玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

野菜ジュースダイエットの方法をご紹介!ブログなどでも人気

      2017/09/14

野菜ジュースダイエットの方法をご紹介!ブログなどでも人気

ダイエットの方法は多種多様ありますが、みなさんは、野菜ジュースダイエットってご存知ですか!?

野菜ジュースは、市販されているものや、手作りのオリジナルなものも人気がありますよね。

野菜ジュースダイエットは面倒くさがりな方でも、お手軽にできるダイエット方法で、ブログなどでも多く紹介されています。

そこで、野菜ジュースダイエットが効果的な理由と方法を、今回の記事でご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

美味しい玄米ご飯のカロリーは炊く前と炊いた後でどう違う?

お米は玄米でも精白米でも、炊く前と炊いた後では、水の量が...

「トランス脂肪酸フリー」のマヨネーズについて知りたいこと

「トランス脂肪酸フリーのマヨネーズ」と聞くと、体にいいマ...

電子レンジでパンを温めるときにアルミホイルは使えるの?

私たちの生活のなかで、もはや電子レンジはなくてはならない...

濃厚とろとろ茶碗蒸しを電子レンジで作る秘訣はチーズにあり

みなさんは、茶碗蒸しは好きですか? お店で出される茶碗...

電子レンジのターンテーブルにケーキ型をのせて手作りケーキ

小さい子どものため、ケーキを焼きたいという人のために、便利...

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スポンサーリンク


ブログでも伝えて!健康を害するダイエットはダイエットではない

美容面や健康面で「痩せたい」と願っている方は、たくさんいらっしゃると思います。
実は、私もその中の1人です。

色々なダイエット法がテレビやブログなどで紹介されるたびに、何度も色々なダイエットに挑戦してきました。
ダイエットするなら、楽に、かつ、すぐに結果を出したいとワガママを言いたくなりますよね。

実際、簡単に結果が出たという口コミのあるダイエット方法は、人気があります。

ただし、ダイエット方法をマネする場合は、科学的・医学的な裏付けのあるダイエットの基礎になる考え方を知っておく必要があります。

○○○したから結果が出たといっても、たまたま、その人の体質に合っていただけであって、あくまでも普遍的なものではないのです。

その方法を実践して、健康を害してしまっては、本末転倒ですよね。
ダイエットの基本は「健康的に美しく、それをキープすること」にあると思います。

みなさんが憧れる美しさは、健康であってこそ成立しているのです。
健康を害するようなダイエットは、ダイエットではありません。

次項からは、健康的な野菜ジュースダイエットについてお話していきます。

野菜ジュースダイエットとは?

野菜ジュースダイエットについて、ブログなどから、すでに情報をゲットしている方も多いと思います。

みなさんに健康的にダイエットを頑張ってもらうために、この記事でも野菜ジュースダイエットについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

野菜ジュースダイエットとは、野菜ジュースを飲むことによって、健康的に減量することを目的としたダイエット方法です。

野菜の食物繊維の働きによって、体に不要な老廃物を排出する、デトックス系ダイエットの中のひとつです。

もちろん、スーパーやコンビニなどで販売されている野菜ジュースを使ってもオッケーですが、可能であれば手作りの野菜ジュースを使うと、さらに良いでしょう。

野菜には、代謝を促してくれる酵素が、沢山含まれています。
しかし、その酵素は、加熱によって失われてしまいやすいという、デメリットがあります。

ですから、加熱された食べ物や煮物などには、期待するほどの酵素が含まれていないのです。

しかし、野菜ジュースであれば、生のままの野菜の栄養を、余すことなく摂取することが可能です。

嬉しいことに酵素の他にも、ビタミンやミネラルも、効率良く体に取り入れることができます。

野菜を使ったダイエットの嬉しい効果

ここでは、「野菜を使ったダイエットの嬉しい効果」についてお話ししましょう。

・使う野菜によって、野菜ジュースの味や風味のバリエーションが変えられる

毎日、特定の食品を食べ飲みしなければならないダイエット方法だと、味が単調になって飽きてしまいますよね。

ストレスを感じながら食べ飲みした場合は、ダイエット後に、その食品が苦手になってしまうこともあり得ます。

その点、その日の気分によって、味や風味を変更できる野菜ジュースは、飽きによるストレスを軽減することができます。

また、野菜に多く含まれる酵素・ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素は代謝を良くしたり、腸内環境を整えて、便秘の解消にも効果的です。

さらに、悩んでいる人も多いむくみの症状も、余分な水分を排出してくれる働きにより、改善できます。

・肌の調子を整えてくれる

「肌の調子が悪くなってる!」と、ダイエットを経験した方のブログなどに書かれていることは多いですよね。

ダイエットを開始すると、肌がカサついたり、やっかいな吹き出物ができたりと、肌が不調になることがあります。

しかし、野菜ジュースダイエットでは、そんな心配はおろか、ダイエットをしながら肌の調子も良い状態に整えてくれるのです。

お肌を気にする女性にとっては、特に嬉しい効果ですね。

野菜ジュースダイエットの方法

ここでは、記事やブログでご紹介する上でポイントとなる「野菜ジュースダイエットの方法」について見ていきましょう。

野菜ジュースには、市販されているものと、手作りしたものがあります。

・市販の野菜ジュースを活用

市販の野菜ジュースを活用する大きなメリットは、すぐに買えて、すぐに飲むことができるので、お手軽ということです。

野菜ジュースを手作りするのなら、まず野菜を購入することから始めなければならず、時間も手間も掛かってしまいます。

市販の野菜ジュースのデメリットは、加熱処理をしてあるため、酵素が損なわれてしまっていることです。

・手作りの野菜ジュースを活用

手作りの野菜ジュースが、やはり最も効果的です。
野菜が自分の好みによって選べるので、目的別に、より効果の高いジュースを作れます。

ダイエットに適している野菜や、食物繊維の多いものを使えば、カロリーも最小限に抑制でき、デトックス効果も期待できます。

では、いつ飲めば良いのでしょうか。

①朝食前に野菜ジュースを飲む

朝食前に野菜ジュースを飲むことで、ダイエットに有効な成分を摂取できます。
さらに、野菜ジュースでお腹が膨れるので、その後の朝食の量を、無理なく減らすことができます。

②朝食代わりに野菜ジュースを飲む

朝食を食べない方は、朝食の代わりに野菜ジュースを摂取することで、代謝を良くしたり、デトックス効果を得られます。

野菜ジュースダイエットの注意点も忘れずにブログに掲載

野菜ジュースダイエットを行う上で注意して欲しいことも、しっかりと記事やブログに掲載しておきましょう。

おもに、手作りの野菜ジュースを活用した場合について、まとめました。

☆必ず出来立ての新鮮なものを飲む

手作りの野菜ジュースのメリットのひとつに、新鮮であることが挙げられます。

できれば、有機野菜やオーガニックの新鮮な野菜を使って作った、出来立てのものを飲むようにしましょう。

☆野菜ジュースの作り置きはできない

基本的には、野菜ジュースは、作り置きしておくことは不可能です。

作り置きしたものは、酸化が進み、分離してしまいます。
そうなると、もちろん味も不味くなってしまいます。

手作りの野菜ジュースは面倒でも、飲む直前に、その都度作るようにしましょう。

☆果物を使いすぎない

野菜ジュースが苦手な人は、果物も入れて、なんとか野菜の味をごまかしたいと思いますよね。

たしかに、果物を足すと甘みがアップして、飲みやすくなります。
しかし、果物には果糖が含まれています。

使いすぎるとカロリーがオーバーしてしまい、ダイエットの効果が減ってしまいます。
ですので、果物の使いすぎには注意してくださいね。

ブログでもおすすめしよう!美味しいフルーツ&野菜ジュースの作り方

最後に、健康的な「フルーツ&野菜ジュースの作り方」をご紹介します。

もし、みなさんも野菜ジュースダイエットについてのブログを掲載する際は、この飲み物もおすすめしてみて下さいね。

朝食にピッタリの野菜フルーツジュースですが、ダイエット中にホッと一息つくのにもおすすめですよ。

【材料 約3人分】

・キャベツ葉 1枚くらい
・ニンジン 1/3本
・りんご 1/4個
・トマト 中玉1/2個
・イチゴ 3個
・小夏(柑橘類) 1/2個
・レモン 1/8個
・砂糖(ハチミツでも可) 大さじ1と1/2
・水 200ml
・氷 3個くらい

【作り方】

①材料全てを、ミキサーで混ざりやすいように切りましょう。
ニンジン、キャベツは2cm角ぐらいに。

②カットした材料を、順番に入れていきます。

③まずは、キャベツを入れましょう。

④次に、ニンジン・りんご・トマトと入れていきます。

⑤イチゴ、小夏などの柑橘類、レモンを入れます。
使用するレモンが無農薬の場合は、皮ごと入れましょう。

⑥200mlの水と、砂糖を入れます。

⑦最後に、氷を2~3個入れます。
氷を使わない場合は、水を少し多めに入れてください。

⑧ミキサーのスイッチを入れましょう。

⑨全てミキサーにかかって、氷の音がしなくなったら完成です。

手作り野菜ジュースに使う野菜はオーガニックのものを

いかがでしたか。

野菜ジュースダイエットは、野菜ジュースを飲むだけでできるので、手軽ですよね。
なにがなんでも手作りしなくても、市販の野菜ジュースでも大丈夫なのです。

市販の野菜ジュースを飲むときは、可能な限り糖分や塩分が少なく、使われている野菜の種類が豊富なものを選びましょう。

手作りする際は、有機野菜やオーガニック野菜の使用をおすすめします。

 - 健康的なダイエット