玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

1日の摂取&消費カロリーの目安!ダイエット中の女性は必見

   

1日の摂取&消費カロリーの目安!ダイエット中の女性は必見

カロリーは、ダイエットや健康に日々大きく関わってきます。

1日の摂取カロリーと消費カロリーは、ダイエット中の女性にとって、知っておくべきとても大事な数字です。

今回は、1日の摂取カロリーと消費カロリーの目安、基礎代謝を上げる方法などについてご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

基本の味噌汁の作り方!味わい深い「昆布だし」を簡単に作る

味噌汁にはだしが必要不可欠ですが、普段どのようなだし...

カロリーは意外に低い?!ラーメンに含まれる糖質や塩分は?

醤油に味噌、塩といった定番のものから、個性的なラーメ...

ウェイパーを使った簡単鍋レシピ!味噌鍋の味付けはお手の物

野菜や肉、キノコといったたくさんの食材をバランスよく...

味噌は冷蔵より冷凍!気になるおすすめの味噌保存容器とは?

日本の食卓に欠かせない味噌は、どのご家庭にもたいていある...

うどんは炭水化物の中でも低カロリー?ダイエット効果は?

ダイエット中は炭水化物を控える方が多いですよね。 ...

ヨーグルトのホエーは低カロリー&高栄養!有効活用するには

ヨーグルトの上のほうに、分離した水分が溜まっているの...

「醤油チャーハン」の作り方!パラパラにする方法は?

健康に気を遣っていても、たまには香ばしさが食欲をそそ...

味噌の風味を長く楽しむ保存方法とは?常温でも良いの?

味噌は、ほとんどのご家庭で常備されている食品ですよね...

美味しい夏野菜!「ズッキーニ」の味噌汁レシピをご紹介!

「ズッキーニ」は、カリウムやビタミンCを含んでいるの...

食事改善で健康的にダイエット!大切なのは体脂肪率

ダイエットをしている人はどうしても体重に注目しがちだ...

カロリーゼロ甘味料の魅力とは?人気商品の特徴や用途を探る

1973年にお茶の間に初めて登場した、低カロリー甘味料「シュ...

米麹の甘酒はスーパーで買える!手軽な手作り甘酒もご紹介!

アミノ酸を豊富に含み、健康に良い飲み物として、甘酒は近年ブー...

オーガニックや無添加食品はやっぱり安心!おすすめ5選

現代はたくさんの食品に囲まれ食べることに困らない豊かな時代と...

1人暮らし向け電子レンジとオーブンレンジのおすすめ8選!

これから1人暮らしを始める方、1人暮らしで電子レンジやオーブ...

グルテンフリーなパンなら市販のアレルギー除去米粉パンを!

パン屋さんに並ぶさまざまな種類のおいしそうなパン。 そ...

甘酒や麹は市販の健康食品の中でも大人気!おすすめ理由詳細

今の食生活を改めて見つめてみた時に少し不安を感じることはあり...

味噌鍋にご飯を入れて美味しい雑炊を作るレシピをご紹介

味噌鍋を食べた後のスープを使って、うどんや雑炊を作ると美味し...

冬に食べたい味噌煮込み料理のレシピ!人気の食材は?

味噌煮込みの料理というと、恐らく誰もがイメージするのは愛知県...

味噌と豆腐でメインのおかずになる料理の作り方をご紹介

豆腐をそのまま使うだけでなく、より美味しく食べるために、豆腐...

バランスの良い食生活改善はダイエットだけでなく美容効果も

私たちは、食生活改善をすることでダイエットになり美容にも効果...

スポンサーリンク


女性の1日の摂取カロリーと消費カロリーの目安はどれくらい?

成人女性の1日の平均摂取カロリーは1800と言われていますが、1日にあまり動かない女性と、立ち仕事や運動をしている女性とでは、500カロリー程の差があります。

摂取カロリーと消費カロリーについてご紹介します。

摂取カロリーとは、食べ物に含まれている糖質やたんぱく質を、体内に吸収することで得られるエネルギーです。

消費カロリーとは、運動や日々の活動で使われるエネルギーです。

生きていくだけで必要な消費カロリーを基礎代謝と呼び、運動や仕事で消費するカロリーを生活活動代謝と呼びます。

この消費カロリーより摂取カロリーが大きくなってしまうと、体内にカロリーが蓄積し、太る原因になってしまいます。

極端に言ってしまうと、1日の摂取カロリーを基礎代謝カロリー内に収めると、何もしていなくても痩せることができます。

女性の1日の平均基礎代謝は、およそ1200カロリーなので、朝昼晩の食事をそれぞれ400カロリーにすることで、何もせずに痩せることが可能です。

しかしこの基礎代謝も人それぞれ違うので、ダイエットをしようと考えている女性は、しっかりとご自身の基礎代謝量を把握すると良いでしょう。

1日の消費カロリーを増やしてダイエットにつなげよう

女性の1日の平均基礎代謝は1200カロリーと書きましたが、消費カロリー数を増やすことにより、より効率よく摂取カロリーを消費することができます。

これはダイエットの他に、食べ過ぎた時に基礎代謝をあげることにもつながります。

では、どのように消費カロリーを増やせばいいのかご紹介します。

・運動

この方法は、最も消費カロリーを増やすメインの方法でもあります。

運動時間や種類により消費カロリー数は変わりますが、たとえば、ご飯1杯200カロリーを消費するには、ウォーキングだと50分ほど、ランニングだと15分ほどで消費できます。

・家事

実は、家事でもカロリーを消費できます。

家事をやりつつ女性らしさも引き出せて、一石二鳥ですね。

カロリーを一番消費する家事は、部屋の片づけです。

30分程で約120カロリー消費します。

その他、拭き掃除、掃除機がけ、風呂掃除も90カロリー以上の消費が望めます。

ダイエットをかねて、1日ご自宅の掃除にあててみるのもおすすめです。

エレベーターを階段に変える、1駅分歩くなど、1日の生活を少し見直すだけでも消費カロリーを増やすことができます。

女性はヒールのある靴を好んで履くこともあると思います。

ヒールの靴で歩いたほうがカロリーを消費できると言われていますが、足に負担がかかるので、歩くときはスニーカーに履き替えましょう。

基礎代謝を上げることは消費カロリーを増やすより簡単?

基礎代謝は、生きていくうえで消費されるカロリーです。

基礎代謝が高い人は、食べても太らなかったり、何もしなくてもスタイルがいい人が多いです。

女性の1日の基礎代謝は1200カロリー、これをさらに上げて健康的にダイエットにつなげましょう。

・筋肉をつける

筋肉をつけると、それだけで基礎代謝量があがります。

筋肉量を増やすためにも、たんぱく質も一緒に摂取してください。

鶏肉、魚、大豆にたんぱく質が含まれています。

しかし、揚げ物など脂っこい料理は禁物です。

・体をあたためる

冷え性や、生理不順に悩む女性は多いと思いますが、基礎代謝の低下もこれらの原因の1つです。

その他に、冷えからくる血行不良により、肌荒れや乾燥など、女性の敵でもあるトラブルもでてきます。

お風呂にゆっくり浸かり、1日の疲れを取りましょう。

同時にマッサージをすることで、デトックスや脂肪燃焼にもつながります。

・食事

食事でも基礎代謝を上げることが可能です。

1日の消費カロリーのうち、1割はこの食事による消費カロリーです。

食べ物を選ぶことで、効率よく基礎代謝を上げましょう。

脂肪燃焼効果を高める唐辛子、たんぱく質が豊富な肉類、体を温める生姜などがおすすめです。

また、食事のときはよく噛むことでも基礎代謝を上げることができます。

辛い物が苦手な女性は、ホットミルクやホットココアもおすすめです。

女性向けの趣味はカロリーを消費しやすい?

ヨガやエステなど、女性向けの趣味で、どれだけカロリーが消費されるのかについてご紹介します。

・ヨガ

1時間あたりの消費カロリーは平均200カロリー前後と、そこまで消費する印象はありませんが、脂肪燃焼にはとても効率的です。

動きが激しくない分、幅広い年齢層の女性におすすめです。

脂肪燃焼の他に、血行の流れをよくし、デトックスにつながります。

1日の終わりに、お風呂前にヨガをするのもおすすめです。

・岩盤浴

岩盤浴の消費カロリーは、1時間で約150カロリーです。

こちらも少ない印象ですが、運動とあわせて活用すると効率がアップします。

デトックス効果もあり、体の内側からキレイになる実感ができるポイントは、女性にも人気の理由です。

・エステ

痩身エステは、通えば痩せると思っている女性もいらっしゃると思います。

しかし、エステでの施術での消費カロリーは微々たるものです。

この痩身エステは、あくまでカロリーを消費「しやすく」、代謝を上げ「やすく」してくれる体作りの手助けをしてくれるものです。

エステに通うだけでは痩せませんしコストもかかりますが、プロが施術してくれるので、運動や食事に気を付けることができれば、素晴らしい効果の実感が望めます。

痩身エステの効果は、1日の消費カロリーの1~2割程度な場合があるかもしれませんが、1日の終わりにリラックスや癒し、自分へのご褒美にいかがでしょうか。

ミドルエイジ女性の1日の消費カロリーを上げる方法

運動量が少ない人や、加齢でも基礎代謝は低下してしまいます。

成人女性の1日の平均摂取カロリーが1800に比べ、50~60代のミドルエイジ女性は1650カロリーに下がります。

しかし、基礎代謝はいくつになっても上げることが可能です。

とはいえ、1日中動き回るのが困難な女性もいらっしゃいますので、あくまでもご自身の無理のない範囲で、ゆっくり時間をかけて改善していきましょう。

食事量が減った女性は、摂取カロリーはオーバーしなくなったかもしれませんが、たんぱく質などの栄養素の摂取も減少してしまうと、筋肉量も落ちてしまいます。

基礎代謝量も下がるうえに、運動量の低下により怪我にもつながります。

たんぱく質の摂取は大豆からにしたり、生姜や白湯で体温を上げるなどして、きちんと栄養補給をしましょう。

運動は無理のない範囲で行いましょう。

例えば、スクワットは効果的です。

1日10回だけでもいいですし、時間をかけてゆっくりと行うだけでも効果があります。

その際は無理をして深くしゃがみこまずに、てすりにつかまって、ひざに負担のかからないようにしてください。

1日の回数は少なくても、継続することにより効果が実感できます。

歳だから、と諦めてしまうより、いくつになってもいきいきした1日を送った方が、生活を豊かにすることができます。

1日1200カロリーに抑える食事方法

運動は続かない、忙しくて暇がない女性は、食事でカロリーを調節してみてはどうでしょう。

食事を1日平均消費1200カロリーに抑えることができれば、太ることを抑えることができます。

極端に言えば、毎食400カロリーに抑えることができれば合計で1200カロリーですが、バランス的には、朝を多めに、夜を少なめにすることで、より効率的にカロリーコントロールができます。

カロリーコントロールをするには、当然食事のカロリーを知ることが大切です。

コンビニなどの商品には、カロリーが記載されているので計算しやすいですが、これを1日、1週間と続けることは困難です。

そのため、日々の食事をレコーディングすることをおすすめします。

ちなみに400カロリーの目安は、

・白米茶碗 1杯
・卵焼き 卵1個分
・トン汁 1杯
・納豆 1パック

と、女性でも難しくない量であります。

美容も気になるという女性は、スムージーや果物を取り入れるのもおすすめです。

果物のカロリーは少ないですが、果糖が多いので食べすぎには注意しましょう。

では、間食はどうでしょう。

14~15時の間は、1日で脂肪の吸収が1番緩やかになるので、その時間に食べるのがおすすめです。

200カロリーまでにとどめましょう。

間食をすると、1日の平均基礎代謝量1200カロリーを、あっという間に超えてしまう場合があります。

カロリーが多めの間食をしてしまったなと思ったら、食事で調節したり運動で消費しましょうね。

1日の摂取カロリーと消費カロリーを知ろう

性別や年齢で摂取カロリーや消費カロリーは変わりますが、健康の維持やダイエットのために消費カロリーを増やすことは、何歳になっても可能です。

基礎代謝が高いほど、メリットはたくさんあります。

健康的にダイエットをするためには、1日の運動量を増やす、食事を1日の摂取カロリー内におさめる、女性向けの趣味で土台作りをするなど、方法は様々です。

ご自身に合った方法を見つけましょう。

 - 健康的なダイエット