玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

甘酒は酒粕と米麹の2種類ある?美味しい飲み方をご紹介!

      2017/12/13

甘酒は酒粕と米麹の2種類ある?美味しい飲み方をご紹介!

甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養が豊富で、近年、特に見直されている伝統的な飲みものです。

その甘酒には、酒粕と米麹の2種類がありますが、どうしても独特の風味があり、好みに分かれてしまうかもしれません。

今回は、その甘酒について、美味しい飲み方などのご紹介をしていきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

味噌炒めのたれを活用!簡単で美味しいレシピをご紹介

こってりとした味噌だれは、野菜やお肉などに非常に合いますよ...

鶏肉の味噌炒めを作ろう!旬野菜を使った簡単レシピ大公開!

みなさん、鶏肉の味噌炒めは好きですか? 比較的、低価格...

野菜を美味しく!ゴマ味噌炒めのタレ!秘伝のレシピをご紹介

皆さんは味噌炒めはお好きですか? まろやかな甘みとゴマ...

味噌煮込みうどんを冷凍うどんで!お勧めレシピをご紹介!

味噌煮込みうどんは、冬に食べると美味しいですよね。 その...

ヘルシー&ダイエットに有効!味噌ちゃんこ鍋のスープレシピ

寒くなると親しい友人や家族と囲みたくなるのが、鍋ですね。...

鮭の味噌漬けはパスタに合う?味噌漬けパスタのレシピ

そろそろ水が出てきて、今日食べたい鮭の味噌漬け。 そう...

醤油を使いこなそう!料理がうまいと褒められたい

醤油は、和食には欠かせない調味料です。 海外から日本に来...

即席醤油ラーメンの誕生秘話!インスタント麺の栄養価は?

ちょっと食べたいときに、便利なのがインスタントラーメンです...

自家製の麹甘酒の味が薄い?薄くなる原因とその活用法とは?

近年の健康・美容ブームで話題となっている「菌活」の中でも...

美肌・ダイエット等に効果的と昨今世間で話題の甘酒麹レシピ

女性を中心に健やかな肌作りやダイエット、また便秘解消効果...

小麦粉大さじ1杯で何グラム?気になる体積15mlあたりの重さ

粉モノの料理を作ろうと思ってレシピを見ると、小麦粉の分量が...

大豆の力でカロリーオフしてダイエットとボリュームアップ!

ダイエット食品として、豆乳やおからなどの大豆食品は人気で...

夜にお菓子を食べたい人は手作りお菓子でカロリーオフ!

残業した日に、何か甘いお菓子を食べてリラックスしたいと思...

ダイエットではカロリー不足が原因の慢性的な疲れに注意!

ダイエットというと、カロリー計算をして摂取カロリーを控え...

大根のレシピ別に豚肉の部位を使い分けカロリーオフする方法

千切り大根を使った豚しゃぶサラダや、大根と豚肉をコトコト...

30代専業主婦の摂取カロリーの目安は?おすすめダイエット法

専業主婦になって太りやすくなったという女性はいらっしゃいま...

ラーメンの麺300gでもスープやトッピングでカロリーオフ

「ラーメンは大好きだけど、カロリーが高いのでたまにしか食...

カロリーコントロールするために、女性は40代からが大事!

40代になってから体重が落ちにくくなったと感じたことはあ...

シチューのルーは買う?作る?カロリーオフできる方法とは

シチューは、よく食卓に上るメニューの一つかもしれませんね。...

バレンタインに簡単レシピをご紹介!美味しくてカロリーオフ

チョコの美味しさは特別なものです。 濃厚な香りと甘さは...

スポンサーリンク


甘酒の原料は酒粕と米麹の2種類

ひと口に甘酒と言っても、2つの種類があるのをご存知ですか?

表題にもある通り、甘酒の原料には酒粕から作ったものと、米麹から作ったものの2種類があります。

酒粕から作る甘酒は、お湯に酒粕と砂糖を加えて作っており、米麹甘酒は、米と麹の発酵を利用して作るものです。

同じ甘酒という名前でも、香りが全然違うので、見分けるのは簡単でしょう。

どちらが美味しいかというのは、個人の好みによるので、試してみてはいかがでしょうか。

これらの違いについて、ご紹介します。

米麹甘酒は、酒という漢字が使われていますが、アルコール分を全く含まないため、子供でも妊婦さんでも誰でも飲むことができます。

それに対し、酒粕甘酒はアルコールが含まれているので、お酒が飲めない環境の方は、注意が必要です。

酒粕甘酒は加熱・加水して作るので、アルコールはほとんど揮発しますが、少量は残り、アルコール臭も感じる仕上がりです。

両方共、健康に良いと言われていますが、飲む種類とシチュエーションには注意しましょう。

酒粕甘酒の特徴

それぞれの甘酒の特徴に関して、ご紹介していきます。

まず、酒粕甘酒についてです。
お正月に、神社で振る舞われているのが、このタイプです。

雰囲気も相まって、美味しい気分にさせてくれる甘酒ですね。
では、そもそも酒粕とは何か、ということからお話します。

酒粕とは、日本酒を絞った後に残る搾りカスです。

日本酒を作った際に出る副産物で、その過程上、やはりアルコールも入っています。

甘酒の製造工程の中で、火にかけてはおりますが、甘酒自体にアルコールが少量残っていることもあるので、子供や車を運転する人は控えなければなりません。

また、酒粕自体には基本的には甘味というものは、ほとんどないので、酒粕甘酒を作る過程では、砂糖やはちみつなどの甘みを加えています。

そのため、ダイエット目的には、向かないかもしれません。

しかし、その酒粕自体の栄養価はとても高く、葉酸・ビタミンB6・食物繊維が豊富で、体調を整えるには重要な成分が多く含まれています。

貧血予防・口内炎予防・便秘改善・動脈硬化の改善などには、効果的だと言われています。

米麹甘酒の特徴

次に、米麹甘酒についてお話します。

麹とは、カビや菌を発生させる微生物のことであります。
この微生物の働きによって、お米に麹菌が発生したものが米麹です。

菌やカビと言うと、良いイメージがないかと思いますが、味噌やチーズなどの発酵食品のひとつです。

ここで与太話とひとつ。

発酵と腐敗についてですが、どちらも菌の作用で発生する現象ですが、その違いは、人体にとって有益か害をもたらすかどうかの違いです。

人体に良い影響であれば発酵、害があれば腐敗ということで、菌がもたらす作用という点では同じなのです。

話をもとに戻しますね。

この米麹も、酒粕と同様に、様々な栄養素が豊富です。

カリウム・ビタミンB1が多く、高血圧・不整脈の改善、糖質の分解、メタボ予防などに効果があるそうですよ。

また、米麹はお米と麹が反応してデンプンを作っているので、すでに糖分が含まれており、それだけで十分な甘味があります。

ですから、酒粕甘酒と違い、砂糖などを加えなくても甘みがあるので、カロリーが気になる方におすすめできる甘酒です。

また、アルコール成分もないので、どなたでも飲めるのがいいところですね。
ですが、中には甘酒が苦手という方も、少なくはないと思います。

そこで、続いては美味しい飲み方などを、ご紹介していきます。

美味しい酒粕の選び方

使う酒粕で風味がかなり違ったものになるので、美味しい酒粕選びについて、ご説明していきます。

結論から言うと「純米大吟醸の酒粕」が美味しい場合が多いです。
その理由について、お話していきます。

重要なのが、お米の精米歩合がどれくらいかということです。

精米歩合は、お米をどれだけ削るかということでありますが、お米の中心部に近付けば近付くほど、雑味がなくなります。

大吟醸とは、その中心部のみを使った日本酒です。

高級な日本酒ほど使われるお米は、中心部以外を削られている場合が多いのです。

当然ながら、酒粕においても、そのような雑味のないお米からできた酒粕の方が、より美味しいと言えるでしょう。

さらに、純米大吟醸酒は低温でじっくりと発酵させるので、より酒粕が美味しくなる可能性が高いと言えます。

こうした、良い酒粕で使った甘酒であれば、その特徴的な香りが、美味しいと思える香りに感じられることになるかもしれませんね。

酒粕によって変わる甘酒を、楽しむのも面白いですよ。

酒粕甘酒の美味しい飲み方

酒粕甘酒を、より美味しく飲むためのアレンジをご紹介していきます。

☆はちみつゆず・はちみつレモン

ゆずやレモンの柑橘系の爽やかな香りがで、甘酒の独特な匂いを軽減できます。
また、柑橘系の香りで気持ちのリフレッシュ、集中力アップも期待できますよ。

はちみつの糖分で脳が活発化の効能があるので、集中して何かをしたい時におすすめです。

☆きなこ

きなこは酒粕甘酒・米麹甘酒のどちらにもおすすめです。

入れる分量は、小さじ1杯ほどです。
甘酒のニオイよりも、きなこの香ばしさが際立つので、すんなり美味しく飲めます。

きなこには、美肌効果や抗酸化作用の効能あるので、おすすめです。

☆すりおろししょうが

酒粕甘酒、米麹甘酒どちらにも合いますが、酒粕甘酒に加えるのが、おすすめです。
入れる分量は、小さじ1/2杯程です。

しょうがの香りと味がピリッとして、とても良いアクセントになり、刺激的な逸品です。

どれも、実際に試してみて、美味しいと思う飲み方を探してみてください。

米麹甘酒の美味しい飲み方

甘酒が苦手な方も飲みやすい、米麹甘酒におすすめのアレンジをご紹介します。

☆ピュアココア

入れる量は、小さじ1/2杯~1杯です。
ココアの香りが強く、甘酒のニオイは気になりません。

調整ココアではなく、苦いピュアなココアを使うと、甘酒の甘みとうまくミックスされて、良いバランスです。
甘酒のアレンジというよりも、ココアのアレンジメニューとしてもいいですね。

また、ココアには美肌効果・自律神経を整えるなどの効能もあり、美容目的で甘酒を飲むには、もってこいの飲み方です。

☆野菜・果物のスムージー

ニンジンやりんごなど、好きな野菜・果物と合わせてみるのもいいですが、おすすめはバナナです。

バナナも風味が強いので、甘酒の匂いが気になる方には、一番良いかもしれません。
野菜や果物不足を解消できるので健康的です。

最後に一番のおすすめアレンジです。

こちらは、酒粕・米麹ともどちらにも合います。

☆豆乳

入れる量は、甘酒と同じ量で割ってください。
甘酒の匂いを緩和するというよりは、美味しいと感じることができるアレンジです。

さらに豆乳には、動脈硬化予防、成人病予防・老化予防の効能もかなり期待できるので、健康嗜好の方にピッタリの飲み方でもあります。

健康に良い甘酒を美味しく飲もう

以上、それぞれの甘酒の特徴やおすすめの飲み方などの、ご紹介をしてきました。

健康目的で飲むにしても、我慢して飲むようであれば、継続が難しいですよね。

ですから、美味しく、楽しく甘酒を飲んでいければ、その恩恵はきっとあるはずです。

 - その他食材