玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

ダイエット中もうれしいカロリーオフなパンレシピをご紹介!

      2018/04/26

ダイエット中もうれしいカロリーオフなパンレシピをご紹介!

パンは大好きだけど、カロリーが心配という方はご注目ください!

ダイエット中なので、これもあれも食べることができない、というのはストレスが溜まってしまい、かえってリバウンドが心配です。

そこで、今回はダイエット中にも食べることができるカロリーオフなパンのレシピをご紹介します。

手作りにすると添加物もなく、健康にもいいのでおすすめですよ。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

電子レンジ料理のレシピ!料理に不慣れな男性でも簡単に!

料理を始めたくても器具が無かったり、どこから始めたら良い...

電子レンジのオーブン機能で焼き魚が簡単ジューシーに出来る

電子レンジで焼き魚が出来ることをご存知でしょうか。 お...

電子レンジでカンタンおいしいトーストや食パン料理の作り方

電子レンジで食パンを上手にトーストできますか。 多機能...

電子レンジで作る!簡単おいしい手作りパイのアイデアレシピ

ご家庭にある電子レンジを使い、難しいといわれるパイを作っ...

電子レンジで目玉焼きができちゃう?ラップを利用して作ろう

ちいさな子どもがいる家庭や、コンロが足りない時などに便利...

スポンサーリンク


パンは太る?ダイエットにはカロリーオフパンがおすすめ

パンは太りやすいと聞いたことはありませんか?

参考にできる点として、血糖値の上昇度を数値にしたGI値という目安があります。

一般的には、GI値が高いと太りやすく、低いと太りにくいと言われています。

精製された小麦粉を使ったパンと精製された米を比較すると、パンは91、ご飯は84と、パンの方が高くなります。

パンの方が血糖値が上昇しやすいということなのですが、血糖値が上昇するとインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは脂肪合成を促進し、脂肪の分解を抑制します。

つまり、GI値が高いとインスリンがたくさん分泌され、脂肪が蓄積されやすくなるのです。

ちなみに精製されていない粉で作った全粒粉パンのGI値は50です。

全粒粉など精製されていない小麦粉を使ったパンなら、GI値は低いので脂肪が蓄積されにくいといえます。

では次に、パンのカロリーについて見ていきましょう。

フランスパンは100gで280kcal、食パンは100gで263kcalに対し、クロワッサンは100gで450kcal、デニッシュは100gで400kcalです。

見ていただけるとわかりますが、パンと一口に言いましても、種類によってかなりカロリーが違ってきます。

パンを選ぶとき、精製された小麦粉で作ったパンや油や砂糖をたっぷり使ったパンを避けることもダイエット成功の秘訣です。

今回は手作りパンであれば自分でカロリーや材料を把握できるので、カロリーオフのパンを手作りしてしまおう、というわけです。

次項では簡単にできるレシピをご紹介します。

ダイエット中に食べても比較的OKな全粒粉ベーグルレシピ

ベーグルのGI値は意外に低く、75です。

食パンは91なので、比較的血糖値の上昇が緩やかで太りにくいパンだといえます。

全粒粉を加えると、さらにダイエット向けのカロリーオフパンになりますので、このレシピをぜひ試してみてください。

ベーグルは焼く前に茹でる工程が入るため、そのおかげでもちもちしていて、噛みごたえもあります。

咀嚼回数が増えるので、満足感が得られやすく、食べ過ぎも防ぐことができますよ。

【材料】

・全粒粉 150g
・強力粉 100g
・塩 5g
・砂糖 10g
・ドライイースト 4g
・水 160cc
・生地を茹でるための水 適量
・はちみつ 大さじ1

【作り方】

①生地を茹でるための水とはちみつ以外の材料をホームベーカリーのパンケースに入れ、生地をこねるコースを選択します。

②生地が出来上がったら4等分にし、棒状に伸ばします。

片方の端を太く、片方の端を細くします。

太い方の端を潰し、生地を輪にしつつ、太い方の端で細い方を包み込みます。

輪の真ん中の空間が直径5cmくらいになるように整えます。

③オーブンは200度に余熱します。

大きめの鍋にお湯をわかし、はちみつを入れて中火に弱めます。

④生地を表裏ともに30秒ずつゆでます。

天板の上にオーブンシートを敷いておき、ゆでた生地をくっつかないように並べます。

⑤17分焼いて、出来上がりです。

糖質制限中にも!ふすまでカロリーオフパンレシピ

ふすまとは、穀物の外側の皮の部分のことで、表皮、胚芽の部分にあたります。

英語ではブランと言いますが、聞いたことがあるのではないでしょうか?

ふすまを使ってパンを焼くと、カロリーオフかつ低糖質のパンが出来上がります。

また食物繊維も豊富なので、腸内環境を整えたいときもおすすめです。

ダイエット中にもパンが食べたい方は、このレシピでふすまパンを作ってみてください。

【材料】

・ふすま 50g
・水 150cc
・強力粉 200g
・砂糖 20g
・塩 小さじ1
・卵 1個
・バター 40g
・スキムミルク 大さじ2
・ドライイースト 4g

【作り方】

①ホームベーカリーを使って生地を作ります。

材料をホームベーカリーのパンケースに水をまず入れ、その後ほかの全ての材料を入れます。

②一次発酵までホームベーカリーで終わらせ、まな板に取り出します。

③6個~8個くらいにお好きな大きさに切り分けて丸めます。

④霧吹きしてラップをかけ、生地を寝かせます。

30分ほど、1.5倍の大きさになるまでベンチタイムです。

⑤丸め直します。

1時間から1時間半ほどかけて二次発酵させます。

⑥オーブンを180度に余熱します。

180度で15分ほど焼いて、出来上がりです。

ホームベーカリーで簡単!大豆粉パンレシピ

大豆粉を使ってもカロリーオフパンを作ることができます。

大豆粉は、大豆をそのまま粉に加工したものです。

生のまま粉にしたり、粉にひいてから加熱処理したりとメーカーによって少々加工方法に違いがあります。

そのため、大豆粉でパンを焼く場合、メーカーによって膨らみ方も異なってきます。

何回かトライする必要があるかもしれませんが、自分なりのレシピを見出すのも楽しみのひとつと考えて挑戦してみてください。

ちなみに、小麦粉と大豆粉の糖質量を比較すると、大さじ1杯あたり小麦粉は6.6gほど、大豆粉は1.6gほどと、かなり糖質の量が少ないことがわかりますね。

また、大豆粉には牛乳と同じほどのカルシウムが含まれており、ビタミン類やお通じがよくなる食物繊維もたっぷりです。

レシピの中のグルテンパウダーは大豆粉に含まれていないグルテンを補い、生地が膨らむようにするものです。

【材料】

・大豆粉 100g
・グルテンパウダー 100g
・砂糖 大さじ3
・水 200cc
・卵 1個
・オリーブ油 大さじ1
・ドライイースト 5g

【作り方】

①ホームベーカリーのパンケースに材料の液体を先に入れ、粉類は後に入れます。

②ドライイーストを粉のくぼみに入れ、食パンコースで焼きます。

小麦粉なし!おからでカロリーオフパンを作ろう

おからパウダーでもカロリーオフパンが作れます。

おからパウダーとは、豆乳を絞った後のおからを乾燥・粉にしたものです。

さっきご紹介した大豆粉よりカロリーや脂質や糖質が低いので、よりダイエットに向いているといえます。

おからパウダーには、食物繊維が多く含まれており、満足感が得られるだけでなく、体の毒素を排出してくれるので整腸効果が期待できます。

また、良質なタンパク質を含み、骨などを丈夫にするカルシウムも豊富です。

ここでは、おからを使ったベーキングパウダーで膨らませるパンのレシピをご紹介します。

【材料 6個分】

・オリーブオイル 100cc
・豆乳 150cc
・砂糖 40g
・塩 5g
・ベーキングパウダー 小さじ1.5
・おからパウダー 60g
・卵 2個
・米粉 20g

【作り方】

①豆乳とオリーブオイルを合わせておきます。

②ボウルに砂糖、塩、おからパウダー、ベーキングパウダー、米粉を入れて混ぜます。

さらに溶き卵を入れ、①を半分加え、混ぜます。

その後は、硬さを見つつ、①を少しずつ加えていきます。

まとまる硬さになったら、手早くこねます。

③ ②を丸くまとめて、その後6つに分けます。

④丸く平たく形成し、上に3つほど切れ目を入れ、170度のオーブンで30分ほど焼いて出来上がりです。

時短で出来ます!ライ麦パンも低カロリー

ライ麦100%パンは、GI値が58ほど、カロリーは100gあたり187kcalと低めで、太りにくいパンのひとつです。

食物繊維が豊富に含まれ、ビタミンB1とビタミンB2が多く含まれています。

ビタミンB1とB2には、皮膚や粘膜を保護したり、肉体疲労の時に溜まってしまう乳酸を分解したりする効果があります。

また、むくみ防止効果のあるカリウムも含まれていますよ。

ここでご紹介するレシピはノンオイルなので、カロリーオフのパンが出来上がりますよ。

【材料】

・ライ麦粉 200g
・ドライイースト 小さじ1
・塩 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・ぬるま湯 200cc

【作り方】

①ボウルにぬるま湯を入れ、そこにドライイーストを入れて、混ぜます。

② ①に塩と砂糖を入れて混ぜます。

③ ②にライ麦粉の半量を入れて混ぜ、残りのライ麦粉も入れ、ひとまとめにします。

④ラップをして、30分ほどベンチタイムを取ります。

その間にオーブンを220度に余熱しておきます。

⑤好みの形に生地を形成し、20分ほどオーブンで焼いて出来上がりです。

カロリーオフのパンは材料を工夫すれば作れる

いかがでしたか?

パンというと、ダイエットの敵と思われている方もいるかと思います。

しかし、様々な材料で低カロリーのパンが作れることがわかりましたね。

続けるには、おいしいことも大切な要素なので、ぜひお好みの味のパンを見つけてみてください。

 - 健康的なダイエット