玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

冷凍あさりの味噌汁の旨味の秘密と美味なあさり料理の作り方

      2018/05/01

冷凍あさりの味噌汁の旨味の秘密と美味なあさり料理の作り方

毎年春先から潮干狩りシーズンに入りますね。

あさりを採ったり、スーパーでも新鮮なあさりが普段よりも増量して店頭に並べられます。

あさりの酒蒸しからお味噌汁など、あさりは独特の旨味がありとても味わい深い食材です。

大量のあさりを一度に食べるのは大変ですが、冷凍することで1年中楽しむことができます。

冷凍あさりを使った料理の作り方から冷凍あさりの栄養や美味しさの秘密、おすすめのレシピまでご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

電子レンジ料理のレシピ!料理に不慣れな男性でも簡単に!

料理を始めたくても器具が無かったり、どこから始めたら良い...

電子レンジのオーブン機能で焼き魚が簡単ジューシーに出来る

電子レンジで焼き魚が出来ることをご存知でしょうか。 お...

電子レンジでカンタンおいしいトーストや食パン料理の作り方

電子レンジで食パンを上手にトーストできますか。 多機能...

電子レンジで作る!簡単おいしい手作りパイのアイデアレシピ

ご家庭にある電子レンジを使い、難しいといわれるパイを作っ...

電子レンジで目玉焼きができちゃう?ラップを利用して作ろう

ちいさな子どもがいる家庭や、コンロが足りない時などに便利...

スポンサーリンク


冷凍あさりの味噌汁ほうがおいしいと言われる理由

殻付きの場合、新鮮なうちに塩抜きしなければならないので、ちょっと手間のかかる食べ物、でも味はピカイチのあさり。

定番のお味噌汁、あさりのパスタなど、作り方は様々で春先から夏まで旬なあさりの旨味を楽しむことができます。

冷凍あさりの方が実は旨味がギュっと詰まっていることをご存知ですか?

なぜ冷凍あさりの方が旨味を強く感じるかというと、タンパク質の大きさに違いがあるのです。

通常のあさりでも、加熱調理をすることで旨味を十分感じることはできます。

なぜ冷凍あさりの方が旨味を強く感じるかというと、タンパク質の大きさに違いがあるからです。

タンパク質は冷凍、加熱することで壊れます。

通常のあさりでも、加熱調理を処理をすることで旨味を十分に感じることはできますが、冷凍あさりの場合、冷凍→加熱をするという2種類の調理方法となります。

そのため、まず一度冷凍することでタンパク質が分解され、さらに加熱をすることで、より多くタンパク質が壊れるのです。

タンパク質の細胞が小さくなると旨味成分であるアミノ酸も多く流れ出す為、おいしく感じるということです。

冷凍あさりと通常のあさりの栄養の比較

冷凍あさり、通常のあさりには以下の栄養が含まれています。

・カルシウム
・カリウム
・亜鉛
・鉄
・ビタミンB12
・アミノ酸

中でもアミノ酸は疲労回復や、記憶力アップに効果があります。

アミノ酸はたくさんの種類があります。

その中であさりに含まれるアミノ酸は(コハク酸・遊離グルタミン酸・遊離アラニン・遊離タウリン)です。

通常のあさりのアミノ酸の含有量は以下の通りとなります。

・コハク酸 60mg
・遊離アラニン 100mg
・遊離グルタミン酸 74mg
・遊離タウリン 520mg

では冷凍したあさりの場合、どのように変化するのでしょうか。

・コハク酸 20mg
・遊離アラニン 66mg
・遊離グルタミン酸 50mg
・遊離タウリン 430mg

結果を比較してみたころ、

・コハク酸 -40mg
・遊離アラニン -34mg
・遊離グルタミン酸 -24mg
・遊離タウリン -90mg

という結果になりました。

冷凍あさりの栄養の方が、圧倒的にアミノ酸の含有量が少なくなっています。

【コハク酸、遊離アラニン、遊離グルタミン酸】はすべて旨味成分です。

前項で説明しましたが、通常のあさりに比べ、冷凍あさりを使った作り方のほうがタンパク質が多く壊されます。

そのため、味噌汁などの料理で冷凍あさりを使うと、旨味成味のアミノ酸があふれ出すのでおいしいと感じますが、栄養は通常のあさりの方が上回っています。

旨味たっぷり冷凍あさりの味噌汁の作り方

冷凍あさりの旨味を存分に感じることができるレシピなら冷凍あさりのお味噌汁が1番おすすめです。

冷凍あさりの味噌汁

【材料】
・お好きな味噌 適量
・冷凍あさり(凍ったまま) 200g程度
・水 適量
・醤油 小さじ2~3
・酒 大さじ4

作り方
①鍋に酒を入れ沸騰させ、アルコールを飛ばします。

②アルコールを飛ばした鍋に冷凍あさり・水を入れひと煮立ちさせます。

③冷凍あさりの殻がきちんと全部開くまで加熱します。(水かさが減ってしまったら水を追加しましょう。)

④お好きな味噌を十分に溶かし入れ、醤油を入れ完成です。

今回は冷凍あさりの旨味を十分に味わう為、他の具材を入れないレシピをご紹介しています。

通常、味噌汁を作る時は出汁を入れますが、冷凍あさりの出汁で十分に旨味を感じることができるので使用していません。

冷凍あさりの味噌汁は意外な「あの食材」も合う

では、冷凍あさりの味噌汁に合う食材をご紹介したいと思います。

あさり自体が持つ強い出汁の香りと合う食材はたくさんあります。

・万能ねぎ、長ねぎ、玉ねぎ

味噌汁の定番の食材としても親しまれている「ねぎ」がダントツと言えます。

作り方もサッと入れるだけで済んでしまうので、一番手軽にあさりの味噌汁に合わせることができます。

あさりの良い出汁とねぎの香りがマッチしベストといえる組み合わせでしょう。

・大根

大根はおでんにも使われ、味染み大根として親しまれています。

味噌汁の中に大根を入れることで、あさりの旨味を取り込み、香りや食感まで楽しめます。

・お豆腐+キムチ

味の濃いキムチがあさりのお味噌汁と合うとは意外ですね。

お豆腐、アクセントでキムチを入れることによって、本格韓国スンドゥブチゲスープに大変身します。

・溶き卵+水溶き片栗粉

とろけるような旨味スープにふわふわの溶き卵が口の中に広がります。

冷凍あさりの作り方とポイント

通常のあさりの賞味期限は、1日~2日に対して冷凍あさりは1ヶ月です。

冷凍あさりの方が日持ちが大幅にアップし、おいしく頂くことができます。

しかも、必要な分だけ取り出して味わえるのも冷凍あさりの良いところなので、味噌汁など冷凍庫から出してすぐに作れます。

冷凍あさりを作る際に一番重要なポイントは「きちんと砂抜き」をすることです。

きちんと行わないとジャリジャリする残念な冷凍あさりになります。

冷凍あさりの作り方

・平たい大きめの容器に重ならないようにあさりを並べる。

・そこに温度調整(25度)をした塩水(水1ℓに対して塩35g)をあさりが埋もれるくらい注ぐ。

・新聞紙や、アルミホイルを上からかぶせておく。(あさりは夜行性の為、暗くないと砂を吐きません)

・潮干狩りで採ってきたあさりだと3時間、スーパーで購入したものであれば1時間程度で砂抜き完了。

・ジップロック等の容器にあさりを入れ、あさりが半分隠れる程度の水を入れ冷凍庫へ。(あさりの乾燥を防ぐ為)

解凍する際のポイント

解凍する際は、あさりにじわじわと熱を加えないことです。

凍ったあさりと一緒に入れた水も一緒に加熱すると水に溶けだしたあさりの旨味も味わえるので全て使いましょう。

じわじわ加熱することで、あさりの貝柱近辺にあるちょうづかいのタンパク質を破壊し開かなくなります。

冷凍あさりを使ったメニューと作り方を紹介

冷凍あさりの楽しみ方は味噌汁だけではなく、さまざまな料理で楽しむことができます。

冷凍あさりを使った料理の作り方を3つご紹介していきます。

冷凍あさりの中華風スープパスタ

【材料】
・パスタ 1人分
・冷凍あさり(凍ったまま) お好み
・中華スープの素 小さじ2~3
・水 250㏄
・唐辛子 お好み

①パスタをアルデンテに茹でます。

②鍋に水と中華スープの素を加えて沸騰させ、冷凍あさりを入れ、貝が開くまで加熱します。

③器に盛りつけて、唐辛子を添え、完成です。

なんちゃってクラムチャウダー

【材料】
・冷凍あさり(凍ったまま) 200g程度
・玉ねぎ 1つ
・人参 1本
・お好きなキノコ 適量
・コンソメ 1個
・塩 適量
・バター 1かけ
・水 具材が浸る程度
・牛乳 水の半量

①冷凍あさり以外の具材を食べやすい大きさに切ります。

②バターで具材を炒め全体的に火が通ってきたらお水を加えて沸騰させます。

③沸騰している鍋に冷凍あさりとコンソメを加え、あさりの口が全部開くまで加熱します。

④最後に牛乳を加え、塩で味を調えたら、完成です。

あさりの酒蒸し大葉添え

【材料】
・冷凍あさり(凍ったまま)
・大葉 適量
・ニンニク 1かけ
・酒 1/2カップ

①ニンニクをみじん切りにします。

②鍋に冷凍あさり、ニンニクを入れ、酒を入れ強火であさりの口が開くまで加熱します。

③器に盛り、細かく切った大葉を添え、完成です。

以上、レシピのご紹介でした。

冷凍あさりを料理するポイントはあさりの口が開いたらそれ以上は加熱しないことです。

身がギュッと締まりすぎてしまい、ゴムの様な食感になってしまいます。

上手に調理して最後までおいしいあさりを頂きましょう。

冷凍あさりを使い一年中おいしく味わう

たくさんのあさりを一度で食べきれない時は、冷凍あさりにすることによって少しずつ味わえます。

しかも、冷凍することによって旨味が更に増すという嬉しさ!

作り方は共通で、あさりの口が開くまで強く加熱すること。

これなら、味噌汁だけでなく様々な料理にチャレンジできそうですね。

冷凍あさりの旨味をあなた流に味わってみてはいかがでしょうか?

 - その他食材