江戸時代の経済をまわした藩や石高について詳しく知ってみる

江戸時代、経済をまわしていたのは、お金ではなくお米でした。

藩や石高という言葉を、小学校の頃に学んだけれど、意味をきちんと覚えていないという人も、多いのではないでしょうか。

今回は、毎日食べているお米が、江戸時代ではどのように経済をまわしていたのかなどを、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

畑に撒いた石灰は雨で流れてしまうのか。撒き直しは必要?

最近、自分で野菜を育てて収穫し食べるという、家庭菜園をしている人が増えてきているのを、ご存知でし...

お米を30kg送りたい!オススメの宅配便は?海外に送るには?

美味しいお米を、送りたい。たくさんある宅配便の中で、どこが一番安く送ることができるのでしょう...

酒粕甘酒と米麹甘酒どっち派?酒粕甘酒は美味しいけど太る?

寒い季節になると恋しくなる甘酒。お正月に激甘な甘酒を初詣で飲んだり、おせちと一緒におばあちゃ...

カロリーオフのお菓子は買う派?手作り派?どっちがお勧め?

食事制限やダイエットしてる方にとって、カロリーオフのお菓子は罪悪感がなく食べられるお菓子だと思い...

関西ではたぬきうどんと、きつねそばが存在しない?!

うどん屋さんやカップめん呼ばれている「たぬき」と「きつね」。動物の名前をつけた昔の人は、とても...

カレールーの入れ物あれこれを調査!銀色のあれの名前は?

カレーは食卓に上がる頻度が高いため、盛り付けもなかなかアレンジができず、マンネリ化してしまいがち...

野菜をどこで買いますか?時代と共に変わりつつある販売方法

農業従事者の高齢化が進む一方で、新規で就農する若者を応援するという動きがあります。新規就農す...

【濃口・減塩・薄口】醤油大さじ1杯の塩分を徹底調査!

今、世界的に塩分を控えることがすすめられています。日本では、成人男子の1日の食塩目標量は...

醤油の値段は高い方がよい?意外に知られていない違いとは?

スーパーに並ぶ醤油の種類はたくさんあります。そして、値段に注目してみると200mlサイズ...

炊飯器蒸気シートとは?蒸気を防ぐ驚きの方法をご紹介

食器棚に炊飯器を置いておくと、蒸気が棚を劣化させてしまいますよね。今回は、それを防ぐ蒸気シー...

クッキーが保存できる?レジンで食品アクセサリーが作りたい

アクセサリー作りで人気のレジン。オリジナルのアクセサリーが作れることで、注目されています。...

コーヒーに入れるミルクは本物の牛乳なのですか?

あなたはコーヒーをどうやって飲みますか?ブラック派、ミルク派、砂糖派、ミルク・砂糖派と、人そ...

家庭菜園にチャレンジしてみよう!スイカの立体栽培のやり方

暑い夏に食べたくなる赤くて甘いスイカ。小さい子どもから、お年寄りまで、スイカが好きな方って多...

味噌汁やご飯の正しい並べ方は?箸のマナーも覚えておこう!

味噌汁やご飯を並べるとき、皆さんはどのような並べ方をしていますか?日本の食卓は和食が基本です...

地鎮祭や上棟式の準備が分からない!お酒の種類はどうする?

一生のうちで、家を建てるという経験は何度もあるわけではありませんね。人生で一度の出来事なので...

スポンサーリンク

江戸時代のお金はお米

藩や石高という言葉は学校の授業で習いますが、詳しくはあまり知らない、覚えていないという人が多いと思います。

この言葉は、江戸時代の経済において、とても大切なキーワードになります。

今では、お金を商品と交換する貨幣経済が、当たり前の世の中です。

欲しいもの・必要なものを手に入れるために、私たちは働き、お金を得ています。

しかし、貨幣経済が浸透したのは、それほど昔ではありません。

江戸時代初期、都市には取り入れられつつあった貨幣ですが、農村には貨幣という概念がありませんでした。

農村に貨幣がやってきたのは、江戸時代も中期に入ってからのことだったのです。

とはいっても、江戸時代の後期になっても、農村では貨幣経済は浸透していたわけではありません。

貨幣経済が浸透していない農民たちにとって貨幣は、ほとんど価値のないものです。

江戸時代は8割と、ほとんどの人々が農民だったと言われています。

当時の人々にとって価値のあるもの、それはお米にありました。

私達にとって、お金がすべての基準となっているように、江戸時代の人々達にとっては、お米がすべての基準となっていたのです。

江戸時代、お米でどのように経済が回っていたのか、詳しくご紹介していきます。

江戸時代の藩主と農民

江戸時代、大名のことを藩主、藩主が支配している領のことを藩、と言われていました。

藩主や武士は、自身が支配している土地を、農民に貸しているという立場にありました。

農民たちは米をつくることで生活し、藩主や武士は土地を貸している代わりに、農民たちからお米を年貢として徴収するのです。

年貢とは毎年、農民が藩主や武士に土地を借りている代わりに、お米を差し出すことです。

現代で言えば、税金のようなものです。

これを、藩主や武士は、さらに上の幕府に差し出すのです。

しかし、幕府は全ての土地から、同じ量の年貢を徴収できるわけではありません。

土地の大きさ・環境・状況によって、収穫できる量が異なってきます。

そこで、どの土地から、どれくらいのお米が収穫されているのかを知るために、行われたのが大閤検知です。

大閤検知と言えば、豊臣秀吉がした政策で有名なもののひとつですよね。

この大閤検知が行われることにより、石高という、とても有名な言葉が生まれます。

石高は土地の価値

大閤検知は、全国において行われました。

全国において同じ升を使い、土地の面積を測ります。

面積を測るのは、お米ができる水田だけではなく、屋敷などの建物も含まれました。

計算方法としては、「お米の収穫量×面積」で、その土地には、どれくらいの価値があるのか計算したのです。

そして、その土地の価値を表す単位を石高と言います。

石と言うのは、お米の量を表す単位です。

この村は何石、あの村は何石というように、村や地域に価値をつけていったのです。

土地が小さかったとしても、年貢さえ多く納められていれば、価値は高いということになります。

逆に、土地が大きくても、年貢が納められていないのなら、価値は低いのです。

大閤検知が行われるまで、農民は藩主に直接年貢を納めるのではなく、地域の組織に納めていました。

しかし、組織と藩主でも揉め事が起こるなどの問題もありましたし、藩によって納める基準も異なっていました。

江戸時代に大閤検地が行われたことによって、土地の所有者が1人になり、複雑になっていた土地問題が解決したとも言われているのです。

石高が江戸時代の藩主の力

大閤検知によって、収穫量を想定すれば、次は年貢高というものを決めます。

年貢高とは、石高のうちで、その年の年貢として、納められる数値のことです。

想定されているお米の収穫の半分を、年貢として納められていれば、五公五民。

四割を年貢として納められていれば、四公六民というように言われていました。

生産されたうち、ほぼ半分が年貢になっていたわけです。

また、江戸時代のすべての藩主が、大名と呼ばれているわけではありません。

一万石未満の土地しか所有していない藩主は、大名とは言いません。

それは、旗本と言い、自身の領地に城を建てることは許されていないのです。

江戸に住み、将軍のもとで働かなければなりません。

一万石以上の価値のある土地を所有している藩主になって、やっと大名なのです。

大名は、自身の領地に、お城を建てることが許されます。

その代わりに、江戸に一定の間、居住しなければならない、参勤交代が行われていました。

つまり、石高は藩主の領地の大きさを表すだけではないのです。

藩主の力が、どれほど大きいかということにもなります。

藩主の石高の多さは兵力の多さ

そんな石高ですが、もちろん多ければ多いほど良いです。

一万石あると言えば、一万人の人々が食べていけるお米を、生産することができるだけの土地があるということです。

凄い大きさだと分かりますよね。

それ以上の大きい数字なら、さらに大きい領地を所有していることになります。

お米をたくさん生産することのできる藩主は、兵士のための食糧を準備することができます。

一万石で雇える兵力は約250人。

100万石を持つ大名ならば、動かすことのできる兵力は、2万5000人以上だと言われています。

100万石も持っているとなると、私たちが聞いたことのある有名な名前が多数出てきます。

伊達政宗や今川義元、武田信玄などです。

江戸時代にも、兵士はとても必要な力です。

100万石も所有している大名は、天下を狙えるほどの力を持っているわけです。

石高には『実高』『表高』がある

そんな石高ですが、じつは、なかなか複雑で奥が深いのです。

石高には、『実高』『表高』というものがあります。

実高は、実際の計測後に決まった石高のことを言います。

表高は、漢字のとおり、表向きな石高という意味です。

石高が大きければ大きいほど、藩主の力は大きく見られます。

一見、良いことばかりにみえるかもしれませんが、良いことばかりではありません。

大きな力をもっていると、面倒なことも増えるのです。

江戸時代としても、有名な参勤交代の際や様々なことにおいて、色々な負担を要求されるようになってしまいます。

発展途上の土地は、大閤検知を行なってから時間が経てば、だんだんと発展していきます。

発展すれば、お米の生産量は、もちろん増えます。

しかし、石高は大閤検知が行われたときのままなので、当時と変わらず、同じように石高を報告するのです。

こうすることで、大名は幕府に、実際よりも少ない石高を報告していたのです。

面白いですよね。

興味がある人は、ぜひ藩ごとに、実高と表高の差を調べてみると面白いですよ。

昔も今も変わらない

お米とお金は違うものの、江戸時代の経済のまわし方は、現在と大して変わりませんね。

石高を多く持っていれば、もちろん大きな力をもっています。

石高を多くもっていた藩主を調べてみると、私達がよく知る名前が、たくさん出てきて面白いですよ。

もし気になった方がいらっしゃったら、ぜひ調べてみてくださいね。