お米を美味しく食べるには家庭用無洗米精米機は必需品!

現在、家庭用無洗米精米機を使っている家庭も増えてきています。

面倒くさいだけでは?と思ってしまいますが、お米を栄養たっぷりで美味しく食べるためには欠かせないものです。

今回は、家庭用無洗米精米機を使うメリットについて、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

節約料理をブログに書いて、人気ブロガーを目指そう!

芸能人だけでなく、一般人でもブログをやっていて、中でも主婦の方が書いている節約料理のブログは、大...

醤油醸造所が取り組む売上確保と伝統を守る姿をご紹介

2018年1月現在、醤油醸造所・メーカーの数は約1500と言われていますが、昭和初期には7000...

オーガニック食品をギフトにしてみよう!

近年、オーガニック食品が人気ですが、注目されている理由は何でしょうか。また、「おすすめのオーガ...

ゴーヤのグリーンカーテンの作り方!土の再生利用方法とは?

近年において、プランターなどでガーデニングを楽しみつつ、省エネにも役立つグリーンカーテンが人気で...

着色料は色々な食品に使われている?食品例から種類もご紹介

着色料とはどんなもので、どんな役割がありどんな種類があるのでしょうか。着色料があることに...

和食にもワインを!醤油や味噌にワインが合うって本当?

和食の基本である醤油や味噌を使った料理は、ワインには合わないという考えの人もいます。確かに、...

バタークッキーは手作りする?人気のお店で買う?

おやつに、お土産に、小腹がすいたときに、クッキーを食べると元気になりますね。おいしくて、かわ...

江戸時代の経済をまわした藩や石高について詳しく知ってみる

江戸時代、経済をまわしていたのは、お金ではなくお米でした。藩や石高という言葉を、小学校の頃に...

畑に撒いた石灰は雨で流れてしまうのか。撒き直しは必要?

最近、自分で野菜を育てて収穫し食べるという、家庭菜園をしている人が増えてきているのを、ご存知でし...

1歳児が食事を投げるのはなぜ?すぐできる対策が知りたい!

1歳児の食事に関して多い悩みが「食器や食べ物を投げる」というものです。まだ善悪の判らない子ども...

電子レンジで調理するのに使える・使えない食器、便利な食器

毎日の食生活に欠かせない電子レンジですが、この食器は使えたかな?と、不安になることはないです...

炊飯器の保温は暑い夏にはする必要がない?それともある?

炊飯器の保温は、暑い夏の季節でもする必要があるのでしょうか?この答えを知っている人もいますが...

九州や北陸は醤油が甘い?原料や製造方法、おいしい使いかた

九州の醤油が甘い、という話は有名です。これに対して、一般的な醤油といえば塩気があるイメー...

甘酒の米麹にはスゴイ効果が!その人気の理由とは?

甘酒が体に良いことは知られていますね。しかも、米麹甘酒はダイエット効果もスゴイということをご...

夫婦二人世帯の食費の平均は?ランチ代の節約にはお弁当を!

夫婦の食費の月平均、気になりますよね!世の中の夫婦二人世帯では、どのくらいが平均なのか見てみまし...

スポンサーリンク

そもそも玄米とは何?

そもそも玄米とは何かというと、籾(もみ)を除去して取り出したお米のことです。

籾とは、お米についている殻のことです。
この籾を除去し、取り出したお米のことを玄米と言います。

この玄米は、ぬかに包まれております。
そして、このぬかや、胚芽を除去してしまうことを精米と言います。

完全に精米したお米は白く、一般的に家庭で食べられているお米になります。

精米した白米は玄米に比べ、味も食感も良く、消化吸収もしやすくなっています。

ですが、精米された際に除去されているぬかや胚芽は、お米のほとんどの栄養価が含まれていると言われています。

白米だと、お米の持つ栄養を、ほとんど摂取できていないということになります。
とても、もったいないですよね。

ですが、家庭用無洗米精米機を使うことで、この栄養を無駄にせずに済みます。

家庭用無洗米精米機を使うメリットについて、ご紹介していきます。

家庭用無洗米精米機を使って毎日美味しいお米へ

家庭用無洗米精米機を使うメリットとして、市販で買う白米よりも、間違いなく美味しいお米になります。

なぜかというと、お米には湖粉層(こふんそう)という皮がついています。

この湖粉層は空気に触れることで酸化してしまい、味が劣化してしまったり、独特な臭いを発するようになります。

この湖粉層は通常、ぬかにより表面を保護されています。
しかし、精米されることで湖粉層は空気に晒されてしまい、みるみるうちに味が劣化してしまいます。

美味しくお米を食べるためには、湖粉層をなるべく空気に晒さないようにしなければいけません。

食べる直前まで玄米のまま保存しておけば、精米されるまで、湖粉層はぬかに保護してもらえます。

その間は空気に晒されませんので、味が落ちることを防ぐことができます。
そのため、精米したてのお米は、新鮮でとても美味しいのです。

毎日食べるお米だからこそ、新鮮で美味しく食べたいものです。

家庭用無洗米精米機があれば、必要なときに精米することができますので、常に精米したてのお米を食べることができますよね。

家庭用無洗米精米機を使えば栄養たっぷり

冒頭でもお話したように、毎日食べている白米には、お米本来の栄養がほとんど入っていません。

玄米を精米することで取れてしまうぬか・胚芽の部分に、栄養がたっぷり含まれています。

食物繊維はもちろん、ビタミンやミネラルも含まれていて、お米の栄養分のほとんどはぬか・胚芽の部分にあると言われています。

胚芽の部分だけ残したお米ですら、販売されている白米よりも、かなり豊富に栄養があるのです。

家庭用無洗米精米機は、もちろん綺麗に精米した白米にすることもできますが、どれくらい精米するか選ぶことができます。

この、ぬか・胚芽をわざと残して、栄養価の高いお米にすることを、分つき精米と言います。

この分つき精米は、健康を気にしている人には嬉しい食べ方です。

栄養をたっぷり取りたい人は、ぬか・胚芽をがっつり残して、栄養たっぷりのお米を食べることができます。

玄米が苦手だけど、栄養のある状態で食べたいという人は、少しだけぬか・胚芽を残したお米を食べることができます。

分つき精米は玄米で食べるよりも食べやすく、炊飯器で普通の白米と同じように炊くことができますので、とてもオススメです。

どれくらい残すかによっても、味や食感が変わってきますので、自分好みのお米にできるのは嬉しいですよね。

家庭用無洗米精米機があれば、毎日、玄米や胚芽も食べることができるのです。

家庭用無洗米精米機で分つき精米

分つき精米は、どれくらい精米するか選択する必要があります。
何分つきかによって、味・食感ともに変わってきますので、参考にしてみてください。

1分つき~3分つきは、ほとんど玄米と変わりません。

栄養は豊富に含まれていますが、玄米特有のボソボソ感が、かなり残っていてクセがあります。

しかし、玄米に比べれば食べやすくなっていますので、玄米に近い栄養を摂りたいならオススメです。

4~6分つきになると、玄米に比べ、かなり白っぽくなります。
まだまだ玄米に近い栄養が含まれていますし、食物繊維もたっぷりです。

まだボソボソ感は残っていますが、食べやすくなり、風味も良くなります。
これくらいだと食べられるという人が多いです。

7~8分つきになると、ほぼ白米と変わりません。

白米に近いやわらかさが出てきて、かなり食べやすいです。

かなり、ぬかや胚芽の量は減ってしまいますが、まだ栄養たっぷりです。
はじめて挑戦する人は、ここからスタートするといいでしょう。

家庭用無洗米精米機を手に入れたら、ぜひ挑戦してみてください。

家庭用無洗米精米機でぬかを手に入れよう

家庭用無洗米精米機を使うメリットとしては、ぬかが手に入ることです。

ぬかは何にでも利用できるので、捨ててしまうのはもったいないです。
エコのためにも、色々な用途で使っていきましょう。

まず、掃除に使うことができます。

ぬかを撒いてから掃き掃除を行うと、ホコリが立ちません。
ぬかを布袋に入れて乾拭きすれば、ピカピカになります。

食器洗いの際にも、洗剤の代わりに米ぬかを使えば、油も綺麗に落ちます。

他にも、米ぬかを煎って、においの気になる部分におけば、嫌なにおいを消してくれる消臭アイテムになります。

掃除に米ぬかを利用すれば、洗剤などと違い、カラダに悪影響を及ぼしませんのでオススメです。

そして、ぬかは、美容にも効果的です。
布袋に入れたものを、お風呂に入れれば、入浴剤になります。

他にも、米ぬかを顔に塗ってパックにしたり、洗顔につかえば、しっとりとツルツルしたお肌になります。

また、栄養価がとても高いので、煎って食べることもできますし、ぬか漬けに使うこともできます。

このように、ぬかは様々な使い方ができます。
ただし、肌に使ったり食べるときは、新鮮なぬかを使うようにしてくださいね。

家庭用無洗米精米機の種類と選び方

家庭用無洗米精米機の種類や選び方についてご紹介します。

買う際の参考にしてみてください。

まず、精米機には3種類あります。

1つめが、圧力式のものです。

中に回転ローラーが取り付けられていて、ローラーの回転によって、1回で圧力研削されます。
精米にかかる時間が短く、砕米が出にくいです。

ですが、熱が発生しやすいため、お米が劣化してしまう可能性があります。

2つめが、圧力循環式のものです。
圧力式と似ていますが、回転ローラーの圧力が一定で、複数回お米を循環させ精米します。

複数回行うことで、熱が発生するのを抑え、お米が劣化するのを防いでいます。

ただし、デメリットとして、精米にかかる時間が長いです。

3つめが、かくはん式のものです。

羽のついている回転帯が取り付けられていて、回転してお米の表面を摩擦して精米します。
価格が比較的安く、熱も発生しにくいので、お米は劣化しにくいです。

しかし、お米の砕米ができやすく、稼働音も大きいので、騒音と感じる人もいるかもしれません。

以上のような、メリット・デメリットを参考に選んでみてください。

また、家庭用無洗米精米機は使っていると、ぬかが溜まってきます。
ぬかは放置しておくと虫が湧いてしまうので、掃除はまめにしなければなりません。

まめに掃除することを考えて、家庭用無洗米精米機を選ぶ際には、掃除がしやすいかどうかも、しっかりチェックしておきましょう。

毎日のお米を美味しく食べよう

白米を買ってしまうよりも少し手間はかかりますが、家庭用無洗米精米機を使うメリットはたくさんありますね。

毎日食べるお米だからこそ、栄養たっぷりのまま美味しく食べたいものです。

ぜひ、家庭用無洗米精米機を活用してみてはいかがでしょうか。