玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

野菜を美味しく!ゴマ味噌炒めのタレ!秘伝のレシピをご紹介

      2018/05/24

野菜を美味しく!ゴマ味噌炒めのタレ!秘伝のレシピをご紹介

皆さんは味噌炒めはお好きですか?

まろやかな甘みとゴマの風味が食欲をそそって、野菜を美味しく食べることができますよね。

そこで、今回はどんな野菜にも便利に使えるゴマ味噌炒めのタレのレシピと、タレを使った4つのオススメ料理のレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

スポンサーリンク


タレに秘められたゴマと味噌の健康効果とは!

ゴマ味噌炒めのタレの主役であるゴマと味噌ですが、どちらも健康に役立つ成分が豊富に含まれている事をご存知でしょうか。

ゴマの脂質には、不飽和脂肪酸であるリノール酸とオレイン酸が含まれています。

リノール酸は、悪玉コレステロールを排出するために必要な栄養で、オレイン酸は善玉コレステロールの量を維持したまま悪玉コレステロールの量を減らして、動脈硬化を予防する作用があります。

リノール酸については体内で作ることができない栄養素のため、食品から摂ることが好ましいと言われており、ゴマはその摂取に適していると言えるでしょう。

また、ゴマには「ゴマリグナン」という成分が豊富に含まれています。

ゴマリグナンとは、有名な「セサミン」を含む物質の総称で、強い抗酸化力を持っています。

ゴマには若々しくあるために必要な多くの栄養が詰まっているのです。

一方、味噌には胃ガンや乳ガンを予防する効果があることが最近の研究でわかってきています。

調査によると、毎日味噌汁を飲んでいる人は飲んでない人と比較して、胃がんでの死亡率に48%もの違いがあります。

また、味噌汁を毎食飲んでいる女性は、乳がんの発生率が40%低下するという調査結果も残っています。

ガンの予防だけでなく、味噌に含まれているレチノール酸や大豆レシチンには、血圧上昇やコレステロール上昇を抑制する働きがあるため、糖尿病などの生活習慣病の予防にもつながると考えられています。

つまり、味噌には健康な生活を維持するのに大切な栄養が含まれているのです。

これらの食材を組み合わせて作るゴマ味噌ダレは、身体に良いだけではありません。

お肉や野菜と非常に相性が良いため、栄養バランスを考えて様々な野菜を入れても具材同士の調和を取ってくれるのです。

本日ご紹介するレシピを日々の献立に取り込んで、健康に気を使った食生活につなげていただければと思います。

秘伝のゴマ味噌ダレの作り方!

早速ですが、秘伝のゴマ味噌炒めのタレのレシピをご紹介します。

調理は簡単で、各材料を秘伝の比率で混ぜるだけで作ることができます。

作ってしまえば、どんな具材とも合う万能なタレです。

ぜひご家庭でチャレンジしてみてください。

【材料と比率】
・白炒りゴマ 2
・砂糖 2
・味噌 2
・みりん 2
・醤油 1

以上の材料を混ぜるだけで、お手軽にゴマ味噌ダレができてしまいます。

お好みに合わせて、分量の比率を変えてみてもいいかもしれません。

また、調理の際にみりんを煮切ってから他の調味料と混ぜ、マヨネーズやオリーブオイルを加えてドレッシングにするといったアレンジもあります。

ドレッシングは生野菜や温野菜と和えていただきましょう。

タレを活用!なすとピーマンのゴマ味噌炒めのレシピ

ゴマと味噌の健康効果がわかったところで、ゴマ味噌炒めのタレを使用したレシピをご紹介していきます。

まずは、なすとピーマンのゴマ味噌炒めです。

こってり味がやみつきになって、お箸を持つ手が止まらないレシピですよ。

【材料 2人分】
・茄子 2本
・ピーマン 2個
・ゴマ油 適量
◆秘伝のゴマ味噌炒めのタレ 適量

①秘伝のゴマ味噌炒めのタレの材料を混ぜ合わせて、タレを作っておきます。

②茄子は一口大に切り、水にさらしてから水気を切ります。

水にさらす時間はさっとさらすくらいで問題ありません。

③ピーマンは種を取って一口大に切ります。

④フライパンにゴマ油を熱し、茄子を炒めます。

⑤茄子に油が回ったタイミングでピーマンを入れます。

すると、少し歯ごたえが残った仕上がりになります。

柔らかいものがお好きな場合は、タイミングを調整してピーマンを入れてください。

⑥茄子がしんなりしてきたら、①のタレを回し入れて、全体によく絡めて完成です。

甘いタレが食欲をそそる!豚肉とキャベツのゴマ味噌炒めのレシピ

ゴマ味噌ダレは野菜だけでなく豚肉にもしっかりマッチします。

そこで次は豚肉とキャベツのゴマ味噌炒めのレシピをご紹介します。

タレの甘い風味が食欲をそそります、ぜひお試し下さい。

【材料 2人分】
・薄切り豚バラ肉 200g
・酒 大さじ1
・キャベツ 1/2玉
・ゴマ油 適量
◆秘伝のゴマ味噌炒めのタレ 適量

①秘伝のゴマ味噌炒めのタレの材料を混ぜ合わせて、タレを作っておきます。

②キャベツはひと口大のざく切りにします。

③豚肉は食べやすい長さに切って、酒を絡めておきます。

※酒はここで絡めずに、ゴマ味噌炒めのタレの中に一緒に混ぜておいてもいいです。

④フライパンにゴマ油を熱して、キャベツを炒めます。

⑤キャベツに油が回ったら、③の豚肉も入れて更に炒めます。

⑥豚肉にも火が通ったら、①のタレを回し入れて全体によく絡めて完成です。

ポイントは、お肉を入れる場合にはお酒をまぶすことです。

お酒をまぶすことでお肉の臭みが消え、柔らかくなる効果があります。

ちくわとこんにゃくのゴマ味噌炒めのレシピ

ちくわとこんにゃくのゴマ味噌炒めのレシピをご紹介します。

タレがしっかり絡んだ味はお弁当やおつまみにもオススメです。

【材料 2人分】
・ちくわ 4本
・こんにゃく 1丁
・サラダ油 適量
◆秘伝のゴマ味噌炒めのタレ 適量

①秘伝のゴマ味噌炒めのタレの材料を混ぜて、タレを作っておきます。

②こんにゃくは7~8mmぐらいの厚さで短冊切りにして、下茹でしておきます。

手間はかかりますが、こんにゃくを手綱にすると、よりタレが絡みやすくなります。

③ちくわは7~8mmぐらいの斜め切りにします。

④フライパンにサラダ油を熱して、こんにゃくを炒めます。

その際しっかり水気を切ってからフライパンに入れましょう。

⑤こんにゃくを炒めたら、ちくわを加えて炒めます。

⑥①のタレを回し入れて、全体によく絡めて完成です

こんにゃくは炒めていると泡が出てくることがありますが、こんにゃくの水分と油が反応して泡立ってしまっているだけで、体に害はありません。

もし気になる場合は、こんにゃくの灰汁抜きをしっかりと行うことや、炒め油をサラダ油に変えることで泡立ちにくくなります。

応用編!豚肉となすのゴマ味噌丼のレシピ

最後に応用レシピです。

豚肉とナスをゴマ味噌炒めにして、タレごとごはんに乗せてしまいましょう。

野菜も摂れてガッツリ食べられます。

【材料 2人分】
・ごはん どんぶり2杯分
・薄切り豚バラ肉 200g
・酒 大さじ1
・茄子 3本
・ゴマ油 適量
◆秘伝のゴマ味噌炒めのタレ 適量

①ごはんを炊いておきます。

②秘伝のゴマ味噌炒めのタレの材料を混ぜ合わせて、タレを作っておきます。

③茄子は一口大に切って水にさらして、水気を切ります。

④豚肉は食べやすい長さに切って、酒を絡めておきます。

※酒はここで絡めずに、ゴマ味噌炒めのタレの中に一緒に混ぜておいてもいいです。

⑤フライパンにゴマ油をひき、茄子を炒めます。

⑥茄子がしんなりしてきたところで、④の豚肉を入れて更に炒めます。

⑦豚肉にも火が通ったら、①のタレを回し入れて全体によく絡めます。

⑧丼にごはんを盛って、⑦をのせたら完成です。

レシピのお肉をひき肉に変えてもおいしいです、ぜひお試しください。

ゴマ味噌ダレで健康的な食事を

以上、ゴマ味噌炒めのタレと、その使用例のレシピをご紹介してきました。

栄養素を豊富に含んでいて、しっかり味のゴマ味噌炒めは、健康的なうえにたくさんの野菜をおいしく食べられるおすすめのメニューです。

ガン予防や悪玉コレステロールを抑えることにつながることを期待できるのもうれしいですね。

お手軽に作れるタレなので、冷蔵庫にある野菜と組み合わせて、ぜひご家庭でもお試しいただければと思います。

 - その他食材