玄米を浸水なしで調理する際に圧力鍋を使う場合の疑問と不安

圧力鍋は時短調理に最適の家電で、忙しい女性にはとても使い勝手の良い調理器具となります。

玄米も浸水なしで調理ができるのですが、「圧力鍋を使うと毒素が発生する」という噂を、聞かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、圧力鍋を使って玄米を炊いたときに、浸水なしの場合の不安を和らげるため、調理をするメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

江戸時代の食文化や生活習慣について&武士の日常生活とは?

江戸時代とは、徳川家康による天下統一と江戸幕府開府から、明治維新までの期間を言います。実...

食品に使われる着色料の黄4号の原料と日本での取り組み

食品に使われる着色料には、自然な素材を使った天然の着色料と、タール系色素と言われる合成着色料があ...

食用色素について!どんなもので黒は作れる?作り方教えます

皆さんは、食用色素って聞いたことがありますか?お菓子作りを趣味としている方は、特によくご存知だ...

旦那さんのお弁当を作るメリットや毎日作り続けるコツとは?

皆さんはお昼ご飯はお弁当ですか?それとも外食ですか?家計のため、健康のために、旦那さんの...

江戸時代の食事とは?江戸の町人たちが育てた日本食文化

江戸時代は時代劇などで取り上げられることもあって、親しみを感じる時代ではないでしょうか。しかし...

家庭菜園で使った土をもう1度使いたい!土は再生できる?

家庭菜園を毎年楽しんでいる人にとって、土の管理は大変ですよね。通常、プランターや庭で家庭菜園...

醤油の違いは古来の製造方法をアレンジメントして生まれた

醤油には本醸造方式・混合醸造方式・混合方式の、主に3つの製造方法があります。また濃口・薄口な...

江戸時代の人々の食事は玄米ではなく白米を食べていた!?

江戸時代の食事はどのようなものだったか皆さんはご存知でしょうか?玄米や雑穀などを食べていたので...

韓国と日本の違い。食文化の違い、習慣やマナーの違いとは?

韓国と日本は割と近いので旅行で行かれる方も多いのではないでしょうか。主食がお米ということもあり...

夏と冬とで冷蔵庫の設定温度を変えたほうがいいの?

毎年やってくる夏は、年々暑くなっているのは気のせいでしょうか?外の気温が高くなり、湿気の多い日...

醤油を刷毛で料理に塗りたい!おすすめの商品や使い方は?

近頃は健康に気を使う人が増え、醤油や味噌なども「減塩」のものが好まれるようになりました。昔は醤...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか。三角で海苔を着せたおにぎりは家では...

韓国と日本の違い~生活のあり方について~違いの多さに驚く

2000年代以降、日本で盛り上がり続けている韓流ブーム。韓流ドラマにハングル語、K-POPア...

味噌煮込みうどんは名古屋!有名店や家庭のレシピをご紹介!

名古屋メシの定番レシピと言えば、味噌煮込みうどんですよね。鍋で煮込むうどんなのに、冬はもちろ...

日本人の伝統的な食文化「和食」の特徴や世界からの評価とは

日本人の伝統的な食文化「和食」私たち日本人は毎日当たり前に食べている和食ですが、世界からも高...

スポンサーリンク

圧力鍋を使って浸水なしで玄米を炊くときのメリットは?

玄米を炊く場合、圧力鍋を使う一番のメリットは、時間の節約になるところです。

社会的に男性も家事をするようになった世の中ですが、料理をすることはまだまだ女性の役目になります。

そうなるとお仕事で忙しい、育児で手が離せないなどの理由から、簡単に時短調理できる方が女性にとっては負担が少ないでしょう。

そして、短時間で調理を済ませる方が、栄養素によっては熱に弱いタイプもあるため、魅力があるといえます。

一方、通常は玄米を炊飯器で調理することが多いですが、一晩程度浸水をした上で炊くと、ふっくらとおいしく炊き上がることになります。

ただし、浸水なしの場合には、水分の吸収が悪くパサパサとした消化にも悪い玄米が炊けてしまいますよね。

その点、浸水なしでも圧力鍋の方が高圧力で調理できるため、ふっくらと炊飯器よりもおいしい玄米が炊きあがるでしょう。

近頃は高性能の炊飯器も発売されていますが、100℃~110℃の温度で調理をすることになるそうです。

ところがレシピをお伝えする中でご紹介するフィスラーの圧力鍋なら、110℃~120℃ほどの温度での調理となるようです。

このように高圧力の時短調理でおいしい玄米が炊けるのは、圧力鍋であるからこそのメリットといえるでしょう。

玄米を圧力鍋で炊いたときの「毒」に関する噂の真相とは?

玄米を圧力鍋でいた場合に、毒が発生するという噂を聞いたことはないでしょうか。

この「毒の正体」は、玄米を圧力鍋を使い、高温で加熱をするときに発生するアクリルアミドです。

アクリルアミドは発がん性物質になり、アミノ酸や糖質が高温で加熱されたときに化学反応によって発生します。

通常は120℃以上の高温での調理で発生するとされるアクリルアミドですが、圧力鍋の調理中の温度はかなり高めになります。

一般的には、120℃~130℃の温度で調理しているということです。

例えばアクリルアミドは、高温で揚げたポテトチップス、フライドポテト、高温で焙煎したコーヒー豆にも含まれているそうです。

そう考えると普段何気なく食べているものの中に、たくさん含まれていることになりますね。

ただし、アクリルアミド以外にも玄米に含まれる「毒」といわれる、アブシジン酸も存在しています。

これは浸水時間を12~17時間程度置けば、無毒化することになります。

では、健康面のことを考えた場合、浸水なしの玄米を圧力鍋で調理することは、できるだけ避けた方がよいのでしょうか。

栄養面でいえば「浸水なしで玄米を圧力鍋で調理」は問題はない?

圧力鍋で調理をした場合、玄米を浸水なしで炊くことになると、玄米の「毒」とされるアブシジン酸とアクリルアミドを、ダブルで摂取することになります。

これは良いこととはいえませんが、忙しい毎日の中で「今日は圧力鍋で早く調理したい」と思うこともあるでしょう。

そういった場合、栄養面では圧力鍋で調理をすることで、どのような変化があるかをご紹介します。

例えば玄米にはビタミンがたっぷりと含まれるのですが、その中でもビタミンB1やビタミンCは、特に熱に弱い性質を持っているとされています。

この2種類の栄養素はどちらも水溶性ビタミンなので、水に溶けやすいものです。

ところが玄米は水を吸収して炊き上げるので、ゆでるだけの食材よりは栄養素が摂れる可能性は残ります。

そして、玄米で摂取できる栄養素は、鉄分、食物繊維、カルシウム、たんぱく質、ビタミンB2などがありますが、これらは加熱にも耐えられる栄養素となります。

このように、栄養価に関しては圧力鍋の調理による損失は、それほど大きくはなく問題はないでしょう。

また、以前は高圧力での調理のため栄養の損失を心配されていた圧力鍋でしたが、現在は加熱効率がいいために、栄養価は下がらないといわれています。

市販の発芽玄米なら浸水なしで圧力鍋で炊いてもOK?

発芽玄米を食べるには「浸水時間を長くすることで自分で作る」または「発芽玄米として販売されているものを食べる」のどちらかになります。

例えば玄米は浸水時間を12~17時間以上とることで発芽モードに入り、玄米に含まれるアブシジン酸は無毒化をするようです。

そう聞くと、すでに発芽玄米として販売されている商品なら、圧力鍋を使ってさらに手軽に身体にいいものを、食べられると思いますよね。

ところが、販売されている発芽玄米には、そうとはいいきれない部分があります。

まず、アブシジン酸は玄米が乾燥や低温に対してストレスを感じることで作られ、蓄積される植物ホルモンです。

販売されている発芽玄米の場合は、発芽させたものを再度乾燥させていることになります。

そのため、再びの乾燥でストレスを感じた玄米は、前よりもさらに毒性を強めたアブシジン酸を持つことになるといわれています。

販売されている発芽玄米は、ストレス軽減に効果が期待できる、GABA(ガンマ-アミノ酪酸)が含まれます。

また、抗酸化作用や抗ガン作用のある、「IP6」と呼ばれるフィチン酸が含まれるなど、身体にいい面が数多くあります。

健康に良いという面から摂取する場合、アブシジン酸のことを考える時には、浸水なしの場合は使用を避けた方がよさそうです。

玄米を浸水なしで炊きたいときは圧力鍋か炊飯器のどちらがおすすめ?

浸水なしで炊かない方がいいと思っても、急に食べたくなることもあると思います。

その場合には、圧力鍋か炊飯器か、どちらがいいかを考えてみましょう。

まず玄米を炊く場合、現在売られている性能の良い圧力IH炊飯器は、GABAを増やすなど栄養価を高めることができます。

また、高火力で炊き上げるため、玄米のデンプン質がα化をすることで、粘りが出て噛むと甘みも増すごはんに仕上がります。

このようにおいしさや栄養の面で、満足ができることになるでしょう。

ただし浸水なしで炊くと、玄米に含まれるアブシジン酸は、そのまま一緒に炊いてしまうことになります。

そう考えると「圧力鍋の方がおすすめでは?」と思われるかもしれません。

ところが圧力鍋で炊いた場合、アブシジン酸に加えて、発がん性物質のアクリルアミドも含まれてしまいます。

アブシジン酸は体内の活性酸素が増えて、細胞内のミトコンドリアに損傷が出るなど、困った面を持っています。

その上、発がん性物質まで摂り込むことになるとすれば、圧力鍋で炊くよりも炊飯器で炊く方がおすすめできると感じます。

「浸水なしでも玄米をおいしく食べられる」圧力鍋で炊くレシピ

「玄米のおいしさ」を一番上手に伝えられるのは、どういった人になるかと考えてみました。

そして出た答えは、玄米の良さをよくご存じなのは、お米屋さんでしょうということです。

今回は、あるお米屋さんのおすすめされているレシピをご紹介します。

ただしお米屋さんから見ても、数時間~一晩程度の浸水をした玄米の方が、ふっくらと炊き上がるそうなので参考にしてみてください。

尚、ご紹介するレシピは、フィスラーのニュービタクイック圧力鍋4.5Lで炊いたものです。

浸水なしでもできるお手軽な調理法になります。

【材料 1カップ 200g】

・玄米 200g
・水 250cc

【作り方】

①玄米を2~3回水を変えて洗います。

②洗った玄米をザルで水切りします。

③圧力鍋に玄米と水を入れて強火にかけますが、「シューッ」と音がするので約5分経過し、おもりが上がってくるまで待ちましょう。

④おもりが完全に上がれば弱火にして約20分炊きますが、炊き上がり間近にはチリチリと音がすることになるため、それも目安にして火を止めてください。

⑤おもりが完全に下がるまで約20分蒸らします。

圧力がかかっている間はフタが開かないものもあるので、十分に注意してくださいね。

⑥炊き上がれば全体を混ぜ、水分を飛ばし完成です。

ふっくらとした玄米にするために、玄米をボウルで強く研いだ方法を、おすすめされるお米屋さんもあります

時短調理か健康にいい面のどちらを活かしたいか

圧力IH炊飯器などの価格の高い高性能炊飯器よりも、さらに高圧力で炊けて、浸水なしでも玄米をふっくらと、時短調理できる圧力鍋は魅力的です。

そして健康面では、圧力鍋の調理で発生する毒であるアクリルアミドは、私達の知らないうちにたくさん体内に、摂り入れてしまっているようにも感じました。

ただし、玄米を炊く上で、「健康にいいものを食べたい」にこだわる場合には、圧力鍋を利用することは、避けた方がよさそうです。