玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

どっちを使う?コーヒーに使うマリームやクリープの違いは?

      2017/09/17

どっちを使う?コーヒーに使うマリームやクリープの違いは?

みなさん、コーヒーは好きですか?
コーヒーは、毎日の生活の様々なシーンでの「ブレイクタイム」に欠かせない飲み物ですよね。

ブラックで飲む方や、お砂糖やマリーム、クリープなどを使っている方も沢山いらっしゃると思います。

そこで今回は、みなさんが普段使っているマリームやクリープの違いについてまとめてみました。
そこには、確かな違いがありました!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

私たちの生活に馴染深くて体に良い玄米やお茶の歴史を教えて

お米もお茶も、私たちの食生活の根幹をなす大変歴史ある食材で...

玄米の早炊き方法を色々紹介!玄米でいつもの食卓をご馳走に

玄米は精白米よりも、炊き方が面倒、普通の炊き方では固くて...

すごい健康パワー!緑茶や玄米茶に含まれる優れた効能とは?

私たちの食生活に、お茶は切っても切り離せない存在です。 ...

玄米茶の効能はこんなに色々!副作用の少ないお茶で健康に

暑い夏は、水分の補給にとお茶系のドリンクが人気になります...

玄米茶のカフェインはどれくらいあるの?授乳中でも大丈夫?

緑茶のさわやかさに玄米の香ばしさが加わった玄米茶は、近年...

カロリー高めパスタと、ダイエット中もOKな低いものはどれ?

私たち女性が毎日でも食べたいくらい大好きなパスタですが、...

日本にはまだまだあるトランス脂肪酸ゼロの美味しいお菓子

2018年6月に、国外ではトランス脂肪酸の規制が始まりま...

トランス脂肪酸ゼロの商品の有無とその表示についての疑問

トランス脂肪酸が含まれる植物油脂を使った商品に、どれだけ...

忙しくても電子レンジを使って卵を割るだけ簡単調理をご紹介

電子レンジで卵料理をすると、卵の黄身が割れてしまって、う...

電子レンジについてしまった焼き魚のにおいを取る方法とは?

電子レンジは今では時短料理や温めのテクニックが紹介され、...

電子レンジでパスタを茹でると光熱費は安くなる?高くなる?

鍋でパスタを茹でるときは、たっぷりのお湯を沸騰させて麺と...

植物油脂に含まれるトランス脂肪酸の危険性と表示への疑問

植物油脂を使ったマーガリン等には、トランス脂肪酸が含まれ...

正しい食生活ならサラダ油のトランス脂肪酸含有量も怖くない

サラダ油は、どんな油が入っているかをご存知ですか? ...

1日の食事のカロリー配分!朝昼晩の理想的な食べ方とは?

忙しい毎日を送るなかで、何となく済ませがちな食事…。 ...

カロリーの一日の摂取目安は?10代の体作りに必要な事は?

カロリーという言葉を聞いて、皆さんはどのようなイメージを...

玄米を浸水時間あり、なしで炊く時の炊飯器調理について

玄米は浸水時間がありでも、あるいはなしでも、炊飯器で炊け...

玄米を浸水なしで炊飯器で炊きたい!そんな時に気になること

「玄米を浸水なしで炊きたい」と、炊飯器で調理する場合、こ...

毎日食べても飽きない!玄米と雑穀米の美味しい炊き方は?

玄米や雑穀米は栄養豊富で、ヘルシーだと言われていますが、...

スポンサーリンク


マリームとクリープの違いはどこに?マリームについて

コーヒーを飲む際、使われることが多いのが、マリームやクリープです。
同じ白色の粉状なので、はたして両者に違いはあるのかなと思ってしまいますよね。

今回の記事では、そのマリームとクリープの違いについて、ご紹介します。
まずは、マリームについてご説明します。

AGFのマリームやネスレのブライトは、コーヒーや紅茶をクリーミーに仕上げるために作られた、クリーミングパウダーです。

原材料には、植物油脂などが使われています。
植物由来の油のことを、植物油脂と言います。

この植物油脂は、「危険」と言われることもあります。
その理由は、何なのかをみていきましょう。

①酸化した油脂

油が酸化すると、過酸化脂質が発生し、それが体に悪影響を及ぼします。

②抽出過程

植物油脂は、抽出方法によって、大きな質の違いがでます。
抽出過程で、体に良くないものが添加されている場合が多くあることも、知っておきましょう。

③精製過程

植物油脂には、精製されたものと未精製のものがあります。
また、精製の過程も沢山あります。

精製の段階で、油脂は何度も高温にさらされ、危険な物質や添加物が加えられます。
美味しそうな色を演出し、長期保存をするために、着色料や酸化防止剤が添加されます。

以上の理由を考えると、植物油脂の入ったクリーミングパウダーの過剰摂取はやめたほうが良いでしょう。

クリーミングパウダーの種類の1つ…クリープとは?

ブラックコーヒーも美味しいですが、カフェオレ風味も、たまに飲みたくなりますよね。

マリームやクリープなどのクリーミングパウダーは、コーヒーや紅茶などに入れ、味をクリーミーにする粉末のことです。

粉状のクリーミングパウダーは、取り扱いがしやすく便利で、保存性にも優れています。

クリーミングパウダーを入れることにより、コーヒーの苦味や酸味を抑えることができるので、コーヒーが苦手な方にもオススメです。

また、クリーミングパウダーの脂肪分によって、牛乳を入れたような飲み心地が得られます。
しかし、クリーミングパウダー全般においては、マリームのような植物油脂を使ったものが多いのです。

そんな中で、森永乳業のクリープは乳製品で、牛乳から主に脂肪分を分離して粉末化したものです。
乳製品なので、開封した時に粉ミルクのような、ふんわりと甘いお乳に似た香りがするのですね。

森永乳業のクリープは、スプーン1杯(3g)で15kcalです。
スティックタイプやポーションタイプもあります。

シチュー・グラタン・オムレツなどに、牛乳と同じように使うことができます。

次は、マリームとクリープの違いについてお話します。

マリーム・クリープ・ブライトの違いとは?

コーヒーに使うクリーミングパウダーで有名なのは、森永乳業のクリープ、AGFのマリーム、ネスレのブライトではないでしょうか。

先ほどもお伝えしたように、クリープは原材料に牛乳を使っていて、「乳等を主要原料とする食品」と明記されています。

値段は、マリームやブライトと比較すると、少し高いです。

マリームとブライトは、植物性油が原材料です。
色を白くして「牛乳風」にしたものです。

コーヒーフレッシュと同様に、色々な食品添加物を使って「牛乳っぽさ」を演出しています。
牛乳が原材料のクリープと比較すると、マリームやブライトの方が安いのも納得できますね。

しかし、食品添加物を使っているとはいえ、マリームやブライトにもメリットがあります。

そのメリットとは、マリームやブライトは植物由来で作られているため、牛乳アレルギーを持っている方でも、牛乳を使ったような、まろやかなコーヒーを楽しめるということです。

原材料をよく考えて、「マリーム」「クリープ」、どれを使用するか選択できると良いですね。

引き続き、マリームやクリープなどの味や、賞味期限の違いについてご覧ください。

マリームやクリープなどの味や賞味期限の違い

ここでは、マリームやクリープなどの味や、賞味期限の違いについてお伝えします。

マリームとブライトは、味に大差はありません。
これらは、植物油脂でできているため、多少油っぽくマーガリンっぽい風味を感じる方もいます。

やはり、牛乳由来の成分だけでできているクリープのほうが、牛乳に近く、口当たりが軽くて美味しいです。
カフェオレ風にして、クリープとマリームを沢山使ってみると、両者の違いがはっきりとわかりますよ。

味の好みは、人それぞれ違うので、どれが自分好みなのか、色々と試してみると良いでしょう。

☆クリープ・マリーム・ブライトの賞味期限について

・開封前のクリープの賞味期限は「18ヶ月」

・開封前のマリーム、ブライトの賞味期限は「24ヶ月」

開封後は、どれも1ヶ月以内に使い切りましょう。
また、湿気を吸収して、粉が固まることがあるので、以下の点に気をつけて保管してください。

蓋が密閉されにくくなるので、インナーシールは完全に剥がしてください。
蓋は、しっかりと閉めましょう。

冷蔵庫で保存すると、使用時との温度差で湿気を吸収してしまうので、直射日光や高温多湿を避けて、常温で保存しましょう。

マリームでホイップ作り!普段のコーヒータイムに変化を

ここまでで、マリームとクリープの違いについて、お分かりいただけたかと思います。

何度も登場しているマリームを使って、ホイップを作ってみましょう。
なめらかで、コクのあるホイップを手軽に作ることができます。

家でいつも飲んでいるコーヒーに、手作りしたホイップを加えるだけで、オシャレなカフェ風コーヒーを楽しむことができますよ。

【材料 作りやすい分量】

・マリーム 大さじ4
・お湯 大さじ1

【作り方】

1)ボウルに、マリームを入れて、お湯を加えます。

2)粉っぽさがなくなるまで、混ぜ合わせましょう。

3)先ほどのボウルを氷水にあてながら、電動ミキサーで泡立てます。
泡立て器を使う場合は、しっかりと冷やして10分くらい、よく混ぜましょう。

4)濃度が出てきて、マリームにツノが立ってきたら、出来上がりです。

☆ミニ知識☆

・スタンダードタイプのマリームを使って作る場合は、ハンドミキサーでしっかりと泡立てると、硬めのホイップが作れます。

・低脂肪タイプで作る場合の分量は、低脂肪マリーム:大さじ4、お湯:小さじ1となります。
とろとろで、ゆるめの低脂肪ホイップが出来上がります。

・スイーツに使う場合は、砂糖を加えましょう。

マリームで作ったホイップを色んなレシピに使ってみてくださいね。

マリームやクリープの他に入れると美味しくなるもの

マリームやクリープは、原材料や味に違いはあれど、コーヒーとの相性はバッチリですよね。

王道のアイテム以外にも、コーヒーに入れて美味しくなる意外なものがあります。
最後に、いくつかご紹介したいと思います。

☆ハチミツ&生姜

カップに生姜を少し入れたら、ハチミツを入れ、最後にインスタントコーヒーを入れて、よく混ぜましょう。
コーヒーの風味と、生姜の辛味、ハチミツの甘さのバランスが、ちょうど良くて美味しいです。

☆塩

ここ日本では、あまり知られていませんが、コーヒーの原産国のエチオピアでは、コーヒーに塩を入れて飲むのは当たり前なのです。

コーヒーに入れる塩の量は、ほんのひとつまみでオッケーです。
苦みが軽減されて、全体的にまろやかになります。

コーヒーの酸味をうま味に変え、カリウムとナトリウムを同時に補給できる、優れた飲み方です。

☆バター

バターコーヒーを作って、朝食の代わりに飲むバターコーヒーダイエットは、海外でも大人気となっています。
コーヒーに入れるものは、不飽和脂肪酸が沢山含まれた、高級バターがベストです。

脂っこさはほとんどなく、ほんのりと甘いバターの風味も感じられ、苦みも軽減されるので、飲みやすいですよ。

原材料の違いを知って選ぶことが大切です

いかがでしたか。

コーヒーに入れる同じ白い粉でも、クリープとマリームの原材料が全く違うことには、驚きですよね。

毎日体内に入れるものだからこそ、なるべくなら植物油脂や香料、着色料などの添加物が入っていないものを選んで使いたいですね。

 - その他食材