鮭の切り身の賞味期限はどのくらい?上手な冷凍・解凍方法

鮭は、朝食やお弁当のおかずにも、大活躍してくれますよね。
私達の食生活に、なくてはならない魚のひとつです。

スーパーでよく売られている鮭の切り身。
安売りしていると、ついつい沢山買ってしまいますよね。

今回は、鮭の切り身の賞味期限や、上手な保存方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

有名店の味噌ラーメンを家で作る!プロ直伝レシピを極秘公開

家で作るラーメンは、なかなかラーメン屋さんのラーメンのようにはなりませんよね。材料も道具もウ...

味噌ダレで簡単味付け!味噌野菜炒めとアレンジ料理の作り方

旨味をたっぷり含んだ味噌で作る味噌ダレを使った料理は食欲をそそる一品です。例えば野菜炒めひと...

ミニトマトの発芽までに掛かる日数と、上手な栽培のコツは?

みなさんは、野菜を育てることに興味を持ったことがありますか?小学生のときに、一度は必ず育てた...

家庭菜園のきゅうりの収穫量を増やす!摘芯の方法をご紹介!

家庭菜園では初心者向けで育てやすいため、きゅうりの栽培が人気です。夏野菜の代表格なので、育てて...

カロリーが気になる!豚肉100gのカロリーとそのほかの栄養

肉類の中でも脂っこいイメージの豚肉ですが、カロリーが本当に高いのか、どこの部位のカロリーが高いの...

牡蠣をおいしく料理しよう!味噌とバターで作れる料理は?

『海のミルク』と呼ばれる牡蠣。身が白く、また牛乳と同じく栄養がたっぷりなので、そう呼ばれるよ...

味噌汁に入れる長ネギで健康維持!味の違いや切り方にも注目!

毎朝食べているご家庭も多い味噌汁。味噌汁に入れる具の中で代表的なものといえば、長ネギがあります...

朝食に最適なバナナ 4本のカロリーを考えた上手な食べあわせ

バナナは昔から、カロリー価が高く手軽で健康に良いと言われています。数年前にはバナナダイエット...

野菜がもっと食べたくなる!チョップドサラダの人気レシピ

「チョップドサラダ」を聞いたことありますか?一時は世界中で大ブームにもなった大人気の野菜サラ...

ジャガイモの植え付け方法!自然に降る雨だけで十分育つ!?

畑やプランターなどで、自家栽培している方が多くいらっしゃいます。家庭菜園のメリットや、心構え...

家庭菜園でジャガイモを収穫しよう!上手に育てるコツは!?

皆さんは、ジャガイモは好きですか?ジャガイモは、春と秋の2回植えつけが可能な野菜です。...

鶏肉の味噌炒めを作ろう!旬野菜を使った簡単レシピ大公開!

みなさん、鶏肉の味噌炒めは好きですか?比較的、低価格で購入することが出来る鶏肉ですが、味噌の...

離乳食初期から使いやすいバナナ。でも量が多くて余るもの。

栄養価の高く、調理がしやすく、離乳食初期から使用できるバナナは人気の食材ですよね!1年中いつでも...

トウモロコシ栽培は上級者向け!?受粉のコツをつかもう!

トウモロコシは鮮度が落ちやすいため、収穫したてを食べるのが、一番おいしい野菜です。もぎたてを...

イカをさばいて刺身を作ろう!イカのゲソを使った塩辛レシピ

お寿司のネタとして定番のイカ・・・。イカを使った調理法って、刺身、煮物、焼物、揚げ物など本当...

スポンサーリンク

鮭の切り身などの魚の切り身の賞味期限について

鮭は、私達に身近な魚ですよね。
調理方法も沢山あって、どれも美味しく食べることができます。

鮭は切り身にされていることで、とても使いやすいですよね。

スーパーで買ってきたトレーに入った鮭の切り身の賞味期限は、2~3日です。
これは、スーパーに置いてある魚の切り身、全ての賞味期限も同じです。

いくつかのスーパーを調べてみましたが、どこの魚の切り身も賞味期限は3日でした。

スーパーの魚の切り身の入ったパックトレーには、賞味期限のシールが貼ってあるので、確認できます。
魚の切り身は3日、刺し身は当日中にが、各スーパーの賞味期限の目安になっています。

ちなみに、スーパー以外のお魚屋さんで買っても、魚の賞味期限は変わりません。

賞味期限は、あくまでも美味しく食べられる基準ですから、傷んでいなければ、1日くらい経っても平気で食べられます。

イヤな臭いがなければ、よく火を通せば大丈夫です。

賞味期限内の鮭の切り身の保存方法

よくスーパーや魚屋さんで買ってきた賞味期限内の鮭の切り身を、トレーごと冷蔵庫で保存する人がいます。

すぐに調理するのであれば、構いません。

保存する場合はトレーから取り出して、鮭の切り身の水気をキッチンペーパーで拭き取ってから、サランラップで包むか、ジッパー付きのビニール袋に入れて保存してください。

トレーのまま保存すると、鮭の切り身は傷みやすく、ドリップした水分が臭いの元となり、嫌な臭いが切り身に残ってしまいます。

冷蔵庫で保存して、鮭の切り身を調理するのが1日以上後になるときは、切り身の下にキッチンペーパーを敷いてからサランラップに包んでおくと、余分な水分を吸ってくれます。

冷凍保存する場合も同じです。

鮭の切り身から出る水分は、臭みの元です。
長期保存が可能な冷凍保存のほうが、実は臭いがつきやすくなるのです。

そして、冷凍庫自体に、魚の臭いが移ってしまうこともあります。
冷凍する場合も、キッチンペーパーで、鮭の切り身の水分をよく拭き取りましょう。

ひと切れずつサランラップで包んでから、さらにジッパー付きの袋に入れて、冷凍庫に保存することをおすすめします。

鮭の切り身を重ねて、そのまま冷凍保存してしまうと傷みやすく、重なった部分から鮭の切り身が傷ついてしまうからです。

一度冷凍した鮭の切り身を、解凍してからの冷凍庫への保存は、風味がかなり落ちてしまうので、やめておきましょう。

焼き鮭の切り身と鮭の刺し身の賞味期限&保存方法

鮭の切り身を焼き魚にするとシンプルながらも、とても美味しいですよね。

焼いた鮭の切り身の冷凍庫での保存方法は、必ず熱を冷ましてから、サランラップなどで包んでからにしましょう。

それを、ジッパー付きの袋に入れて保存しましょう。
魚は空気に触れることで、酸化してしまい、傷んでしまいます。

まずは鮭の切り身を空気に触れさせないことが、保存するうえで、非常に重要なポイントなのです。

食べるときは、そのまま電子レンジで温めればOKです。
次の日の朝の、お弁当作りの時短になります。

サーモンのお刺身も、そのままワサビ醤油につけたり、マリネなどにして食べる機会が多いと思います。

色が変わりにくいサーモンのお刺身ですが、賞味期限は2~3日です。

買ってきたトレーごと、パックごとの保存は、おすすめできません。

トレーから取り出して水気をよく取り、サランラップなどでしっかりと包んで、冷蔵庫のチルド室で保存しましょう。

鮭の切り身を冷凍保存する際のポイント

鮭の切り身を、いつものようにジッパー付きの袋に入れて冷凍保存する前に、少しの手間を加えることで、解凍後の美味しさをアップさせることができます。

鮭の切り身を冷凍保存する際の、下ごしらえの方法は以下の通りです。

①鮭の切り身ひと切れに対して、お酒を小さじで1杯くらいを、鮭の切り身に振ります。
20分置いて、キッチンペーパーで切り身の水気を拭き取ってください。

②鮭の切り身をひと切れずつサランラップに包んで、ジッパー付きの袋に入れて、冷凍庫に入れてください。
※このときに、金属製のトレーに乗せておくと早く冷凍することができ、美味しさを逃しません。

また、味をつけた鮭の切り身も、もちろん冷凍保存することが可能です。

塩鮭ではなく、生鮭の切り身には、お酒をふるときに塩も小さじ1杯くらい振っておくと良いでしょう。

鮭の切り身の冷凍保存は2週間程度で、味が付いている鮭の切り身も同様に、2週間程度可能です。

賞味期限内に冷凍保存したからといっても、時間の経過とともに冷凍焼けしてしまい、味も劣ってしまいます。
可能な限り、早く消費したほうが、美味しく食べることができます。

鮭の切り身の解凍方法

やはり、鮭の切り身を最も美味しく食べるには、賞味期限内が一番です。
ですが、買い溜めなどをする際は、冷凍保存しておく人も多いですよね。

前項では、鮭の切り身を冷凍保存する際のコツをお伝えしました。
ここでは、上手な解凍方法について、お伝えしましょう。

鮭の切り身の解凍方法として多いのは、自然解凍だと思います。

しかし、鮭の切り身の美味しさを重要視するのであれば、氷水解凍をおすすめします。

氷水の温度は、食品が解凍されるギリギリの1℃を保ちながら、解凍していきます。

ですから、よくありがちな解凍時に鮭の水分を失うこともありませんし、電子レンジでの解凍過程で食材の温度が上がってしまい、傷ませてしまうということもないのです。

氷水での解凍方法は、以下の通りです。

①2重にしたビニール袋に、鮭の切り身を入れます。

②ビニール袋の空気を抜いて、しっかりと口を輪ゴムなどで縛ってください。

③ボウルに溜めた氷水にビニール袋を沈めて、ビニール袋が浮いてこないように、お皿などの重石を乗せてください。

目安としては、切り身ひと切れで、100分ほどで解凍されます。

氷水解凍した鮭の切り身の、上手な焼き方も一緒にお伝えします。

フライパンで焼くときは、まず、鮭の切り身の皮目を下にして、フタをします。

最初は、1分ほど強火で焼いてください。

あとは弱火で3~5分ほど、鮭の切り身の中が、しっかり焼けるまで焼いてください。

鮭の切り身を途中でひっくり返しながら焼くと、鮭がふっくらと仕上がります。

冷凍した鮭の切り身を蒸し焼きにしてみよう

日本人が最も食べる魚が鮭ということを、ご存知でしょうか。

スーパーの鮮魚コーナーには、海外産や養殖物が1年中売られていますよね。
秋から冬にかけての国産秋鮭は、脂の乗りが別格で、とても美味しいです。

そんな鮭は、色々な料理に応用が利き、様々な食材やスパイスとも相性が良いです。

賞味期限内に冷凍しておいた鮭の切り身を、そのままグリルなどで焼くと、どうしてもパサパサした仕上がりになってしまいます。

そうなると、鮭の美味しさは半減してしまいます。

最後に、「冷凍した鮭の切り身の蒸し焼き」の方法をご紹介します。
ふっくらと焼き上がります。

【作り方】

①フライパンに、ザク切りにしたキャベツ2枚と、しめじを半パック並べます。
その上に、冷凍された鮭の切り身を入れてから、お酒を大さじ1杯とお水を大さじ1杯、回しかけてください。

②フライパンのフタをして、弱火で5分焼いたら、野菜を取り出して、さらに弱火で5分焼いてください。

③フライパンのフタを取って、ごま油をふりかけて、鮭の切り身の裏面を焼いたら完成です。

とても簡単にできるので、ぜひ作ってみてくださいね。

美味しくて健康的な鮭を、日々の食卓に取り入れよう

秋の味覚の代表の鮭。

鮭は良質なタンパク質が豊富なだけでなく、抗酸化力も高い優良食材です。

鮭を毎日の食事に積極的に取り入れるためにも、今回ご紹介した冷凍・解凍方法を試してみてください。

鮭を色々な料理に活用して、その美味しさを味わいつつ、健康も向上させましょう。