玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

オレンジとチョコレートを使っていろいろなクッキーを焼こう

      2017/11/04

オレンジとチョコレートを使っていろいろなクッキーを焼こう

オレンジとチョコレートは、相性抜群で、いくつものお菓子で共演していますよね。

市販されているお菓子もおいしいのですが、ここはひとつ、自分でも作ってみましょう。

そこで今回は、オレンジとチョコレートで作るクッキーレシピをご紹介します。

いろいろな作り方がありますので、いろいろ試してみてはいかがですか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

毎日飲む味噌汁だから塩分濃度0.8%でおいしく健康的に減塩を

健康を維持するには、減塩もひとつのポイントです。 塩分を...

万能調味料と近ごろ話題の醤油麹の使い方!欲張りレシピです

テレビでも紹介され、いま話題になっている醤油麹。 醤油...

生きた菌が作り出す醤油の微生物と美味しい味の関係とは!?

醤油は古くから親しまれてきた発酵調味料です。 醸造品と...

オーガニックワインに合う料理とは?ワインの種類毎にご紹介

最近では、オーガニックワインが人気を集めているようです。...

オーガニックガムシロップの様々な用途とは?料理もご紹介!

アイスコーヒーやアイスティーのお供として、ガムシロップは...

玄米を精米すると栄養量が減る?玄米のアレコレを学ぼう!

栄養豊富で健康的なことから、いま熱視線を浴びている玄米。...

美味しいお味噌汁が簡単に作れる!便利な味噌玉が今話題!

突然ですが、皆さんは、お味噌汁を食べていますか? お味...

味噌を使ったインスタント食品の作り方!味噌玉って何?

お湯を注ぐだけで、味噌汁が作れるインスタント食品は便利で...

味噌漬けした肉の作り方!安い肉が美味しい肉に変わるかも?

味噌漬けした肉は風味も良く、柔らかいものが多いですが、...

ひと手間加えるだけでワンランクアップ!味噌漬け魚の作り方

外食した際に、西京焼き・味噌漬け焼きというメニューを見か...

材料色々な味噌チゲのレシピ!魅力満載の韓国料理について

日本の和食と同様に、韓国料理も健康食として、世界中から注...

体に優しい発酵食品の味噌と豚肉を使ったレシピのご紹介

豚肉を加熱すると、お肉のタンパク質が固まって、硬くなって...

味噌を手作り!大豆選びから大豆をつぶす道具などをご紹介!

日本食というと、ご飯と味噌汁、お漬物が定番ですね。 こ...

味噌作りは塩が不可欠!おすすめの食材で手作り味噌を作ろう

なにかと手作りがブームのなかで、味噌作りも密かに注目され...

【濃口・減塩・薄口】醤油大さじ1杯の塩分を徹底調査!

今、世界的に塩分を控えることがすすめられています。 ...

オーガニック食品は何から試してみる?おすすめをご紹介

オーガニック食品が体に優しいとは知っているけれど、やはり...

肉の味噌漬けや魚の西京漬けの作り方!冷凍保存もできて便利

たくさんの魚や肉が手に入ったり、使いきれずに余ってしまっ...

味噌ラーメンの具といえば、野菜炒め!その作り方をご紹介!

寒い冬に食べたくなるのが、味噌ラーメンですよね。 そし...

醤油に飽きたら味噌焼きうどん!レシピやお店をご紹介!

焼きうどんというと、醤油味かソース味だと思っていませんか...

必見!日本全国の醤油メーカーの取り組み&海外への展開

醤油は今、国内だけでなく世界中で、大切な調味料として多く...

スポンサーリンク


オレンジピールとチョコレート入り型抜きクッキー

オレンジとチョコレートのクッキーといっても、生のオレンジをクッキーに入れるわけにはいきませんよね。
今回使うのは、オレンジの皮を乾燥させたオレンジピールです。

オレンジピールとチョコレートを刻んで、生地に混ぜて焼くだけの簡単型抜きクッキーです。

簡単でおいしい、オレンジとチョコレートのハーモニーをお楽しみください。

オレンジピールの代わりに、オレンジの皮をすりおろして入れてもOKです。

【材料】

・バター 120g
・小麦粉 200g
・粉砂糖 80g
・卵黄 1個
・バニラエッセンス 少々
・オレンジピール 20g
・チョコレート 適量

【作り方】

①小麦粉をふるいます。
バターは室温に戻しておきます。
オレンジピールは湯通しして、細かく刻んでおきましょう。
チョコレートも細かく刻んでおきます。(室温が高いときは冷蔵庫に入れておきます)

②ボウルにバターを入れて、泡だて器でマヨネーズ状に練ります。
次に粉砂糖を加え、よく混ぜます。

③ ②に、バニラエッセンスと卵黄を加え、よく混ぜます。
オレンジピールも加えます。

④ ③に、粉類とチョコレートを加え、ゴムベラでさっくり混ぜます。
ひとまとめにして、ラップに包んで1時間以上寝かせます。

⑤生地を取り出して、ラップに挟んで4~5mmの厚さで、均等にのばしてください。
好みの型で抜いていきましょう。

⑥160℃のオーブンで、20分ほど焼いて出来上がりです。

型がなくても作れる!オレンジ味のドロップクッキー

続いては、ドロップクッキーです。

ドロップクッキーとは、生地をスプーンですくって、天板に落として作るクッキーのことです。

クッキーの型がなくても、おいしいクッキーが焼けるんですよ。
オレンジとチョコレートチップを使って、焼いていきます。

【材料】

・薄力粉 200g
・バター 100g
・砂糖 100g
・卵黄 2個分
・オレンジ 1個
・チョコレートチップ お好みの量

【作り方】

①バターは室温に戻しておきます。

②ボウルにバターを入れ、泡だて器で砂糖を混ぜて、ふんわりすり混ぜます。
卵黄も加えて混ぜます。

③きちんと洗ったオレンジの皮を1個分、削って加えます。
苦くなるので、オレンジの皮の白いところが入らないようにしましょう。

④オレンジの果汁を半分絞り入れます。
少しずつ絞り、少しずつ混ぜていきましょう。

⑤薄力粉を加え、ゴムベラでさっくりと混ぜます。
チョコレートチップも混ぜます。

⑥出来上がった生地をスプーンなどで天板に落とし、少しスプーンの背で表面をならします。

⑦180℃のオーブンで、12~13分焼いて出来上がりです。

凍らせて切るだけのアイスボックスクッキー!オレンジマーマレード風

オレンジと言えば、マーマレードが思い浮かぶ人もいるかもしれません。

オレンジマーマレードでも、クッキーが作れます。

アイスボックスクッキーを作ってみましょう。

アイスボックスクッキーとは、形作った後凍らせて、その後、輪切りにカットして焼くクッキーです。

多めに作って冷凍保存しておくと、急なお客さんや小腹がすいたときに、すぐ食べられて便利ですよ。

【材料】

・薄力粉 200g
・バター 60g
・卵 半分
・砂糖 50g
・アーモンドプードル 30g
・チョコレート 板チョコ半分ほど
・オレンジマーマレード 大さじ3

【作り方】

①チョコレートは細かく刻んで、冷蔵庫で冷やしておきましょう。
バターは、室温に戻しておきます。

②バターをボウルに入れて、柔らかく練り、砂糖をすり混ぜます。
オレンジマーマレードと卵も入れて、よく混ぜていきます。

③ ②にアーモンドパウダーと薄力粉とチョコレートを加え、ヘラで切るように混ぜていきます。
生地がまとまったら2等分して、ラップして棒状に整え、冷凍庫で3時間ほど凍らせます。

④オーブンを160℃に予熱し、生地は5~6mmの厚さにスライスして、15分ほど焼きます。
焼きあがったら、しっかり冷まして、出来上がりです。

プレゼントに!チョコレートを挟んだかわいいサンドクッキー

オレンジの皮をすりおろして、生地に練りこんで焼きあげた後、チョコレートを挟んだチョコレートサンドクッキーです。

見た目もコロコロしてかわいいですし、おいしいクッキーですので、ぜひプレゼントやおやつに作ってみてください。

【材料】

・小麦粉 40g
・アーモンドプードル 40g
・コーンスターチ 20g
・バター 55g
・砂糖 30g
・オレンジ 半分
・チョコレート 適量

【作り方】

①バターを室温に戻しておきます。
オレンジの皮の黄色いところだけ、すりおろしておきます。

②バターをボウルに入れて柔らかく混ぜ、砂糖をすり混ぜます。
小麦粉とアーモンドプードル、コーンスターチを加えて、ゴムベラでさっくり混ぜます。

③オレンジの皮をまぜ、手でぎゅっとまとめ、ラップで包んで、30分は冷蔵庫で寝かします。

④生地を3gずつ丸めながら天板に並べ、170℃で8~9分焼きます。

⑤チョコレートを湯煎にかけて溶かし、焼きあがった④に挟み、冷やし固めたら、出来上がりです。

チョコレートでコーティングしたおしゃれなショートブレッド

ショートブレッドとは、スコットランドの伝統的なお菓子のことです。

バターを使った、サクサクしたクッキーです。

今回は、オレンジピールを刻んで、ショートブレッドの生地に混ぜて焼きます。

チョコレートでコーティングした、ちょっとおしゃれなショートブレッドになります。

【材料】

・薄力粉 100g
・バター 100g
・コーンスターチ 70g
・粉砂糖 30g
・オレンジピール 30g
・牛乳 大さじ1
・板チョコレート 150g

【作り方】

①オレンジピールは刻んで湯通しします。
バターと牛乳は室温に戻しておきます。

②薄力粉とコーンスターチは、ふるっておきます。

③バターをボウルで柔らかく混ぜます。
そこに粉砂糖を入れて、白くふんわりするまで混ぜましょう。

④ ②の粉類とオレンジピールと牛乳を入れて、粉っぽくなくなるまで、なるべくさっくりと練らないように混ぜます。
混ぜすぎないよう、注意します。

⑤ひとまとめにしてラップに包んで平らに、長方形にのばします。
厚さは1cmくらいです。
冷蔵庫で1時間寝かします。

⑥適当な大きさの長方形に切り、箸などで穴をきれいに開けて、160℃のオーブンで25分焼きます。

⑦焼きあがったら、網の上などにのせて、しっかり冷ましましょう。

⑧板チョコを、50~60℃の湯煎で溶かします。
溶けたらショートブレッドを半分くらいくぐらせて、オーブンシートの上などにのせて、しっかり固まらせましょう。

これで出来上がりです。

イタリアの郷土菓子ビスコッティ・オレンジピールとチョコレートで

ビスコッティとは、イタリアの郷土菓子の固焼きビスケットです。

二度焼きして、しっかり乾燥させて作ります。
季節にもよりますが、1~2週間ほど、もつそうです。

しっかり冷まして、ガラスの保存容器などに入れて保存しましょう。

朝食にもおやつにも、ぴったりなお菓子です。

いわゆる、さくさくしたクッキーとは違いますが、たまには、こういうお菓子を食べてみるのはいかがでしょうか。

【材料】

・薄力粉 100g
・砂糖 50g
・卵 1個
・サラダ油 大さじ1
・オレンジピール 40g
・チョコレート 50g

【作り方】

①チョコレートは、刻んでおきます。
オレンジピールも刻んで、湯通ししておきます。

②薄力粉は、ボウルにふるいいれます。
砂糖を加え、卵とサラダ油を加え、ヘラで混ぜていきます。

③粉っぽさがなくなったら、①のオレンジピールとチョコレートを加えます。
手でひとまとめにして、なまこ型に形成します。

④このまま180℃のオーブンで20分焼き、粗熱をとって温かいうちに1cm幅に切り、切り口(断面)を上にして、今度は150℃のオーブンで30分焼いて出来上がりです。

オレンジとチョコレートの組み合わせを楽しもう!

いかがでしたか?

オレンジとチョコレートを使ったクッキーのレシピをご紹介しました。

クッキー以外にも、ビスコッティやショートブレッドの作り方もご紹介しましたので、飽きることなく作れると思いますよ。

では、おいしいクッキーで午後の紅茶をお楽しみください。

 - その他食材