玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

畑に撒いた石灰は雨で流れてしまうのか。撒き直しは必要?

      2017/11/14

畑に撒いた石灰は雨で流れてしまうのか。撒き直しは必要?

最近、自分で野菜を育てて収穫し食べるという、家庭菜園をしている人が増えてきているのを、ご存知でしょうか。

農薬などの心配もいらず、育てる喜びと食べる喜びを味わえて、若い人の間でも人気が出ているのです。

しかし、農業にあまり携わっていない人からしてみれば、わからないことだらけ。

畑の手入れは?
種や石灰を撒くタイミングは?
雨の前だと流れてしまうの?

そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

電子レンジ料理のレシピ!料理に不慣れな男性でも簡単に!

料理を始めたくても器具が無かったり、どこから始めたら良い...

電子レンジのオーブン機能で焼き魚が簡単ジューシーに出来る

電子レンジで焼き魚が出来ることをご存知でしょうか。 お...

電子レンジでカンタンおいしいトーストや食パン料理の作り方

電子レンジで食パンを上手にトーストできますか。 多機能...

電子レンジで作る!簡単おいしい手作りパイのアイデアレシピ

ご家庭にある電子レンジを使い、難しいといわれるパイを作っ...

電子レンジで目玉焼きができちゃう?ラップを利用して作ろう

ちいさな子どもがいる家庭や、コンロが足りない時などに便利...

スポンサーリンク


畑とプランター。どちらで栽培する?

まず、初心者が家庭菜園をするにあたって、準備が必要です。

一番最初に考えないといけないのは、どこで栽培するかということです。

畑をお持ちの人と、そうでない人でも分かれるところなのですが、どちらでも選べる人は、どちらのほうが栽培しやすいのでしょうか?

簡単にご説明すると、両者の違いは、広さ・コスト・肥料の種類です。

広さは、一目瞭然ですよね。

プランターより、畑の方が各段に広いことは明らかです。
そして、そのぶん、掛かるコストも変わってきます。

もちろん、石灰などの肥料の量も変わってきますが、プランターなら必要がないクワやスコップ、支柱などを揃えなくてはなりません。

水やりの範囲も、比較になりませんね。

雨がコンスタントに降ってくれるなら問題ありませんが、予想ができませんし、水道水で水やりをするとなると、水道代もかなり掛かりそうです。

そして、肥料の種類も変わってきます。

本来なら、畑で使用するたい肥などは、そのままプランターに使うこともできます。

ですが、少量で購入できない上に、残しておいても保存が効きません。
そのため、多くの肥料を無駄にしてしまい、コストが掛かってしまうのです。

プランターなら雨頼りにしなくても良いのでおすすめ

前述したように、畑栽培は、プランター栽培に必要ないものまで揃えなくてはいけないので、初心者向きとは言えません。

また、石灰などの肥料の面でも違いが出ると言いましたが、プランター栽培をするのであれば、肥料は液肥がおすすめです。

液肥であれば、少量でも購入できますし、キャップを占めて保存することもできます。

しかも、畑栽培をしている人でも、追肥用に使用することがあるほど即効性があり、重宝する代物だそうです。

そして、水やりです。

プランターであれば、ベランダなど限られたスペースでもできますし、水やりも少しの量で済みます。

雨が降れば良いようなものですが、こればっかりは神様の気分なので、操ることはできません。
水道代のことを考えると、プランターで少量で済ませられる方が良いですよね。

プランター栽培をしてみて、「もっと本格的に栽培したい」「もっといろいろな種類を栽培してみたい」「たくさん作って人にあげたい」などという気持ちが出てきたら、そのときは畑栽培を考えてみてはいかがでしょうか。

飽きっぽい人は本腰据えて貸畑という選択も

プランターは利点もありますが、欠点もあります。

それは、飽きやすいことです。

手軽に始められる上に、スペースもあまり要りませんので、菜園に割く時間も短時間で済みます。

そのため、水やりや石灰など肥料の撒き忘れなどに気付いても、「まあ、明日でいいか」「確か昨日雨が降ったから大丈夫」と思ってしまいがちです。

それが続くと、当然、作物は育ちませんよね。

それで、うんざりして「やーめた」となってしまいがちなのです。

そのため、畑をもっていない人でも本格的に始められる貸畑、シェア畑を利用する人も増えてきています。

その名の通り、畑の一角をお金を出して借りるのですが、必要なものはすべて揃っているので、自分で揃える必要がありません。

週に1~2回通えたら良いのですが、おすすめは、片道10~15分で通えるところに畑を借りることです。

そうでなければ、やはり面倒になって飽きてしまうことがあります。

気軽に短時間で通えて、準備もアドバイスもしてもらえるという利点がありますので、都会暮らしの若者にも大人気なのです。

畑の土づくりで石灰を撒くタイミング

畑であってもプランターであっても、大切なのは土づくりです。

一般的には、ホームセンターなどで培養土を購入してプランターに入れたり、畑の土を耕して土粒を細かくしたりして、石灰や肥料を混ぜます。

石灰を入れる前に、pH測定器などを使い、土の酸性度を測って必要量だけ入れると、より良い土づくりができます。

石灰は粒状のものを選ぶことと、たい肥を一緒に混ぜながら撒くと、石灰だけ撒くより固まりにくいのでおすすめです。

種を蒔くのは、石灰を混ぜ込んだ直後より、2週間~1ヶ月ほど置いて慣らした後のほうが、枯れにくいとされています。

例えば、雨降りの後だと、土が固まったりしていて混ぜにくいので、そのタイミングで石灰を混ぜるのはおすすめできません。

逆に、その状況でもしっかりと混和できるのであれば、撒いても構いません。

大切なのは「良く混ざる」ことです。

そもそも石灰はなぜ必要?雨との関係は?

そもそも、なぜ石灰を撒く必要があるのかということをご説明していきます。

全般的に作物が育つ土は、酸性とアルカリ性の間の中性の状態なのです。

作物によって、酸性を好むもの、アルカリ性を好むものに分かれます。

例えば、ブルーベリーやお茶、豆といったものは酸性の土を好みます。
逆に、ホウレンソウやアスパラガスなどは、アルカリ性の土を好みます。

しかし、畑の土は、放っておくと、酸性になっていることがほとんどです。

アルカリ性の土を好む作物を育てたい場合、土壌を改良してあげなければなりませんよね。
そのときに活躍するのが石灰で、酸性の土をアルカリ性に傾けてくれるのです。

しかし、たくさん撒けば良いというものではありません。

基準としては、15平方メートルあたり、ひしゃくに1杯が目安です。

アルカリ性を好む作物でも、アルカリ性に傾きすぎると、逆に育ちが悪くなってしまうので、注意が必要です。

ところで、どうして畑の土は酸性になりやすいのでしょうか。

それは、雨が関係しています。

そもそも畑の土には水素イオンがくっついている状態なのですが、石灰を撒いて雨や水やりをすることで、その水素イオンをはじき出すことができるのです。

そうやって、酸性に傾いた土を中性にもっていくことが、作物を育てる上では大切なことになります。

石灰を撒いた直後に雨が降ったら?

石灰を撒いて、少し置いた方が良いと前述しましたが、では、その間に雨が大量に降ったらどうしたらいいのでしょうか。

雨の直後の畑に石灰をしっかりと混ぜ込むのは難しいですが、では撒いた直後に大量の雨が降ったら、追加して撒く必要があるのでしょうか。

答えはNOです。

石灰を撒いて混和した後、雨が降っても1日や2日の雨で流れてしまうようなものではありませんので、ご安心ください。

もちろん、半年もそのまま放置してしまえば、その間に流れてしまうことはあるのでしょうが、そう簡単には流れてしまうことはありません。

ただ、一番注意したいのが、雨が降る前に石灰を撒いたタイミングのことです。

このとき、よく混和することが大事です。
そうでなければ、畑の中性化を図ることができないので、撒く意味がなくなってしまいます。

石灰を撒く労力と、石灰の代金を無駄にしないためにも、混和をしっかりと行いましょう。

畑やプランターで育てた作物を、我が家の食卓へ

土づくりをしっかりして、畑やプランターで自分の好きな作物を育てて、食卓に並ばせる。
その充実感は、やってみた人でないと分かりません。

少しでも興味を持ったら、家庭菜園について調べてみてくださいね。

本格的に始めたいなら、貸畑の利用もおすすめです。

家庭菜園、楽しんでチャレンジしてみましょう。

 - 食文化・食生活