玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

炭水化物抜きダイエットで寝れないって本当?思わぬ副作用

      2017/12/27

炭水化物抜きダイエットで寝れないって本当?思わぬ副作用

巷では様々なダイエット方法がありますが、ブレイクしてから何年も経っているのに、今もチャレンジする人が多いダイエット法もありますよね。

例えば、炭水化物を一切食べない炭水化物抜きダイエット。

しかし、実は炭水化物抜きダイエットを始めて、寝れない人が続出していることはご存じでしょうか。

その理由と、危険性についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。 昼...

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

私たちの生活に馴染深くて体に良い玄米やお茶の歴史を教えて

お米もお茶も、私たちの食生活の根幹をなす大変歴史ある食材で...

玄米の早炊き方法を色々紹介!玄米でいつもの食卓をご馳走に

玄米は精白米よりも、炊き方が面倒、普通の炊き方では固くて...

スポンサーリンク


炭水化物とは

そもそも、炭水化物とは何でしょうか。

炭水化物と聞いて、真っ先に頭に思い浮かぶのはあるでしょうか。

私は、白いご飯です。
もちろん、パンや麺が浮かんだ人も多いと思います。

全て正解です。

そして、お好み焼きやたこ焼きなどの粉もの、これも炭水化物に分類されます。

さらには、カレーライスやシチューなどのルーにも、炭水化物が含まれていることをご存じでしたか?

また、じゃがいも・さつまいも・とうもろこし・かぼちゃ・ニンジンなど、甘くてホクホクするような野菜にまで、炭水化物は多く含まれています。

意外にも、私たちの周りには、いたるところに炭水化物が多く含まれているのです。

その炭水化物を抜いて、体重減少を図ろうというのが、炭水化物抜きダイエットということになります。

確かに、炭水化物を摂りすぎると太ってしまうのは、みなさんよくご存じかと思います。

ですが、それがどうしてなのかは、よく知らないという人も多いのではないでしょうか。

そして、それが原因で寝れない状態に陥るというのは、危険ですよね。

身体への影響は、果たしてどのようなものなのでしょうか。

炭水化物抜き=身体に良い影響ばかりか?

ダイエットのために、炭水化物を抜きにするということは、果たして身体にとって、本当に良い影響を与えるものなのでしょうか。

もちろん、肥満はよくありません。

肝臓や心臓に負担が掛かりますし、様々な病気のリスクが上がりますので、放っておいて良い問題ではありません。

しかし、そのために炭水化物を抜く、または糖質を抜くというのは、本当に正しい選択なのでしょうか。

答えはNOです。

しかしながら、人気はあります。

一時的に効果は得られやすく、そして誰でも手軽にできるというところが、魅力のようです。

ただし、NOと言っても、すべてが悪いわけではありません。

一番良くないのは「抜く」ということです。

炭水化物を摂りすぎると太るのは、炭水化物を摂ると、インスリンの分泌が増えるためです。

しかし、それを一切やめてしまうと、身体にとって大切な栄養素までも、抜いてしまうことになるのです。

その結果、寝れないという人が増えてきている現状に繋がるのです。

「寝れない」という人と、「日中も眠くなる」という人がいます。

この状態では、「良い影響ばかり」とは、とても言えません。

炭水化物は身体に必要な栄養素

炭水化物は、どんな栄養素で、身体にどんな影響を与えてくれるのでしょうか。

炭水化物は=糖質+食物繊維です。

糖質と聞くと、「太る」と思う人は少なくないと思いますが、少し考えてみてください。

糖質は、すべて悪影響かというと、そういうわけではありません。

糖質は、脳への栄養源です。

脳は、1分間に約100mgのブドウ糖を消費していると言われています。

炭水化物や糖質を制限するということは、脳への栄養源も制限しているのです。

当然、良い影響ではありません。

この栄養素が足りないと、脳の働きが悪くなり、日中でもボーっとしてしまったり、眠くなってしまったりします。

これは学生・社会人に限らず、日常生活に支障をきたす恐れがあるので、少しでもそんな自分に気が付いたら、すぐに中断してください。

一方、炭水化物抜きダイエットを始めてから、「寝れない」と感じている人がいるようです。

「ずっと眠い」という人と、真逆の状態です。

寝れないということは、脳も身体も休まりませんので、どんどん痩せにくくなっていきます。

これでは、本末転倒です。

なぜ、そのような状態になるのでしょうか。

炭水化物抜きダイエットで「寝れない」と感じる理由とは

炭水化物抜きダイエットでは、脳への栄養素が足りなくなるために、「日中でもボーっとする」「寝たはずなのに眠たい」という人が多くいます。

一方で、「寝れない」と感じている人も多くいます。

その理由を探ってみました。

タンパク質を摂取すると、交感神経が刺激され、炭水化物を摂取すると、副交感神経が刺激されるそうなのです。

タンパク質とは、肉・魚・卵・大豆などです。

これらは、筋肉を動かすものです。

タンパク質を摂ると、交感神経つまり興奮したり、覚醒したりする神経が、活発に動き出すということです。

そして、炭水化物を摂ると、副交感神経つまり身体や消化活動をリラックスさせる神経が、働くということです。

炭水化物を抜きにして夕食を食べている人は、タンパク質は制限していないので、いつまでも交感神経が刺激されて、副交感神経が働きにくくなっているのです。

その結果として、「寝れない」と感じてしまうのです。

中には、いったん寝たのに、朝4時や5時に目が覚めて、眠れなくなってしまうという人もいます。

やはり、ダイエットにおいて、睡眠も痩せるための大切な要素です。

寝れない人は「抜き」という考えを捨てること

炭水化物を抜き、体重が減少してきて喜んでいたのも束の間、「寝れない」と感じるようになった方、すぐに中断してください。

ダイエットでは、炭水化物「抜き」、糖質「抜き」という考えを、そもそも捨てることが大切です。

専属のコーチがついてくれていて、短期的に体重減少や体質改善を目指し、健康管理もしてもらえるという場合であれば、その人に一任しても良いとは思います。

しかしながら、一般の方が独学で「抜き」ダイエットを行うのは、少し不安があります。

日常生活に支障をきたすのも良くありませんし、「寝れない」状況については、ダイエットそのものが破綻してしまう恐れがあります。

「抜く」のではなく「減らす」という考えに、変えてみてはいかがでしょうか。

適度な量を摂りながら、量を減らしていくだけで、効果は得られるはずなのです。

そのほうが、身体にとって、良い影響を与えてもらえる可能性が大きいのです。

もう「寝れない」なんて思わない!正しい低炭水化物ダイエット

「寝れない」という人は、炭水化物を「抜き」にする考えは、捨ててくださいと前述しました。

ここからは、減らすほうに考え方をシフトしていきたいと思います。

「低炭水化物ダイエット」という名前がついていて、「ローカーボダイエット」とも呼ばれています。

炭水化物を摂取すると血糖値が上がり、脂肪になりやすい時間が出てきます。

その後、急降下して低血糖になり、お腹がすいて、また食事を取りたくなります。

ですが、炭水化物の摂取量を減らしていると、摂取カロリーを抑えられたり、血糖値の上がり幅や下がり幅が少なくなります。

そのため、無駄な食欲を抑えられるのです。

具体的には、1日に300キロカロリー程度の炭水化物を減らすと良いと言われています。

ご飯茶碗1杯分、食パン6枚切り2枚分、菓子パン1個分くらいです。

これくらいを、普段の食事から減らすだけで、体重減少には十分効果が得られます。

しかし、この低炭水化物ダイエットは短期間で体重は減りますが、脂肪は減りません。

脂肪を減らすためには、やはり運動することに限ります。

余裕があれば、適度にウォーキングなどをしてみると、より効果は得られるのではないでしょうか。

炭水化物も大切な栄養素。抜いてはダメ!

炭水化物抜きダイエットは、効果が得られやすく、手軽にできるので人気があります。

ですが、身体への悪影響が心配な面もあります。

専属のコーチやトレーナーがいない人は、抜くのではなく、減らすことから始めてみませんか?

 - 健康的なダイエット