いんげんの味噌和えをおいしく食べるレシピとそのアレンジ

みなさんは、いんげんの味噌和えを食べたことはありますか?

なかなかメインにはなりにくいメニューですが、定食の小鉢についてきたり居酒屋のお通しとして出されたりと、一度は口にしたことがあるかと思います。

和食でお馴染みのいんげんの味噌和えは、どちらかといえば地味なイメージかもしれませんが、工夫次第でちょっと変わった人目を惹くレシピにも変身します。

定番から変わりレシピまで、いろいろなアレンジで試してみませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スーパーの惣菜をアレンジ!子供にも大人にも大人気の料理に

ご飯を作るのが面倒だと感じた時の救世主ともいえる、スーパーの惣菜。温めるだけで食べられるので、...

エビに似ているオキアミとアミエビ。その違いは何?

かき揚げや、お好み焼きに入っている小エビが、エビじゃないということをご存知でしたか。料理だけ...

簡単にイチゴの栽培!収穫後のランナーから新しい苗を作る!

数ある果物の中でも、圧倒的な人気を誇るのがイチゴです。毎年1月~2月になると、お店では先を競...

牛肉を使った味噌炒めを作ろう!簡単なコツやレシピもご紹介

「今日はガッツリと牛肉が食べたいな」なんて思う日もあると思います。牛肉を使う調理法は沢山あり...

これはおいしい!電子レンジを使ってできる本格ピザのレシピ

家族みんなが大好きなピザを、家庭でもカンタンに作りたいですよね。今回は本格的なピザを、家庭の...

ピーマンと麹で作る味噌とは?作り方と美味しい活用術を紹介

子どもの苦手な野菜の代表であるピーマンですが、ビタミンCがレモンの約2倍も含まれていて風邪予防に...

絶品な味噌煮込みうどんのレシピをご紹介!人気の理由とは?

寒い日には、味噌煮込みうどんを食べて、しっかり温まりましょう。味噌が入ることで、どんな効果が...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。多くの人が、精肉コーナーや焼肉屋のメニューで、豚の絵を...

さくらんぼの種を発芽させて育てるのは難しい?ポイントは?

さくらんぼ・・・皆さんは好きですか?さくらんぼの旬は6~7月上旬です。そんなさくらんぼ狩...

人参ジュースの効果は?ミキサーとジューサーの使い分けとは

人参ジュースなどの野菜ジュースは、野菜不足と感じると、積極的に摂取したくなりますよね!人参ジ...

昆布佃煮の栄養・効能とは?固い佃煮にならない作り方とは!

日本では昔から食べられている「昆布」。昆布は縁起の良い食材なので、お正月やお祝いの席でよく目にし...

名古屋めし「味噌カツ」のソースが自宅でも楽しめるレシピ

名古屋というと、その多彩なグルメを思い浮べる人も多いでしょう。名古屋は独特の食文化が発生し、...

カフェインレスの紅茶がもたらす嬉しい効果とその作り方

長年、多くの人に愛されてきた紅茶。ヨーロッパ発祥のこの飲み物は、毎日の食事やリラックスタイムなど...

バターを使ったお菓子のレシピは?オススメ6選レシピまとめ

バターを使ったお菓子は風味豊かで本当に美味しいですよね!焼きあがった時と口に含んだ時のあの香りが...

味噌鍋で温まろう!味噌鍋の具に使う肉の種類別レシピ!

毎年やってくる寒い冬。寒さを感じると「体を芯まで温めたい」と思いますよね。そんなときにも...

スポンサーリンク

いんげんの味噌和え~下ごしらえ~

いんげんの味噌和えを作るには、まず下準備が必要です。

このあとのレシピのどれも基本の下ごしらえは同じなので、そこからレシピにバリエーションを加えていってみてください。

まずはいんげんを流水でよく洗ったら、いんげんの端のヘタの部分を切り落とします。

鍋にたっぷり目のお湯を沸かし、塩を加えます。(水1リットルに対して大さじ1杯くらいの塩を入れると色鮮やかに仕上がります)

お湯が沸騰したら、ヘタを取り除いたいんげんを加え、軽く箸でかき混ぜます。

常にいんげんがお湯に浸かっている状態を保ちながら2~3分茹でましょう。

いんげんが茹で上がったら、氷水に落として急激に冷やし、変色が進むのを止めます。

いんげんが冷めたらすぐにざるに取り出し、水を切っておきましょう。

下ごしらえが終わった時点で、冷凍保存しておくことも可能です。

この場合には、下ごしらえのときに、いんげんに火を通す時間を短めにしておきましょう。

味をつける前に沸騰したお湯に軽くくぐらせるか、前の日から冷蔵庫に必要量を移してゆっくりと解凍すると、水っぽくなく仕上げることができます。

基本のいんげんの味噌和えレシピ

次に、味噌和えの和えのレシピですが、基本となるのは味噌と砂糖の組み合わせです。

大体、味噌と砂糖が1対1になるくらいの割合でよく混ぜ合わせます。

目安としては200グラムのいんげんに対して、それぞれ大さじ1杯くらいの味噌と砂糖がおすすめの分量ですよ。

味の濃さや甘みは、砂糖の量を加減したり、醤油を一垂らししてみるなどしてお好みに合わせて少しずつ調節してみてください。

出来上がった味噌と下ごしらえをしたいんげんを合わせて和えれば、いんげんの味噌和えの基本のレシピの出来上がりです。

味噌と砂糖が固くて混ぜ合わせにくい場合は、だし汁をほんの少々加えたり、みりんを足して少し柔らかくするといんげんと和えやすくなります。

黒酢を少々垂らしても、さっぱりとした仕上がりになっておいしいですよ。

味噌和えの甘みをアレンジしたレシピ

先ほどの基本のレシピにあったように、味は味噌と砂糖の組み合わせなのですが、いんげんと和える前に、砂糖の部分をほかの甘味に変えてもおいしい味噌和えが作れます。

一般家庭の台所で砂糖というと、上白糖を指すことが多いかと思いますが、上白糖ではなく、黒砂糖を使ってみると味に深みとコクが出ます。

また、きび砂糖や甜菜糖、変わったところではココナッツシュガーなども使ってみると、上白糖を使った基本の味とはまた違った味が楽しめますよ。

特にココナッツシュガーは、独特の風味が加わって、今までにない新しい味わいになります。

ししゅて、砂糖の代わりにハチミツを入れたり、メープルシロップやアガペーシロップを利用するのも、ヘルシーでおいしい味噌和えが出来上がります。

これらの甘味は上白糖とは甘みの強さもそれぞれ違うので、「ちょっと少ないかな」と思うくらいの量から試してみましょう。

徐々に味噌と甘味のバランスを調整してみてください。

ちょい足しアレンジレシピ

基本のいんげんの味噌和えのレシピに、ほかの素材を少し足してみるだけで、また違った味が楽しめます。

よくあるのはゴマ風味です。

このアレンジは口にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ゴマは白でも黒でも、金ゴマでもお好みのもので構いませんので、軽く炒ってからすり鉢で細かくして味噌と混ぜ合わせましょう。

すりゴマを加えた分、味噌は少し硬めになるので、それを緩めるためにゴマ油を少し垂らしても、更にゴマの風味が強調されて濃厚な味わいになりますよ。

ゴマの代わりに砕いたクルミを使うレシピもよく見かけます。

クルミだけではなくアーモンドや松の実などの木の実を使ってみたり、手間を省いてピーナッツバターを使うのも簡単に香ばしさが加えられておいしいです。

すり鉢ですった青じそを加えたり、すりおろした生姜を少量加えたりすると、さっぱりとした口当たりの、また全く新しい味になります。

いんげんの味噌和えに別素材でアレンジしたレシピ

いんげんの味噌和えに素材を更に加えて、新たなレシピに変化させてみませんか。

出来上がったいんげんの味噌和えに、しっかり水切りをした豆腐を加えてよく混ぜ合わせると、いんげんの味噌和えベースの白和えができます。

豆腐の水切りは、時間のある時には重しをしてじっくりと水分を押し出しましょう。

時間がないときには、豆腐をキッチンペーパーに包んでから、電子レンジで加熱して水切りしても良いでしょう。

大根をおろして軽く水分を切ってから基本のいんげんの味噌和えに乗せて、みぞれ和えにしてしまうのも、さっぱりと頂けます。

豆腐や大根おろしが淡白な味わいですから、基本のいんげんの味噌和えの味付けを、少し濃い目にしておくと味がまとまりやすくなります。

変わりアレンジでは、室温に戻して柔らかくしたクリームチーズを加えて混ぜ合わせてみましょう。

ちょっとおしゃれな前菜が出来上がります。

味噌のコクと甘味がクリームチーズの濃厚なうまみと塩気にマッチして、いんげんの素朴な味が際立ちますよ。

いんげんの味噌和えをベースにした、ちょっとボリュームのあるレシピ

最後に、いんげんの味噌和えを素材の一部として利用した、メインとしても出せるレシピを2つご紹介します。

1つ目はいんげんの味噌和えで味付けをするレシピです。

中華鍋にごま油を熱し、豚小間とタマネギのスライス、シメジなどのお好みのキノコ類を炒めます。

基本のいんげんの味噌和えを加えて味のベースを作りましょう。

料理酒と醤油少々で味を調えたら出来上がりです。

更にもっとボリュームを出したい場合は、白滝や戻した春雨などの食材を加え、少し濃い目に味を調えるのがおすすめです。

もう一品は、イタリアン風のレシピです。

基本のいんげんの味噌和えに粗く刻んだトマトと角切りにしたチーズを加えるだけです。

カマンベールチーズやフレッシュ・モッツァレラチーズなどの柔らかめのチーズを使用すると、冷製パスタの具としてもさっぱりと召し上がれます。

その際には、バルサミコ酢とオリーブオイルを少々加えて味を調えてみてください。

混ぜるチーズをチェダーチーズやゴーダチーズなど、とろけておいしいチーズに変えてみても良いですよ。

上から軽くパン粉とすりおろしたパルメザンチーズを振りかけてオーブンでも焼いても、おいしい一品が出来上がります。

グラタンも作れますよ。

前もってニョッキやマカロニなどのショートパスタを茹でます。

その上からいんげんの味噌和えとチーズを混ぜ合わせたものをのせて、チーズが溶けるまでオーブンで焼けば、出来上がりです。

いんげんの味噌和えを食卓に取り入れてみよう

あっさりとした箸休めから、メインのおかずにできるものまで、いんげんの味噌和えは色々なアレンジの仕方で楽しめます。

ちょっと手を加えるだけで、幅広いバリエーションが楽しめますよ。

いんげんの味噌和えを常備菜として冷蔵庫に保管しておくのも、とても便利です。