うまっ!北海道のスーパーで買うカニは鮮度も質もハイレベル

北海道はカニ、ウニ、ホタテなどの美味しい魚介類が沢山ありますよね。
その中でも、一番人気があるのは、カニではないでしょうか。

カニは、そのままでも、焼いても、お鍋の具にしても非常に美味しいですよね。
カニの購入方法は、現地のスーパーや市場、ネット注文など色々あります。

今回は、北海道で獲れるカニについてお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

こんなに塩分の差が?醤油の塩分は1グラムにどれくらい?

醤油は、日本の様々な地方で、様々な料理に家庭や料理店等で使われています。それこそ、使わない地域...

じゃがいも・玉ねぎの栄養と効果効能!大量消費レシピを紹介

安くて色々な料理に使える「じゃがいも」と「玉ねぎ」は人気の食材ですよね!この2つの食材は、ど...

ラーメンのトッピングに!ボリュームをプラス出来るもやし!

子供から大人まで好きな人が多いラーメン。お店によって、スープを作るうえで欠かせないだしの材料が異...

危険!イカの刺身には寄生虫のアニサキスがいる!対処法は?

私達日本人は、イカが大好きですよね。刺身や焼物、揚げ物などの沢山の調理法で、イカの美味しい料...

オーガニックワインに合う料理とは?ワインの種類毎にご紹介

最近では、オーガニックワインが人気を集めているようです。初めに、オーガニックとな何なのか、に...

家で焼肉をする時のオススメ材料について。目指せ健康体!

家で焼肉をする方、結構多いのではないでしょうか?お店で食べるよりも、低価格で抑えられるのはと...

家庭食の定番!豚肉のソテーはソースでカロリーコントロール

豚肉と言えば安くて、美味しくて家庭料理には欠かせない食材です。サッと焼いて食卓に出せるソテー...

名物盛岡じゃじゃ麺を家で堪能!味噌を使ったレシピを紹介!

盛岡じゃじゃ麺は、わんこそば・盛岡冷麺とあわせて盛岡三大麺と呼ばれる麺料理です。ちょい辛...

家庭菜園でスイカやメロンを栽培してみよう!作り方教えます

夏がやってくると、皆さんが楽しみにしているスイカとメロンの出番です。甘くてジューシーな、美味...

たけのこ+味噌+バターはおいし過ぎる禁断の組み合わせ!?

春を呼び込む食材のたけのこ。日本料理には欠かせない存在ですよね。実はたけのこって、味噌や...

ヤクルトとヨーグルト乳酸菌に違いはあるか。効果・味・成分

どちらも腸内環境を良くするのが、ヤクルトとヨーグルトです。2つとも、乳酸菌が身体に良く、便秘や風...

味噌を使って鍋や炒め物に!うどんのレシピをご紹介

もちもちとした歯ごたえのうどんは日本人に馴染みの深いものでしょう。ひと口にうどんといっても、...

安くておいしい豚肉ステーキのカロリーはどう抑えれば良い?

料理の王様、ステーキ。高級牛肉のステーキはなかなか食べられませんが、豚肉のステーキならちょっ...

ハンバーグに味噌?隠し味やソース、アレンジレシピをご紹介

好きなおかずといえばハンバーグ、という方も多いのではないでしょうか。肉汁たっぷりのハンバ...

ご飯がすすむ!牛肉と味噌の料理!6つの簡単レシピをご紹介

鶏肉や豚肉と比べて、価格が高く手が出しづらいイメージが牛肉にはあります。しかし牛肉といっても...

スポンサーリンク

北海道で獲れるカニの種類

カニは、北海道のみならず、全国のスーパーでも売られていますよね。
北海道で獲れるカニの種類についてご紹介します。

☆毛ガニ

北海道を代表する毛ガニ。
体全体が細い毛で覆われていて、その見た目は、ちょっと怖いです。

カニの中でも身やカニ味噌など、食べられるところが一番多くて、味も美味しいです。
北海道のオホーツク海に面する枝幸港は、毛ガニの水揚げ量が日本一です。

☆タラバガニ

オホーツク海や、知床半島の沖合いに生息しているタラバガニ。

中には、両脚を広げると1mを超える大きなものもいます。
大きな足の身を、一気にパクッと豪快に食べることができます。

北海道の稚内港は、タラバガニの水揚げ量が日本一です。
北海道のスーパーなどで購入できるタラバガニのほとんどは、稚内港で水揚げされたものです。

☆ズワイガニ

松葉ガニや越前がになど、産地により名前が変わる、脚がすらっと長いズワイガニ。

オホーツク海沿岸から沖合に、広く生息しています。
美味しい時期は5、6月ごろです。

紋別港は、ズワイガニの水揚げ量が日本一です。
身は弾力があり、ほんのり甘いのが特徴です。

珍しい!?こんなカニも北海道では獲れる!

北海道の市場やスーパーで売られているカニは、まだまだあります。
聞いたことも、食べたこともないようなカニの名前が出てきますよ。

☆花咲ガニ

花咲港では、国産の花咲ガニのうち、およそ8割が水揚げされています。

沢山獲れるのは、6月末~9月にかけてです。
この時期のメスは卵を持っているので、からすみ状態の「内子」や、「粒子卵」にも人気が集まります。

花咲ガニは、他のカニと比較しても大きくて、体に大きなトゲを持っています。
濃厚で弾力性あるプリッとした身と、エビみたいな風味がします。

☆クリガニ

クリガニは、毛ガニの仲間です。

春先~初夏にかけてが旬です。
北海道の根室より、北の海域に生息しています。

クリガニの名前の由来は、見た目そのままの「甲羅が栗の形をしている」からです。
毛ガニと比べると、大きさは小さめです。

☆アブラガニ

アブラガニが獲れるのは、1月~6月です。
タラバガニよりは小さくて、爪が少し長くて、脚の裏に色素はありません。

体の色は、タラバガニよりも青みを帯びています。
タラバガニと比較すると、価格も安いです。

北海道のカニを購入する方法。スーパーのメリット・デメリット

冬が近づいて、風が冷たくなると、お鍋が食べたくなりますよね。
同時に、お鍋の具としても最高なカニを食べたくなる方も多いと思います。

ここでは、北海道の美味しいカニを購入する方法について、色々な角度から見ていきます。
スーパー・市場・通販で購入するメリットやデメリットとは、どんなことなのでしょうか。

まずは、スーパーの場合です。
主婦のみなさんが、毎日のように利用するスーパーは、食材を購入するお店ですよね。

スーパーは全国各地にあるので、とっても便利で利用されている方も多いでしょう。
野菜やお肉や魚の他に、冬場になるとカニが、ところ狭しと並んで売られています。

スーパーでカニを買うことができると、毎日の食材の買い物のついでに一緒に買えるので、余計な時間や体力も必要ありません。

今夜の夕食は、カニ鍋と決めたら、スーパーで全ての食材を揃えることができるので、便利ですよね。
カニをスーパーで購入すると考えられるデメリットは、どんなことでしょうか。

スーパーで購入するカニは、スーパーに仕入れられるまで、中間業者などを仲介しているので、そのぶん価格も高くなってしまいます。

それだけ時間もかかってしまうので、どうしても新鮮さに欠けてしまいます。

北海道のカニを購入する方法。市場、通販のメリット・デメリット

次に、市場や通販で北海道のカニを購入する際の、メリットとデメリットについてお話します。
港の市場や卸売市場などが近くにある方は、直接市場に行って、カニを購入することもできますよね。

市場は、漁港から直接カニを持ち込んできているところもあるので、業者を通していないぶん、スーパーよりも安く購入できる可能性があります。

直送で市場に入ってきているのならば、生きたままのカニに出会えることもあります。
つまり、鮮度がピカイチなのです。

しかしながら、全ての市場が直接漁港から持ち込まれるカニばかりではなく、業者を通しているところもあったり、お店で冷凍していたものの可能性もあります。

日常的に市場を利用している人は、鮮度の違いに気づくかもしれませんが、カニを購入するときのみ利用する人には、よくわからないことがデメリットと言えるでしょう。

そして、カニを通販で購入している方も多いですよね。
カニのシーズンになると、テレビなどでも取り上げられることも多いので、通販は人気がありますよね。

その理由は、市場やスーパーで購入するよりも、おそらく最も安く新鮮なカニを購入できるからです。
通販は、業者を通していないことが多く、産地から直送されて手元に届きます。

昨今では、インターネットからクリックひとつで、24時間いつでも注文できて、翌日には届けてもらえることが多いです。

時間と労力をかけないで、簡単に手に入れることができるなんて、とても便利ですよね。
また、訳ありの激安商品も売られているので、そういったものを見つけるのも楽しいですよね。

しかし、通販の一番のデメリットは、商品が実際に手元に届いてみないと、どんな品質のものか不明なことです。

テレビなどの広告で見ていたものとは全然違う、という苦い経験をすることもあるので、当たり外れがあるのは間違いないでしょう。

北海道のスーパーで売られている美味しいカニの選び方

北海道のスーパーには、カニのほかにも、魚介類が沢山売られています。
価格も安くて、鮮度も質もハイレベルなのです。

良い仕入れをしている地元のスーパーで、最高に美味しい魚介類が手に入るなんて、海なし県に住んでいる方からしたら、羨ましい限りですよね。

ではここで、美味しいカニの選び方を覚えておきましょう。
まずは、カニの足の付け根を押してみましょう。

身がしっかりつまっているものは、甲羅の中がギュウギュウで凹みが少なため、押してみて凹まないものを選びましょう。

また、甲羅が硬く、爪の大きなものも、良いカニを選ぶ目安になります。
ぜひ、チェックしてみてください。

カニは、「活ガニ」と「ゆでガニ」がありますが、購入するにはどちらが良いのでしょうか。

活ガニのほうが新鮮だから・・・と、なんとなく選んでいる方も多いのでは。

実は、料理法や食べるタイミングによって、「活ガニ」と「ゆでガニ」を使い分けると、さらに美味しく食べることが可能なのです。

例えば、お刺身にしたり、鮮度の良いものをすぐに食べる場合は「活ガニ」がおすすめです。
お土産用や、購入してからすぐに食べない時は、「ゆでガニ」が良いでしょう。

スーパーで購入した毛ガニを美味しく調理しよう

北海道の枝幸港は、毛ガニの水揚げ量が日本一で有名です。
地元のスーパーで選んだ美味しい毛ガニを、さらに、美味しい料理に変身させてみましょう。

おじやにすることで胃にも優しいので、ちょっと調子が良くないなと思う時にもおすすめです。

☆毛ガニのおじや

【材料 1人分】

・冷やご飯 1カップ
・だし汁(昆布) 1カップ
・毛ガニのほぐし身 大さじ2
・長ネギ(みじん切り) 大さじ1
・塩 ひとつまみ

【作り方】

①毛ガニの脚の身を、ほぐしておきましょう。

②冷やご飯とだし汁を、お鍋でじっくりと煮ます。
だしは、市販されているものを使っても大丈夫ですが、ひと手間加えて昆布だしをとるのがおすすめです。

※鍋に、だし昆布と水を入れて約1時間後、沸騰させてから弱火で30分ほど煮たら火を止めて、1時間常温で放置します。

③とろみが出てきたら、カニ・ネギを加え入れて、混ぜ合わせましょう。

④仕上げに、塩加減で味を調整しましょう。

⑤器に盛って、ほぐしておいたカニの身をトッピングしたら出来上がりです。

目的に合わせたカニの購入方法を

北海道は、カニの水揚げ量が日本一が多くて、カニを美味しく食べられる魅力的な場所ですよね。
北海道のスーパーは、魚介類の種類も豊富で安いです。

スーパーでなくても、市場やネットでも購入できますが、安さ・鮮度・量のどれを優先するのかをよく考えて、決めましょう。