玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

味噌漬けの作り方が知りたい!あんな食材も絶品料理に?!

      2018/05/26

味噌漬けの作り方が知りたい!あんな食材も絶品料理に?!

みなさんは、味噌漬けの食材を食べたことがありますか?

市販のものは食べたことがあるという方は多いかもしれませんね。

一見難しそうに見えますが、とてもお手軽に作ることが出来るのです。

今回は、そんな味噌漬けの作り方を徹底的にご紹介します!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

食生活改善で便秘の解消!腸内運動は身体の内側と外側から

デスクワークが増える近年、頑固な便秘に悩む人が増えていま...

味噌汁の具に最適なほうれん草!その栄養と美味しい食べ方!

温かい汁物が恋しい冬になり、各ご家庭の食卓にも様々な具を使...

玄米ご飯をフライパン一つで作ることができる炊き方をご紹介

玄米を炊くということになると、土鍋や圧力鍋、玄米を炊ける炊...

体に良くておいしい!玄米ピラフを圧力鍋で作る時短レシピ

玄米は体に良いことはわかっているけれど、硬くてポソポソして...

食事改善にも有効なダイエット方法について詳しく知ろう!

ダイエットと食事改善は、表裏一体です。 ダイエットは、...

食事改善をして健康に!おすすめの方法と様々な仕方

産後、加齢、運動不足等、日々の生活で、体型や体調が変化し...

おいしくて体に良い玄米の炊き方で塩を入れるのはなぜなの?

体に良い玄米ですが、その炊き方は白米に比べて少し面倒で、手...

玄米80gのカロリーや栄養とダイエットに活かす方法とは?

玄米は薄皮に包まれている分、よく噛んで食べる必要があるた...

食生活改善と無理のないダイエットでさらに健康になろう!

ダイエットの基本は、摂取カロリーを消費カロリーよりも減ら...

じゃがりこチーズ味のカロリーが気にならなくなるイイ話

スナック菓子と言えば、ポテトチップスやかっぱえびせんなど...

玄米は圧力鍋を使うと炊くのに時間がかからない、って本当?

玄米は炊飯器で簡単に炊けますが、白米よりも時間がかかって...

断食を取り入れて体調改善を図りダイエットを成功させよう!

体調改善とダイエットの効果を高める方法として、断食が挙げ...

玄米の浸水時間を長くするのは発芽毒に関係してるって本当?

体に良いといわれる玄米ですが、下準備が大変ですよね。 特...

炊飯器や土鍋、圧力鍋を使って玄米4合を炊く時の水加減は?

カラダに良い玄米は、ご家庭でもカンタンに炊けます。 普...

自宅で味噌を手作りしよう!圧力鍋を上手に活用して時短調理

色、味、匂い。 作り方が変わるだけで、味もがらっと変わ...

玄米に虫が沢山湧いている場合に精米機を使用しても大丈夫?

玄米を精米しようとした時に、袋の中に虫が湧いていたことは...

砂抜きが大事な味噌汁レシピ!あさりを美味しく食べるコツ

日本人の食卓に欠かせない食材である、あさり。 酒蒸しや...

家庭食の定番!豚肉のソテーはソースでカロリーコントロール

豚肉と言えば安くて、美味しくて家庭料理には欠かせない食材...

体調改善を行うなら食事について毎日考える習慣をつけよう!

「最近なにかと体調がすぐれない」 そのような悩みがある...

食事改善とは、時間を見直して自己改善をするということ

食事改善というと、食事内容に気が向きがちです。 食べる時...

スポンサーリンク


そもそも味噌漬けって何?

まず、味噌漬けの作り方をご紹介する前に、味噌漬けとはどのようなものか、食材を味噌漬けにするメリットなどについてお話ししましょう。

味噌漬けとは、簡単に言うと「漬物」です。

普通の漬物と違い、野菜だけでなくお肉やお魚を漬けることもあります。

有名なものだと、京都の伝統料理の「西京漬け」がありますね。

味噌漬けに使用する味噌床は、基本的に「味噌・みりん・酒・砂糖」ですが、その配合や使用する味噌の種類はご家庭によって違うでしょう。

こうして味噌漬けされた野菜やお肉、お魚は塩気だけでなく、味噌の風味も移り、味わい深さが生み出されるのです。

その味噌漬け独特の風味は、長年に渡って愛されているポイントとも言えるでしょう。

ちなみに、漬け終わった野菜はそのまま食べ、お肉やお魚は焼いて食べます。

最近では、野菜・お肉・お魚だけでなく、さまざまな味噌漬けに挑戦している方も多く、意外な食材が味噌漬けにマッチしたといったこともあるようですね。

味噌漬けのメリットって何?

先ほどは、味噌漬けはどのようなものかをご説明しました。

続いては、味噌漬けのメリットについてお話ししましょう。

まず、お肉やお魚が中途半端に余ってしまったという時に、味噌漬けにしておけば保存性が増すので、日持ちする期間が伸びます。

また、味が落ちにくいという点もあり、とても嬉しいですよね。

忙しい時も、味噌を拭って焼くだけという簡単さなので、時間のある時にまとめて味噌漬けにしておけば便利でしょう。

そして、「味噌は医者いらず」と言った言葉があるように、とても高い栄養価を持ち合わせているのが味噌です。

原料は主に、栄養価の高い大豆ですが、麹によって発酵することで、さらに栄養価が上がります。

そのようにして、さらに栄養価の上がった味噌は、健康効果が数多くあると言われています。

身近な例を挙げると、便秘に悩んでいる方のお通じがよくなったり、美肌効果もあるようです。

その他に、生活習慣病を予防する働きもあり、食材を味噌漬けにするだけで、ありがたいこと尽くしということですね。

では、次からは味噌漬けの作り方をご紹介しましょう。

味噌漬けを作ろう!味噌床の作り方は?

では、まずは味噌漬けをする上で一番重要とも言える、味噌床の基本的な作り方をご紹介します。

●必要な材料

・味噌   100g
・みりん  大さじ1
・酒    大さじ1

①みりんと酒を耐熱容器に入れ、レンジで10秒ほど温めます。

②①を味噌にかけて混ぜます。

これで、味噌床の完成です。

味噌床と聞くと、難しそうな印象があるかもしれませんが、とても簡単ですよね。

ここでご紹介した味噌床の作り方は、あくまで基本的なものです。

一度作ってみて、各ご家庭でアレンジをしたいという場合は、砂糖やショウガを入れてみたり、ニンニクを入れてみるのもいいですね。

他のご家庭とは違った、「我が家の味」を作ることが出来るでしょう。

そして、ニオイ移りや食中毒を避けるために、野菜を漬ける味噌床とお肉やお魚を漬ける味噌床を分けることが大切です。

そして、何度か同じ味噌床を使用する場合は、2度までにしましょう。

また、余った味噌床は炒め物などにも使用出来るので、極力無駄にならないようにするといいですね。

野菜の味噌漬けの作り方は?

では、まずは定番とも言える野菜の味噌漬けの作り方をご紹介します。

下準備として、漬ける野菜を切って塩をまぶしておきましょう。

出来るだけ大きい状態で漬けたいので、キュウリの場合はヘタを切るだけでいいでしょう。

小さく漬けた場合、漬かり過ぎてしまって塩辛くなってしまうためです。

しかし、大根などの漬かりにくい野菜は、皮をむいて少し小さめにしてもいいですね。

塩をまぶすのは、余分な水分を抜くためです。

下準備が出来たら、味噌床を塗り、容器に入れて冷蔵庫でお好みの日数だけ漬けます。

多めの量の野菜を漬けるのであれば、漬かった時点で水洗いをして、別の容器で保存しておくと1週間程度は日持ちするでしょう。

もし、野菜が漬かり過ぎてしまったという場合は、水にさらすと多少の塩分を抜くことが出来ます。

美味しく漬かった野菜は、食卓の一品になることはもちろん、お酒のおつまみにもなること間違いなしです。

お肉やお魚の味噌漬けの作り方は?

続いては、お肉やお魚の味噌漬けの作り方をご紹介します。

まずは、お肉の味噌漬けです。

新鮮なお肉を用意し、タッパーなどの容器に味噌床を薄くのばします。

のばした味噌床にガーゼを被せ、お肉をのせましょう。

この時、味噌床が直接お肉に付く部分があると、漬かりにムラが出来てしまうので注意が必要です。

お肉を置いたら、ガーゼを被せて、その上にもう一度味噌床をのばしましょう。

容器に蓋をして、冷蔵庫で保存し、一晩漬けたら完成です。

お魚は、野菜と同じく、下準備として塩をまぶして30分程度おきます。

もし、骨がそのままの場合は、取り除くのを忘れないようにしてください。

下準備が出来たら、要領はお肉と同じになります。

タッパーなどの容器に味噌床を薄くのばし、のばした味噌床にガーゼを被せ、魚をのせましょう。

魚を置いたら、ガーゼを被せて、その上にもう一度味噌床をのばしましょう。

容器に蓋をして、冷蔵庫で保存し、2・3日程度漬けたら完成です。

変わり種食材の味噌漬けの作り方は?

ここまでは、基本的な味噌漬け食材を使ったレシピをご紹介しました。

最後は、あっと驚く変わり種食材の味噌漬けの作り方をご紹介します。

●はんぺんの味噌漬け

「はんぺんを味噌漬け?!」と思う方も多いかもしれませんね。

お肉などと同じく、漬かりムラが出ないようにガーゼに挟んで漬けましょう。

●ウズラの卵の味噌漬け

ウズラの卵の味噌漬けは、おつまみに最適です。

形が丸いため、柔らかめの味噌床にしましょう。

味噌床に入れたら、上からガーゼを被せると漬かりやすいです。

●豆腐の味噌漬け

「豆腐は柔らかいから漬けれられないのでは?」と思いますよね。

実は、しっかりと水切りをすれば漬けることが出来ます。

漬かった豆腐は、チーズのような食感と、味噌の風味をまとい絶品です。

●アボカドの味噌漬け

アボカドも、味噌漬けにすると、とても美味しいおつまみになります。

塩気がアボカドに染みることで、アボカドの甘さが一層際立つと評判です。

驚きの食材ばかりですが、一度試してみてはいかがでしょうか。

味噌漬けにチャレンジしてみよう!

今回は、基本的な味噌漬けの作り方をご紹介しました。

忙しい方や、味噌の風味を味わいたいという方には、ピッタリの調理法ではないでしょうか。

たったこれだけのひと手間で、絶品料理が味わえるのです。

是非、さまざまな食材で試してみてください。

 - その他食材