玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

酒粕甘酒の甘さは、砂糖でなくてもグラニュー糖で代用可能?

      2017/12/14

酒粕甘酒の甘さは、砂糖でなくてもグラニュー糖で代用可能?

栄養豊富な飲みものとして人気の甘酒。

酒粕で作った甘酒が好きな人も多いですよね。

アルコールが含まれるので、飲むと体の中からポカポカしてきます。

通常、酒粕甘酒は甘さを出すため、作るときに砂糖を加えますが、砂糖の他に代用できるものはあるのでしょうか?

コーヒーなどに使うグラニュー糖は、酒粕甘酒の甘さを出すことは、できるのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

米はご飯になると何グラム?カロリーは?米の種類別にご紹介

毎日の食卓に欠かせないものと言ったらやはりご飯ではないでし...

毎日量る白米1合は何グラム?お米の単位と簡単に量る方法

白米を量る時に使う際に、「合」という単位を使います。 ...

料理本にある水1カップとは?日本と外国の計量カップ!

近年では外食をする機会が増えていると思いますが、健康面を考...

水1カップをccで表すと?計量カップ以外の計量方法とは?

計量カップにも色々ありますが、水1カップは何ccなのでし...

自宅で味噌作りをしよう!容器や大豆の大きさ選びがたいせつ

食卓に欠かせない調味料である味噌は、どこのご家庭にも必ず...

毎日飲む味噌汁だから塩分濃度0.8%でおいしく健康的に減塩を

健康を維持するには、減塩もひとつのポイントです。 塩分を...

万能調味料と近ごろ話題の醤油麹の使い方!欲張りレシピです

テレビでも紹介され、いま話題になっている醤油麹。 醤油...

生きた菌が作り出す醤油の微生物と美味しい味の関係とは!?

醤油は古くから親しまれてきた発酵調味料です。 醸造品と...

オーガニックワインに合う料理とは?ワインの種類毎にご紹介

最近では、オーガニックワインが人気を集めているようです。...

オーガニックガムシロップの様々な用途とは?料理もご紹介!

アイスコーヒーやアイスティーのお供として、ガムシロップは...

玄米を精米すると栄養量が減る?玄米のアレコレを学ぼう!

栄養豊富で健康的なことから、いま熱視線を浴びている玄米。...

美味しいお味噌汁が簡単に作れる!便利な味噌玉が今話題!

突然ですが、皆さんは、お味噌汁を食べていますか? お味...

味噌を使ったインスタント食品の作り方!味噌玉って何?

お湯を注ぐだけで、味噌汁が作れるインスタント食品は便利で...

味噌漬けした肉の作り方!安い肉が美味しい肉に変わるかも?

味噌漬けした肉は風味も良く、柔らかいものが多いですが、...

ひと手間加えるだけでワンランクアップ!味噌漬け魚の作り方

外食した際に、西京焼き・味噌漬け焼きというメニューを見か...

材料色々な味噌チゲのレシピ!魅力満載の韓国料理について

日本の和食と同様に、韓国料理も健康食として、世界中から注...

体に優しい発酵食品の味噌と豚肉を使ったレシピのご紹介

豚肉を加熱すると、お肉のタンパク質が固まって、硬くなって...

味噌を手作り!大豆選びから大豆をつぶす道具などをご紹介!

日本食というと、ご飯と味噌汁、お漬物が定番ですね。 こ...

味噌作りは塩が不可欠!おすすめの食材で手作り味噌を作ろう

なにかと手作りがブームのなかで、味噌作りも密かに注目され...

【濃口・減塩・薄口】醤油大さじ1杯の塩分を徹底調査!

今、世界的に塩分を控えることがすすめられています。 ...

スポンサーリンク


酒粕で作る甘酒は酵素が含まれる

甘酒が美容や健康に良いとされていて、男女問わず注目になっている「酵素」。
酵素というと、野菜や酵素食品などで摂り入れているかと思います。

この酵素は、酒粕にもたくさん含まれることを、ご存知でしょうか。
なんと、100種類以上の酵素が酒粕には含まれているのです。

ぜひ、酒粕を食事にとり入れたいですよね。

酒粕で酵素を摂りたいなら、甘酒がおすすめです。

そんな酵素を、余すことなく摂り入れるには、温度が大切です。
タンパク質からできている酵素は熱に弱い性質なので、60度を超えないように調理しましょう。

酒粕はアルコールが入っているので、アルコールが苦手な人は沸騰させて、アルコールを飛ばすように作りますよね。

この方法でも、もちろん美味しくいただけますし、体に良い有成分は含まれますが、酵素の働きを十分に摂り入れることはできません。

酵素を十分に活かした、酒粕甘酒の作り方をご紹介します。

甘さを出すときに使う、砂糖やグラニュー糖についても、後ほどお話していきますね。

酵素を摂り入れる酒粕甘酒の作り方

では、さっそく酵素を壊さずに作る、酒粕甘酒の作り方をご紹介します。

酒粕は、柔らかくて溶けやすい、練り粕がおすすめです。
練り粕は熟成しているので、ミネラルやアミノ酸が豊富です。

☆酒粕甘酒

【材料】

・酒粕 100g
・お湯(40度くらい) 400cc
・砂糖 大さじ1~2

【作り方】

①ミキサーに酒粕と、お湯を入れて混ぜます。

②鍋に①と砂糖を入れて、弱火にかけます。

③ヘラなどを使い、やさしく混ぜながら砂糖を溶かし、1分ほど温めれば出来上がりです。

弱火で1分温めるので、60度以上にはならないですが、心配な人は調理用の温度計を使い、確認しながら作ると確実です。

温度に気を付けていれば、簡単に酵素を摂り入れることができます。

注意点としては、沸騰していないので、殺菌されていません。
作り置きせず、飲むときに、飲めるだけの分量で作りましょう。

酒粕には、先ほどもお伝えしたように、アルコールが含まれます。

未成年や妊娠の可能性のある方、授乳中の方、運転をする予定のある方は、飲んではいけません。

このように、酒粕甘酒は、甘さを出すために、砂糖を加えています。

甘さを出すといったことなら、グラニュー糖や黒糖などでも、代用可能なのでしょうか。
次項でみていきましょう。

砂糖の代わりにグラニュー糖?

酒粕で作る甘酒は、甘さを出すために、砂糖を使います。

甘さを出すのであれば、家によくあるコーヒーや紅茶で使うグラニュー糖は、酒粕甘酒に合うのでしょうか。

まず、砂糖とグラニュー糖の違いをみてみましょう。

【粒の大きさ】

砂糖とは、製造過程の最終段階で、ショ糖に転化糖を加えて作ります。

出来上がったものは、上白糖と呼ばれ、粒が細かくてサラリとしています。

一方、グラニュー糖は、濃縮したショ糖を粒結晶にしたものを指します。
粒が大きく、ザラっとしていますよね。

【味】

気になるのは、味の違いです。

砂糖は甘みが強くて、コクがあります。
グラニュー糖は、砂糖の甘さと比べると、あっさりとした甘さです。

【用途】

砂糖は溶けやすく、焼き色を付けたい照り焼きや煮物など、日本の料理と相性ピッタリです。

グラニュー糖は、そのあっさりとした甘さから、コーヒーなどの飲みものに合います。
また、焦げ付きにくいため、焼き菓子やケーキなどの、お菓子作りと相性が良いです。

このように、どちらも甘さがあるので、使い方としては同じです。

砂糖がなくてもグラニュー糖で代用できますし、反対でも同じことが言えます。

こっくりと甘さを強くしたいときは砂糖を使い、あっさりとした甘さで飲みたいときは、グラニュー糖を使うなど、気分によって変えるのも良いかもしれません。

砂糖やグラニュー糖よりも栄養価が高い黒糖

酒粕甘酒の甘さを出すために使えるものは、砂糖やグラニュー糖の他にもあります。

黒糖です。
黒糖の製造方法は、サトウキビの煮汁を加熱しながら濃縮し、固めたものです。

沖縄や鹿児島の特産物で、精製されていないものを黒糖と呼び、密や粗糖の成分を加えたものは、加工黒糖と呼びます。

なぜ黒糖をご紹介しているかと言いますと、黒糖は砂糖やグラニュー糖と比べると、ミネラルやビタミンが豊富に含まれていて、栄養価が高いからなのです。

黒糖の魅力を見てみましょう。

●ミネラル豊富

ミネラルは、骨や歯を強くする働きがあります。
上白糖100g、黒糖100gを比べてみると、その量はなんと、240倍のカルシウムがあります。

●善玉菌を増やしてくれる

黒糖に含まれるラフィノースは善玉菌を増やし、悪玉菌を抑制し、便秘解消効果や改善効果が期待できます。
さらにラフィノースは、肝機能を高めてくれる効果があります。

●代謝を良くする

白砂糖の糖分は吸収されますが、体温の変化は起りません。
しかし、黒糖はミネラルとビタミン、ビタミンB群が含まれるので、体温が上昇します。

体温が1度上がれば、5倍免疫力が高まると言われていますから、代謝が良くなるのは嬉しいことですね。

●鉄分量

砂糖の中でも、圧倒的に鉄分が多く含まれています。

白砂糖は100g中0.1mgほどの鉄分に対し、黒糖100g中4.7mgほどの鉄分があるのです。
疲労感が抜けない、貧血気味の方におすすめですよ。

この他にも、ブドウ糖が脳の働きを高めてくれる効果や、ストレスを緩和効果が期待できるパントテン酸など、黒糖に魅力はたくさんあります。

黒糖はコクもあるので、酒粕甘酒に入れてみてはいかがでしょうか。

砂糖・グラニュー糖・黒糖を入れなくても甘くできる?

黒糖の魅力をお伝えしましたが、そもそも砂糖やグラニュー糖などの甘さではなく、自然な甘さが欲しいという方もいらっしゃいますよね。

そんなときは、米麹の甘酒をブレンドしてみませんか?

甘酒は、ここまでご紹介してきた酒粕で作る甘酒の他に、米麹で作ることもできます。

米麹甘酒は米と麹で作られているので、砂糖を加えなくても、発酵するときに甘さが出ます。
また、米麹甘酒はアルコールが含まれないので、どなたでも飲める甘酒です。

話を戻しますが、この米麹甘酒を使って、砂糖不使用の酒粕甘酒を作ってみましょう。

☆酒粕甘酒~砂糖不使用~

【材料】

・水 1ℓ
・酒粕 150g
・砂糖不使用の米麹甘酒(希釈タイプ) 250g

【作り方】

①鍋に水と酒粕を加えて、火にかけ、混ぜながら酒粕の固まりを溶かしていきます。

② ①に米麹の甘酒を加えて、混ぜましょう。

③味を見て、水の量を調整すれば、酒粕と米麹のブレンド甘酒の出来上がりです。

酒粕の良さと米麹の良さが相まって、砂糖を使わなくても甘く、濃厚な味わいになります。

どちらかが余っているときでも、活用できます。

甘酒だけじゃない!酒粕の使い方

砂糖やグラニュー糖入りの甘い酒粕甘酒から、工夫をすれば、砂糖不使用でも甘い酒粕甘酒が作れます。

酒粕甘酒を作るときに欠かせない酒粕ですが、いろいろな料理にも使えますよ。

塩麹を使った料理が話題になりましたが、塩麹を作るとなると、出来上がるまでに1週間近くかかってしまい、使いたいときにすぐ使えないのが難点です。

そんなときは酒粕を使って、塩麹と同じように使える「塩酒粕」を作ってみませんか?

作ってすぐに使うことができるので、便利ですよ。

☆塩酒粕

【材料】

・酒粕 100g
・塩 30g
・水 100cc

【作り方】

①大きめのボウルに小さくちぎった酒粕と、水を入れて1時間ほどふやかします。
しっかりと、酒粕をふやかすことかポイントです。

②酒粕がふやけたら塩を加えて、泡だて器を使い、ドロッとしたペースト状になるまで、よく混ぜれば出来上がりです。

酒粕のように長い期間保存はできないので、早めに使い切りましょう。

毎度作るのが面倒な方は、作り方①の工程で、酒粕と水を入れて、弱火で加熱しましょう。

酒粕が溶けたら塩を加えて、混ぜれば出来上がりです。

加熱しているので、冷蔵庫で1週間ほど保存が可能です。

魚や肉に浸けて焼くのはもちろん、卵焼きを作るときに入れたり、スープに入れたりして、塩酒粕料理を味わってくださいね。

酒粕は発酵食品

甘い酒粕甘酒を作りたいときは、砂糖だけでなく、グラニュー糖や黒糖を使って作ってみてください。

甘さがそれぞれ違うので、味も少し変わります。

いつもの甘酒に飽きたときなどに良いですね。

甘酒以外でも、塩酒粕を使って料理し、発酵食品で内側から健康になりましょう。

 - その他食材