オーガニック野菜・フルーツの購入には宅配サービスが便利?

美味しい野菜やフルーツを手軽に食べられるとあって、オーガニック食材の宅配サービスが人気を集めています。

そこで、オーガニック製品を選ぶ上で知っておきたい知識や、おすすめの通販サイトなどをいくつかご紹介します。

今後、オーガニック品を購入する際の参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【日常の疑問】食品のphって何?phの測定方法はどうやるの?

phって聞いたことがありますか?正しくはpHと表記しますが、ここではあえて、phと書いていき...

話題のemで肥料を作ろう!そのメリットと肥料の作り方とは?

『em』という単語を聞いたことはあるでしょうか。化学肥料や農薬を使わないで野菜を育ててみたい...

日本の不思議な食文化とは?関東と関西に見る地域による違い

日本では、関東と関西で食文化が大きく異なります。関東に住んでいる人が関西に行けば、その文化に...

カレールーの入れ物あれこれを調査!銀色のあれの名前は?

カレーは食卓に上がる頻度が高いため、盛り付けもなかなかアレンジができず、マンネリ化してしまいがち...

アメリカ料理の特徴は?肥満男性、女性は玄米ダイエットを!

常に世界において、注目度が高い国・・・アメリカ。アメリカといえば、世界一の経済大国で有名です...

味噌の保存容器にガラスを使う!美味しい保存の仕方とは?

現在、家庭での味噌の保存容器としては、ホーロー、タッパー、ガラスなど、色々な材質のものから選べま...

醤油は密封ボトルがトレンド。密封式詰め替え容器も続々登場

醤油メーカー各社が発売した密封ボトルの醤油がヒットしています。密封ボトルは片手で持ち、注ぐ量...

エコな野菜作りをしよう!肥料に米ぬかを使ってみませんか

ガーデニングや家庭菜園などで、ご自宅で土いじりを楽しむ人も増えてきましたね。まず野菜や花を育...

江戸時代の庶民の食事はどんなものを?現代の日本人との違い

現代は身分の差もなく、農業も機械などを使い効率よく作物を収穫することができ、好きなものを食べること...

コーヒーに入れるミルクは本物の牛乳なのですか?

あなたはコーヒーをどうやって飲みますか?ブラック派、ミルク派、砂糖派、ミルク・砂糖派と、人そ...

野菜をどこで買いますか?時代と共に変わりつつある販売方法

農業従事者の高齢化が進む一方で、新規で就農する若者を応援するという動きがあります。新規就農す...

福岡市で一人暮らしを開始!食費や光熱費などを節約するコツ

皆さんは、福岡県の福岡市に訪れた事はありますか?福岡市といえば、魚介類も美味しく、麺類の有名...

旦那さんのお弁当の記録もできる!ブログを活用してみよう!

旦那さんがいる方にとって、毎日のお弁当作りは大変ですよね。子どもに作るお弁当とは、また違った...

主婦が家事や料理を苦痛に感じている理由と解決方法

主婦であれば家事をして当たり前、と多くの人が思っているでしょう。しかし、主婦だからといって...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。春を告げる山菜として人気が高いのがふきのと...

スポンサーリンク

選ぶならJASマーク!オーガニック認定製品とは

世の中にはオーガニックと題した商品が数多く売られていますが、農林水産省に認定されたオーガニック製品にはJASマークが付きます。

法律上、JASマークが付いていなくとも有機農法に沿って作られた食材なら、有機作物としてPRすることが可能です。

ややこしいルールですが、確実に言える事は、JASマークが付いていれば紛れも無くオーガニック製品だと言う事です。

実は、JAS認定を受けるには大変な道のりがあります。

有機農法で作られている事を証明すべく、種まきの2年以上前からその農地で農薬が使われていない事を証明しなければなりません。

生産者自身が農薬を使用していなくとも、農業用水に含まれていたり、飛来して野菜やフルーツなど作物に付着した場合、もちろん認可されません。

また、工場の環境も指定項目を満たさなければなりません。

パッキングをする際にも認定作業員が行わないと、商材が有機認定されません。(宅配業者は認定対象外です。)

とにかく手間がかかるという背景が、JASマーク付きのオーガニック製品にはあるのです。

オーガニック野菜やフルーツの宅配サービスをお勧めしたい3つの理由

オーガニック製品は製造の手間がかかる分、少々割高感を感じる方もいるでしょうが、お金を払う価値のあるものです。

代表的な理由は以下の通りです。

●農薬対策

除草剤を始め、農作物の生産には、なんらかの農薬を使うケースが一般的です。

大量生産をするには害虫駆除などを手作業でやっていては日が暮れてしまうため、大掛かり且つ効率的な手段として農薬散布が行われます。

残留農薬は食物の皮に残り、特に皮ごと食べるリンゴやブドウなどフルーツ類が懸念されます。

子供に与えることも考えると、オーガニックフルーツのメリットを感じます。

●鮮度が良い

最も鮮度が良い状態で食物を食べる方法は、農場のとれたてを食べる事です。

しかし量販店に並ぶまでの輸出工程は非常に長く、その間に鮮度を失ってしまいます。

通販サイトの宅配は、原則農家から自宅のやり取りになるため、鮮度の劣化を最小限に抑えられるのです。

●買い物の手間省き

忙しくて買い物に行く時間がない、子供の面倒を見ないといけない、など少しでも時間を捻出したいと願う方は多いものです。

スーパーへの往復、品定めの時間が、宅配サービスを利用する事でゼロに出来ますね。

取り扱う全ての野菜がオーガニック!宅配なら「ビオ・マルシェ」

「ビオ・マルシェ」は、取り扱う野菜すべてがJASマーク付きのオーガニック製品なのが特徴です。

主に西日本を中心に全国400の農家と契約し、お客様に野菜・フルーツなどを宅配しています。

ホームページには農家さんの写真や記事が掲載されており、安心感を得られます。

また、全国津々浦々に点在する農家と契約する最大のメリットは、旬の野菜を食べられ易い事です。

漢方の世界でも、食物の良さを最大限に引き出す食べ方は、旬の時期に食べる事と言われています。

食物が美味しく育つ条件は、土に合った物を作る適地適作です。

ある地域では限られた品種しか食べられませんが、ネットワークの広さを活かし、毎週旬の物を食べられる工夫が施されているのです。

南北に伸びる日本の地の利は、例えばキャベツが毎週、旬の物として食べられるのです。

冬場は滋賀県産、夏場は長野産と言った具合に、異なる地域で異なる時期に採れた同じ食物を取り扱い、提供できるのです。

定期的に放射性物質の検査を専門機関のもと実施し、その結果をインターネット上で公開するなど、安全対策にもぬかりがありません。

使い勝手抜群!「オーガニックガーデン」

「オーガニックガーデン」は有機野菜に力を入れており、「JAS有機認定基準を満たさないものは売らない」を合い言葉に、全てJASマーク対応商品を取り扱っています。

また、いくつかフルーツも扱っていますが、バナナなど海外からの輸入品に対しても厳しい検査を実施しています。

そして、国内基準を満たしてから流通させています。

アメリカのように、日本よりも有機認定基準が厳しい国は珍しくありません。

なぜなら、オーガニック文化が盛んだからです。

原産国の基準、日本での基準、両方を満たしているため、安心して子供にも与えられるでしょう。

購入方法ですが、よくある数種類の野菜詰め合わせというようなセット販売ではなく、例えば、さつまいも400g一袋といった単位での買い物が可能です。

必要な時に欲しい分だけ宅配してもらえる自由さも、オーガニックガーデンの魅力です。

野菜・フルーツなどの品揃えが豊富な「らでぃっしゅぼーや」

他社同様、オーガニック野菜を取り扱う、宅配ネットスーパーの「らでぃっしゅぼーや」ですが、一番の違いは取り扱う品種です。

野菜やフルーツに加え肉・魚・卵、さらに子供向けのラインナップも用意されており、実際のスーパーを思わせるほどの品揃えです。

数ある食品の中には、アレルギーにも配慮された食材も用意されています。

アレルギーの原因と成るアレルゲン物質が含まれていない、もしくは極僅かに削減された商材には「アトピーエイド」の記載がされています。

このようなユーザーライクの仕様が特徴です。

都度購入するコースか定期コースのどちらかを選択可能で、定期コースの場合、毎回食材を選ぶ事ができます。

赤ちゃんがいらっしゃる家庭、もしくはこれから生まれてくる場合には、ベビー特典が用意されています。

3歳未満のお子様がいらっしゃる家庭を対象に、最大36ヶ月(156週間)配送料が無料になります。

申請した2週間後から適応されます。

出産後に申請した場合は36ヶ月が経過するまで、出産後に申請した場合は3歳に到達するまでが対象期間となります。

子育てに手間のかかる時期に、荷物の重い買い物をしなくて良いのは大きなメリットになるのではないでしょうか。

しかし、この特典がいつまで継続されるかはわからないので、希望される方は必ずお店に確認をとりましょう。

国産オーガニックコスメの宅配なら「フルーツルーツ」

美容に特化したオーガニック製品を扱う「フルーツルーツ」最大の魅力は、目的に応じた品数の豊富さで、その数は25種類にもカテゴライズされているのです。

これは業界でもトップクラスを誇り、各メディアにも紹介されるほどです。

化粧水やクリームはもちろん、シャンプーなどのボディケア用品、そして身体の内側からも美化すべくグラノーラなども取り扱っています。

農場は長野県上伊那に構え、約600品種以上のハーブやフルーツが栽培されています。

特にハーブは時期事に異なる品種を育てるため、外観的にも日々の移り変わりを楽しめ、見学者を驚嘆させています。

フルーツルーツには専属の農学博士が在籍しており、日々のメンテナンスを欠かしません。

そういったことが、取り扱う商品全てを国産オーガニックとして販売出来る理由です。

その実績と品質が買われ、星野リゾートを始めとする宿泊施設のアメニティとしても採用されています。

東京は中目黒や恵比寿などにサロンを構え、またオンラインショップから宅配便で、商品を購入する事も可能です。

宅配サービスを活用してオーガニック食品を身近なものに

オーガニックをうたう製品の中でも、JAS認定されているものが特に高品質であることがわかりますし、それを取り揃える手間が思い浮かびます。

また、認定を受けて消費者の口に届くまで鮮度を保つことが必要です。

宅配サービスの利点は農家と消費者がダイレクトに結ばれ、鮮度を落とさず配達できる点にあります。

メリットが豊富な宅配サービスを、機会があったら利用してみてはいかがでしょうか。