よりおいしくなる!味噌汁に合うナスの切り方とは?

日本の食卓に欠かすことのできない味噌汁。

どんな食材にも合うので、旬の野菜などを入れて食べるとおいしいですよね。

そんな食材の一つであるナスですが、どのような切り方が良いか分からない、味噌汁の汁が紫色になってしまうなどのお悩みがある方も多いのではないでしょうか。

今回は、味噌汁に合うナスのおすすめの切り方や、調理方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

同じ鮭の切り身でも値段が違う?季節や種類で変わる鮭の値段

鮭は、スーパーに行けば、いつでも買える魚です。1年中置いてありますし、鮭フレークや塩鮭として...

オーガニックのレモングラスのおすすめや使い方は?

オーガニックという言葉を、目にすることが多くなりましたね。野菜や食品、またはレストランに、こ...

健康・美容効果満点!ピーマンに含まれる栄養とカロリーは?

独特な香りと苦みのあるピーマン。一般的な緑色のピーマンから、黄色、赤色まで色とりどりで、スー...

赤・白・ロゼ3つのワインの違いは?ロゼワインの意味とは?

ワインは、パーティーやイベントなどでは欠かせないお酒ですよね。ワインには主に赤・白・ロゼがあ...

「うど」どうやって食べてる?味噌とマヨネーズ、夢の共演!

スーパーや八百屋さんで山菜が出回り始めると、春を感じますよね。栽培されている山菜で代表的なも...

ぶりの味噌焼きで美味しく健康に!味噌焼きレシピもご紹介

ぶりの味噌焼きはごはんにもお酒にもよく合いますね。味噌焼きにすることで、味噌のこってりと...

青梅は冷凍するだけで簡単に甘露煮やシロップが作れます!

青梅の季節になると、スーパーで青梅と一緒に氷砂糖や保存容器が売られていますね。それを使って梅酒や...

ヘルシーな鶏肉!電子レンジで酒蒸しにしてみよう!

クセが少なくカロリーも抑えめなのが魅力の鶏肉を、料理酒で酒蒸しにしてみませんか?酒蒸しは電子...

ご飯がすすむ!牛肉と味噌の料理!6つの簡単レシピをご紹介

鶏肉や豚肉と比べて、価格が高く手が出しづらいイメージが牛肉にはあります。しかし牛肉といっても...

ミニトマトの発芽には何日かかる?育て方とレシピを紹介!

家庭菜園でも人気のミニトマトですが、種から育てる場合、発芽するかどうかが一番気になりますよね。...

かつおのハラスって何!?かつおの栄養&美味しい料理レシピ

かつおって好きですか?かつおは、かつおのたたきを始め、調理法も沢山あり、良く食べられてい...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。多くの人が、精肉コーナーや焼肉屋のメニューで、豚の絵を...

卵の栄養は黄身と白身で違うの?安心で安全な卵の選び方とは

卵は、昔から栄養価が高いとされている食材ですよね。黄身のほうが栄養がありそうなイメージですが...

美味しい鍋レシピ!生姜と鶏ガラでポカポカ!冷え性改善鍋

生姜入りの鶏ガラスープで作った鍋。聞いただけで心も体もポカポカ温まりますよね。この鍋は冷え性...

片栗粉・小麦粉はどうやって保存してる?常温?冷蔵?冷凍?

ご家庭に必ず常備されている片栗粉や小麦粉などの粉類。大きなパックで買ってきてしまったりすると、な...

スポンサーリンク

ナスに含まれる栄養素は?

味噌汁に合うナスの切り方を考えるうえで、ナスの栄養素を知っておくことも重要です。

はじめに、ナスに含まれる栄養素について学びましょう。

実はナスの90%以上は水分で、これといって多い栄養素はありません。

しいていうと、カリウムが比較的多いので、血圧の上昇を抑え生活習慣病の予防が期待できます。

しかし、ナスに全く栄養素がないわけではなく、ナスの特筆すべき栄養素はナスの皮にあるのです。

ナスの皮の紫色には、アントシアン系の色素「ナスニン」というポリフェノールの一種が含まれています。

このナスニンには抗酸化作用があるため、老化防止やガン予防、眼精疲労にも効果があるといわれています。

つまり、味噌汁に合うナスの切り方としては、ナスの皮を残すように切る方法が、より栄養素を多く摂取できるということが分かります。

ナスの切り方による違い

ナスには様々な切り方があります。

切り方を選ぶポイントとしては、ナスに味がしっかりとしみ込んだ方が良いかどうかです。

小さく切ると味がしみ込みやすくなりますが、料理によっては味が浸透し過ぎてしまうことがあるので、料理によって切り方を選ぶ必要があります。

ここでは、ナスの主な切り方を5つご紹介します。

●薄切りナスを縦に置き、好みの幅で薄くナスを切ります。

薄く切ったナスの面を利用できるので、天ぷらやグリルにおすすめの切り方です。

●輪切りナスを横に置き、好みの幅で端から一定間隔で切ります。

焼き物や煮物など、幅広い料理に活躍する切り方です。

●乱切りナスを横に置いて斜めに切り、少し回転させてまた斜めに切ります。

切り口の面が多くなるので味がしみやすく、炒め物や煮物にぴったりな切り方です。

●半月切りナスを縦に半分にして、それぞれ半月型に切ります。

割と小さくて味がしみ込みやすいので、味噌汁や漬物におすすめの切り方です。

●細切り薄切りにしたナスを、端から好みの幅で細く切ります。

小さいので味がしみ込みやすく、炒め物や茹でて食べる料理に合う切り方です。

味噌汁に合うナスの切り方とは?

ナスの切り方によって、味噌汁に入れたときの食感や味わいが異なります。

味噌汁に合うナスの切り方としては、ナス自体に味があまりないため、味がしみ込みやすい「細切り」か「半月切り」をおすすめします。

正解があるわけではなく、個人の好みの問題ですので、よりナスの食感を楽しみたいという方は輪切りでも良いとですよ。

ただし、煮込み過ぎるとナスの皮の紫が汁に色落ちしてしまうので、大きくて火が通りにくい乱切りはおすすめできません。

また、先述した通り、ナスの皮には重要な栄養素が含まれているので、味噌汁に入れるときも、皮をむかない切り方で栄養を逃さないようにしましょう。

しかし、ナスの皮をむいてトロトロにナスを煮込んで食べる味噌汁が好きな方もいらっしゃるかと思います。

この場合は、むいた皮を捨てずに別の料理に使って栄養素を無駄にしないようにしてみましょう。

おすすめのナスの皮の食べ方としては、ナスの皮のきんぴら、炒め物、かき揚げなどがあります。

あえて皮をむいたナスで味噌汁を作り、ナスの皮でもう一品作るというのも良いかもしれません。

味噌汁に入れるナスの切り方ポイント

味噌汁に合うナスのおすすめの切り方をご紹介してきましたが、切り方と共にナスの切るタイミングも重要となります。

まずナスを洗ったら、ヘタとガクの間を切り落とすようにしてヘタを取ります。

次に、味噌汁に合う細切りや半月切りなどにします。

ここで重要となる工程が、ナスのアク抜きです。

ナスを切っていくと、切り口から黒っぽく変色して困ったというご経験がある方も多いのではないでしょうか。

これはナスに含まれる酵素の働きによるもので、切り口が空気に触れてアクが黒く変色している状態です。

そのまま料理に使うと色が黒ずんだり、味にえぐみが出てきてしまいます。

そこで、ナスのアク抜き対策として2つご紹介します。

1つ目は、5分ほどナスを水にさらす方法です。

ただし、水にさらし過ぎるとナスの風味が落ちたり、水にナスの栄養素が流れ出たりするので注意しましょう。

2つ目は、味噌汁に入れる直前にナスを切る方法です。

この方法ですと、切り口が空気に触れる時間が短いため、アク抜きをする必要はないですし、栄養素が水に流れ出る心配もありません。

つまり、味噌汁に入れる直前にナスを切ることが、味噌汁に入れるナスの切り方にとって重要なポイントとなります。

ナスの味噌汁が紫色にならないコツ

ナスの味噌汁を作るときの多くの悩みは、味噌汁の色が紫色っぽくなってしまうことです。

紫色に変色してしまうと、見ため的にも、あまり良いとはいえません。

変色してしまう理由としては、先ほどご紹介した栄養素のナスニンが汁に溶け出してしまっていることが原因です。

色味も料理の味に影響するので、味噌汁を紫色にしないためのコツを2つご紹介します。

1つ目は、ナスの切り方ポイントでもご紹介しましたが、味噌汁に入れる直前にナスを切ることです。

これによって、ナスのアクによる変色を防ぐことができます。

2つ目は、だし汁が沸騰している鍋の中に、切ったばかりのナスを入れて2分煮込むことです。

ナスの量が多く、ナスを一度に入れるとだし汁の温度が下がってしまう場合は、ナスを2、3回に分けて入れてください。

だし汁が沸騰した状態を保つようにしましょう。

この2つのコツだけで、味噌汁へのナスの色落ちを防ぐことができます。

ぜひ、ナスの味噌汁を作る際は実践してみてください。

ナスの味噌汁に合う具材は?

ナスだけでも十分おいしい味噌汁ですが、最後にナスの味噌汁と相性の良い具材をご紹介します。

●ミョウガ
独特なミョウガの香りと相性抜群です。

ミョウガが苦手でない方はぜひお試しください。

●油揚げ
炒め物や素揚げにするとおいしいナスは油と相性が良いので、油揚げともぴったりです。

甘味が増したお味噌汁に感じます。

●玉ねぎ
味噌汁の定番の具材ですが、甘味があってナスとも合います。

●オクラ
ナスは夏野菜なので、同じく夏が旬のオクラは相性が良いです。

旬のものは栄養価も高く、価格も比較的リーズナブルです。

これらの具材の切り方は、火が通りやすいようにナスに合わせて小さめにしましょう。

また、具材ではありませんが、ナスの味噌汁を作るときは「赤味噌」がおすすめです。

コクがあり深い味わいになるため、ナスとの相性が良いですよ。

一工夫でよりおいしいナスの味噌汁を!

味噌汁は簡単に作ることができますが、一工夫加えるだけで、よりおいしくすることも可能です。

ナスの味噌汁を作るときは、ぜひ栄養が豊富な皮を残して作ってみましょう。

栄養だけでなく、鮮やかな紫色は食卓を華やかにしてくれます。

ナスの切り方や調理法を実践して、よりおいしいナスの味噌汁を作りましょう。