お米を30kg送りたい!オススメの宅配便は?海外に送るには?

美味しいお米を、送りたい。

たくさんある宅配便の中で、どこが一番安く送ることができるのでしょうか。

30kg以下か、それ以上かで、オススメの宅配便が違ってきます。

また、国内以外に送りたいときは、どうしたらいいのかなど、お米の発送方法についてお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

日本人女子の平均身長と他国を比較!日本人も伸びている?

日本人は身長が低いと言われてきましたが、身長は何によって決まるのでしょうか。また、日本人女子の...

使っていない田んぼや畑を土地活用。転用で価格が変わる?

農家の高齢化が進んでいます。高齢化に伴い、農家をリタイアする人も多いです。田んぼや畑を持...

味噌鍋の残りでアレンジレシピ!今日の夕食はこれで決まり!

寒い冬の時期は、お鍋料理にすると身体も心も温まります。そのため、冬はお鍋料理が増え、週末の夕...

日本の不思議な食文化とは?関東と関西に見る地域による違い

日本では、関東と関西で食文化が大きく異なります。関東に住んでいる人が関西に行けば、その文化に...

食生活改善と無理のないダイエットでさらに健康になろう!

ダイエットの基本は、摂取カロリーを消費カロリーよりも減らすということです。そのためには食生活...

味噌の保存容器なら100均へ!サイズや色、ハンドル付も?

味噌を使った料理は、毎日発酵食が摂れると人気です。毎日使うものですから、冷蔵庫の収納や使い勝...

醤油で十円玉がきれいになる!その成分と理由とは?

日常的に使う硬貨の十円玉。ピカピカなものと真っ黒になったものがあり、黒いと汚れているようで嫌...

1人暮らし向け電子レンジとオーブンレンジのおすすめ8選!

これから1人暮らしを始める方、1人暮らしで電子レンジやオーブンレンジの買い替えを予定している方、どれ...

野菜をどこで買いますか?時代と共に変わりつつある販売方法

農業従事者の高齢化が進む一方で、新規で就農する若者を応援するという動きがあります。新規就農す...

韓国と日本の違い。食文化の違い、習慣やマナーの違いとは?

韓国と日本は割と近いので旅行で行かれる方も多いのではないでしょうか。主食がお米ということもあり...

生きた菌が作り出す醤油の微生物と美味しい味の関係とは!?

醤油は古くから親しまれてきた発酵調味料です。醸造品とも言われますが、発酵に必要な物がお酒やビ...

オーガニックドリンクを家庭で楽しむには業務用を使うと便利

オーガニックをご存知ですか。オーガニックとは、化学的な物質に頼らず、自然環境の下で有機的に栽培...

オーガニックお菓子が食べたい!レシピや買えるお店をご紹介

アレルギー体質の方も少なくないこの頃、食の安全に関心のある方も多いのではないでしょうか。ご家...

意外と多い、甘いものが苦手な女性。プレゼントは何が喜ぶ?

女性というのは、甘いものが大好きなように思われがちです。逆に、男性は甘いものが苦手と思われる場...

銀シャリとは?どんな意味があるの?美味しいご飯を食べよう

さりげなく耳にしていた「銀シャリ」という言葉・・・。よく考えると、銀シャリって?どんな意味?っ...

スポンサーリンク

お米30kg以内で送るなら、ゆうパック

お米を送る場合に適している宅配便をピックアップしてみます。

・日本郵便のゆうパック
・ヤマト運輸の宅急便
・佐川急便の飛脚宅配便

この中で、100cm以内・140cm以内・160cm以内と、どのサイズでも送料が一番安いのは、ゆうパックです。

お米を送るときは、サイズの他にも、重さが気になりますよね。

ゆうパックの場合は、重量が30kg以内であれば送ることができます。
5kgや10kgのお米を送るとした場合は、ゆうパックが一番おすすめです。

ゆうパックの良いところは、郵便局や取次店だけでなく、ミニストップやローソンなどのコンビニ、自宅まで荷物を取りに来てくれるサービスもあるところです。

コンビニなら、お米を買ってそのまま寄れますし、重たいお米を自宅に取りに来てくれるのは助かりますよね。

ですが、ゆうパックを利用するにあたって、注意点があります。

それは、お米が30kgと記載されている場合、お米を梱包すると重量が30kgを超えてしまうので、ゆうパックでは送れない可能性も出てきます。

送れるか送れないかは、郵便局員の判断になるので気を付けましょう。

30kg以内のお米は、ゆうパックの集荷依頼がオススメ

30kg以内であれば、集荷依頼が可能なゆうパックがオススメですと、前項でお伝えしましたね。

お米を送るときは、便利なサービスを活用してみましょう。

自宅に取りに来てくれるサービスは無料で利用ができますが、郵便局の窓口や、ゆうパック対応のコンビニに持ち込むと、持込割引が適用され100円安く送ることができます。

集荷の依頼は、土曜・日曜・祝日でも取りに来てくれます。

郵便局によって異なりますが、昼までに集荷を依頼した場合、当日中に荷物を引き取りに来てもらえます。

遅い時間に集荷依頼した場合は、翌日以降の集荷になりますので、早く送りたいときは、すぐに依頼するようにしましょう。

郵便局に集荷依頼をする方法を見ていきましょう。

【電話で集荷を申し込む】

集荷専用の電話番号に電話をして依頼します。

電話が繋がると、7ケタの郵便番号を押して担当郵便局に繋がるので、事前にお住まいの郵便番号を確認しておきましょう。

【インターネットで集荷を申し込む】

インターネットなら、24時間好きなときに集荷を依頼することができます。

郵便局のホームページにアクセスして、集荷依頼をしましょう。

郵便IDをお持ちでない方でも利用できます。

しかし、お住まいの場所によっては、インターネットからの申し込みができないことがあるので、その場合は電話での申し込みなります。

お米の重さが30kg以上あるときはヤマト便がおすすめ

30kg以上のお米を送る場合を見ていきましょう。

ゆうパックで送れなかったお米や、大量のお米を送る場合は、ヤマト運輸のヤマト便が安く送れます。

ヤマト便は、重量制限30kgを超える荷物を送ることができる発送方法なので、送料の算出方法が宅急便と違います。

宅急便がダンボール1箱に対して、送り状である伝票は1枚ですが、ヤマト便はダンボールがたくさんあっても伝票は1枚なのです。

20kgのお米2袋、30kgのお米2袋をヤマト便で送る場合、お米の合計である100kgを荷物の発送として扱うので、別々の伝票で送る宅急便と比べると、1箱あたりの料金が安くなります。

ヤマト便も、自宅に集荷依頼サービスを利用することができます。

集荷料金は無料ですが、ヤマト運輸の営業所や、ヤマト便対応のコンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ)から送った場合は、持込割引が適用されて100円安く送ることができます。

集荷依頼は、ヤマト運輸の集荷受付センターに電話をするか、急いでいる場合は直接、地域担当ドライバーに連絡してみましょう。

地域担当ドライバーの電話番号は「担当ドライバー・担当営業所検索」で、お住まいの地域を検索すると分かります。

インターネットでも受け付けています。

海外にお米を送るのは大変?

日本郵便のEMS・ヤマト運輸の国際宅急便・佐川急便の国際輸送など、海外に荷物を送る宅配便はいくつもありますが、個人でお米を送ることは、実はとても難しいです。

植物防疫所が発行する「植物検疫証明書」や、農政事務所・農政局への届出が必要なので、個人では、なかなか難易度の高い条件をクリアしていかなければなりません。

海外にお米を送るのが難しい理由は、精米をしたお米に虫が混入している可能性があるからです。

虫が混入したお米を海外に送ってしまうと、送った国に存在しない虫であった場合、生態系を変えてしまう可能性もありますよね。

【お米を送れない国】

・台湾
・韓国
・中国
・フィリピン
・ロシア
・メキシコ
・タイ
など…

【お米を送れる国】

・香港
・アメリカ
・オーストラリア
・カナダ
・ニュージーランド
・マレーシア
など…

お米を送れる国に出張中の家族や、留学中の子供に、お米を送りたい場合は、海外発送に対応しているお店で購入しましょう。

そのお店から、海外に発送してもらう方法が一番簡単です。

農政事務所・農政局への届出も代行してくれます。
インターネットでも、海外発送に対応しているお店もありますよ。

ただ、海外に送るには、国内と比べると送料が高いです。

送料の他にも、お米を送るときに必要な書類の作成費や、30kgのお米を送ろうとすれば、お米の値段も付け加えられます。

海外にお米を送るには、それなりの出費は覚悟しておきましょう。

お米を送るときの梱包方法

国内でお米を送るときは、地域や荷物を受け取った人にもよりますが、日本郵便のゆうパックは基本的に、米袋のまま送ることができます。

しかし、ヤマト運輸や佐川急便では、米袋の上から、さらに梱包するように促される場合もあります。

ビニール袋に入っているお米や、30kg以上になると米袋に入っているお米ですが、そのまま送ると、穴が開いてしまうリスクもありますよね。

梱包方法ですが、ビニール袋や米袋でも、一般的にはダンボールでの梱包をします。

お米だけ送るなら、隙間がダンボール内にあっても問題ありません。

ですが、お米以外の食べものなどを一緒に入れる場合は、お米の重さで痛んでしまうリスクがあるため、新聞紙などを利用して隙間を埋めた方が良いでしょう。

隙間を埋めた方が良い場合は、お米や食べものを送るときだけではありません。

トラックや飛行機で搬送している際に、振動などでダンボールの中に隙間があると荷物が動いて、痛んでしまいやすくなります。

電化製品やガラス製品などのコワレモノの場合も、ダンボールの中の隙間は必ず埋めるようにしましょう。

上手に梱包して送る

ダンボールの中の隙間を埋めるのに役立つアイテムをご紹介します。

30kgのお米など、ダンボールに入れて隙間ができなければ問題ないですが、荷物が動いてしまうような場合は、隙間を埋めましょう。

【新聞紙・チラシ】

ご家庭にある新聞紙やチラシを使えば、コストもかかりませんし、簡単の隙間を埋めれます。

やり方は、クシャクシャに丸めて隙間に入れるだけです。
しかし、新聞紙のインクが荷物に付いてしまうデメリットもあります。

また、電化製品やガラス製品などのコワレモノを送るときは、新聞紙はおすすめしません。

【エアークッション・発泡スチロール・プチプチ】

コワレモノや大切に送りたい場合は、ダンボールで梱包の隙間を埋めるために作られた、エアークッションがおすすめです。

専用のものですと、切り分けやすいように配慮されていたり、ハサミがなくてもサイズ調整が簡単にできます。

荷物を安全に届けるには、最適な方法です。

専用のものでなくても、エアークッションなどが自宅にあれば、それらを活用して隙間を埋めても、まったく問題ありません。

【シュレッダーの紙くず】

シュレッダーから出た紙くずがあれば、新聞紙のように、隙間を埋めるアイテムになります。

そのまま入れるよりも、ビニール袋に紙くずを入れて隙間を埋めれば、見栄えも良く、受け取った人の印象もいいですよ。

先ほどご紹介した、新聞紙を使う方法も、ビニール袋に入れれば、インクが付いてしまうリスクを回避できます。

美味しいお米を届けよう

いかがでしたか?

30kg以内であれば、ゆうパックがオススメですし、それ以上ならば、ヤマト便を活用してみてください。

海外にお米を送るときは送れる国なのか、また、面倒な手続きをしてくれる販売店などを探してみてくださいね。