オレンジとチョコレートを使っていろいろなクッキーを焼こう

オレンジとチョコレートは、相性抜群で、いくつものお菓子で共演していますよね。

市販されているお菓子もおいしいのですが、ここはひとつ、自分でも作ってみましょう。

そこで今回は、オレンジとチョコレートで作るクッキーレシピをご紹介します。

いろいろな作り方がありますので、いろいろ試してみてはいかがですか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

味噌煮込みうどんのレシピは意外と簡単 八丁味噌料理もご紹介

味噌煮込みうどんと聞いて名古屋を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。愛知県の郷土料理と...

簡単にお菓子が作れて、なおかつ材料も少ないレシピ集

家にある材料で簡単にお菓子が作りたいと思っている方にオススメの混ぜるだけ、焼くだけ、少ない材料で...

ヨーグルトと牛乳を混ぜるだけ!自家製ヨーグルトとラッシー

ヨーグルトと牛乳の組み合わせ。聞くだけで腸に良さそうなイメージですよね。毎日それぞれを食べた...

オリーブオイルは高カロリーで実は太るという噂の真相

オリーブオイルといえば、一般家庭に常備される植物油になりましたね。情報番組のお料理コーナーで...

もつ煮込みの定番レシピを紹介!味噌味以外の味付けも沢山!

居酒屋の定番のおつまみであり、地域によっては定食としても提供されるもつ煮込みは、子供から大人まで...

柚子を使った味噌鍋は絶品!柚子の効果や活用法もご紹介

冬の柑橘類といえば柚子ではないでしょうか。香りもよく、薬味にしたり湯船に浮かべたりと活用方法...

離乳食初期から使いやすいバナナ。でも量が多くて余るもの。

栄養価の高く、調理がしやすく、離乳食初期から使用できるバナナは人気の食材ですよね!1年中いつでも...

さつまいもの栄養は?美味しいさつまいもレシピを紹介!

さつまいもは、老若男女問わず、好まれる食材ですよね!たくさんの料理に変身する万能食材でもあります...

味噌ダレで簡単味付け!味噌野菜炒めとアレンジ料理の作り方

旨味をたっぷり含んだ味噌で作る味噌ダレを使った料理は食欲をそそる一品です。例えば野菜炒めひと...

インスタント味噌ラーメンが坦々麺に!そのレシピをご紹介!

寒い時期は、体の温まるものが食べたくなるという方は多いのではないでしょうか?インスタント味噌...

砂糖のカロリーは1gでどれくらい?体に優しい砂糖はある?

砂糖は普段の生活で欠かせない調味料ですが、摂り過ぎてしまうと体に悪影響を及ぼします。ダイエッ...

めかぶの食べ方は?茎も食べれるの?下処理の仕方は?

2月頃になると、店頭に生めかぶが並びます。サラダや酢の物、みそ汁の具と幅広く使える食材ですし、...

家で焼肉をする時のオススメ材料について。目指せ健康体!

家で焼肉をする方、結構多いのではないでしょうか?お店で食べるよりも、低価格で抑えられるのはと...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか?田楽は豆腐や様々な野菜を串に刺して火であぶり、おいし...

捨てるのは勿体無い!余った味噌鍋で簡単美味しいリメイク!

冬の定番というと、温かい味噌鍋ですね。家族で鍋を囲む団欒の時間は心までも温めてくれます。...

スポンサーリンク

オレンジピールとチョコレート入り型抜きクッキー

オレンジとチョコレートのクッキーといっても、生のオレンジをクッキーに入れるわけにはいきませんよね。
今回使うのは、オレンジの皮を乾燥させたオレンジピールです。

オレンジピールとチョコレートを刻んで、生地に混ぜて焼くだけの簡単型抜きクッキーです。

簡単でおいしい、オレンジとチョコレートのハーモニーをお楽しみください。

オレンジピールの代わりに、オレンジの皮をすりおろして入れてもOKです。

【材料】

・バター 120g
・小麦粉 200g
・粉砂糖 80g
・卵黄 1個
・バニラエッセンス 少々
・オレンジピール 20g
・チョコレート 適量

【作り方】

①小麦粉をふるいます。
バターは室温に戻しておきます。
オレンジピールは湯通しして、細かく刻んでおきましょう。
チョコレートも細かく刻んでおきます。(室温が高いときは冷蔵庫に入れておきます)

②ボウルにバターを入れて、泡だて器でマヨネーズ状に練ります。
次に粉砂糖を加え、よく混ぜます。

③ ②に、バニラエッセンスと卵黄を加え、よく混ぜます。
オレンジピールも加えます。

④ ③に、粉類とチョコレートを加え、ゴムベラでさっくり混ぜます。
ひとまとめにして、ラップに包んで1時間以上寝かせます。

⑤生地を取り出して、ラップに挟んで4~5mmの厚さで、均等にのばしてください。
好みの型で抜いていきましょう。

⑥160℃のオーブンで、20分ほど焼いて出来上がりです。

型がなくても作れる!オレンジ味のドロップクッキー

続いては、ドロップクッキーです。

ドロップクッキーとは、生地をスプーンですくって、天板に落として作るクッキーのことです。

クッキーの型がなくても、おいしいクッキーが焼けるんですよ。
オレンジとチョコレートチップを使って、焼いていきます。

【材料】

・薄力粉 200g
・バター 100g
・砂糖 100g
・卵黄 2個分
・オレンジ 1個
・チョコレートチップ お好みの量

【作り方】

①バターは室温に戻しておきます。

②ボウルにバターを入れ、泡だて器で砂糖を混ぜて、ふんわりすり混ぜます。
卵黄も加えて混ぜます。

③きちんと洗ったオレンジの皮を1個分、削って加えます。
苦くなるので、オレンジの皮の白いところが入らないようにしましょう。

④オレンジの果汁を半分絞り入れます。
少しずつ絞り、少しずつ混ぜていきましょう。

⑤薄力粉を加え、ゴムベラでさっくりと混ぜます。
チョコレートチップも混ぜます。

⑥出来上がった生地をスプーンなどで天板に落とし、少しスプーンの背で表面をならします。

⑦180℃のオーブンで、12~13分焼いて出来上がりです。

凍らせて切るだけのアイスボックスクッキー!オレンジマーマレード風

オレンジと言えば、マーマレードが思い浮かぶ人もいるかもしれません。

オレンジマーマレードでも、クッキーが作れます。

アイスボックスクッキーを作ってみましょう。

アイスボックスクッキーとは、形作った後凍らせて、その後、輪切りにカットして焼くクッキーです。

多めに作って冷凍保存しておくと、急なお客さんや小腹がすいたときに、すぐ食べられて便利ですよ。

【材料】

・薄力粉 200g
・バター 60g
・卵 半分
・砂糖 50g
・アーモンドプードル 30g
・チョコレート 板チョコ半分ほど
・オレンジマーマレード 大さじ3

【作り方】

①チョコレートは細かく刻んで、冷蔵庫で冷やしておきましょう。
バターは、室温に戻しておきます。

②バターをボウルに入れて、柔らかく練り、砂糖をすり混ぜます。
オレンジマーマレードと卵も入れて、よく混ぜていきます。

③ ②にアーモンドパウダーと薄力粉とチョコレートを加え、ヘラで切るように混ぜていきます。
生地がまとまったら2等分して、ラップして棒状に整え、冷凍庫で3時間ほど凍らせます。

④オーブンを160℃に予熱し、生地は5~6mmの厚さにスライスして、15分ほど焼きます。
焼きあがったら、しっかり冷まして、出来上がりです。

プレゼントに!チョコレートを挟んだかわいいサンドクッキー

オレンジの皮をすりおろして、生地に練りこんで焼きあげた後、チョコレートを挟んだチョコレートサンドクッキーです。

見た目もコロコロしてかわいいですし、おいしいクッキーですので、ぜひプレゼントやおやつに作ってみてください。

【材料】

・小麦粉 40g
・アーモンドプードル 40g
・コーンスターチ 20g
・バター 55g
・砂糖 30g
・オレンジ 半分
・チョコレート 適量

【作り方】

①バターを室温に戻しておきます。
オレンジの皮の黄色いところだけ、すりおろしておきます。

②バターをボウルに入れて柔らかく混ぜ、砂糖をすり混ぜます。
小麦粉とアーモンドプードル、コーンスターチを加えて、ゴムベラでさっくり混ぜます。

③オレンジの皮をまぜ、手でぎゅっとまとめ、ラップで包んで、30分は冷蔵庫で寝かします。

④生地を3gずつ丸めながら天板に並べ、170℃で8~9分焼きます。

⑤チョコレートを湯煎にかけて溶かし、焼きあがった④に挟み、冷やし固めたら、出来上がりです。

チョコレートでコーティングしたおしゃれなショートブレッド

ショートブレッドとは、スコットランドの伝統的なお菓子のことです。

バターを使った、サクサクしたクッキーです。

今回は、オレンジピールを刻んで、ショートブレッドの生地に混ぜて焼きます。

チョコレートでコーティングした、ちょっとおしゃれなショートブレッドになります。

【材料】

・薄力粉 100g
・バター 100g
・コーンスターチ 70g
・粉砂糖 30g
・オレンジピール 30g
・牛乳 大さじ1
・板チョコレート 150g

【作り方】

①オレンジピールは刻んで湯通しします。
バターと牛乳は室温に戻しておきます。

②薄力粉とコーンスターチは、ふるっておきます。

③バターをボウルで柔らかく混ぜます。
そこに粉砂糖を入れて、白くふんわりするまで混ぜましょう。

④ ②の粉類とオレンジピールと牛乳を入れて、粉っぽくなくなるまで、なるべくさっくりと練らないように混ぜます。
混ぜすぎないよう、注意します。

⑤ひとまとめにしてラップに包んで平らに、長方形にのばします。
厚さは1cmくらいです。
冷蔵庫で1時間寝かします。

⑥適当な大きさの長方形に切り、箸などで穴をきれいに開けて、160℃のオーブンで25分焼きます。

⑦焼きあがったら、網の上などにのせて、しっかり冷ましましょう。

⑧板チョコを、50~60℃の湯煎で溶かします。
溶けたらショートブレッドを半分くらいくぐらせて、オーブンシートの上などにのせて、しっかり固まらせましょう。

これで出来上がりです。

イタリアの郷土菓子ビスコッティ・オレンジピールとチョコレートで

ビスコッティとは、イタリアの郷土菓子の固焼きビスケットです。

二度焼きして、しっかり乾燥させて作ります。
季節にもよりますが、1~2週間ほど、もつそうです。

しっかり冷まして、ガラスの保存容器などに入れて保存しましょう。

朝食にもおやつにも、ぴったりなお菓子です。

いわゆる、さくさくしたクッキーとは違いますが、たまには、こういうお菓子を食べてみるのはいかがでしょうか。

【材料】

・薄力粉 100g
・砂糖 50g
・卵 1個
・サラダ油 大さじ1
・オレンジピール 40g
・チョコレート 50g

【作り方】

①チョコレートは、刻んでおきます。
オレンジピールも刻んで、湯通ししておきます。

②薄力粉は、ボウルにふるいいれます。
砂糖を加え、卵とサラダ油を加え、ヘラで混ぜていきます。

③粉っぽさがなくなったら、①のオレンジピールとチョコレートを加えます。
手でひとまとめにして、なまこ型に形成します。

④このまま180℃のオーブンで20分焼き、粗熱をとって温かいうちに1cm幅に切り、切り口(断面)を上にして、今度は150℃のオーブンで30分焼いて出来上がりです。

オレンジとチョコレートの組み合わせを楽しもう!

いかがでしたか?

オレンジとチョコレートを使ったクッキーのレシピをご紹介しました。

クッキー以外にも、ビスコッティやショートブレッドの作り方もご紹介しましたので、飽きることなく作れると思いますよ。

では、おいしいクッキーで午後の紅茶をお楽しみください。