甘酒は酒粕と米麹の2種類ある?美味しい飲み方をご紹介!

甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養が豊富で、近年、特に見直されている伝統的な飲みものです。

その甘酒には、酒粕と米麹の2種類がありますが、どうしても独特の風味があり、好みに分かれてしまうかもしれません。

今回は、その甘酒について、美味しい飲み方などのご紹介をしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家庭菜園でスイカやメロンを栽培してみよう!作り方教えます

夏がやってくると、皆さんが楽しみにしているスイカとメロンの出番です。甘くてジューシーな、美味...

メープルシロップ特集。オーガニックで人気の種類はどれ?

メープルシロップは、パンケーキ・ヨーグルト・シリアルなどに欠かせないアイテムです。最近では...

味噌汁の具だけじゃない!知っておきたい麩の秘密

澄まし汁や味噌汁の具として使われるお麩ですが、実は高タンパクな食品だということをご存知ですか?...

青梅は冷凍するだけで簡単に甘露煮やシロップが作れます!

青梅の季節になると、スーパーで青梅と一緒に氷砂糖や保存容器が売られていますね。それを使って梅酒や...

カレーの美味しいルーをランキング!隠し味って必要?

カレーは、日本の国民食とも言えるのではないでしょうか?給食に出ると、子供たちも大喜びしてお代わり...

さくらんぼの種を発芽させて育てるのは難しい?ポイントは?

さくらんぼ・・・皆さんは好きですか?さくらんぼの旬は6~7月上旬です。そんなさくらんぼ狩...

カツオは刺身?タタキ?カロリーはどれくらい?

初夏と秋口に鮮魚店やスーパーでよく見かけるカツオ。なぜ、その季節になると出回っているのでしょう...

味噌スープは奥が深い!レシピを知ってあたたかい給食の味に

給食を食べたお子さんが、「味噌スープが美味しかった!」なんて言っていると、ご家庭でも作りたくなり...

タバスコは緑と赤があるって知ってた?実は奥が深いタバスコ

タバスコは、そのスパイシーな風味と独特の香りから世界各国の辛い物好きにとって欠かせない存在です。...

味噌煮込みうどんは朝ご飯にもオススメ!その食べ方とは?

名古屋名物の味噌煮込みうどん。食べたことがないという方もいるのではないでしょうか?また、...

イカをさばいて刺身を作ろう!イカのゲソを使った塩辛レシピ

お寿司のネタとして定番のイカ・・・。イカを使った調理法って、刺身、煮物、焼物、揚げ物など本当...

絶品!味噌キムチ鍋レシピ!美容と健康に人気の6品をご紹介

皆さんは発酵食品を食べていますか?発酵食品は料理に使うと、旨みやコクがアップします。微生...

しっとりおいしいバナナパウンドケーキのカロリーは高いの?

バナナがたっぷり入ったパウンドケーキは、おやつやティータイムに食べ出したら止まらないおいしさです...

チョコには凄い健康効果も!?手作りケーキでバレンタインを

小学生頃から意識しはじめる方も多いバレンタインデー。バレンタインといったら、主役はチョコです...

レタスとキャベツの栄養素を比較!食物繊維が多いのはどっち

レタスとキャベツは、栄養素のひとつとも言われる「食物繊維」が多いとよく聞きますよね。この食物...

スポンサーリンク

甘酒の原料は酒粕と米麹の2種類

ひと口に甘酒と言っても、2つの種類があるのをご存知ですか?

表題にもある通り、甘酒の原料には酒粕から作ったものと、米麹から作ったものの2種類があります。

酒粕から作る甘酒は、お湯に酒粕と砂糖を加えて作っており、米麹甘酒は、米と麹の発酵を利用して作るものです。

同じ甘酒という名前でも、香りが全然違うので、見分けるのは簡単でしょう。

どちらが美味しいかというのは、個人の好みによるので、試してみてはいかがでしょうか。

これらの違いについて、ご紹介します。

米麹甘酒は、酒という漢字が使われていますが、アルコール分を全く含まないため、子供でも妊婦さんでも誰でも飲むことができます。

それに対し、酒粕甘酒はアルコールが含まれているので、お酒が飲めない環境の方は、注意が必要です。

酒粕甘酒は加熱・加水して作るので、アルコールはほとんど揮発しますが、少量は残り、アルコール臭も感じる仕上がりです。

両方共、健康に良いと言われていますが、飲む種類とシチュエーションには注意しましょう。

酒粕甘酒の特徴

それぞれの甘酒の特徴に関して、ご紹介していきます。

まず、酒粕甘酒についてです。
お正月に、神社で振る舞われているのが、このタイプです。

雰囲気も相まって、美味しい気分にさせてくれる甘酒ですね。
では、そもそも酒粕とは何か、ということからお話します。

酒粕とは、日本酒を絞った後に残る搾りカスです。

日本酒を作った際に出る副産物で、その過程上、やはりアルコールも入っています。

甘酒の製造工程の中で、火にかけてはおりますが、甘酒自体にアルコールが少量残っていることもあるので、子供や車を運転する人は控えなければなりません。

また、酒粕自体には基本的には甘味というものは、ほとんどないので、酒粕甘酒を作る過程では、砂糖やはちみつなどの甘みを加えています。

そのため、ダイエット目的には、向かないかもしれません。

しかし、その酒粕自体の栄養価はとても高く、葉酸・ビタミンB6・食物繊維が豊富で、体調を整えるには重要な成分が多く含まれています。

貧血予防・口内炎予防・便秘改善・動脈硬化の改善などには、効果的だと言われています。

米麹甘酒の特徴

次に、米麹甘酒についてお話します。

麹とは、カビや菌を発生させる微生物のことであります。
この微生物の働きによって、お米に麹菌が発生したものが米麹です。

菌やカビと言うと、良いイメージがないかと思いますが、味噌やチーズなどの発酵食品のひとつです。

ここで与太話とひとつ。

発酵と腐敗についてですが、どちらも菌の作用で発生する現象ですが、その違いは、人体にとって有益か害をもたらすかどうかの違いです。

人体に良い影響であれば発酵、害があれば腐敗ということで、菌がもたらす作用という点では同じなのです。

話をもとに戻しますね。

この米麹も、酒粕と同様に、様々な栄養素が豊富です。

カリウム・ビタミンB1が多く、高血圧・不整脈の改善、糖質の分解、メタボ予防などに効果があるそうですよ。

また、米麹はお米と麹が反応してデンプンを作っているので、すでに糖分が含まれており、それだけで十分な甘味があります。

ですから、酒粕甘酒と違い、砂糖などを加えなくても甘みがあるので、カロリーが気になる方におすすめできる甘酒です。

また、アルコール成分もないので、どなたでも飲めるのがいいところですね。
ですが、中には甘酒が苦手という方も、少なくはないと思います。

そこで、続いては美味しい飲み方などを、ご紹介していきます。

美味しい酒粕の選び方

使う酒粕で風味がかなり違ったものになるので、美味しい酒粕選びについて、ご説明していきます。

結論から言うと「純米大吟醸の酒粕」が美味しい場合が多いです。
その理由について、お話していきます。

重要なのが、お米の精米歩合がどれくらいかということです。

精米歩合は、お米をどれだけ削るかということでありますが、お米の中心部に近付けば近付くほど、雑味がなくなります。

大吟醸とは、その中心部のみを使った日本酒です。

高級な日本酒ほど使われるお米は、中心部以外を削られている場合が多いのです。

当然ながら、酒粕においても、そのような雑味のないお米からできた酒粕の方が、より美味しいと言えるでしょう。

さらに、純米大吟醸酒は低温でじっくりと発酵させるので、より酒粕が美味しくなる可能性が高いと言えます。

こうした、良い酒粕で使った甘酒であれば、その特徴的な香りが、美味しいと思える香りに感じられることになるかもしれませんね。

酒粕によって変わる甘酒を、楽しむのも面白いですよ。

酒粕甘酒の美味しい飲み方

酒粕甘酒を、より美味しく飲むためのアレンジをご紹介していきます。

☆はちみつゆず・はちみつレモン

ゆずやレモンの柑橘系の爽やかな香りがで、甘酒の独特な匂いを軽減できます。
また、柑橘系の香りで気持ちのリフレッシュ、集中力アップも期待できますよ。

はちみつの糖分で脳が活発化の効能があるので、集中して何かをしたい時におすすめです。

☆きなこ

きなこは酒粕甘酒・米麹甘酒のどちらにもおすすめです。

入れる分量は、小さじ1杯ほどです。
甘酒のニオイよりも、きなこの香ばしさが際立つので、すんなり美味しく飲めます。

きなこには、美肌効果や抗酸化作用の効能あるので、おすすめです。

☆すりおろししょうが

酒粕甘酒、米麹甘酒どちらにも合いますが、酒粕甘酒に加えるのが、おすすめです。
入れる分量は、小さじ1/2杯程です。

しょうがの香りと味がピリッとして、とても良いアクセントになり、刺激的な逸品です。

どれも、実際に試してみて、美味しいと思う飲み方を探してみてください。

米麹甘酒の美味しい飲み方

甘酒が苦手な方も飲みやすい、米麹甘酒におすすめのアレンジをご紹介します。

☆ピュアココア

入れる量は、小さじ1/2杯~1杯です。
ココアの香りが強く、甘酒のニオイは気になりません。

調整ココアではなく、苦いピュアなココアを使うと、甘酒の甘みとうまくミックスされて、良いバランスです。
甘酒のアレンジというよりも、ココアのアレンジメニューとしてもいいですね。

また、ココアには美肌効果・自律神経を整えるなどの効能もあり、美容目的で甘酒を飲むには、もってこいの飲み方です。

☆野菜・果物のスムージー

ニンジンやりんごなど、好きな野菜・果物と合わせてみるのもいいですが、おすすめはバナナです。

バナナも風味が強いので、甘酒の匂いが気になる方には、一番良いかもしれません。
野菜や果物不足を解消できるので健康的です。

最後に一番のおすすめアレンジです。

こちらは、酒粕・米麹ともどちらにも合います。

☆豆乳

入れる量は、甘酒と同じ量で割ってください。
甘酒の匂いを緩和するというよりは、美味しいと感じることができるアレンジです。

さらに豆乳には、動脈硬化予防、成人病予防・老化予防の効能もかなり期待できるので、健康嗜好の方にピッタリの飲み方でもあります。

健康に良い甘酒を美味しく飲もう

以上、それぞれの甘酒の特徴やおすすめの飲み方などの、ご紹介をしてきました。

健康目的で飲むにしても、我慢して飲むようであれば、継続が難しいですよね。

ですから、美味しく、楽しく甘酒を飲んでいければ、その恩恵はきっとあるはずです。