お手軽!茄子と味噌チーズのレシピで健康的にダイエット生活

夏になると、茄子が旬を迎えます。

チーズは低GI食品で、糖質の吸収を穏やかにするため、ダイエット効果も期待できます。

味噌となす、味噌とチーズは相性も抜群です。

旬の茄子と美味しい味噌チーズで、健康的でダイエット料理にもなるレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レタスとキャベツの栄養素を比較!食物繊維が多いのはどっち

レタスとキャベツは、栄養素のひとつとも言われる「食物繊維」が多いとよく聞きますよね。この食物...

味噌汁がおいしくなる作り方!具がもやしだったらどうする?

みなさんは、味噌汁の具には何を入れますか?普通はわかめや豆腐、油揚げやネギといったところ...

さつまいも甘納豆を作る!さつまいもと甘納豆のレシピとは?

皆さんは、さつまいもは好きですか?秋の味覚の代表的なイモ類のさつまいも・・。焼いたり...

家庭菜園をやってみよう!ジャガイモは大量収穫、保存も可!

家庭菜園でジャガイモは人気です。なぜならたくさん収穫できること、さまざまな調理方法で食べるこ...

癒しの香り☆バニラビーンズとバニラエッセンスの違いとは?

アイスクリームやプリンなどの美味しい香りのもと「バニラ」甘い匂いを嗅ぐだけででうっとりしてしまいま...

バナナが輸入される時は緑色?!熟し具合で味も栄養も変わる

そのまま食べても美味しいバナナ。店頭に並んでいるバナナは、どれも黄色のバナナですよね。で...

昆布佃煮の栄養・効能とは?固い佃煮にならない作り方とは!

日本では昔から食べられている「昆布」。昆布は縁起の良い食材なので、お正月やお祝いの席でよく目にし...

ハーブで無農薬栽培を楽しむ。害虫対策に効くハーブと使い方

自宅で育てる植物は、無農薬で育てたいけれど、害虫対策が苦手という人は多いと思います。そのよう...

今話題のオーガニック食品!安いものもあるの?

食の安全が見直される中、テレビや雑誌でよく話題になっているのが、オーガニック食品です。みなさん...

ひと手間加えるだけでワンランクアップ!味噌漬け魚の作り方

外食した際に、西京焼き・味噌漬け焼きというメニューを見かけたことがあるかと思います。もちろん...

栄養満点でおいしいさばの味噌煮を簡単に作る栄養士のレシピ

お馴染みの家庭料理、さばの味噌煮には体に良い栄養がたくさん含まれています。それらを余すことな...

味噌汁に合うじゃがいもの切り方とは?じゃがいもの特徴は?

日本の食卓に欠かすことのできない味噌汁。そんな味噌汁の王道の具材の一つに、じゃがいもがあ...

酸っぱいのに酸性ではなくアルカリ性食品な梅干しの栄養効能

梅干しって、食べると酸っぱさが口の中に広がりますよね。酸っぱいことから酸性食品だと、勘違いし...

タバスコは緑と赤があるって知ってた?実は奥が深いタバスコ

タバスコは、そのスパイシーな風味と独特の香りから世界各国の辛い物好きにとって欠かせない存在です。...

こんなに塩分の差が?醤油の塩分は1グラムにどれくらい?

醤油は、日本の様々な地方で、様々な料理に家庭や料理店等で使われています。それこそ、使わない地域...

スポンサーリンク

茄子と味噌チーズは和洋中に合う

夏野菜の茄子ですが、今や一年中手に入る野菜です。

でも一番美味しいのは、やっぱり夏です。

茄子を薄くスライスして、味噌とチーズを合わせて上に乗せて焼くだけで、ちょっとしたご馳走が出来上がりです。

他の野菜も調味料もいりません。

以上です、と言って終わってもいいくらい、美味しいですね。

でも、それだけでは物足りないですね。

調味料には、みりんや砂糖を入れた甘味噌タイプの味噌チーズ焼きと、トマトやガーリックを入れたイタリア料理風があります。

調味料にマヨネーズを合わせたもの、具にかぼちゃや豚肉を合わせたものと様々です。

いずれも、こってりした味になりますね。

もう少しさっぱりした方が良い人は、豆乳や豆腐、長ネギを合わせるものもあります。

合わせる調味料や具によって、茄子はどんな味にも変わります。

和風、洋風、中華風と美味しい茄子と味噌チーズを合わせた料理。

次項から、おすすめのレシピをいくつかご紹介していきます。

茄子と味噌チーズの和風レシピ

チーズを入れても和風味の料理は、最近増えてきましたね。

チーズは日本のものではない、というイメージがありますが、日本でも古くからチーズが作られてきた歴史があります。

味噌とチーズを乗せて焼いた茄子の田楽風は、和風レシピとして、ご飯にもぴったり合いますね。

田楽風の茄子は、小さく作ってシソで巻いて、おにぎりの具にもなります。

それでは、茄子の味噌チーズ田楽レシピです。

【材料】

・茄子 中2本
・味噌 大さじ1
・砂糖 大さじ1.5
・みりん 大さじ1
・酒 大さじ1
・醤油 大さじ1
・とろけるチーズ 大さじ2

【作り方】

①茄子を2センチ位の厚さに切り、水にさらしておきます。

②茄子を幅広の竹串に刺して、熱したグリルで、両面に焼き色が付くまで弱火で焼きます。

③茄子を焼いている間に調味料を耐熱容器にいれ、混ぜてラップをし、たれにとろみができるまで、レンジで30秒から1分程温めます。

④耐熱容器に焼いた茄子を並べて、上からタレをかけて、チーズを乗せてトースター、又は魚焼きグリルで焼きます。

簡単お手軽レシピです。

茄子と味噌チーズのグラタン風レシピ

長茄子をグラタンの容器として作る、味噌チーズ味のミート風グラタンのレシピです。

【材料】

・豚ひき肉 120グラム
・長茄子 2本
・ミニトマト 2個
・味噌 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・酒 大さじ1
・牛乳 大さじ2
・にんにく 1片
・サラダ油 小さじ1/2
・とろけるチーズ 50グラム
・パセリフレーク 適量
・粉チーズお好みで 大さじ1

【作り方】

①茄子を縦半分に切り、周りを5ミリほど残してぐるっと切り込みを入れ、中にも数本切り込みを入れます。

②耐熱皿にのせ、ラップをして600Wの電子レンジで3分加熱します。

スプーンで中身をくり抜きます。

くり抜いた中身は大きめに刻んでおきます。

③ミニトマトは4等分に切っておきます。

にんにくは皮をむいてみじん切りにします。

④フライパンにサラダ油とにんにくを入れて火にかけ、にんにくの香りが出たら豚のひき肉を加え、色が変わるまで炒めます。

⑤きざんだ茄子の中身と、ミニトマト、みそ、砂糖、酒、牛乳を加えて混ぜます。

⑥少しとろっとしたら、くり抜いた茄子を加えます。

⑦とろけるチーズを乗せ、オーブントースターで焼き色がつくまで焼きます。

⑧お好みでパセリと粉チーズをかけます。

茄子をグラタン皿にするので、大き目の茄子を選びましょう。

おにぎりやパニーニの具になる茄子の味噌チーズレシピ

田楽風茄子炒めを作って、おにぎりの具や食パンに挟んで、和風パニーニを作りましょう。

【材料】

・茄子 2本
・ごま油 大さじ1/2
・味噌 大さじ1
・砂糖 小さじ2
・水 小さじ2
・酒 小さじ1
・みりん 小さじ1
・ピザ用チーズ 大さじ2
・刻み葱 1/4本分

【作り方】

①茄子を5ミリ幅で輪切りして、水に浸しておきます。

②葱をみじん切りにします。

③フライパンにごま油を熱して、茄子を並べて中火で蓋をし、両面焼き色がつくように焼きます。

④そこに、混ぜ合わせた味噌・砂糖・水・酒・みりんを入れて絡めるように炒めます。

⑤最後に、刻んだ葱を混ぜます。

⑥おにぎりの具にする時は、ご飯の上にシソを乗せて、その上に具を入れて握ります。

⑦パニーニは、食パンに具を乗せたらチーズを乗せて、もう1枚の食パンで挟み、ホットサンドメーカーで3分焼きます。

これで、パニーニは味噌チーズ味になります。

作り置きのできるレシピで、おにぎりの具やパニーニの他、ご飯のお供にもなります。

回鍋肉のタレを使って簡単に茄子と味噌チーズ炒め作り

市販の回鍋肉のたれを使って、簡単茄子と味噌チーズの炒め物ができます。

タレの味は中華風のものですが、作り方はイタリア風です。

茄子の乱切り3本、ベーコン2枚、マイタケ1パックを適量用意して、油で炒めます。

炒めた具をグラタン皿に乗せて、回鍋肉のたれとチーズをのせて焼き、万能ねぎを散らします。

回鍋肉のタレがない場合は、味噌とみりんで作れば、味噌チーズ味になります。

そのままでも、充分に美味しい味噌タレ風の茄子焼きですが、好みで豚小間肉や豚ひき肉、長葱、アスパラと一緒に炒めると、また違う食感や旨みを、楽しむことができます。

市販の回鍋肉のタレは、赤味噌風のタレですが、普通の回鍋肉を作るだけでなく、色々なレシピに利用できます。

味噌とみりんを足して、上手く味の加減ができない人には、ぴったりの調味料です。

工夫一つで、市販のタレは色々なレシピに生まれ変わります。

タレに記載されてある作り方だけではなく、自分だけのオリジナルレシピを作ってみてはいかがでしょうか。

茄子の味噌チーズ焼きは太る?

味噌に砂糖やみりんを混ぜ、チーズたっぷりの茄子の味噌チーズ焼きやグラタンは、味も濃厚でカロリーも高そうですね。

でも、ちょっと待って下さい。

今、糖質制限ダイエットの危険性が問題になっていますね。

糖質を制限しなくても、食べる前に低GI食品を食べると、糖質の吸収を緩やかにし、太りすぎを防げることが解ってきました。

太るイメージの強いチーズですが、チーズを含む乳製品は、この低GI食品の一つになります。

つまり、チーズを使ったレシピは、太るどころかダイエットに向いているということです。

しかも、茄子の味噌チーズ焼きグラタンは、1人分のエネルギー量が200キロカロリーから400キロカロリーです。

肉やチーズを多めにしても400キロカロリー弱で、普通のマカロニグラタンやポテトグラタンよりも、カロリーが控えめになります。

レシピによっては、200キロカロリー台で、ご飯茶碗1人分と同じです。

茄子は2個でも、わずか34キロカロリーで糖質も脂質もわずかです。

そして、茄子も低GI食品になります。

低GI食品は、最近CMでも耳にするようになり、注目をしている人も多いですよね。

今まで、カロリーにばかり目がいっていた人は、食品のGI値のことを気にしていましたか?

驚くことに、胡椒やワサビよりも味噌の方がGI値が低いです。

つまり茄子の味噌チーズ焼きは、低GIの代表的な食材を使った料理ということになります。

茄子の味噌チーズ焼きレシピは、今までダイエット食と言われていた、リゾットやドライマンゴーよりも、ダイエット食になるのです。

茄子と味噌チーズでダイエット

意外にもダイエット効果が期待できる組み合わせの、茄子と味噌チーズ。

ここまで読んで頂いて、少し見方が変わった人もいるのではないでしょうか。

茄子と味噌チーズは太るから、と避けていた人は、今回ご紹介したような美味しいレシピを作って、新しいダイエットメニューにして下さい。