例えばバナナ50gは?人気の果物の気になるカロリー目安!

バナナやりんごなどの果物は、みなさんが好んで食べるフルーツです。

食べ方も、生で食べたり何かに挟んだり、缶詰のようにコンポートになっていたり、ドライフルーツだったりします。

しかし、種類が変われば味もカロリーも変わります。

バナナや果物も、50gといえども食べる状態でカロリーは大きく異なることはご存知でしょうか。

果物は季節を感じる美味しい食べ物です。

美味しい果物を食べて心を満たしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コーラはただの身体に悪い砂糖水ではない!理由を探そう!

コーラは体に悪いのは、砂糖が大量に入っているから?それではコーラ1本にどのくらいの砂糖が使われ...

自家製シロップ作り!砂糖+○でできるシロップの作り方

甘い飲み物は、心と体を癒してくれますね。暑い季節には、冷たい飲み物に甘いシロップを入れて飲み...

初心者でもできる!トマトを種から発芽させる為の適温って?

皆さんは、トマトは好きですか?トマトは品種が沢山あり、果皮の色も赤だけに限らず、とてもカラフ...

ナスの味噌炒めのおいしい作り方とそれに合う献立を立てよう

毎日の献立を立てるのが面倒、という方もいらっしゃいます。メインとほかの料理がしっくりこなかっ...

味噌スープは奥が深い!レシピを知ってあたたかい給食の味に

給食を食べたお子さんが、「味噌スープが美味しかった!」なんて言っていると、ご家庭でも作りたくなり...

味噌ポテトってご存知ですか?簡単レシピと人気が出た秘密!

秩父のB級グルメ「味噌ポテト」。B級グルメとは言っても、作られ始めてからの歴史は長く、秩父で...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなってしまうのが野菜です。その中で唯一、...

白菜の上手な保存方法とは!?畑で未収穫の白菜はどうする?

皆さんは、白菜は好きですか?白菜は、豆腐や大根と同じくらい、冬の健康維持に欠かせない食材とし...

味噌汁の具だけじゃない!知っておきたい麩の秘密

澄まし汁や味噌汁の具として使われるお麩ですが、実は高タンパクな食品だということをご存知ですか?...

麹使用の甘酒でパンを作る?甘酒で作るふっくらパンレシピ

甘酒でパンが作れることをご存知でしょうか。砂糖とお水の代わりに麹を使用した甘酒を使うのですが...

りんごをミキサーを使ってジュースに!作り方と栄養効能は?

真っ赤に赤くて、丸くて、フルーティーな良い香りの果物と言ったら・・・りんごを思い浮かべませんか?...

味噌汁に合うじゃがいもの切り方とは?じゃがいもの特徴は?

日本の食卓に欠かすことのできない味噌汁。そんな味噌汁の王道の具材の一つに、じゃがいもがあ...

ブルガリアヨーグルトの砂糖添付が終了!別売り品で代用は?

ブルガリアヨーグルトでおなじみだった、砂糖の添付が終了してしまいましたね。確かに、添付さ...

白菜とキャベツの違いって?特徴や栄養などに違いはあるの?

白菜やキャベツの違いについて皆さんはご存知ですか?白菜やキャベツは食卓によくでる食材ですよね...

オーガニックフルーツジュースで贅沢な時間をいかがですか?

フルーツジュースは、1本数百円のものから数千円のものまでありますが、自宅ではどんなものを飲んでい...

スポンサーリンク

バナナ50gの様々な食べ方

バナナは皮をむけば手軽に食べられる果物です。

2歳くらいの子どもでも、自分で皮をむいて食べることができる、本当に手軽な果物です。

朝食として食べたり、おやつに食べたり、輪切りにしてヨーグルトに入れたり、スイーツに入れたりと使用の幅が広がります。

また、バナナのドライフルーツはバナナチップとして、ちょっとしたときにつまんで食べることができ、どこまでも手軽な果物です。

大きさは様々ですが、中くらい1本で、皮を除いた食べる部分のみ約100gで86kcalです。

大きめのバナナだと、食べる部分が120g位なのでカロリーは110kcal近くになります。

50gだと中1本の半分、43kcalになります。

スライスしたバナナ、つまり、よくトッピングに乗っている薄さ、大きさのは1枚約9kcalになります。

注意したいのが、ドライフルーツになったバナナチップスです。

サクサク何枚も食べることができてしまいますが、通常は1枚9kcal、スライスされトッピングに乗っているバナナとほぼ同じになります。

バナナ1本分のドライフルーツは、カロリーは変わりませんが水分が抜けている分、重さが軽くなり、たくさん食べることができてしまいます。

水分が抜けているだけで、栄養素、特に糖質はそのまま残っていますので、カロリーが変わらないのです。

りんご50gのカロリー

先程も書きましたが、バナナはそのままやスイーツのトッピングや、形を変えて食べる機会が多いです。

他の果物も、色々とアレンジされて食べられています。

りんごもその1つで、皮を剥いてそのままで、甘煮、ジャム、りんごチップスなどにして食べます。

そのままだと100gで54kcal、バナナ50gのカロリーと同じくらいです。

甘煮やジャムにすると、砂糖が加わっており、重量は果物の重量の30~50%、100gのりんごで加える砂糖は30~50gになります。

そこから考えると50gで105kcalで、通常ジャムとしての使用量は20g、43kcalです。

りんごのそのままのカロリーは、バナナと同じ重さのカロリーと比べて、-30kcalです。

その理由は水分が多いからです。

その水分を抜いたりんごチップスは、チップス状のりんご50gで250kcalになります。

イチゴ50gのカロリー

ヘタをとるだけで手軽に食べられる果物には、イチゴがあります。

季節になるとイチゴ狩りや、ストロベリー特集のビュッフェなど、特に女性が好んで食べます。

イチゴは約7粒で約100g、大きいものだと1粒で50gまで大きくなるものもあります。

50gで17kcalですので、バナナと同じ100gを食べても34kcal、小さい粒であれば、10粒くらい食べてバナナと同じになります。

同じように、ジャムのように甘煮にしたり、製菓材料でドライストロベリーなどがあります。

イチゴジャムは100gあたり256kcalで、1回に使うジャムは20gですので、約50kcalになります。

醤油や香辛料をたっぷり使うソースは、割とカロリーが控えられます。

ドライストロベリー100gは、340kcal近くになります。

これは、水分が抜けた重さになりますので、乾燥させて100gであると、ものすごい数のイチゴが乾燥されるので、カロリーもそれなりに高くなります。

バナナのカロリーなどを他の果物と比較してみよう

バナナは手軽に食べることができ、甘くておいしいので、子ども達も大好きです。

成人でバナナ好きの人ならば、3本くらいペロリと食べてしまうかもしれませんね。

1本100~120gとすると、300~360g、バナナのみのカロリーで満腹になります。

バナナは、果物の中でも糖質が多い果物です。

100gあたり86kcal、糖質22.5g、タンパク質1.1g、脂質0.2gになります。

りんご:100gあたり54kcal、糖質15g、タンパク質0.2g、脂質0.1g

イチゴ:100gあたり33kcal、糖質9g、タンパク質0.9g、脂質0.1g

比べてみても、バナナが濃厚に感じるのは糖質が多いからと分かります。

よって、バナナは1本食べれば満足感が大きく感じられ、また注意しないと甘いバナナで糖分をたくさん取ってしまいます。

スライスしたバナナの一般的な大きさは1枚10gほど、約9kcalになりますので、乗っている枚数でバナナのある程度の量が確認できます。

スライス5枚で50g程度、50kcal程度になります。

デザートでおなじみな、丸ごと生クリームとスポンジ生地にくるまれたスイーツがあると思いますが、1つで450~500kcal以上になります。

ずっしり重く、濃厚に感じるものは、カロリーもそれなりになります。

バナナと相性の良い食材と気になるカロリー

バナナは、もちろんそのまま食べても安定のおいしさだと思います。

また、ケーキの生地に混ぜ込んだり、生クリームやあんこの中に入れたり、チョコレートをかけたり、シロップを浸して焦がしたりするスイーツなど、様々なスイーツとも相性抜群です。

バナナ半分の50gで作ったとしても、スイーツそのもののカロリーが足されるので、ずっしりと重みのある、濃厚なスイーツになります。

通常の材料で作ったスイーツ等に、バナナ半分50gを入れたとして、+40kcalになります。

そんなに多くないと感じる方もいますが、スイーツそのものがカロリーが高いものが多いので、意外としっかりとカロリー摂取になります。

プレーンのパウンドケーキなどは1切れ240kcal程度になるので、トッピングでバナナや生クリームでカロリーが足されます。

バナナチョコは、溶かしたチョコレートをバナナにかけてコーティングをしますが、チョコレートが約20gでしっかりとしたコーティングになります。

バナナ1本約80kcalとすると、チョコレートで約100kcalが足されることになるのです。

さらに、チョコレートには脂質が含まれるので、その分のカロリーも加わっているのです。

そうなると、決してカロリーは低いとは言えませんね。

バナナの栄養素

バナナは、糖質だけではなく、ビタミン・ミネラルも豊富です。

多く含まれるのはカリウムで、高血圧と関係のある、塩分(塩化ナトリウム)のナトリウムを排泄する働きがあります。

ビタミンB群も豊富で、消化液の分泌を促す、粘膜を作る、血行を良くする役割があります。

セロトニンという、情緒を安定させ、リラックス効果があります。

他の果物より、少しずっしり重い分、栄養もしっかり入っているのがバナナです。

疲れた時、スポーツ選手の間食として、手軽にバナナを補給する姿もよく見られると思います。

バナナは手軽なだけではなく、カロリーと栄養素をしっかり補給できる食材なのです。

1本の半分の50gの場合は、他の果物よりも小さいながらも、ずっしりとしています。

また、他の果物は洗ったり切って水にさらしたりして、生で食べるにも手間が少しかかるのではないでしょうか。

果物や野菜にそれぞれ含まれるビタミン類・ミネラル類でも、火を通すと組成が壊れてしまったり、水に溶けてしまったりします。

皮をむいてそのまま食べられるバナナは、栄養を丸ごと摂取することができるのです。

果物を積極的に摂りましょう

バナナに限らず、果物は季節を感じる、生でフレッシュな味を楽しむことができます。

また、熱を通さなくても食べられる分、栄養を余分に落とすことがなく食べることができるのが、果物の良いところです。

果物の適量は1日約80kcal分です。

バナナであれば、1本が目安です。

色々な果物が食べたい場合は、半分のバナナ50gと、他の果物を組み合わせるなどの工夫をしてみましょう。