカロリーを摂取しよう!

ヘルシーなお菓子を探しているということは、ダイエットを目的としている方も多いのではないでしょうか。

しかし、ダイエットと言っても摂取カロリーをゼロにすればいいというわけではありません。

なぜなら、私たちの体は何もしなくても常にカロリーを消費しているからです。

そもそも、人間が一日にどれくらいのカロリーを必要としているかご存知ですか。

身長や年齢、一日の活動量によっても多少の変化はありますが、男性であれば約2000~3000、女性であれば約1500~2500ものカロリーが必要です。

もし、ご自身の摂取カロリーが適正値よりも下回ってしまえば、栄養不足に陥り健康的な体を維持することは難しくなります。

そのため、ダイエットといえども、過剰にカロリーを抑えた食生活は避けなければなりません。

とはいえ、現段階でご自身の摂取カロリーが適正値よりも大きく上回っているのであれば、食事制限を設ける必要があります。

とくに、お菓子などの間食によるカロリー摂取はできるだけ抑えた方がいいでしょう。

そこでこの記事では、「おから」「豆腐」「豆乳」「ヨーグルト」「寒天」の5つに分けてヘルシーな手作りお菓子レシピをご紹介します。

おからを使ったヘルシーお菓子「おからクッキー」

それでは、さっそく低カロリーなヘルシーお菓子をご紹介していきます。

まずは、おからを使った「おからクッキー」です。

今回はおからパウダーを使ったレシピをご紹介します。

◯おからクッキー(約35個分)

【材料】

・おからパウダー 100g
・砂糖 30g
・バター 30g
・卵 1個
・牛乳 50cc前後

【作り方】

①ボウルにおからパウダーと砂糖を入れて混ぜ合わせます。

②角切りにしたバターを加えて手で混ぜましょう。

③バターが全体になじんだら、卵を入れてください。

④牛乳を加えながら固さを調節します。

※生地を手で強く握ったときに指の跡が残るくらいを目安に、牛乳の量を調節してください。

⑤5mmの厚さに生地を伸ばし、型で丸くなるようにくり抜きましょう。

⑥天板にキッチンペーパーを敷き、くり抜いた生地を並べてください。

⑦170度に温めておいたオーブンに、生地を並べた天板を入れ、25分待てば完成です。

豆腐でカロリーを抑えよう!「豆腐スコーン」

次にご紹介する低カロリーなヘルシーお菓子は「豆腐スコーン」です。

豆腐と米粉で、良質なたんぱく質を摂取しましょう。

◯豆腐スコーン(4人分)

【材料】

・米粉 300g
・ベーキングパウダー 16g
・絹ごし豆腐 300g
・砂糖 60g
・サラダ油 大さじ2

【作り方】

①ボウルに絹ごし豆腐と砂糖、サラダ油を入れ、混ぜ合わせます。

②米粉とベーキングパウダーをボウルに振るい入れ、さらに混ぜ合わせてください。

③しっかりと混ぜ合わせたら、2cmの厚さに生地を伸ばしましょう。

④生地を型で丸くくり抜き、天板に並べます。

⑤190度に温めていたオーブンに、生地を並べた天板を入れ、20分待てば完成です。

※20分経つ前に豆腐スコーンの表面が焦げすぎてしまう場合は、アルミホイルを豆腐スコーンの上にのせて、焼き具合を調節してください。

砂糖の代わりにはちみつを使えば、風味豊かで優しい味わいになりますよ。

なめらかな豆乳のお菓子「豆乳レアチーズ」

続いてご紹介するのは、豆乳レアチーズです。

生クリームの代わりに豆乳を使った低カロリーでヘルシーなお菓子で、オーブンで焼く必要もないためとても簡単です。

クリームチーズは冷蔵庫から出し、室温で柔らかくしておきましょう。

◯豆乳レアチーズ(18cm型1台分)

【材料】

〈生地〉

・クリームチーズ 200g
・砂糖 60g
・豆乳 200cc
・レモン汁 大さじ1
・粉ゼラチン 10g
・水 大さじ4

〈台〉

・ビスケット 60g
・はちみつ 大さじ1
・レモン汁 大さじ1

【作り方】

①ビニール袋にビスケットを入れて、細かくなるまでたたきます。

②そこに、はちみつとレモン汁を加え混ぜておいてください。

③粉ゼラチンは水でふやかし、電子レンジで20秒ほど加熱しておきましょう。

④室温で柔らかくなったクリームチーズと砂糖をボウルに入れ、なめらかになるまで混ぜます。

⑤そこに、豆乳とレモン汁を少しずつ混ぜ合わせ、最後に溶かした粉ゼラチンを加えてよく混ぜてください。

⑥型にビスケットで作った台の素を敷き詰め、その上にクリームチーズと豆乳で作った生地を流し込みます。

⑦冷蔵庫で冷やし固めたら完成です。

ヨーグルトでカロリーオフ!「フローズンヨーグルト」

「遅い時間帯のカロリー摂取は控えたいけど、お風呂上がりのアイスがやめられない!」という方には、フローズンヨーグルトがおすすめです。

低脂肪で発酵食品でもあるヨーグルトは、ヘルシー志向の方に選んでほしいものと言えるでしょう。

用意する材料も少なく、作り方もシンプルなので、お菓子作り初心者の方でも簡単に作れるはずですよ。

◯フローズンヨーグルト

【材料】

・無糖プレーンヨーグルト 450g
・はちみつ 大さじ5
・牛乳 大さじ5

【作り方】

①ボウルに材料をすべて入れ、混ぜ合わせます。

②バットやタッパーなどに液を移し、冷凍庫で冷やし固めましょう。

③液が完全に固まるまでの間に、数時間ごとにフォークでかき混ぜ全体を崩してください。

④冷やして崩すを数回繰り返したら、完成です。

時短テクとして、バットやタッパーではなく、ヨーグルトの容器をそのまま使うのもアリですよ。

寒天で和風なヘルシーお菓子に挑戦!「ミルク寒天」

日本の和風デザートでよく使われる寒天も、カロリーを抑えたヘルシーなお菓子作りに役立ちます。

食物繊維もたっぷりの寒天を使って、ミルク寒天づくりにチャレンジしましょう。

今回は、ミルク寒天にフルーツの缶詰をプラスしたレシピをご紹介します。

もちろん、フルーツ抜きでもとてもおいしいですよ。

◯ミルク寒天(4人分)

【材料】

・粉寒天 4g
・水 200cc
・牛乳 400cc
・砂糖 60g
・フルーツの缶詰 お好みで

【作り方】

牛乳は冷蔵庫から出し、室温に戻しておきましょう。

①鍋に水と粉寒天を入れて混ぜ、中火にかけて溶かします。

②沸騰してきたら火を弱め、砂糖を加えましょう。

③2~3分混ぜ合わせたら火を止めてください。

④室温に戻した牛乳を加え混ぜ合わせます。

⑤食べやすい容器に缶詰のフルーツを入れ、混ぜ合わせた液を流し込みましょう。

⑥あら熱が取れたら冷蔵庫に入れ、冷やし固めたら完成です。

ミルク寒天にフルーツを入れるときは、シロップをしっかりと切るようにしてください。

シロップが入ることで、分離の原因になることがあるので注意しましょう。

ヘルシーなお菓子レシピにチャレンジ!

ヘルシーな食材を使えば、お菓子でもカロリーを抑えることができます。

原材料が分かる手作りお菓子なら、罪悪感なく食を楽しめるのではないでしょうか。

今回ご紹介したレシピは、どれもそれほど難しい手順は必要ありません。

お菓子作りに慣れていない方でもチャレンジできるレシピばかりですので、ぜひ一度お試しください。