玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

オレンジとチョコレートを使っていろいろなクッキーを焼こう

      2017/11/04

オレンジとチョコレートを使っていろいろなクッキーを焼こう

オレンジとチョコレートは、相性抜群で、いくつものお菓子で共演していますよね。

市販されているお菓子もおいしいのですが、ここはひとつ、自分でも作ってみましょう。

そこで今回は、オレンジとチョコレートで作るクッキーレシピをご紹介します。

いろいろな作り方がありますので、いろいろ試してみてはいかがですか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

電子レンジ料理のレシピ!料理に不慣れな男性でも簡単に!

料理を始めたくても器具が無かったり、どこから始めたら良い...

電子レンジのオーブン機能で焼き魚が簡単ジューシーに出来る

電子レンジで焼き魚が出来ることをご存知でしょうか。 お...

電子レンジでカンタンおいしいトーストや食パン料理の作り方

電子レンジで食パンを上手にトーストできますか。 多機能...

電子レンジで作る!簡単おいしい手作りパイのアイデアレシピ

ご家庭にある電子レンジを使い、難しいといわれるパイを作っ...

電子レンジで目玉焼きができちゃう?ラップを利用して作ろう

ちいさな子どもがいる家庭や、コンロが足りない時などに便利...

スポンサーリンク


オレンジピールとチョコレート入り型抜きクッキー

オレンジとチョコレートのクッキーといっても、生のオレンジをクッキーに入れるわけにはいきませんよね。
今回使うのは、オレンジの皮を乾燥させたオレンジピールです。

オレンジピールとチョコレートを刻んで、生地に混ぜて焼くだけの簡単型抜きクッキーです。

簡単でおいしい、オレンジとチョコレートのハーモニーをお楽しみください。

オレンジピールの代わりに、オレンジの皮をすりおろして入れてもOKです。

【材料】

・バター 120g
・小麦粉 200g
・粉砂糖 80g
・卵黄 1個
・バニラエッセンス 少々
・オレンジピール 20g
・チョコレート 適量

【作り方】

①小麦粉をふるいます。
バターは室温に戻しておきます。
オレンジピールは湯通しして、細かく刻んでおきましょう。
チョコレートも細かく刻んでおきます。(室温が高いときは冷蔵庫に入れておきます)

②ボウルにバターを入れて、泡だて器でマヨネーズ状に練ります。
次に粉砂糖を加え、よく混ぜます。

③ ②に、バニラエッセンスと卵黄を加え、よく混ぜます。
オレンジピールも加えます。

④ ③に、粉類とチョコレートを加え、ゴムベラでさっくり混ぜます。
ひとまとめにして、ラップに包んで1時間以上寝かせます。

⑤生地を取り出して、ラップに挟んで4~5mmの厚さで、均等にのばしてください。
好みの型で抜いていきましょう。

⑥160℃のオーブンで、20分ほど焼いて出来上がりです。

型がなくても作れる!オレンジ味のドロップクッキー

続いては、ドロップクッキーです。

ドロップクッキーとは、生地をスプーンですくって、天板に落として作るクッキーのことです。

クッキーの型がなくても、おいしいクッキーが焼けるんですよ。
オレンジとチョコレートチップを使って、焼いていきます。

【材料】

・薄力粉 200g
・バター 100g
・砂糖 100g
・卵黄 2個分
・オレンジ 1個
・チョコレートチップ お好みの量

【作り方】

①バターは室温に戻しておきます。

②ボウルにバターを入れ、泡だて器で砂糖を混ぜて、ふんわりすり混ぜます。
卵黄も加えて混ぜます。

③きちんと洗ったオレンジの皮を1個分、削って加えます。
苦くなるので、オレンジの皮の白いところが入らないようにしましょう。

④オレンジの果汁を半分絞り入れます。
少しずつ絞り、少しずつ混ぜていきましょう。

⑤薄力粉を加え、ゴムベラでさっくりと混ぜます。
チョコレートチップも混ぜます。

⑥出来上がった生地をスプーンなどで天板に落とし、少しスプーンの背で表面をならします。

⑦180℃のオーブンで、12~13分焼いて出来上がりです。

凍らせて切るだけのアイスボックスクッキー!オレンジマーマレード風

オレンジと言えば、マーマレードが思い浮かぶ人もいるかもしれません。

オレンジマーマレードでも、クッキーが作れます。

アイスボックスクッキーを作ってみましょう。

アイスボックスクッキーとは、形作った後凍らせて、その後、輪切りにカットして焼くクッキーです。

多めに作って冷凍保存しておくと、急なお客さんや小腹がすいたときに、すぐ食べられて便利ですよ。

【材料】

・薄力粉 200g
・バター 60g
・卵 半分
・砂糖 50g
・アーモンドプードル 30g
・チョコレート 板チョコ半分ほど
・オレンジマーマレード 大さじ3

【作り方】

①チョコレートは細かく刻んで、冷蔵庫で冷やしておきましょう。
バターは、室温に戻しておきます。

②バターをボウルに入れて、柔らかく練り、砂糖をすり混ぜます。
オレンジマーマレードと卵も入れて、よく混ぜていきます。

③ ②にアーモンドパウダーと薄力粉とチョコレートを加え、ヘラで切るように混ぜていきます。
生地がまとまったら2等分して、ラップして棒状に整え、冷凍庫で3時間ほど凍らせます。

④オーブンを160℃に予熱し、生地は5~6mmの厚さにスライスして、15分ほど焼きます。
焼きあがったら、しっかり冷まして、出来上がりです。

プレゼントに!チョコレートを挟んだかわいいサンドクッキー

オレンジの皮をすりおろして、生地に練りこんで焼きあげた後、チョコレートを挟んだチョコレートサンドクッキーです。

見た目もコロコロしてかわいいですし、おいしいクッキーですので、ぜひプレゼントやおやつに作ってみてください。

【材料】

・小麦粉 40g
・アーモンドプードル 40g
・コーンスターチ 20g
・バター 55g
・砂糖 30g
・オレンジ 半分
・チョコレート 適量

【作り方】

①バターを室温に戻しておきます。
オレンジの皮の黄色いところだけ、すりおろしておきます。

②バターをボウルに入れて柔らかく混ぜ、砂糖をすり混ぜます。
小麦粉とアーモンドプードル、コーンスターチを加えて、ゴムベラでさっくり混ぜます。

③オレンジの皮をまぜ、手でぎゅっとまとめ、ラップで包んで、30分は冷蔵庫で寝かします。

④生地を3gずつ丸めながら天板に並べ、170℃で8~9分焼きます。

⑤チョコレートを湯煎にかけて溶かし、焼きあがった④に挟み、冷やし固めたら、出来上がりです。

チョコレートでコーティングしたおしゃれなショートブレッド

ショートブレッドとは、スコットランドの伝統的なお菓子のことです。

バターを使った、サクサクしたクッキーです。

今回は、オレンジピールを刻んで、ショートブレッドの生地に混ぜて焼きます。

チョコレートでコーティングした、ちょっとおしゃれなショートブレッドになります。

【材料】

・薄力粉 100g
・バター 100g
・コーンスターチ 70g
・粉砂糖 30g
・オレンジピール 30g
・牛乳 大さじ1
・板チョコレート 150g

【作り方】

①オレンジピールは刻んで湯通しします。
バターと牛乳は室温に戻しておきます。

②薄力粉とコーンスターチは、ふるっておきます。

③バターをボウルで柔らかく混ぜます。
そこに粉砂糖を入れて、白くふんわりするまで混ぜましょう。

④ ②の粉類とオレンジピールと牛乳を入れて、粉っぽくなくなるまで、なるべくさっくりと練らないように混ぜます。
混ぜすぎないよう、注意します。

⑤ひとまとめにしてラップに包んで平らに、長方形にのばします。
厚さは1cmくらいです。
冷蔵庫で1時間寝かします。

⑥適当な大きさの長方形に切り、箸などで穴をきれいに開けて、160℃のオーブンで25分焼きます。

⑦焼きあがったら、網の上などにのせて、しっかり冷ましましょう。

⑧板チョコを、50~60℃の湯煎で溶かします。
溶けたらショートブレッドを半分くらいくぐらせて、オーブンシートの上などにのせて、しっかり固まらせましょう。

これで出来上がりです。

イタリアの郷土菓子ビスコッティ・オレンジピールとチョコレートで

ビスコッティとは、イタリアの郷土菓子の固焼きビスケットです。

二度焼きして、しっかり乾燥させて作ります。
季節にもよりますが、1~2週間ほど、もつそうです。

しっかり冷まして、ガラスの保存容器などに入れて保存しましょう。

朝食にもおやつにも、ぴったりなお菓子です。

いわゆる、さくさくしたクッキーとは違いますが、たまには、こういうお菓子を食べてみるのはいかがでしょうか。

【材料】

・薄力粉 100g
・砂糖 50g
・卵 1個
・サラダ油 大さじ1
・オレンジピール 40g
・チョコレート 50g

【作り方】

①チョコレートは、刻んでおきます。
オレンジピールも刻んで、湯通ししておきます。

②薄力粉は、ボウルにふるいいれます。
砂糖を加え、卵とサラダ油を加え、ヘラで混ぜていきます。

③粉っぽさがなくなったら、①のオレンジピールとチョコレートを加えます。
手でひとまとめにして、なまこ型に形成します。

④このまま180℃のオーブンで20分焼き、粗熱をとって温かいうちに1cm幅に切り、切り口(断面)を上にして、今度は150℃のオーブンで30分焼いて出来上がりです。

オレンジとチョコレートの組み合わせを楽しもう!

いかがでしたか?

オレンジとチョコレートを使ったクッキーのレシピをご紹介しました。

クッキー以外にも、ビスコッティやショートブレッドの作り方もご紹介しましたので、飽きることなく作れると思いますよ。

では、おいしいクッキーで午後の紅茶をお楽しみください。

 - その他食材