玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

簡単に作れて美味しい味噌うどんレシピ!人気の6品をご紹介

      2018/03/18

簡単に作れて美味しい味噌うどんレシピ!人気の6品をご紹介

うどんって手軽でおいしいですよね。

ご飯と比べると出来上がるまでが短く、時間がないときは重宝しているかたも多いのではないでしょうか。

ちょっとひと手間かけただしで作ったうどんは、いつものうどんよりも数段おいしいものです。

こちらでは、市販のゆでうどんや冷凍うどんを使った手軽な味噌うどんの人気レシピをご紹介します。

ちょっとしたランチや夜食にぴったりなものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

美味しい玄米ご飯のカロリーは炊く前と炊いた後でどう違う?

お米は玄米でも精白米でも、炊く前と炊いた後では、水の量が...

「トランス脂肪酸フリー」のマヨネーズについて知りたいこと

「トランス脂肪酸フリーのマヨネーズ」と聞くと、体にいいマ...

電子レンジでパンを温めるときにアルミホイルは使えるの?

私たちの生活のなかで、もはや電子レンジはなくてはならない...

濃厚とろとろ茶碗蒸しを電子レンジで作る秘訣はチーズにあり

みなさんは、茶碗蒸しは好きですか? お店で出される茶碗...

電子レンジのターンテーブルにケーキ型をのせて手作りケーキ

小さい子どものため、ケーキを焼きたいという人のために、便利...

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スポンサーリンク


簡単なレシピ!味つきあげ味噌うどん

はじめに、冷凍うどんを使った簡単でおいしい人気レシピをご紹介します。

味つきあげも市販のものを使うと、作り出してからあっと言う間に味噌うどんが食べられますよ。

また、味つきあげの代わりに、スーパーマーケットの日配品コーナーで売られている乾燥天ぷらを乗せるとバリエーションが増えておいしくなります。

味噌の量をお好みで加減すると、あっさりにもコクのある味噌だしにもなります。

【材料】

・冷凍うどん 2玉
・水 700cc
・和風顆粒だし 小さじ4
・合わせ味噌 60g
・味つきあげ 2枚
・青ネギ 少々
・かまぼこ 4切れ
・七味 少々

【作り方】

①鍋に水と和風顆粒だしを入れ沸騰させます。

そのだしに合わせ味噌を入れ、さらに沸騰させます。

②冷凍うどんを解凍せず、そのまま①の鍋に入れましょう。

冷凍うどんが温まって柔らかくなるまで煮ます。

③味噌だしが沸騰したら、うどんの器に移します。

うどんに味つきあげ、かまぼこ、青ネギ、七味をのせて完成です。

肉と野菜を煮るだけの味噌うどん

野菜と肉を切ってだしで煮るだけの、お手軽味噌うどんです。

具材を油で炒める手間がないので、簡単で人気のレシピとなります。

白菜と玉ねぎを使ったレシピですが、春野菜のキャベツ、夏野菜のモロヘイヤやナスを使ってもおいしくなりますよ。

お好みの材料で作ってみてください。

【材料】

・ゆでうどん 2玉
・玉ねぎ 半分
・白菜 1枚
・豚肉 200g
・水 700cc
・和風顆粒だし 小さじ3
・酒 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・味噌 大さじ2

【作り方】

①鍋に水を入れて沸騰させます。

沸騰したら和風顆粒だしを入れましょう。

②鍋の水を温めているうちに、玉ねぎ、白菜、豚肉等の具材を切ります。

お好きな大きさに切り、だしが沸騰した鍋に入れましょう。

③玉ねぎが透明になってきたら、うどんを入れます。

④うどんがほぐれたら酒、砂糖、味噌を鍋に入れます。

⑤さらに少し煮込んで、器に盛ったら完成です。

辛味が人気の肉味噌うどんレシピ

こちらはだしが少ない、ぶっかけ味噌うどんのレシピです。

簡単な材料で、しかも具材を切る手間が少ないうどんです。

休日の午前中に簡単なブランチを食べたいときなどに、おすすめです。

軽い夜食を食べたくなったときも、すぐに作れて便利ですよ。

人気の食べるラー油の香りと、辛味がおいしい味噌うどんになります。

【材料】

・ゆでうどん 2玉
・豚バラスライス 6枚
・味噌 大さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1/2
・食べるラー油 小さじ1
・刻みネギ 適量

【作り方】

①うどんをゆでる湯を沸かします。

②フライパンにサラダ油をひき、豚バラを炒めます。

さらに、味噌大さじ1/2杯を入れ炒めます。

③うどんを表示より30秒短くゆでて、ザルにあげる前にゆで汁を大さじ4杯分ボウルに取っておきます。

ゆで汁の入ったボウルに残りの味噌大さじ1/2杯と鶏がらスープ、を入れて溶かします。

④うどんをザルにあげます。

⑤うどんを器に盛り、③の味噌スープをかけます。

その上に炒めた豚バラ肉、食べるラー油、刻みネギの順にのせて完成です。

召し上がるときに、よく混ぜてください。

人気のカレー味で香りよく

カレースパイスの香りに、八丁味噌のコクがおいしい味噌うどんです。

片栗粉でとろみをつけた汁にからまったうどんは、厳冬を乗り越えるのにおすすめな熱々な人気レシピです。

カレースパイスを使っているので、暑い夏の食欲増進はもちろん、夏バテ予防にも効果的ですよ。

【材料】

・冷凍うどん 2玉
・水 800cc
・和風顆粒だし 小さじ2
◎八丁味噌 50g
◎本みりん 大さじ4
◎醤油 約大さじ1/2
◎カレー粉 10g
・豚バラ肉(薄切り) 100~120g
・豚肉にまぶすカレー粉 小さじ1
・青ネギ 2本
・油揚げ 2枚
◇水 60g
◇片栗粉 30g
・七味唐辛子(お好みで) 少々

【作り方】

①豚肉は3cmの長さに切り、カレー粉をまぶしておきます。

青ネギは斜め薄切りにします。

油揚げは大きめの千切りにしましょう。

②鍋に水と和風顆粒だしを入れて沸騰させます。

調味料の◎と豚肉・油揚げを加え中火で煮ます。

③肉に火が通ったら、冷凍うどんを解凍せずそのまま②の鍋に入れましょう。

④冷凍うどんが温まって柔らかくなるまで煮ます。

⑤混ぜ合わせておいた◇を入れて、とろみをつけます。

さらに青ネギを加えてサッと煮ます。

お好みで七味唐辛子を少々ふったら完成です。

牛乳のコクと味噌の香りがおいしいレシピ

やさしい味が人気の牛乳仕立ての味噌うどんレシピです。

にんにくのコクと味噌の香りがとてもおいしく、クセのないやさしい味です。

どんな具材料にもあう味噌だしなので、お好みの季節野菜で作ってみてください。

【材料】

・ゆでうどん 2玉
・豚ひき肉 100g
・味噌 大さじ2
・サラダ油 適量
・にんにく(すりおろし) 小さじ1
・白菜 1枚
・もやし 1袋
・しいたけ 2個
・水 2カップ
・牛乳 2カップ
・鶏がらスープの素 小さじ2

【作り方】

①白菜はざく切りにします。

もやしは水で洗い水気を切っておきます。

しいたけは石づきをとっておきましょう。

②鍋にサラダ油をひき、にんにくのすりおろしとひき肉を炒めます。

ひき肉に火が通ったら味噌を加え、弱火で炒めます。

②ひき肉を炒めた①に、水と鶏がらスープの素を加えます。

さらに野菜等を加えて中火で煮ます。

②沸騰したら、牛乳とうどんを入れて中火で煮ましょう。

③牛乳を入れたら吹きこぼれに注意して、沸々となるまで加熱します。

麺がほぐれたら完成です。

ごまの香りが人気の野菜味噌うどん

ごまの香りと味噌のコクが混ざり合う汁は、いつものうどんを数段おいしくしてくれます。

野菜がたくさん入っているため、満足感のある人気の味噌うどんです。

レシピに載っている温泉卵も、市販のものを購入して使うと手軽さもアップしますよ。

大根とにんじんをメインに使っていますが、かぶやごぼうを使ってもおいしくなります。

【材料】

・冷凍うどん 2玉
・大根 200g
・にんじん 120g
・玉ねぎ 1/2個
◎水 800ml
◎味噌 大さじ2
◎みりん 大さじ2
◎酒 大さじ1
◎和風顆粒だし 小さじ4
・白すりごま 大さじ4
・ごま油 小さじ2
・温泉卵 2個
・小ネギ(小口切り) 少々

【作り方】

①大根とにんじんは皮をむき、3mm幅のいちょう切りにします。

玉ねぎは薄切りにします。

②鍋に◎と下準備した①を入れて弱火で10分ほど煮込みます。

③具材に味が染み込んできたら、白すりごまと解凍していない冷凍うどんを加えましょう。

そのまま中火で冷凍うどんが温まって柔らかくなるまで煮ます。

④器に盛りごま油を回しかけ、温泉卵をのせ小ネギを散らしたら完成です。

いつものうどんを手軽においしく

6つの味噌うどんのレシピをご紹介しました。

手軽な材料で簡単に作れるうどんばかりでしたから、すぐに作ってみたくなったかたもいるのではないでしょうか。

ご家庭にある味噌を使ったレシピで、手軽なのにおいしいです。

うどん本来の手軽さを活かした、スピーディに作れるレシピを、みなさんもぜひ作ってみてください。

 - その他食材