食事改善!ダイエットに必要なのは少しの努力と工夫!

「私はこうして痩せた!」

テレビなどのマスメディアでよく聞いたリ見たりする言葉です。

怪しげな薬品や食材で痩せられるのならダイエットブックなんて出回りません。

しかし、楽して痩せたいのはほとんどの人が同じです。

努力しても痩せられない、そんな声を聞きます。

そこで、少しの努力と、あとは工夫をした食事改善でダイエットを目指してみませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

グルテンフリーパンのダイエット効果やカロリーを徹底解説!

最近注目されている「グルテンフリー」。これは、ハリウッドセレブやモデルさんなどにも人気の食事...

タンパク質をしっかり食べてスリムに!体脂肪を分解する方法

痩せたいと思ったとき、まず何から始めたら良いのでしょうか。食事を制限して運動をすれば痩せるはず...

食事改善のダイエットでは改善できない!低い運動量は要注意

食事改善をしても、ダイエットをするためには運動をすることも大切です。しかし、肥満に悩む人のほ...

カロリーを制限して一食も控えめに!ダイエットの極意を伝授

痩せたいかたにとって、カロリーといえば天敵のような存在です。一日に一食しか摂らなかったり、一...

カロリーオフなら食べてみたい!ヘルシーなケーキレシピ特集

ダイエット中だからといって、何も甘いものを食べることができないなんて、さみしいですよね。...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。しかし、豚肉にはカロリーが高そうなイメージがありま...

ダイエットを頑張っている方へ。オススメレシピ!人気あり!

色々な目標に向かって、ダイエットに励んでいる方は沢山いますよね。ダイエットには沢山の方法があ...

餅米はダイエットの敵?お餅のカロリーの知られざる真実とは

昔からお正月やお祝いの席など、おめでたい時に食べられてきたお餅を、皆さんは好きですか?日本人...

意外と知らないまぐろの栄養!お刺身や丼もののカロリーは?

まぐろは、日本人の好きな魚のひとつです。お刺身や丼もので食べると、本当に美味しいですよね。...

片栗粉と小麦粉のカロリー差は?栄養成分の違いと使い分け

普段の料理やお菓子作りでよく使い、外食でも口にする機会の多い片栗粉や小麦粉。何気なく口にしていて...

七号食ダイエットの方法!リバウンドを乗り切る方法について

皆さんは、七号食ダイエットというのをご存知でしょうか?七号食という言葉は、聞きなれないですよね...

玄米と味噌汁だけで痩せた!ご飯好きに最適なダイエットとは

日本人に昔から馴染のある「玄米」と「味噌汁」だけで痩せた!と評判のダイエットがあります。具体...

和スイーツの代表である大福のカロリーは?もしかして太る?

和菓子の代表である大福はずっしりと食べごたえがあり、ちょっと小腹が減ったときのおやつとして昔から...

ダイエットで健康改善!コンプレックスから解き放たれよう!

ご自身で何かを感じ、ダイエットを決意することが多いですが、きっかけはどのようなときでしょうか。...

タンパク質が脂肪になる?ダイエットにおすすめの食事法とは

お肉や魚に含まれているタンパク質は摂れば、筋肉がつくというイメージがありますよね!しかし、実際...

スポンサーリンク

ダイエットに必要な努力はどのくらい?

恐らくダイエットを努力や根性だけで乗り切れる人は、100円の掴み放題で片手握りできる程度しかいないでしょう。

では、ダイエットを成功させた人達は努力と根性以外に何をしたのでしょう。

食事改善です。

食事改善、いわば食事方法を工夫することです。

しかし、どう工夫すれば痩せられるのか、それがわかれば悩むこともありません。

成功させた人も、一律にこれで成功したとは言えないでしょう。

例え共通したダイエット方法をしたとしても、どこかでその人に合わせたカスタマイズは行われているはずです。

つまり、ダイエットに成功するのは、千差万別の工夫次第ということです。

そこに、1つまみの努力です。

努力とは、どうすれば成功するのか悩んだり、失敗して体重が増えても、やり直す努力のことです。

ダイエットが努力だけでは難しいことはきっと承知の上でしょうが、承知の上なら、工夫する努力をしてみましょう。

すると、体重が減る日も来るでしょう。

食事改善すればダイエットに努力は要らない!?

もしかしたら、ダイエットに努力はあまり必要ないかもしれません。

必要なのは、努力以上に食事改善などの工夫です。

ただ、どう工夫するかは千差万別ということは、先ほどもお伝えした通りです。

例えば、食べるのは普通の量で大丈夫だけど、甘い砂糖たっぷりのサイダーを毎日飲まないと我慢できないとします。

この場合、努力だけで太る元のサイダーをやめられるでしょうか?

恐らく無理でしょう。

サイダーを飲むことで血糖値が上がって気分がよくなって、血糖値が下がると気分が落ちこんで、また血糖値を上げるためにサイダーを飲むでしょう。

これは「グルコーススパイク」と呼ばれるそうです。

スパイクという言葉がつくのは、血管を傷つけるからです。

サイダーをやめるためには、ほんの少しの努力と目一杯の工夫が必要なのです。

食事改善でダイエットするならどんな工夫があるか

きっと食事改善をしてダイエットしたい人は、沢山の努力をしたけれど、実らなかったという人が多いでしょう。

そこで、効果のあるコツ4つをご紹介します。

まず1つ目は、簡単な運動をすることです。

朝10分散歩をするなど、簡単にできる運動で良いのです。

こんな運動でカロリーがどのくらい消費されるかというと10kcalも消費されていません。

しかし、心理効果が働き、思いのほか食欲が抑制されるのです。

2つ目に、折れ線グラフをつけてみましょう。

一時期話題になった方法ですが、自分で自分を褒めることのできる、ポジティブな工夫です。

モチベーションが上がる方法なので、よく見る場所に張ったり置いたりすると良いでしょう。

3つ目は、食材の中に、痩せ食材を取り入れることです。

痩せ食材というと、特殊な食べ物かと思うでしょうが、実は身近なスーパーでよく売られている食べ物であります。

例えばブロッコリーです。

ビタミン・ミネラルも豊富で、たんぱく質も含んでおり、しかも脂肪燃焼成分も含んでいます。

海藻類も「フコイダン」というぬめぬめした成分が痩せ物質の1つなのです。

好きなもので痩せ食材を1つ、常備菜として家にとっておくのが良いでしょう。

4つ目は、協力者によく褒められることがとても重要です。

少しでも体重が減っただけでも、すごく褒められると脳から嬉しいという快感のホルモンが出るので、続ける意欲がでます。

食事改善に必要な能力は自分にあったダイエットを見つける努力

自分に見合った食事改善ダイエットがあるか、少しロールプレイをしてみましょう。

例えば、30代の肥満男子がいたとします。

運動が嫌いで、仕事は営業職で移動はいつも車とします。

コーヒーには角砂糖3個入れるほどの甘党です。

しかし、ダイエットしたいと思うようになりました。

ここで重要なのは、ダイエットしたい動機付けです。

なぜ、ダイエットしたいのか、目的がないとほんのわずかの努力も生まれません。

次に必要なのは工夫です。

運動嫌いと甘党なのが太っていった原因とも見られます。

原因を自分で見抜けたら、低いハードルから突破していきましょう。

まずは運動です。

もし、太っていることを気にして運動したくないとしたら、やはりお勧めなのが散歩です。

ただ歩くだけなら、体への負担も少ないですし、知らない道を歩くと、解放感や新鮮さを味わえるかもしれません。

運動の楽しさを覚えれば、自然と筋肉がついて、太りにくい体になります。

もう一つの問題は、甘党だということです。

やめさせることはできないでしょう。

かえってストレス太りを起こさせます。

そこで、本人が甘いものをやめずにカロリーを抑える秘訣はというと、1つは角砂糖を1つ減らすこと。

それから、少しずつ、1日のカロリーを抑えることで変わっていくでしょう。

このように、自分で低いハードルを作る努力がダイエットに繋がるのです。

ダイエット方法は正しい方法を一貫して続けること

間違ったダイエット方法を続ける努力は要りません。

正しいダイエット方法を継続することこそが、健康的に痩せる方法なのです。

できれば、協力者がいると良いです。

食事改善は、自分だけで思いついても良いですが、信頼できる協力者がいると、より良いアドバイスがいただけます。

そうしたら、その食事改善を継続していくことです。

しかしそのうち、体重の下降がストップしてしまうことがあるでしょう。

飢餓から身を守るためにおこる現象で、大抵は1週間から10日で収まります。

標準体重か、あるいは標準体重に筋肉を合わせた体重を目指して食事改善を継続してください。

そして、低いハードルをほんの少し、上げていって、健康的な食事や生活スタイルに持っていきましょう。

そうしているうちに、楽しいことが増えていくのではないでしょうか?

例えば、水着を着るのが恥ずかしかったはずが、着てみたい気持ちになったり、洋服も新調してみたくなったりと、やりたいことが増えていくでしょう。

食事改善だけでは、健康的な痩せ方はできない

ここまでで何度も繰り返し出てきましたが、健康的なダイエットには、食事改善だけでは足りません。

軽い運動も必要です。

痩せていくばかりで、筋肉が落ちてしまったら、それはあまりよろしくない状態です。

運動もする、ちょっとの努力も必要です。

痩せる目標の中に、このようなことを含めてみてはいかがでしょうか?

「好きなスポーツをやるために痩せる」

体が重たいと、動くのが億劫で、あまりやる気が出ないこともあります。

まずは、軽い運動から始めてみましょう。

どんなスポーツでもそうですが、最初は基礎体力を作り上げてからやる方が楽しいです。

それから、別にスポーツでなくても着たい服があるからでも十分な動機付けです。

そのためには、良いプロポーションであったほうがより良いので、やはり軽いスポーツやストレッチは欠かせません。

ダイエットには、食事改善と軽い運動を組み合わせてみてはどうでしょうか。

ダイエットには、小さな努力が必要

ちょっとした食事改善と運動を組み合わせれば、きっと大概の人は健康的に痩せることができます。

しかし、努力も必要です。

例えば、寝る前に食べ残しをもったいないから食べてしまう主婦の方!

お気持ちはわかるのですが、そこはぐっとこらえて冷蔵庫に保存しましょう。

次に作るときは、もっと少なめにしましょう。

そこで主婦が太る責務は全くと言っていいほどありません。

この「少なめに作ろう」と思うことが、ちょっとしたダイエットの工夫へと繋がると良いです。