野菜ジュースを効果的にダイエットで活かすおすすめの方法

ダイエットをする時には野菜が欠かせません。

しかし、ただ単に食べるものを減らしてダイエットをしようと考えている方もいることでしょう。

この場合、バランスを考えないと、栄養が偏ってしまうこともあります。

その栄養を補いながらダイエットをするためにも、野菜ジュースを摂り入れることをおすすめします。

そこで、今回は野菜ジュースを利用したダイエット法をご紹介していきます!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

炭酸水でダイエット!?お酒の代わりで健康的に

近年、炭酸水の市場が広がってきているような感覚があります。今回は、炭酸水を飲むことでのメリット...

1日1500キロカロリーの休日ダイエットメニューの作り方

「1日1500キロカロリーの休日ダイエット」をご存知ですか?これは、体組成計に乗った時や健康...

グルテンフリーパンのダイエット効果やカロリーを徹底解説!

最近注目されている「グルテンフリー」。これは、ハリウッドセレブやモデルさんなどにも人気の食事...

カレーはこう作るとカロリーオフに!とっておきレシピ

カレーは大好きなのだけど、カロリーが気になる、という方もおられるのではないでしょうか?ダ...

カロリー消費をして食べ物の摂取カロリーを少なくできる?

ラーメン、寿司、焼き肉など、カロリーの高い食事をした後にはいつも後悔が残りませんか?カロリー...

タンパク質をしっかり食べてスリムに!体脂肪を分解する方法

痩せたいと思ったとき、まず何から始めたら良いのでしょうか。食事を制限して運動をすれば痩せるはず...

意外と知らないまぐろの栄養!お刺身や丼もののカロリーは?

まぐろは、日本人の好きな魚のひとつです。お刺身や丼もので食べると、本当に美味しいですよね。...

玄米と白米の違いは?玄米がダイエットに向いている理由とは

日本人の主食と言えば白米ですよね!ほとんどの方が白米を食べていると思いますが、健康に気を遣って...

30代専業主婦の摂取カロリーの目安は?おすすめダイエット法

専業主婦になって太りやすくなったという女性はいらっしゃいませんか?その理由の一つとして、20代...

甘酒は米麹で作られたものを選んでダイエットしよう!

甘酒といえば、行事で飲むくらいで、普段は好んで飲まないという人は多いのではないでしょうか。米...

男性におすすめ!ウォーキングでカロリーを消費しよう!

男性は女性よりも体質的に太りにくいといわれています。しかし、男性でも運動をしていないと年齢を...

甘酒を酒粕で作ったときの効能や米麹で作る場合との違い

甘酒は酒粕でも作れますし、米麹からも作れることは、ご存知でしょうか?簡単に作れるのは酒粕です...

玄米だけでは補えない!油もダイエットには必要なワンピース

玄米だけを食べて痩せるダイエットが流行っていますね。玄米は完全栄養食と言われているくらい...

アルカリ性食品やアルカリ性の飲み物で痩せる!?効果と方法

皆さんは日常で、アルカリ性食品やアルカリ性の飲み物を積極的に摂取していますか?ところで「アル...

ダイエットではカロリー不足が原因の慢性的な疲れに注意!

ダイエットというと、カロリー計算をして摂取カロリーを控えるのが基本だと思われています。しかし...

スポンサーリンク

ダイエットに野菜ジュースをおすすめする理由

ダイエットというと、食べ物やカロリーを制限して行う方が、比較的多いかと思います。

しかし、ただ制限するだけだと、野菜不足に陥ることもあります。

そうすると、体によくありません。

そこで野菜ジュースをダイエットに取り入れることをおすすめします。

野菜には、多くの酵素やビタミンが含まれており、他にもミネラルや食物繊維も含まれています。

このような栄養素を含んでいるため、しっかりと摂ることで、腸内環境をよくして便秘解消につながることや、代謝アップの効果も期待できます。

この腸内環境をよくすることや、代謝を上げることは、ダイエットには欠かせないものでしょう。

さらに、ダイエット時にありがちな肌トラブルにも、野菜ジュースはよい効果を発揮するのです。

その効果とは、「肌のカサつき」、「ニキビなどのトラブルを起こした肌の調子を整えてくれる」などの効果です。

そして、どの野菜を使うかによって色や風味を手軽に変えられるため、飽き難く、楽しみながらダイエットに取り入れられる、という利点もあります。

このような点からもダイエットに野菜ジュースを取り入れることは、大変おすすめなのです。

野菜ジュースダイエットを始める前に知っておきたいこと

それでは、実際に野菜ジュースを取り入れてダイエットをしていこう。

と思われる方もいることでしょう。

しかし、野菜ジュースならどんなものでもいいのでしょうか。

また、中には野菜ジュースさえ飲んでいれば痩せられると思いがちな方もいるのはないでしょうか。

そこで、野菜ジュースを取り入れてダイエットをする前に、しっかりとした知識を持っておきましょう。

まず、「野菜ジュースさえ飲んでいれば痩せるのか」については、間違えた方法で行うと痩せることは難しいです。

飲みすぎたりしてしまった場合は、痩せるどころか体重増加につながる可能性もあります。

野菜ジュースに含まれる野菜の種類で、得られる効果も違うということを先ずは理解しなくては正しい効果が発揮されず、何の成果も得られない可能性も出てきます。

また、市販の野菜ジュースの場合、砂糖を使用したものも存在します。

他にも「砂糖は使っていません」と明記してありながら果糖、オリゴ糖などが含まれていることもあるので注意が必要となります。

同じく注意したいものとして挙げるのは「濃縮還元」と明記されているものです。

これらは野菜ペーストにただ水を加えた物で、加熱により失われた香り、ビタミンC等を再度加えた物を野菜ジュースにしているのです。

ただし、ショ糖と明記されている場合は気にしなくても大丈夫です。

そのショ糖は、野菜本来の甘さや果物に由来する糖が含まれたものなので、加糖せずとも素材本来の甘さを出してくれる存在だからです。

栄養素的にも野菜100%と記されたものをおすすめしたいのですが、こちらは市販だと高価なので、本当に野菜だけを100%摂りたいとなると手作りすることをおすすめします。

迷った時に野菜ジュースの選び方のおすすめ

野菜ジュースは糖が含まれたものや、濃縮還元されたものと種類が多様にあります。

こんなにあったら迷ってしまう、そんな時は「これだけ知っていればいいよ」というものをご説明します。

知っているといいポイントは、先ず、野菜ジュースに含まれる原材料を確認してみることです。

品物に書かれる原材料は、含まれている量が多いものから記されることが多いです。

このことに関しては、知っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

このことからも分かるとおり、原材料名の一番上に果物が記されている場合は、野菜ジュースというより果物ジュースだと認識した方が正解かもしれません。

他にも野菜や果物以外の糖質、塩分が含まれていないかなども確認するといいでしょう。

できれば、緑黄色野菜がメインベースのものを選ぶのがいいです。

飲みやすくするために必要な処置を施しているので、素材そのままとはいきませんが野菜を摂ることができます。

また、駅やデパートなどで見かける手作り野菜ジュースの店などもおすすめです。

製品化されたものより新鮮で、生の野菜に近く野菜不足解消にいいです。

しかし、幾ら体にいいからと飲みすぎには気を付けましょう。

お家で簡単!自分で作れる多彩な野菜ジュースのおすすめ

野菜ジュースをダイエットに取り入れる方法としては、市販のものを買う他に自分で手作りする方法があります。

手作りの野菜ジュースは、市販の野菜ジュースよりもアレンジを利かせやすいので、楽しんで摂ることができるでしょう。

そこで、自分で作る野菜ジュースのおすすめの方法をご紹介しましょう。

まず、手作りの野菜ジュースでダイエットをしたいのであれば、ベースはトマトを使ったものがおすすめとなります。

ただ、トマトだと濃すぎたり飲みにくい方もいると思いますので、そうした場合はニンジンがベースになったものでも問題ないです。

それでは、野菜ジュースの組み合わせの例をご紹介します。

1.セロリとトマトの野菜ジュース

2.ニンジン、パイナップル、レモンを加えた野菜ジュース

3.小松菜とニンジン、ショウガの野菜ジュース

4.ミント、ショウガ、キウイ等を使った野菜ジュース

このようにトマトやニンジンを入れる野菜ジュースや、その他の野菜で組み合わせたアレンジの利かせた野菜ジュースもいいです。

このように手作りだと、様々な野菜と組み合わせることができて、フレッシュな状態で飲めるので、できることなら手作りをおすすめします。

野菜ジュースにダイエット効果を残した作り方

先ほど、野菜ジュースは手作りすることをおすすめしましたが、その理由は、市販にはない野菜ジュースを作れることや、アレンジが利くことですね。

また、その他にも大きな利点としては、手作りする際に出る「野菜の搾りかす」が使えることです。

ミキサーで作る際や、野菜をこして作る際にも大体の確率で、この搾りかすがそのまま入っていたりします。

市販の野菜ジュースで失われがちな食物繊維の塊、それがこの搾りかすに含まれているのです。

そして、このように手作りをする際には、ジューサーやミキサーを使うことになるでしょう。

搾りかすを適度に残すことを考えるのであれば、ジューサーよりもミキサーを使うことをおすすめします。

その理由は、ジューサーだとものによっては、搾りかすと液体を分離させてしまうことがあるからです。

人によっては、飲みやすい液体の野菜ジュースの方を作りたい、と思う方もいるかと思います。

この場合は、ジューサーの方がいいです。

また、搾りかすをこして混ぜるのが苦でない方は、こちらの方がいいとも取れます。

しかし、搾りかすも混ぜて栄養のある野菜ジュースを簡単に作りたいのであれば、ジューサーだと分離しているので、あとで混ぜるのは意外に大変だったりします。

その点、搾りかすと液体を混ぜて簡単に栄養価の高い野菜ジュースを作るのであれば、ミキサーの方がおすすめとなるわけです。

ダイエットに取り入れることを考えると、ミキサーで作ることをおすすめします。

ダイエットによい効果を得る用途別おすすめのタイミング

ここまでご紹介したとおり、栄養価の高い野菜ジュースを作ることでダイエットに活かすことができます。

しかし、摂るタイミングによっても、得られる効果に違いが出てきます。

ダイエット効果を得たい場合には、食前に野菜ジュースを飲むことをおすすめします。

ダイエット効果を得るために、食前に野菜ジュースを飲む理由としては、糖や脂肪、血圧の上昇などを抑えてくれるからです。

基本的に、空腹のままごはんやパンを摂ると食後に血糖値が上がってしまうため、あまりおすすめはされていません。

そこで糖や脂肪、血圧の上昇などを抑えたい場合に、食前の野菜ジュースの摂取がそれらの吸収を抑えてくれます。

また、より一層よい効果を得たい時は、野菜ジュースを飲んでから30分後くらいに食事をするとさらに効果的です。

このように食前に野菜ジュースを取り入れるのは、ダイエットにとても効果的です。

この食前のタイミングの他にも、便秘を解消したい場合には、朝起きたときの朝食前に、もしくは朝食と共に摂ると効果が期待できます。

また、美肌効果を期待する場合は、夜22時~深夜26時頃に飲むのがおすすめです。

新陳代謝力も高まるので、成長ホルモンの分泌効果に繋がります。

以上のように、野菜ジュースを摂るタイミング次第でも効果に違いが出てくるので、タイミングも考えて取り入れましょう。

野菜ジュースを取り入れたダイエットを楽しく行うために

野菜ジュースを上手に取り入れることで、ダイエットの強い味方になることが今回の記事で知ることができたのではないでしょうか。

また、今まで何も考えずに市販の野菜ジュースを選んでいた場合は、今後は表記を確認してみてください。

選び方次第でも効果に違いが出てきます。

もし、手作りの野菜ジュースを作れるようであれば、今後は積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ダイエットが少しでも楽しいものになるかもしれませんよ。