【レシピ集】ヘルシーな手作りお菓子で低カロリーを実現!

「カロリー摂取は控えたいけど、お菓子を食べるのはやめられない!」という方に、ヘルシーな手作りお菓子をおすすめします。

今回は、「おから」「豆腐」「豆乳」「ヨーグルト」「寒天」の5つのヘルシー食材を使ったレシピのご紹介です。

ダイエットでストレスがたまりがちな方も、ヘルシーなお菓子でほっとするひと時を過ごしてみませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冷凍された魚の上手な冷凍・解凍方法&魚の美味しい調理法!

皆さんは、毎日の食材の買い出しは、小まめに行きますか?それともまとめ買いをしますか?忙し...

サツマイモを栽培するときのポイントはつるにあった

サツマイモの栽培は簡単で、家庭菜園でも人気の野菜です。初心者にも簡単で、枯れた土地でも栽培で...

パスタレシピを増やす!ツナと野菜で栄養バランスもバッチリ

パスタは、老若男女問わず人気がありますよね。主婦や、お料理好きの男女の皆さんは、ご家庭でもパ...

おいしく作ろう!生姜と味噌をつかったアレンジおにぎり

おにぎりに生姜と味噌。白米を圧倒しそうな具材ですが、量やその他調味料を加えれば、まろやかでお...

とろける美味しさ!なすと味噌チーズ!手軽なレシピをご紹介

クセがなくて美味しいなす。調理方法も焼く、炒める、揚げるなど幅広い料理に使えます。でもあ...

大根の保存方法は?干す方法以外もあるの?

秋から冬にかけてが旬の大根。つい買いすぎてしまった、収穫期にたくさんもらってしまった、家庭菜...

ナスを味噌チーズ味で食べるボリュームレシピ

ナスの食べ方には、あっさりした和風のものからコクとボリュームのある中華風や洋風のものまで、いろい...

秋の味覚!味噌汁の具材には旬のさつまいもがおすすめ

秋の旬と聞けば、さつまいもですよね。暑い夏が去り、少し寒くなった秋から冬にかけて、いろいろな...

なすの味噌炒めは人気!牛肉を使うのがおすすめの理由って?

なすは、お漬物にしても美味しいですし、揚げてもジューシーです。そして、炒めると味が染みこみ主...

電子レンジで時短&楽チン!豆腐とキムチを使ったレシピ

いろいろなジャンルのレシピに使える便利な豆腐とピリッとした辛さと歯ごたえが魅力のキムチ。この...

野菜の種類とは?さらに緑黄色野菜と淡色野菜の違いとは?

緑黄色野菜や淡色野菜と聞いたことありますよね?栄養があるもの、栄養が少ないものという違いかな?...

ジャガイモの植え付け方法解説します!連作しても大丈夫!?

春になって、霜が降りる心配がなくなってくると、ジャガイモの植え付けが可能になります。今まで野...

冬こそ味噌ラーメン 本格レシピも人気のちょい足しもご紹介

味噌ラーメンと聞いて冬を思い浮かべる方もいるでしょう。寒い冬にコクのある味噌ラーメンは身体を...

味噌ラーメンに使うスープは何で出汁をとるの?作り方は?

みんなが大好きラーメン。なかでも、味噌ラーメンは子供から大人まで人気の味です。ラーメンと...

鶏肉の優れた栄養とオススメレシピ!お弁当でも美味しく!

鶏肉は、たんぱく質がたっぷり含まれているので、人気の食材です。そして鶏肉はたくさんの部位があって...

スポンサーリンク

ヘルシーなお菓子で適正なカロリーを摂取しよう!

ヘルシーなお菓子を探しているということは、ダイエットを目的としている方も多いのではないでしょうか。

しかし、ダイエットと言っても摂取カロリーをゼロにすればいいというわけではありません。

なぜなら、私たちの体は何もしなくても常にカロリーを消費しているからです。

そもそも、人間が一日にどれくらいのカロリーを必要としているかご存知ですか。

身長や年齢、一日の活動量によっても多少の変化はありますが、男性であれば約2000~3000、女性であれば約1500~2500ものカロリーが必要です。

もし、ご自身の摂取カロリーが適正値よりも下回ってしまえば、栄養不足に陥り健康的な体を維持することは難しくなります。

そのため、ダイエットといえども、過剰にカロリーを抑えた食生活は避けなければなりません。

とはいえ、現段階でご自身の摂取カロリーが適正値よりも大きく上回っているのであれば、食事制限を設ける必要があります。

とくに、お菓子などの間食によるカロリー摂取はできるだけ抑えた方がいいでしょう。

そこでこの記事では、「おから」「豆腐」「豆乳」「ヨーグルト」「寒天」の5つに分けてヘルシーな手作りお菓子レシピをご紹介します。

おからを使ったヘルシーお菓子「おからクッキー」

それでは、さっそく低カロリーなヘルシーお菓子をご紹介していきます。

まずは、おからを使った「おからクッキー」です。

今回はおからパウダーを使ったレシピをご紹介します。

◯おからクッキー(約35個分)

【材料】

・おからパウダー 100g
・砂糖 30g
・バター 30g
・卵 1個
・牛乳 50cc前後

【作り方】

①ボウルにおからパウダーと砂糖を入れて混ぜ合わせます。

②角切りにしたバターを加えて手で混ぜましょう。

③バターが全体になじんだら、卵を入れてください。

④牛乳を加えながら固さを調節します。

※生地を手で強く握ったときに指の跡が残るくらいを目安に、牛乳の量を調節してください。

⑤5mmの厚さに生地を伸ばし、型で丸くなるようにくり抜きましょう。

⑥天板にキッチンペーパーを敷き、くり抜いた生地を並べてください。

⑦170度に温めておいたオーブンに、生地を並べた天板を入れ、25分待てば完成です。

豆腐でカロリーを抑えよう!「豆腐スコーン」

次にご紹介する低カロリーなヘルシーお菓子は「豆腐スコーン」です。

豆腐と米粉で、良質なたんぱく質を摂取しましょう。

◯豆腐スコーン(4人分)

【材料】

・米粉 300g
・ベーキングパウダー 16g
・絹ごし豆腐 300g
・砂糖 60g
・サラダ油 大さじ2

【作り方】

①ボウルに絹ごし豆腐と砂糖、サラダ油を入れ、混ぜ合わせます。

②米粉とベーキングパウダーをボウルに振るい入れ、さらに混ぜ合わせてください。

③しっかりと混ぜ合わせたら、2cmの厚さに生地を伸ばしましょう。

④生地を型で丸くくり抜き、天板に並べます。

⑤190度に温めていたオーブンに、生地を並べた天板を入れ、20分待てば完成です。

※20分経つ前に豆腐スコーンの表面が焦げすぎてしまう場合は、アルミホイルを豆腐スコーンの上にのせて、焼き具合を調節してください。

砂糖の代わりにはちみつを使えば、風味豊かで優しい味わいになりますよ。

なめらかな豆乳のお菓子「豆乳レアチーズ」

続いてご紹介するのは、豆乳レアチーズです。

生クリームの代わりに豆乳を使った低カロリーでヘルシーなお菓子で、オーブンで焼く必要もないためとても簡単です。

クリームチーズは冷蔵庫から出し、室温で柔らかくしておきましょう。

◯豆乳レアチーズ(18cm型1台分)

【材料】

〈生地〉

・クリームチーズ 200g
・砂糖 60g
・豆乳 200cc
・レモン汁 大さじ1
・粉ゼラチン 10g
・水 大さじ4

〈台〉

・ビスケット 60g
・はちみつ 大さじ1
・レモン汁 大さじ1

【作り方】

①ビニール袋にビスケットを入れて、細かくなるまでたたきます。

②そこに、はちみつとレモン汁を加え混ぜておいてください。

③粉ゼラチンは水でふやかし、電子レンジで20秒ほど加熱しておきましょう。

④室温で柔らかくなったクリームチーズと砂糖をボウルに入れ、なめらかになるまで混ぜます。

⑤そこに、豆乳とレモン汁を少しずつ混ぜ合わせ、最後に溶かした粉ゼラチンを加えてよく混ぜてください。

⑥型にビスケットで作った台の素を敷き詰め、その上にクリームチーズと豆乳で作った生地を流し込みます。

⑦冷蔵庫で冷やし固めたら完成です。

ヨーグルトでカロリーオフ!「フローズンヨーグルト」

「遅い時間帯のカロリー摂取は控えたいけど、お風呂上がりのアイスがやめられない!」という方には、フローズンヨーグルトがおすすめです。

低脂肪で発酵食品でもあるヨーグルトは、ヘルシー志向の方に選んでほしいものと言えるでしょう。

用意する材料も少なく、作り方もシンプルなので、お菓子作り初心者の方でも簡単に作れるはずですよ。

◯フローズンヨーグルト

【材料】

・無糖プレーンヨーグルト 450g
・はちみつ 大さじ5
・牛乳 大さじ5

【作り方】

①ボウルに材料をすべて入れ、混ぜ合わせます。

②バットやタッパーなどに液を移し、冷凍庫で冷やし固めましょう。

③液が完全に固まるまでの間に、数時間ごとにフォークでかき混ぜ全体を崩してください。

④冷やして崩すを数回繰り返したら、完成です。

時短テクとして、バットやタッパーではなく、ヨーグルトの容器をそのまま使うのもアリですよ。

寒天で和風なヘルシーお菓子に挑戦!「ミルク寒天」

日本の和風デザートでよく使われる寒天も、カロリーを抑えたヘルシーなお菓子作りに役立ちます。

食物繊維もたっぷりの寒天を使って、ミルク寒天づくりにチャレンジしましょう。

今回は、ミルク寒天にフルーツの缶詰をプラスしたレシピをご紹介します。

もちろん、フルーツ抜きでもとてもおいしいですよ。

◯ミルク寒天(4人分)

【材料】

・粉寒天 4g
・水 200cc
・牛乳 400cc
・砂糖 60g
・フルーツの缶詰 お好みで

【作り方】

牛乳は冷蔵庫から出し、室温に戻しておきましょう。

①鍋に水と粉寒天を入れて混ぜ、中火にかけて溶かします。

②沸騰してきたら火を弱め、砂糖を加えましょう。

③2~3分混ぜ合わせたら火を止めてください。

④室温に戻した牛乳を加え混ぜ合わせます。

⑤食べやすい容器に缶詰のフルーツを入れ、混ぜ合わせた液を流し込みましょう。

⑥あら熱が取れたら冷蔵庫に入れ、冷やし固めたら完成です。

ミルク寒天にフルーツを入れるときは、シロップをしっかりと切るようにしてください。

シロップが入ることで、分離の原因になることがあるので注意しましょう。

ヘルシーなお菓子レシピにチャレンジ!

ヘルシーな食材を使えば、お菓子でもカロリーを抑えることができます。

原材料が分かる手作りお菓子なら、罪悪感なく食を楽しめるのではないでしょうか。

今回ご紹介したレシピは、どれもそれほど難しい手順は必要ありません。

お菓子作りに慣れていない方でもチャレンジできるレシピばかりですので、ぜひ一度お試しください。