ダイエット目的のウォーキングは早歩きでカロリー消費アップ

老若男女問わず、ウォーキングがブームです。

その目的は様々ですが、脂肪燃焼とカロリー消費のために歩くのであれば、スピードが鍵を握っています。

今回は、なぜウォーキングで早歩きをすべきか、消費カロリーから考えます。

また、早歩きウォーキングで持ち歩きたい便利グッズも併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

甘酒を酒粕で作ったときの効能や米麹で作る場合との違い

甘酒は酒粕でも作れますし、米麹からも作れることは、ご存知でしょうか?簡単に作れるのは酒粕です...

ダイエットの大敵!結局、炭水化物と脂質はどっちが太るの?

ダイエットを決意して、最初に気にするのはやはり摂取カロリーではないでしょうか。食事量を減らして...

表示のカロリー「500kcal」は1日の食事や市販でどれくらい?

みなさんは、カロリー表示を確認したことがありますか?今は、様々な食べ物にカロリー表示がされて...

食事改善で痩せる体質になりたい!ダイエット方法を探る

痩せるために食事改善という手は有効だと思います。世の中、様々なダイエット方法がありますが、辛...

身長160cm、体重の平均は何Kg?男女別に解説。理想と違う。

体重は、健康やスタイルを維持するために、重要なバロメーターとなります。それでは身長160cmの...

カロリー低いフルーツを食べて美味しく綺麗になりましょう!

フルーツといえば、美味しくてビタミンが豊富。美と健康のために、積極的に摂り入れたい食材ですよ...

朝食抜きは太る?効果的なダイエットの為に玄米を食べよう!

その日の元気の源を作り出してくれるのは、朝食ですよね。朝食、昼食、夕食と一日3回食事をする事は...

玄米だけでは補えない!油もダイエットには必要なワンピース

玄米だけを食べて痩せるダイエットが流行っていますね。玄米は完全栄養食と言われているくらい...

ウォーキング時間による消費カロリーとダイエット効果は?

健康法やダイエットとしても人気のウォーキング。老若男女問わず、誰でも簡単に始められることが魅...

和スイーツの代表である大福のカロリーは?もしかして太る?

和菓子の代表である大福はずっしりと食べごたえがあり、ちょっと小腹が減ったときのおやつとして昔から...

人気のあるご飯をカロリーオフ!満足感もあるレシピをご紹介

毎日食べる食事はカロリーオフしたいけど、食べ応えがないとつまらないですよね。食事は、おい...

グルテンフリーパンのダイエット効果やカロリーを徹底解説!

最近注目されている「グルテンフリー」。これは、ハリウッドセレブやモデルさんなどにも人気の食事...

うどんは炭水化物の中でも低カロリー?ダイエット効果は?

ダイエット中は炭水化物を控える方が多いですよね。しかし、太るからと言って炭水化物をま...

美肌・ダイエット等に効果的と昨今世間で話題の甘酒麹レシピ

女性を中心に健やかな肌作りやダイエット、また便秘解消効果などで話題の甘酒。しかし、麹で作られ...

ダイエット中でもOKなカロリーオフのおいしいカレーレシピ

大人も子供もみんな大好きなカレーライスは、実は脂質も糖質も高いハイカロリーな食べ物です。しかし...

スポンサーリンク

ウォーキングの消費カロリーは「早歩き」か「のんびり歩き」かでこんなに違う!

誰でも簡単に、思い立ったらすぐにはじめられるウォーキング。

その手軽さから多くの方が健康のため、またはダイエットのためにとはじめていますよね。

しかし、効果的にカロリーを消費するためには、ある程度のスピードで歩く必要があります。

せっかく歩いていても、早歩きでなければ、ダイエット効果はさほど期待できないのです。

例えば、体重70㎏の人がのんびり1時間歩いた場合には、消費カロリーは約206カロリーとなります。

一方、早歩きで同じ時間歩くと消費カロリーは約316カロリーとなり、110カロリーも多く消費することができるのです。

もちろん、ジョギングや水泳など、ほかの激しい運動をすればカロリーの消費は格段にアップしますが、今度はつらすぎて続けられないという問題も生じてきます。

早歩きでウォーキングすることこそ、ダイエットを長続きさせる秘訣であるといえるでしょう。

早歩きがキツい人のためのウォーキングのコツ

とはいえ、早歩きウォーキングでもキツいという方がいらっしゃるかもしれません。

特に、健康診断でメタボ宣告を受けた方ですと、ただ歩くだけでも疲れてしまいますし、身体への負担がかなり大きいと感じることでしょう。

実は、歩きやすさや疲れは、両腕をどのように振るかで大きく違ってくることをご存知でしょうか。

まず、まっすぐに立って身体の脇でひじを直角に曲げた状態にしましょう。

腕を後ろに振るイメージで、ひじを背後に持ち上げます。

次に、後ろに持ち上げた腕を振り子のように自然に前に降ろします。

このように、腕を前後に大きく振ることを意識すると身体全体にバネのような勢いがつき、足も自然に前へ進むようになります。

結果的に歩幅も広がり、楽に早歩きができるようになるのです。

ウォーキングの距離が伸びても疲れを感じにくくなるため、消費カロリーも増えて効率よく脂肪を燃焼させることができるでしょう。

腕の振りから発生するエネルギーも、前に進むための力にしてください。

身長150cmの人が早歩きウォーキングした場合の消費カロリー

ウォーキングをする方の多くは、「1日10000歩」という目安を決めているかたも、多いことでしょう。

もし10000歩を達成するとしたら、どのくらい歩く必要があるのでしょうか。

また、その場合の消費カロリーはどれほどになるのか、身長別に計算してみましょう。

仮に、身長150cmの人がウォーキングをする場合、歩幅はおよそ50㎝(身長-100㎝)となります。

1歩が50㎝の人が10000歩ウォーキングした場合の距離は、約5Kmです。

もし、1分間に107m進む速さで早歩きウォーキングをしたと仮定すると、時間は約47分かかる計算になるでしょう。

・体重40㎏であれば、約165キロカロリー消費

・体重50㎏であれば、約206キロカロリー消費

・体重60㎏であれば、約247キロカロリー消費

・体重70㎏であれば、約288キロカロリー消費

ただし、上記の計算式には注意点があります。

例にあげた消費カロリーは、10000歩を最高速度で歩き続ける計算です。

実際にはもう少しゆっくり歩きたいと思うこともありますよね。

最高速度でウォーキングすることを目標にするのではなく、身体と相談しながらご自身のペースで歩きましょう。

身長160cmの人が早歩きウォーキングした場合の消費カロリー

同じような計算式で、身長160㎝の人の場合も見てみましょう。

身長160cmの人の歩幅はおよそ60㎝(身長-100㎝)です。

1歩が60㎝の人が10000歩ウォーキングした場合の距離は約6Kmです。

やはり、1分間に107m進む速さで早歩きウォーキングをしたと仮定すると、時間は約56分かかることになります。

・体重50㎏であれば、約245キロカロリー消費

・体重60㎏であれば、約294キロカロリー消費

・体重70㎏であれば、約343キロカロリー消費

・体重80㎏であれば、約392キロカロリー消費

・体重90㎏であれば、約441キロカロリー消費

もちろん、分速107mで1時間近く歩き続けられる人はそうそういらっしゃいません。

きっと途中で疲れてしまうでしょうし、はじめたばかりのうちは10000歩も歩けないかもしれません。

無理をせず、スピードを調整しながら、できるタイミングで早歩きをすることをおすすめします。

身長170cmの人が早歩きウォーキングした場合の消費カロリー

身長170㎝の人の場合は以下のような結果となります。

歩幅はおよそ70㎝(身長-100㎝)ですから、10000歩ウォーキングした場合の距離は約7Kmです。

この場合も、1分間に107m進む速さで早歩きウォーキングをしたと仮定すると、時間は約1時間6分かかります。

・体重50㎏であれば、約289キロカロリー消費

・体重60㎏であれば、約347キロカロリー消費

・体重70㎏であれば、約404キロカロリー消費

・体重80㎏であれば、約462キロカロリー消費

・体重90㎏であれば、約520キロカロリー消費

・体重100㎏であれば、約578キロカロリー消費

ごはん大盛り1膳(240g)が約403キロカロリー、チャーシューメンが約507キロカロリーだそうです。

そう考えると、早歩きウォーキングによる消費カロリーは結構なものですね。

ウォーキングで早歩きする人ためのの便利グッズ

極端な話、歩きやすい運動靴が1足あればはじめられるウォーキングですが、モチベーションを高めるのに役立つ便利グッズがいろいろ販売されています。

ここでは、そのうちのいくつかをご紹介しましょう。

【歩数計】

最近の歩数計には3Dセンサーが搭載されているものがあり、それらの製品は精度が高く、ウォーキングを続ける上で欠かせないグッズのひとつとなっています。

ポケットに入れるだけでなく、腰に挟むクリップタイプや腕に巻くタイプもありますよ。

消費カロリーを表示してくれるものや、歩いた歩数に応じて日本地図ができあがっていくというような、ゲーム要素が付加された変わり種の歩数計もあります。

【給水用ソフトボトル】

早歩きでウォーキングをしているときこそ、水分補給は確実に行ないたいものです。

とはいえ、重たい金属の水筒を持ち歩きたくないのも事実ですよね。

アウトドア用の丈夫なプラスチック製のソフトボトルは、中身を飲みきったらくるくる丸めて持ち帰ることができる便利な水筒があります。

【ウォーキングライト】

夜間や薄暗くなってからのウォーキングに、ぜひ用意したいのがLEDライトです。

懐中電灯を手にもって歩いている方も見かけますが、最近は首にかけるタイプやクリップで衣類に挟むタイプなどもあり、両手が空くので早歩きをするときには便利です。

ライトはご自身の視界を照らすだけでなく、自動車や二輪車に自分の存在を知らせる働きもしますので、ナイトウォーカーには必須のアイテムといえるでしょう。

ウォーキングのテンポを上げて、消費カロリーもアップ!

西暦前5世紀のギリシャ人の医師ヒポクラテスは、歩くことを「人間にとって最良の薬」と述べたそうです。

確かに歩くこと自体、健康に良いことは長年認められてきました。

しかし、10000歩も1時間も消費カロリーもあくまで目安であって、大切なのは続けることと無理をしないことです。

ときにはスピードを落として、周りの景色を楽しみながら歩きましょう。

そして、可能なときには早歩きで脂肪を燃やしつつ、心肺機能を強化しましょう。

続ければ続けるほど、ウォーキングが楽になるに違いありません。