玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

ドライフルーツを無添加で作る。オーガニック生活のススメ

      2018/01/07

ドライフルーツを無添加で作る。オーガニック生活のススメ

生のフルーツが苦手でも、ドライフルーツであれば、食べやすいですよね。

ドライフルーツは栄養価も高く、美容効果も期待できるため女性に人気です。

自宅でドライフルーツを作れば、無添加で作れます。

もし、手作りをするのであれば、オーガニックフルーツを使うのがおすすめです。

今回の記事では、ドライフルーツの作り方や、なぜオーガニックフルーツが良いのかをお話をします。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

美味しい玄米ご飯のカロリーは炊く前と炊いた後でどう違う?

お米は玄米でも精白米でも、炊く前と炊いた後では、水の量が...

「トランス脂肪酸フリー」のマヨネーズについて知りたいこと

「トランス脂肪酸フリーのマヨネーズ」と聞くと、体にいいマ...

電子レンジでパンを温めるときにアルミホイルは使えるの?

私たちの生活のなかで、もはや電子レンジはなくてはならない...

濃厚とろとろ茶碗蒸しを電子レンジで作る秘訣はチーズにあり

みなさんは、茶碗蒸しは好きですか? お店で出される茶碗...

電子レンジのターンテーブルにケーキ型をのせて手作りケーキ

小さい子どものため、ケーキを焼きたいという人のために、便利...

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スポンサーリンク


無添加オーガニックのドライフルーツが食べたい

ドライフルーツは保存性も高く、フルーツの栄養を効率的に摂取することができます。

そのままの状態で食べても栄養価が高く、美容と健康に効果が期待できるため人気です。

最近では、スーパーでも多くの商品が取り扱われるようになりました。

しかし、一般的に売られているドライフルーツは、工場で大量生産されているものが大半です。

長期保存をするために、防腐剤や添加物を入れることもあります。

また、フルーツの甘みを引き出すために、甘味料を入れることもあるため、フルーツ本来の美味しさを味わうことができません。

ドライフルーツを食生活に取り入れたいと思っている人の多くは、健康に気をつかっている人です。

健康に良いドライフルーツを選ぶのであれば、無添加でオーガニックのものを選びたいですよね。

ドライフルーツは、自宅でも簡単に手作りすることができます。

また、市販されているものでも、無添加のドライフルーツがありますので、次項でご紹介します。

ネットショップで買える無添加のドライフルーツ

無添加でオーガニックのドライフルーツは、一般のスーパーではあまり見かけることがありません。

オーガニック素材を扱っているネットショップなどで手に入れるのが、いちばん手っ取り早い方法です。

ネットショップで手に入る、おすすめの無添加ドライフルーツをご紹介します。

◇藤本商店 トルコ産 無添加いちじく

イチジクは、健康や美容に効果的な成分が豊富に含まれています。

肌の調子を整えたり、体内の老廃物を排出されるチカラがあるとして、注目を集めています。

◇藤本商店 無添加 オーガニックレーズン

レーズンは、市販されている商品にもよく使われているため、抵抗なく生活に取り入れられると思います。

甘みがしっかりある上に、コレステロールゼロです。

パンやケーキを焼く際に入れても良いですし、ヨーグルトなどに入れても相性が良いです。

◇小島屋 完全無添加ドライトマト

トマトに含まれるリコピンは、血液中の中性脂肪を減少させる効果があるといわれています。

ビタミン、食物繊維、クエン酸など、摂取したい栄養素が豊富に含まれています。

酸味が苦手な人でも、ドライトマトでしたら食べやすくなりますよ。

◇オーケーフルーツ セブ島産 無添加ドライマンゴー

マンゴーは、糖度が高いのに低カロリーという夢のようなフルーツです。

ビタミンも豊富ですので、美肌効果も期待できます。

美味しくて食べやすいので、おやつにするのにぴったりです。

オーガニックフルーツで無添加ドライフルーツを作ろう

市販されているドライフルーツも手軽で美味しいのですが、いちばんのおすすめは、手作りのドライフルーツです。

自分で作るドライフルーツであれば、完全に無添加で作れます。

フルーツの持っている本来の美味しさを味わうこともできるのです。

手作りドライフルーツは、自分の好みのフルーツを好きな量作れるのも魅力です。

また、自分だけの作り方や味付けができる、という魅力もあります。

フルーツ自体の味を楽しみたい場合には無添加で作ったり、お菓子作りに使う場合は甘めに作ったりなど、自由自在です。

ぜひ、ドライフルーツを手作りしてみませんか。

ドライフルーツを作るにあたって、気を付けていただきたい点もあります。

今日すぐに食べたいと思っても、すぐにドライフルーツは出来上がりません。

作り方は難しくありませんが、「じっくり作る」ということを覚えておいてください。

また、自然乾燥で作る方法もありますが、家電を使って作る方法もあります。

手作りのものすべてに言えることですが、必ず成功するとは限りません。

失敗してしまうこともあります。

一度くらい失敗しても、あきらめないで挑戦しよう、という気持ちで作りましょう。

天日干しでのドライフルーツの作り方

さて、それではドライフルーツ作りに挑戦してみましょう。

ドライフルーツを作る方法は、4つあります。

・天日干し
・電子レンジ
・オーブン
・ドライフルーツメーカー

まずは、電気代がかからない天日干しでの作り方をご紹介します。

天日干しネット、もしくは平らなザルを用意します。

お好きなオーガニックフルーツを用意しましょう。

丸ごと干して食べますので、皮ごと食べられるオーガニックフルーツをおすすめします。

手作りのオーガニックフルーツでしたら、子どもにも喜ばれることでしょう。

天日干しで作るドライフルーツは、自然光を使うので自然に近いドライフルーツになります。

家電を使わないため、ザルひとつですぐに作ることができます。

【天日干し】

①まず、フルーツを水洗いします。

皮が苦手な人は、皮をむいておきます。

天日干しは、水分の飛びやすいりんごやパイナップルなどのフルーツがおすすめです。

②種や芯を取り除き、5mm程度の厚さにスライスします。

りんごなどの変色しやすいフルーツは、塩水に15分ほど浸しておきます。

キッチンペーパーでしっかり水気を取り、重ならないようにザルに並べます。

③直射日光が当たる時間に天日干しをして、日が落ちたら室内で保管しましょう。

30分に1回程度裏返します。

天日干しでは、天気が重要です。

天気予報を確認してから計画を立てて作りましょう。

2週間ほどで、ドライフルーツが完成します。

完全無添加のドライフルーツです。

カビなどが生えてしまうことがあるので、湿気の多い時期は避けましょう。

家電を使ったドライフルーツの作り方

続いて、電子レンジを使ったドライフルーツの作り方です。

電子レンジでしたら、ほとんどのご家庭に置いてあるかと思います。

火を使わないので、子どもと一緒に作ることもできますよ。

フルーツをスライスするところまでは、天日干しの作り方と同じです。

【電子レンジ】

①耐熱容器に、クッキングペーパーを2枚敷きます。

その上に、スライスしたオーガニックフルーツを、重ならないように並べます。

②電子レンジで1分加熱します。

③クッキングペーパーを交換し、再度電子レンジで加熱します。

④お好みの状態になるまで、これを繰り返します。

お使いの電子レンジによって、加熱時間を調節してください。

手軽にドライフルーツが作れます。

水分量の多いフルーツは、電子レンジで作るのがおすすめです。

【オーブン】

①スライスしたオーガニックフルーツを、オーブンシートを敷いた天板に重ならないように並べます。

②オーブンを100℃に設定し、1時間加熱します。

予熱はしなくてOKです。

③1時間加熱したら、裏返します。

さらに40分加熱します。

④水分が抜けたら完成です。

香ばしいドライフルーツがお好きな人は、オーブンで作ると良いですよ。

バナナなどがおすすめです。

【ドライフルーツメーカー】

ドライフルーツを作る専用の機械ですので、いちばん簡単な方法です。

スライスしたオーガニックフルーツを、ドライフルーツメーカーに並べるだけです。

無添加のドライフルーツを毎日食べたい、という人におすすめです。

なぜオーガニックフルーツが良いのか

前項までは、ドライフルーツの作り方について、ご説明してきました。

ここでは、ドライフルーツ作りに、なぜオーガニックフルーツをおすすめするのかをお伝えします。

オーガニックというと、なんとなく「体に良い」というイメージがあります。

オーガニックは、日本語に訳すると「有機栽培」という意味です。

つまり、オーガニックフルーツは、有機栽培されたフルーツのことなのです。

有機栽培は、化学肥料や農薬を使わず、厳しい条件をクリアしなければ、認定されません。

販売されているオーガニックフルーツは、この厳しい基準をクリアしたフルーツなのです。

健全な土壌で育ち、自然の摂理によって育てられたフルーツは、安全性が高い食べものといえます。

また、オーガニックのフルーツや野菜は、味が濃いといわれます。

化学肥料を使わない土壌は、栄養が豊富です。

この栄養分が、フルーツや野菜の味を美味しくしてくれます。

苦手な野菜でも、オーガニックのものだったら食べられた、という話を耳にしたことがあります。

そのくらい、オーガニックの作物は美味しいのです。

さらに、オーガニックは、自然環境を健全に保つことにも貢献できます。

化学肥料や農薬を使わない、ということは、環境を汚染しないということに繋がります。

自然に逆らわずに作物を栽培することは、環境を守ることになるのです。

このような理由を知れば、オーガニックを生活に取り入れたくなりませんか。

フルーツや野菜は、毎日食べるものですから、初めての人でも取り入れやすいと思います。

無添加のドライフルーツ作りには、ぜひオーガニックフルーツを使ってくださいね。

オーガニックフルーツを生活に取り入れよう

ドライフルーツは、いろいろな方法で作れますので、自分の作りやすい方法で作ってみてください。

簡単で美味しくて、健康にも美容にも良いので、摂り入れない手はありません。

オーガニックフルーツで作れば、ドライフルーツもより美味しくなります。

体に良いだけでなく、環境にも良いオーガニックフルーツを、ぜひ生活に取り入れてくださいね。

 - 食文化・食生活