自宅で本格的な味を!味噌ラーメンのスープ、手作りレシピ

ラーメンは味噌・醤油・塩・とんこつ、などの、どの味が好きですか。

面白いことに、お住まいの地域によっては、それぞれ味の好みが違いますよね。

今回は、日本が誇る発酵食品の味噌を使った、味噌ラーメンのスープを手作りしてみましょう。

簡単に作れるレシピは必見ですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電子レンジでプリンが5分で作れる!そのレシピをご紹介!

最近よく聞く、電子レンジを利用した「時短」レシピ。料理の下ごしらえや野菜を蒸すのが定番ですが、...

味噌を使って鍋や炒め物に!うどんのレシピをご紹介

もちもちとした歯ごたえのうどんは日本人に馴染みの深いものでしょう。ひと口にうどんといっても、...

味噌炒めのたれを活用!簡単で美味しいレシピをご紹介

こってりとした味噌だれは、野菜やお肉などに非常に合いますよね。味噌で炒めれば野菜であっても、ご...

美味しい豚肉の薄切りを使ったカロリー控えめの料理をご紹介

豚肉は、肉の中で最もビタミンB1を豊富に含む美容食品です。近年それが解明されて、以前のような...

よりおいしくなる!味噌汁に合うナスの切り方とは?

日本の食卓に欠かすことのできない味噌汁。どんな食材にも合うので、旬の野菜などを入れて食べると...

きのこの旨味を引き出しおいしくパスタを作ってカロリーオフ

カロリー低めのパスタを作るために、きのこを入れて作るという人は多いのではないでしょうか?ただ...

人参ジュースの効果は?ミキサーとジューサーの使い分けとは

人参ジュースなどの野菜ジュースは、野菜不足と感じると、積極的に摂取したくなりますよね!人参ジ...

うまっ!北海道のスーパーで買うカニは鮮度も質もハイレベル

北海道はカニ、ウニ、ホタテなどの美味しい魚介類が沢山ありますよね。その中でも、一番人気があるの...

電子レンジで簡単!味のバリエーション豊かなシフォンケーキ

ふわふわで美味しいシフォンケーキを自宅で簡単に作りたい!なんてこともあるかと思います。そんな...

牛乳とバターを使ったお菓子作り!適したバターの選び方は?

女性だけでなく、今や男性にもお菓子作りを趣味としている人は多いと思います。お菓子作りに良く使...

電子レンジで作るポップコーンは体に悪いだけの菓子なのか?

ポップコーンは大人も子供も大好きで、テーマパークでもよく食べているお菓子であるため、栄養があれば...

オーガニックワインに合う料理とは?ワインの種類毎にご紹介

最近では、オーガニックワインが人気を集めているようです。初めに、オーガニックとな何なのか、に...

味噌汁の定番具材であるわかめ!その適切な量と作り方とは?

味噌汁の定番具材のひとつであるわかめ。おいしいですが、いざ作ってみると、わかめの塩分で塩っ辛...

トマトの種を発芽させる条件は?種の蒔きどきや方法について

トマトの自家栽培をしている方、たくさんいらっしゃいますよね。トマトを苗からの生育ではなく、種か...

フランス産バターのおすすめをご案内!国産バターの紹介も!

フランス産のバターが、日本でも気軽に購入できるようになり、久しいですね。今回は、おすすめのバター...

スポンサーリンク

スープのレシピが知りたい!人気のラーメンベスト3

ラーメンは、お店や味によって、全然違った食べものになると言っても差し支えないくらい、色々なスープや麺のバリエーションがありますね。

味の好みは人それぞれですが、いったいどの味が一番人気があるのでしょうか。

それではさっそく、好きなラーメンのスープの味ランキングを発表していきます。

1位 醤油

2位 味噌

3位 とんこつ

以上のように、総計では、醤油が最も人気がありました。

2位は、今回、スープのレシピをご紹介する、味噌でした。

歳を重ねるごとに「醤油」派が増加して、反対に「とんこつ」派が減少しています。

焼肉に置き換えると、若いときはカルビ派だったけど、歳をとったらロース派になった…ということなのでしょうか。

地域別で見ると、九州はやはり「とんこつ」が圧倒的に強いですね。

北上するにつれて「醤油」派に変わっていきます。

北海道では「札幌味噌ラーメン」が有名なように、味噌の人気の高さにも地域性が表れています。

全国のご当地味噌ラーメン

今回レシピをご紹介する味噌ラーメンは、スープのタレとして味噌を使った、日本の代表的なラーメンのひとつです。

世界的にブームになっているラーメンですが、味噌ととんこつは、外国人にも好まれているスープです。

札幌市を発祥とする味噌ラーメンが有名ですが、札幌以外で発祥した味噌ラーメンもあるのですよ。

味噌を土台とした、日本全国のご当地ラーメンをご紹介しましょう。

☆札幌ラーメン(北海道札幌市)
☆地獄ラーメン(北海道北広島市)
☆仙台ラーメン(宮城県仙台市)
☆赤湯ラーメン(山形県南陽市)
☆新潟味噌ラーメン(新潟県新潟市)
☆信州味噌ラーメン(長野県)
☆八丁味噌ラーメン(愛知県岡崎市)
☆入善ブラウンラーメン(富山県入善町)
☆九州麦みそ噌ラーメン(熊本県)
☆鹿児島ラーメン(鹿児島県鹿児島市)

みなさんは、どれだけご存知でしたか。

こんなにも沢山のご当地味噌ラーメンがあったなんて、驚きですね。

日本のお隣の中国にも、甜麺醤などの、味噌と味が似ている醤を使った麺料理があるのです。

多くは、炸醤麺に代表されるような麺に、醤などで作ったタレをかけるものです。

担担麺のように、味噌ラーメンと似ているレシピの料理も存在しています。

しかしながら、米味噌をスープに使ったラーメンは、日本のオリジナルのものなのです。

味噌ラーメンのスープレシピ

ラーメンを食べているときは、とても幸せな気持ちになれませんか。

ついつい具材や麺、絡まるスープに魅了されてしまいますね。

お店ではなく家でも味噌ラーメンが食べることができるように、味噌ラーメンのスープを手作りしてみましょう。

味噌ラーメンのスープレシピは沢山あります。

このレシピでは、中華料理に欠かすことのできない清湯スープをベースに油脂、香辛野菜、スパイスなど、20種類以上の原料を配合した、ペースト状の中華スープの素を使います。

これを使えば、簡単に味噌ラーメンのスープを作ることができますよ。

【材料 600cc分】

・すりおろし玉ねぎ 大さじ3
・豚挽き肉 50g
・だし入り味噌 24g
・豆板醤 小さじ1/2
・ガーリックパウダー 小さじ1/2
・練りゴマ(お好みで) 小さじ1/2
・お水 600cc
・ゼラチン(なくてもOK) 小さじ1
・ペースト状の中華スープの素 18g

【作り方】

①玉ねぎを、大さじ3くらいすりおろしましょう。

②すりおろせなかった玉ねぎの部分は千切りにして、無駄なく使います。

③挽肉、玉ねぎ、味噌、豆板醤、ガーリックパウダー、練りゴマを鍋に入れて、かき混ぜながら中火で炒めましょう。

このとき、焦がさないように気をつけましょう。

④肉の色が変わり、香りがたったら水を入れましょう。

ゼラチンを使う場合は、このときに入れましょう。

中火で沸騰するまで加熱します。

⑤煮立ったら、ペースト状の中華スープの素を入れて、よくかき混ぜましょう。

⑥お好みで味を調整したら、味噌ラーメンのスープの出来上がりです。

出来上がったスープにラードを足すと、お店で食べる味噌ラーメンに近付きますよ。

味噌ラーメンのスープに合うトッピングレシピ

味噌ラーメンのスープの魅力は、どんなトッピングとも相性が良いところですよね。

そこで、味噌ラーメンのスープにベストマッチで、人気もあるトッピングを手作りしてみましょう。

味噌ラーメンはもちろん、ご飯のオカズにももってこいなレシピですよ。

美味しい「煮豚」と「味玉」を作ってみましょう。

【材料 2~4人分】

・豚かたまり肉 250~300g
・卵 4個
・長ネギの青い部分 2本分くらい
・生姜 1片
☆漬け汁
・めんつゆ(3倍濃縮) 100cc~
・水 250cc
・味の素 6ふり~
・ほんだし 小さじ1/2~

【作り方】

①卵は一晩冷蔵庫で冷やしておきます。

ここでは豚かたまり肉を使っていますが、使用する肉の部位はお好みのものでOKです。

②煮豚を作りましょう。

鍋にかたまり肉、肉にかぶる位の水、ネギ、生姜を入れて、少し強めの火にかけます。

沸騰したらアクを取り、煮ましょう。

③水が減少したら補水して、たまに肉の上下を返しながら煮ます。

煮る時間の目安は、約2時間です。

④次に、半熟卵を作りましょう。

お湯を沸かします。

そして、タイマーを7分に設定します。

⑤沸騰したら、卵のお尻に画鋲で穴をあけて、鍋に入れましょう。

設定した時間になったら、氷水にとり、冷まします。

⑥漬け汁を作りましょう。

タッパーにビニール袋を広げ、殻を剥いた卵を入れて、漬け汁を半分くらい注ぎ、袋の空気を抜いて、口を縛ります。

⑦タッパーの蓋をして、冷蔵庫で2~3日漬けておきます。

⑧肉が柔らかくなっていたら、火を止めます。

⑨肉も同じように漬け汁に漬けます。

熱いうちに漬けて、粗熱が取れてから冷蔵庫に入れ、2~3日待ちましょう。

⑩食べる際は、先に卵を室温に戻しておきましょう。

肉は直前でも大丈夫ですが、冷たいうちにお好みの厚さにカットしてください。

⑪食べる直前に電子レンジで温めて召し上がれ。

ただし、卵は加熱しすぎると半熟が台無しになってしまうので、様子をみながら加熱しましょう。

味噌ラーメンなどのスープは飲み干さないで

ここまで、味噌ラーメンのスープ、トッピングのレシピをご紹介してきました。

店主が試行錯誤して作るラーメンには及びませんが、想像していたよりも簡単に作ることができますね。

今やラーメンは、国民食とも言えます。

そこでひとつ質問です。

みなさんは、味噌ラーメンに限らず、ラーメンのスープを全部飲んでいますか。

近年の健康志向の高まりとともに、ラーメンのスープを飲まない人の方が多いと思っていました。

ところが一般意見のアンケートでは、ラーメンのスープを全部飲む人が、約半数という驚くべき結果が出たのです。

男女比でいうと、スープを全部飲むのは、圧倒的に男性が多いようです。

ラーメンのスープは、たいていのものが味を濃く作ってあるので、しょっぱいと感じるものも多いですよね。

そうなると、塩分過多による健康への影響が心配されます。

成人の1日あたりの塩分摂取量は、男性で9g未満、女性で7.5g未満と言われています。

さらに、現代では塩分過多の食事をとる傾向が多いことから、高血圧予防のために、男女とも1日あたり6g未満にすることが奨励されているのです。

ちなみに、ラーメンを一杯、スープも全部飲み干した場合は、それだけで塩分量が6gくらい摂取したことになってしまうのです。

ですから、スープは極力飲まないようにするか、半分までで我慢しておく必要があるでしょう。

味噌ラーメンなどのスープを飲みすぎた場合の対処法

味噌ラーメンのスープのレシピの材料である味噌にも、もちろん塩分は含まれています。

発酵食品の味噌がいくら健康に良いとはいえど、やはり塩分の過剰摂取は健康を害する恐れがあります。

しかしながら、美味しいラーメンだったら、スープもついつい全部飲んでしまうこともありますよね。

では、ラーメンのスープを多めに飲んでしまったときは、どうしたらよいのでしょうか。

そんなときは、摂取しすぎた塩分を、体の外に排出してあげなくてはいけません。

では、それはどうやればいいの?と思いますよね。

そこで必要となる栄養素が「カリウム」です。

カリウムについてご説明しましょう。

カリウムは、ナトリウムとバランスをとりながら、細胞を正常に保持したり、血圧を調整したりして、常に一定した良好な体の中の状態を維持する働きがあります。

カリウムの摂取量を増やすことによって、血圧の低下、脳卒中予防、骨密度の増加につながることがわかってきました。

カリウムは、ほとんどの細胞の中に存在することから、広く食品に含まれています。

特にバナナ、メロン、アボカドなどの果実類、ほうれん草などの野菜類、サツマイモなどのいも類、大豆や小豆などの豆類、魚類、肉類に多く含まれています。

まとめると、カリウムは体の中の塩分濃度を調節して、いらない塩分を排出してくれる働きがあるのです。

塩分過多の食事になりがちな方は、食後のデザートにカリウムの含まれている果物を食べることで、血液中の塩分量をさげることができます。

なおかつ、水分を多く含む果物は、塩分濃度を早く薄めることもできるので、おすすめですよ。

塩分の摂取過多には注意

ラーメンをスープから手作りすることは、手間に思えて、ラーメン作りを趣味としている方以外は、あまりいないかもしれません。

しかし、市販されている中華スープの素を使えば、思っていたよりも簡単に作ることができますよ。

世間では、スープを残すのは失礼との意見もありますが、塩分を摂り過ぎないためにも、飲み干さないほうが良いでしょう。