和風の醤油パスタに合う食材とは?簡単な作り方もご紹介!

醤油に「塩分が高いイメージ」を抱く方もいるかもしれませんが、ギャバが含まれていたり、加熱によってビタミンが壊れてしまったりするのを制御してくれます。

健康を維持するために上手に活用していきたいですね。

醤油を使った醤油パスタは、あっさりとした味に仕上がるだけでなく醤油の香ばしい香りを楽しむことができます。

では、その醤油パスタに合う食材とはどのようなものがあるでしょうか。

この記事では、醤油パスタに合う食材と、その食材を使用した簡単な作り方もご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プロテインを選ぶなら無添加でオーガニックなものがお勧め!

皆さんはプロテインと聞いて何を連想するでしょうか?プロテインを使用している人というと、筋肉ム...

お菓子作りに欠かせない小麦粉・砂糖・卵!栄養と役割とは?

小麦粉・砂糖・卵はお菓子作りをするときには無くてはならない材料ですよね!それぞれの材料の栄養...

簡単にお菓子が作れて、なおかつ材料も少ないレシピ集

家にある材料で簡単にお菓子が作りたいと思っている方にオススメの混ぜるだけ、焼くだけ、少ない材料で...

体に優しい発酵食品の味噌と豚肉を使ったレシピのご紹介

豚肉を加熱すると、お肉のタンパク質が固まって、硬くなってしまいますよね。お肉を硬くさせないた...

家庭菜園などで大量に大根を収穫したときの保存方法

家庭菜園や貰いもので、大量に大根を手に入れたときに悩むのが、その保存方法です。大量の大根を、...

かぼちゃの栄養と効能、レシピの紹介!簡単かぼちゃお菓子!

調理方法の多いかぼちゃは、多くのご家庭で使われる食材の1つですよね!かぼちゃに含まれる栄養は...

ショートニングの特徴を再確認!代用できるのはバターだけ?

お菓子作りやパン作りが趣味の人にはなじみのある「ショートニング」。実際、どんなものなのか、同じ...

必見!黒糖を使ったレシピは?簡単手作りお菓子を楽しもう!

さとうきびを煮詰めてろ過し凝縮して作られた、自然な甘さが人気の黒糖。栄養価も高く、カルシウムやリ...

精製塩とは?数ある塩の種類と成分を知る

塩を選ぶとき、売り場に行くとその種類の多さに驚きます。天然塩、岩塩、海塩、精製塩とあまり...

家庭菜園でかぼちゃを収穫しよう!日持ちする保存方法を伝授

夏から秋にかけて旬を迎えるかぼちゃは、緑黄色野菜の代表とも言えます。ホクホクした食感と、甘みが...

ホルモンの栄養は?大腸や小腸の違いや珍しい部位のご紹介!

ホルモンといえば、焼肉に鍋や煮込みなど。子供よりも大人に人気の食材ですよね!焼肉では定番...

味噌漬けアレンジって意外に簡単!自宅でできる美味しい漬物

味噌漬けというと値段も高いですし、購入するにはちょっと手を出しにくいですよね。実は、味噌...

タバスコの賞味期限はどれくらい?適した保存方法は?

メキシコで生まれた辛味系の調味料であるタバスコですが、今ではすっかり日本に定着しパスタやピザのお...

ビタミンb群の効能!女性必見ビタミンb2・b6を含む食べ物!

ビタミンb群は、私たち人間の体に必要不可欠な栄養素です。そのためビタミンb群は毎日、食事で摂取す...

大根の保存方法は?干す方法以外もあるの?

秋から冬にかけてが旬の大根。つい買いすぎてしまった、収穫期にたくさんもらってしまった、家庭菜...

スポンサーリンク

鍋1つで簡単!なめたけを使えば醤油パスタがあっという間に完成!

醤油パスタといえば、「きのこ」が合うイメージをお持ちの方も多いかと思います。

和風の醤油パスタといえば、エリンギやしめじ、えのきといったきのこが合います。

しかし、「きのこを使った醤油パスタが食べたい」と思っても、冷蔵庫にない場合もあるでしょう。

そのようなときのために「なめたけ」を常備しておくのがおすすめです。

なめたけは、えのきに味つけがされた物で日持ちします。

「ごはんのおかず」というイメージが強いですが、パスタともよく合います。

それでは、なめたけを醤油パスタの食材にしてみましょう。

●バター香るなめたけ醤油パスタ

【材料】1人分

・パスタ 100g
・なめたけ 1/2ビン
・バター 5g
・醤油 少々
・ネギ、きざみのり(お好みで)

【作り方】

①パスタを表記の時間通り茹でます。

②茹でたパスタを湯切りして鍋に戻します。

③バターとなめたけをパスタとよく混ぜ合わせます。

④醤油で味を調え、お皿に盛りつけます。

⑤お好みで、ネギやきざみのりをのせて完成です。

なめたけ醤油パスタは、バターがほのかに香り食欲をそそる醤油パスタです。

なめたけだけで簡単に仕上がる醤油パスタですが、小松菜やキャベツをプラスすると野菜をとることができるのでぜひお試しください。

大葉でさっぱり!ナスとベーコンの醤油パスタの作り方!

醤油パスタに合う食材といえば、ナスですね。

ナスはベーコンとの相性がいいので、一緒に使ってみましょう。

そして和風テイストとさっぱり感を出すために、大葉を仕上げにのせましょう。

●大葉でさっぱり!ナスとベーコンの醤油パスタ

【材料】1人分

・パスタ 100g
・ナス 1本
・ベーコン 2枚
・大葉 2枚
・にんにくチューブ 少々
・塩コショウ 少々
・醤油 少々
・マヨネーズ 少々
・オリーブオイル 少々

【作り方】

①パスタを表記の時間通りに茹でます。

②ナス・ベーコンは1cmにカットし、フライパンにオリーブオイルしき、先にナスを炒めます。

③ナスを一度お皿に置いて、フライパンでにんにくチューブとベーコンを入れて炒めます。

④フライパンにナスを戻し、塩コショウ・醤油・マヨネーズで味を調えてもう一度炒めます。

⑤パスタをフライパンに入れて混ぜ合わせ、お皿に盛りつけます。

⑥刻んだ大葉を上にのせて完成です。

パスタを茹でている数分の間に食材を炒めるので、短時間で仕上がる醤油パスタです。

ベーコンはこんがりとするくらい炒めるとおいしいですよ。

納豆とカイワレ大根の醤油パスタは大人の味!

和食の食材といえば、納豆もその1つです。

納豆を使った醤油パスタにカイワレ大根をトッピングすると、ピリッと辛い大人向けのパスタになります。

それでは、作り方を見ていきましょう。

●ピリッと辛い!カイワレ大根と納豆醤油パスタ

【材料】1人分

・パスタ 100g
・納豆 1パック
・カイワレ大根 少々
・大根おろし 少々
・バター 5g
・醤油 少々
・コショウ 少々

【作り方】

①パスタを表記の時間通りに茹でます。

②納豆を付属のタレと醤油で混ぜます。

③カイワレ大根を食べやすいように半分にカットしておきます。

④茹でたパスタを湯切りして鍋に戻します。

⑤パスタとバターを混ぜ合わせたら、お皿に盛りつけます。

⑥納豆・大根おろし・カイワレ大根をのせて、仕上げにコショウをふって完成です。

味が足りない場合は、醤油をひとまわしすると味が引き締まりますよ。

ツナを使った醤油パスタの作り方をご紹介!

パスタといえば、ツナは万能な食材です。

醤油パスタのような和風パスタはもちろんですが、トマト系・塩系・クリーム系のパスタにも相性の良い食材です。

さらにツナはパスタだけでなく、サラダのトッピングやおにぎりの具材にできるので、常備しておくと何かと役に立ちます。

それでは、ツナを使った醤油パスタの作り方を見ていきましょう。

●簡単!ツナとタマネギのあっさり醤油パスタ

【材料】1人分

・パスタ 100g
・ツナ 1/2缶
・タマネギ 1/2個
・醤油 大さじ1
・鶏ガラ粉末 小さじ1
・にんにくチューブ 少々
・オリーブオイル 少々
・きざみのり(お好みで)

【作り方】

①パスタを表記の時間通りに茹でます。

②タマネギは薄切りにします。

③フライパンにツナ缶のオイルとオリーブオイルをしき、にんにくチューブを加えてタマネギを炒めます。

④茹で上がったパスタをフライパンに入れて、醤油と鶏ガラ粉末で味を調えお皿に盛りつけます。

⑤お好みで、きざみのりをのせて完成です。

ツナのオイルと鶏ガラ粉末で、コクのあるあっさりした醤油パスタが簡単にできます。

きざみのりだけでなく、小口切りにしたネギや細かく切った大葉とも相性抜群です。

豆苗とトマトのあっさり醤油パスタの作り方は?

醤油パスタと相性のいい食材といえば、豆苗です。

豆苗は一度カットした後も、根を水にひたしておくとまた収穫できる便利な食材です。

その豆苗と、パスタには欠かせないトマトを使った醤油パスタを作ってみましょう。

●豆苗とトマトのトロトロ醤油パスタ

【材料】1人分

・パスタ 100g
・豆苗 1/3パック
・トマト 1個
・醤油 大さじ2
・とろけるチーズ 1枚
・にんにくチューブ 少々
・オリーブオイル 少々
・ブラックペッパー 少々

【作り方】

①パスタを表記の時間通りに茹でます。

②豆苗は食べやすいサイズにカットします。

③オリーブオイルをフライパンにしき、にんにくチューブ加えて香りが出たら、トマトと豆苗を加えて炒めます。

⑤茹で上がったパスタをフライパンに入れて、醤油とブラックペッパーを入れて味を調えます。

⑥最後にとろけるチーズをからませて、お皿に盛りつけたら完成です。

トマトと豆苗はサッと炒めるくらいにすると食感が楽しめます。

トロトロにとろけたチーズと醤油がからまり、まろやかな味になります。

お好みで、ベーコンやひき肉を入れてもおいしいですよ。

めんつゆやお吸い物の素を使うと和風パスタの味が簡単に決まる!?

ここまで醤油パスタの作り方をご紹介してきましたが、醤油パスタのような和風テイストのパスタにしたいときには、醤油だけでなく味つけに「めんつゆ」や「お吸い物の素」を使うのもおすすめです。

めんつゆはダシがきいているので、そのままでもでも味つけは完成します。

ダシの香りを楽しむ和風パスタでいただきましょう。

また、パスタとポン酢も合いますので、暑い夏や、食欲のないときでもさっぱりといただけます。

いつもの和風パスタに飽きたら、ポン酢で味つけをしてみてはいかがでしょうか。

そして、香りを楽しむ和風パスタにするなら、お吸い物の素を使ってみましょう。

特に、キノコのパスタにおすすめです。

松茸のような香りが楽しめるので、高級感のある和風パスタに仕上がります。

醤油を味つけのメインにした醤油パスタだけでなく、めんゆつやポン酢、お吸い物の素などを取り入れたアレンジにチャレンジしてみましょう。

醤油パスタの作り方は簡単!食材を変えて楽しもう!

醤油パスタは、ご紹介した通りさまざまな食材を合わせられます。

きのこやナス、トマトや豆苗といった野菜とも相性がいいですし、和食に欠かせない納豆もおすすめです。

なめたけやツナは常備しておくと、作りたいときに使えるので、あると便利な食材です。

和風パスタは、醤油の味つけをした醤油パスタだけでなく、めんつゆやポン酢、お吸い物の素を取り入れるといつもと違う味や香りを楽しめるでしょう。