サンドイッチのパンは焼く派?それとも焼かない派?

サンドイッチのパンは焼く派ですか?
それとも、焼かない派ですか?

なかには、パンを焼く・焼かないを上手に使っている人もいるでしょう。

焼く理由・焼かない理由を知っておくと、サンドイッチを作るとき、きっと役に立つでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

作ったお米を販売したい!何か条件が必要?お米に関する資格

今までは、家庭用でお米を作っていた人も、もっとたくさんの人に食べてもらいたいと思ったときに、販売...

旦那さんのお弁当を作るメリットや毎日作り続けるコツとは?

皆さんはお昼ご飯はお弁当ですか?それとも外食ですか?家計のため、健康のために、旦那さんの...

米ぬかで肥料を作ろう!納豆を使う作り方と使い方は?

簡単に作れて、効果が高い肥料はないでしょうか?今回は、家庭で簡単に作れてしまう、それも米ぬかと...

味噌の作り方を解説!味噌作りに適した重しとはどんなもの?

味噌は、日本の食卓に欠かすことのできない調味料です。市販のものを買って使用するお宅が多いかと...

よくある疑問!今川焼きと大判焼きの違いをご存知ですか?

縁日の出店やおみやげもので、よく見かける今川焼き。大判焼きとも呼ばれ、とても親しまれているお菓子...

炊飯器内釜の耐久性はどれくらい?炊飯器のアレコレを調査!

最近売られている炊飯器は、機能も高くて素材にもこだわっていますね。外国からの旅行客が、こぞっ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。春を告げる山菜として人気が高いのがふきのと...

この電子レンジの料理器具があれば時間もスペースも有効活用

「最近よく聞く電子レンジ料理器具を使いこなしたい」人は必見です。100円ショップやインターネ...

韓国と日本の違い~生活のあり方について~違いの多さに驚く

2000年代以降、日本で盛り上がり続けている韓流ブーム。韓流ドラマにハングル語、K-POPア...

味噌煮込みうどんは名古屋!有名店や家庭のレシピをご紹介!

名古屋メシの定番レシピと言えば、味噌煮込みうどんですよね。鍋で煮込むうどんなのに、冬はもちろ...

炊飯器の保温は暑い夏にはする必要がない?それともある?

炊飯器の保温は、暑い夏の季節でもする必要があるのでしょうか?この答えを知っている人もいますが...

江戸時代の庶民の食事はどんなものを?現代の日本人との違い

現代は身分の差もなく、農業も機械などを使い効率よく作物を収穫することができ、好きなものを食べること...

炊飯器蒸気シートとは?蒸気を防ぐ驚きの方法をご紹介

食器棚に炊飯器を置いておくと、蒸気が棚を劣化させてしまいますよね。今回は、それを防ぐ蒸気シー...

醤油容器の変遷、陶器からガラスヘ、瓶からプラスチックへ

醤油は食卓に欠かせない存在です。最近は調味料の地位を、日本のみならず世界でも確立していま...

味噌作りも保存方法もおまかせ!タッパーウエアの密閉容器

手作りの味噌も、市販されている味噌も空気に触れているところから、黒く変色してきます。保存方法...

スポンサーリンク

ホットサンドとサンドイッチの中間

お洒落なカフェでサンドイッチを頼むと、パンが焼かれたサンドイッチがでてきた…なんてことはよくあります。

パンがこんがりと焼かれたサンドイッチを食べたことのない人は、少し驚くかもしれません。

パンが焼かれたサンドイッチと聞くと、ホットサンドメーカーで作るホットサンドをイメージする人もいるでしょう。

ホットサンドでは、具材をパンに挟んでから焼くのが一般的です。

しかし、パンが焼かれたサンドイッチは、もちろんパンを焼いてから具材を入れます。

ホットサンドメーカーなどで作るサンドイッチとは、こういった違いがあるのですね。

パンだけが焼かれているこのサンドイッチは、普通のサンドイッチとホットサンドの中間と言えます。

外はサクサクで中はもっちりなんて、サンドイッチとホットサンドの良いとこ取りな料理です。

そんな中間のサンドイッチは、カフェや喫茶店でも非常に人気があります。

次の項目では、サンドイッチのパンを焼く理由についてみていきましょう。

なぜサンドイッチのパンを焼くの?

サンドイッチのパンを焼く理由は、どういったことが考えられるでしょうか。
その理由として、いくつかの理由があげられます。

1つめの理由は、パンをトーストする(焼く)ことで、香ばしさが出て美味しくなることです。

パンをこんがりと焼くことで、香ばしい良い香りがします。
さらに、焼くことでサクッとした食感も出ます。

そして2つめは、水分を多く含んだ具材を挟むときに相性が良いという理由からです。

パンを焼くことで、パンの水分は飛んで少なくなります。
そのため、水分が多いレタスやトマトなどの野菜を挟んでも、ベチョッとしにくいのです。

最後の3つめは、固い食材を挟むときも、パンとの相性が良いということです。

トンカツなどの固めの食材と、焼いたサクサクのパンは食べごたえがあり、とても相性が良いのです。

これらの理由が、パンをトーストする大きな理由として挙げらるでしょう。

しかし、サンドイッチの具材によっては、焼き加減を気を付けなければなりません。

パンを焼きすぎてしまうと、食材とパンが馴染みにくくなってしまうのです。

サンドイッチのパンを上手に焼く方法

サンドイッチのパンを焼いてみたけれど、喫茶店やカフェのようにはならなかった。
そんな経験をしたことがある人は意外と多いです。

家トースターで食パンを焼くと、両面がこんがりと焼けてしまいます。

お洒落なお店のサンドイッチのパンは片面だけがサクッとしていて、もう片面はモチモチだったりするものです。

この焼き加減を再現するには、いつものような焼きかたでは上手にできません。

外はサクサク、中はふわふわモチモチの美味しいパンを上手に焼く方法は、とっても簡単です。

サンドイッチのパンを焼かない派の人も、この焼き方を知ったら、きっと一度は試してみたくなるはずです。

その方法とは、パンを2枚重ねて、トースターに入れることです。
これだけで、片面だけが焼かれたパンが出来上がります。

2枚重ねることでパンの外側は焼かれますが、重なった面は焼かれることなく、モチモチのままなのです。

2枚重ねてトースターに入れるので、パンが2枚入る一般的なトースターであれば、合計で4枚焼けますね。

パンを焼くサンドイッチに1番ぴったりなBLTとは

パンを焼くサンドイッチのメニューは、たくさんあります。
その中でも王道と言えるのが、BLTサンドイッチです。

BLTを聞いてもピンとこないという人のために、その意味を少しお話ししていきます。

BLTとは、ベーコン・レタス・トマトの省略です。

【B】Bacon(ベーコン)
【L】Lettuce(レタス)
【T】Tomato(トマト)

この王道とも言えるBLTサンドイッチの美味しい作り方をご紹介します。

【材料】
・食パン(8枚切り) 2枚
・レタス 2枚
・トマト 半分
・ベーコン 2~3枚
・バター 大さじ1/2
・ケチャップ 大さじ1/2
・マヨネーズ 大さじ1/2
・マスタード お好み
・塩こしょう 少々

1)洗ったレタスを食べやすい大きさにちぎり、キッチンペーパーで水気をしっかりと取ります。

2)トマトを5ミリくらいの輪切りにしたら、同じく水気をしっかりと取ります。

3)ベーコンがカリカリになるまでフライパンで焼き、キッチンペーパーに置いて、余計な脂を吸収させます。

4)食パンは片面が焼けるよう、2枚重ねでトースターに入れて焼きます。

5)パンの焼けていない面にバターを塗り、その上にレタスをのせます。

6)ケチャップ・マヨネーズ・マスタードを和えたソースをレタスの上に塗ります。

7)トマト・ベーコンをのせて、塩こしょうをお好みでふってください。

8)パンで挟んだら、ラップで包んでパンと食材を馴染ませます。

9)ラップを外し、具材がつぶれないように切り分けたら完成です。

たっぷりキャベツの焼きサンドイッチ

先ほどはBLTサンドイッチのレシピをご紹介しました。

次は、もちろん、パンを焼くサンドイッチのレシピをご紹介します。

キャベツがたっぷりでボリュームがあるので、男性の方でもお腹がいっぱいになるメニューです。

【材料】

・食パン(6枚切り) 2枚
・キャベツ 3枚~
・玉ねぎ 1/8個
・ベーコン 2枚
・スライスチーズ 1枚
・マヨネーズ 大さじ2
・ブラックペッパー
・マスタード

【作り方】

1)玉ねぎを薄くスライスして、辛味を取るため、水にさらします。

2)キャベツを細く千切りにします。

3)食パンの1枚にスライスチーズ、その上にベーコンを2枚のせてください。

4)何ものせていないパンも、一緒にトースターでこんがりと焼きます。

5)何ものせていない方の焼けたパンに、マスタードを多めに塗りましょう。

6)先ほど水に浸けていた玉ねぎの水をよく切ります。
千切りしたキャベツと玉ねぎを合わせて、ブラックペッパー、マヨネーズを入れて、混ぜ合わせます。

7)パンにキャベツをたっぷりとのせ、パンで挟んだら、ギュッと押して食べやすくしましょう。

8)半分に切り分けたら完成です。

ボリュームがあるので、食べきれない人は6枚切りのパンではなく、8枚切りのパンを使うことをおすすめします。

ツナとスプラウトの焼きサンドイッチ

最後は、サンドイッチでも人気の具材である、ツナを使った焼くサンドイッチのレシピをご紹介します。

シャキシャキのスプラウトと、ツナマヨの相性がバッチリな食欲の出るサンドイッチです。

【材料】

・食パン(6枚切り) 2枚
・スプラウト 60グラム
・ツナ缶
・トマト 1/4個
・スライスチーズ 1枚
・マヨネーズ 大さじ1
・塩こしょう
・バター

【作り方】

1)ツナ缶の油を切ったら、マヨネーズと合わせます。

2)トマトを5ミリに輪切りにします。

3)1枚の食パンにスライスチーズをのせて、何ものせていないパンもトースターで焼きます。

4)こんがりと焼き上がったら、何ものせていないパンにバターを塗ります。

5)チーズをのせたパンの方にツナマヨネーズをのせ、さらに、キッチンペーパーで水気をよく切ったトマトをのせます。

6)水気をしっかりと切ったスプラウトをたっぷりとのせたら、塩こしょうで味をつけます。

7)パンをのせたら、食べやすいようにギュッと強く押します。

8)お好みの大きさに切り分けたら完成です。

サンドイッチの焼き加減は大切

パンを焼くサンドイッチを作ったことのない人は、これをきっかけに作ってみてはどうでしょうか?

焼いているサンドイッチに抵抗を感じる人は、片面だけを焼く方法で作ってみると良いかもしれません。

この焼き方を知っていたら、具材によってパンの焼き加減を自分で変えることができますね。