玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

バナナは低カロリー&ボリューミー!夜バナナダイエットとは

      2018/07/04

バナナは低カロリー&ボリューミー!夜バナナダイエットとは

バナナは低カロリーで美味しく、腹持ちもしますし、栄養素もたっぷりで優秀なフルーツです。

そんなバナナを有効活用した「夜バナナダイエット」という言葉、一度は耳にしたことがありませんか?

そこで、この記事では人気の夜バナナダイエットについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

トランス脂肪酸を含むマーガリンと含まないマーガリンの種類

植物性の油を原料とするマーガリンは、加工の過程で部分水素...

沖縄定番の油味噌!ごはんやおにぎりの具におすすめの常備菜

一般的に味噌というと味噌汁や料理の味付けに使用する調味料...

ダイエットに最適!玄米を使ったお粥の炊き方

白米よりも多くのビタミンや食物繊維を含み、栄養価が高い玄...

ヘルシーな玄米の優れた効果は花粉症にも効果的なの!?

お正月が過ぎ、1年で最も寒い時期も終わろうとする頃から気...

玄米を食べるとどうして下痢してしまうのか原因を調べてみた

体に良いと広く認知されている玄米ご飯ですが、食べると下痢をす...

電子レンジでスチーム料理をラップを使って簡単に美味しく

電子レンジでスチーム料理をするときに必要なアイテムがラッ...

トランス脂肪酸が多いとされるマーガリンの含有量について

健康を守りたい世間の風潮の中で、トランス脂肪酸は「悪者」...

玄米で作る毎日食べても飽きない炊き込みご飯の人気レシピ

玄米が身体に良いというイメージは、誰もが持っていますよね。 ...

玄米は粥にした方が消化は良くなるの?美味しい玄米粥って?

健康のために玄米を食べている人も多いですよね。 しかし...

玄米雑炊がダイエットに効果があるって本当なの!?

玄米や雑炊は、それぞれダイエットに効果があると言われています...

もち米と玄米を合わせたもち米玄米とは?栄養価は高いの?

玄米は栄養価が高く、身体にとってもいいといわれていますが、「...

超便利!マイヤー電子レンジ圧力鍋で簡単に手早く玄米料理

知る人ぞ知るマイヤー電子レンジ圧力鍋は時短料理の味方です。 ...

玄米や押し麦でご飯の量を減らす?自然食ダイエットの方法

近年「糖質制限」などのダイエットが一大ブームとなり、すっかり...

玄米ご飯にしようとしての失敗!アレンジでどうにかできる?

玄米ご飯がよく健康に良いと話題にあがっているため、試してみた...

身体に良いといわれる玄米と白米の栄養価を徹底比較!

近年、健康志向が高まり、玄米も摂る人が増えてきましたよね。 ...

玄米のお粥の栄養と、体にもたらす優れたその効果を知りたい

栄養がたっぷり詰まっていると言われている玄米は、健康を第一に...

今、話題の食材!もち麦と玄米の栄養についてピックアップ!

最近よく話題に上がるもち麦と玄米は、最近スーパーなどの店頭で...

玄米のカロリーはどれくらいある?白米一膳とどちらが高い?

ダイエットするならお米は玄米にしたほうがいいといわれています...

健康に良い玄米の糖質量は、茶碗1杯にどれくらいあるのか?

体に良いご飯の代表である玄米は精白されていないお米なので、白...

ダイエット中!300キロカロリーを消費するのに何が必要!?

ダイエットを行う上で重要なことはカロリー消費です。 し...

スポンサーリンク


バナナのカロリーはどのくらいか?

夜バナナダイエットというように、バナナを食べてダイエットする人たちもいるようで、今何かと話題になっていますよね。

ダイエットにもつながると聞くと当然気になるのがカロリーです。

バナナのカロリーは本当に低いのでしょうか?

結論からいいますと、バナナ(中)1本でおよそ77kcalとなっています。

バナナ100gほどですと、およそ86kcalだと考えられているので、重さによって多少の差ができますが、低カロリーだということが分かりますね。

ご飯100gでおよそ168kcal、ショートケーキ100gでおよそ343kcalとなっているので、それらと比較するとカロリーの低さが明白になるのではないでしょうか。

普段からダイエットをしていてカロリーが気になるという人には、嬉しいフルーツですよね。

バナナは1つ食べるだけでも結構お腹に溜まると思っている人も多いでしょうから、ダイエットには向いている食材だと考えられます。

夜に低カロリーのバナナを食べる!夜バナナダイエットとは?

前項でもふれましたが、バナナはご飯やショートケーキなどのおやつと比べてもカロリーが低いのです。

しかも、バナナはお腹に溜まり空腹感を和らげてくれる優秀なフルーツ。

そんなバナナを有効活用したダイエット法といえば「夜バナナダイエット」でしたね。

一体どんなダイエット法なのか気になりませんか?

話題沸騰中の夜バナナダイエットですが、手順は意外と簡単で覚えやすいです。

まず、夜ごはんを食べる前にバナナ1~2本をよく噛んで食べましょう。

次に、およそ200mlの水を飲み、30分間時間を置きます。

それから、夜ごはんをいつも通りに摂取する、というような流れです。

なぜ、バナナを食べてから30分時間を置く必要性があるかというと、そのくらい時間が経つと脳の満腹中枢が作用し、食事を摂りすぎるのを防ぐ効果が期待できるためです。

ダイエットと聞くと、運動をしたり、無理して食事制限をしないと痩せられない…と思ってしまう人もなかにはいるでしょう。

しかし、夜バナナダイエットは筋トレやランニングなど激しい運動の必要性もないので、運動が苦手な人や、なるべく食事自体はしっかり摂りたい人には適しているダイエット法なのではないでしょうか。

夜バナナダイエットの魅力

夜バナナダイエットに興味を持った!試してみたくなった!なんて人もいるのではないでしょうか?

こちらでは、夜バナナダイエットをおすすめする訳についてお話ししていきます。

まず、なんといってもカロリー面。

これは何度もお伝えしていますが、バナナは他のおやつよりもカロリーが低く、時間をかけてゆっくり食べれば、空腹感を満たしてくれます。

次に、夜ごはんの過剰摂取の予防につながるのもメリットです。

事前にバナナを摂取することで空腹感が抑えられて、夜ごはんの過剰摂取の予防に役立ちます。

夕食はついつい食べ過ぎてしまう、なんてお困りの方にはピッタリです。

そして、バナナにはさまざまな栄養が含まれており、ビタミン・ミネラル・食物繊維などといった成分のバランスが抜群に良いといわれています。

そのなかのビタミンB群は代謝が高まり、脂質や糖質を燃やすことにつながる栄養素です。

特に、ダイエット中などではなくても、栄養価が高いのでバナナはおすすめしたいフルーツですね。

他にも、バナナには便秘解消効果が期待できるのでダイエットには、うってつけです。

バナナは食物繊維・オリゴ糖・マグネシウムなども多く配合されているので、自然なお通じへ導いてくれます。

自然なお通じが来るというのも、結果的にダイエットになるので、嬉しい効果ですよね。

カロリーの過剰摂取を抑えるのが夜バナナ

夜バナナダイエットは、複雑な手順もなく簡単に試せるので、気軽にチャレンジできますよね。

しかし、そのなかには「せっかく夜バナナダイエットを始めてもなかなか効果が実感できない!」「逆効果となり体重が増えてしまった!」なんて声も聞きます。

夜バナナダイエットは正しく行えば、だんだんと効果が実感できるでしょうが、間違ったやり方をしていては本末転倒ですよね。

こちらでは夜バナナダイエットを成功させるために、失敗に陥らないための注意点をお伝えしていきます。

まず、1番にやりがちなことは、必要以上に食事を摂ってしまうことです。

たしかに、夜バナナダイエットでは普段と同じように食事を摂っても問題はないものといわれています。

しかし、お腹いっぱいだなと満腹感を得られたら、その時点で食事の時間を切り上げるのが大切です。

夜ごはん前にボリューミーなバナナを摂取して、いつもよりも早い段階で満腹感を得ることが夜バナナダイエットの醍醐味です。

そのため、必要以上のカロリーを摂取しないことは大前提なのです。

さらに、毎日のようにカロリーが高めの食べ物や飲み物を摂取していると、あまり効果が実感できずにいたり、なかには逆効果になってしまったりする人も存在します。

満腹感を得られたらすぐに食事を中止し、できれば食事内容も見直し、なるべく継続して高カロリーのものを摂取しないようにするのがおすすめです。

カロリーを気にしすぎて夜ごはんをバナナだけにするのはNG!

夜バナナダイエットでは、他にも注意してほしい点があります。

それは、カロリー摂取のことを考えすぎて、夜ごはんをバナナだけにしてしまう、ということです。

このようなケースは、熱心にダイエットに取り組みたい、運動はせず時間もかけずに手っ取り早く痩せたいと思っている人が行いがちかもしれません。

しかし、たしかに早い段階で痩せる可能性は高いでしょうが、健康的とはいえませんよね。

先程もお伝えしましたが、夜バナナダイエットというのは、夜ごはん前にバナナや水を摂取し、その後に夜ごはんを食べるという内容のダイエット法です。

夜ごはんの「置き換え」を推奨しているわけではないのです。

そのため、夜ごはんをバナナだけに置き換えすることなく、健康面も考慮し、夜ごはんでも栄養をしっかり摂取するのが理想的な形です。

なによりも、夜ごはん自体がバナナだけ…という生活が毎日のように繰り返されるとストレスを溜め込んでしまうパターンも少なくはないはずです。

ストレスがあると、ダイエットを継続して行うのが億劫になってしまうかと思います。

ですから、健康面やストレスのことも配慮してダイエットを持続するために、夜ごはんに置き換えるのは避けたほうが賢明な判断でしょう。

ダイエット効果を高める!プラスしたい習慣

夜バナナダイエットを継続して行うだけでもダイエット効果が期待できますが、「さらに効率的に痩せたい!」「健康的に痩せたい!」と感じている方に向けて、おすすめしたい習慣があります。

生活サイクルはなかなか変えることが難しいと感じる人もいるかもしれませんが、少し意識するだけでダイエット効果は高まりますし、なによりも健康的な身体作りに役立ちます。

◆食事は就寝の3時間前までに終わらせる

就寝中の代謝はどうしても下がってしまい、直前に食べ物を摂取してしまうとなかなか消費されにくいのです。

就寝の3時間前には完全に食事の時間を切り上げて、エネルギーとして消費してしまいましょう!

◆できる範囲で身体を動かす

身体を動かすのは、ダイエットにもなりますが健康への近道にもなります。

先ほどもお伝えしましたが、バナナには食物繊維が豊富に含まれており、食物繊維には脂質の代謝を良くする作用もあります。

そのため、バナナを摂取して軽い運動をすると、その運動の効果を実感しやすくなるのでおすすめです。

運動に苦手意識のある人もいるかと思いますが、ランニングなどの激しい運動をするのではなく、ストレッチやヨガなどの軽めの運動で十分なのです。

仕事や家事が忙しくてなかなか時間が取れない人は、ひと駅分歩いてみる、階段を使って移動する、など日常生活に取り入れやすいものを習慣にしてしまうのも手です。

◆栄養バランスも考慮した食事

やはり健康的に痩せるにはカロリー量を制御するだけではなく、バランスのとれた食事を摂取しましょう。

この際に食生活も見直してみてはいかがでしょうか。

夜バナナダイエットで理想の体型に!

いかがでしたか?

夜バナナダイエットは、夜ごはん前にバナナと水を摂取するという単純なダイエット法でしたね。

間違ったやり方で夜バナナダイエットをしてしまい、返って逆効果になってしまったなんて事態にはならないように、正しい手順をしっかりと理解して行うことが大事なのです。

夜バナナダイエットに興味が出てきたという人は、ぜひ試してみて、自分の理想とする体型に近づけましょう!

 - 健康的なダイエット