玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

バナナに黒いポツポツがある。皮が黒くなるのはどうして?

      2017/09/11

バナナに黒いポツポツがある。皮が黒くなるのはどうして?

果物のなかでも、一番多くの家庭にあるのが、バナナではないでしょうか?

お手頃な値段で買えて、栄養もたっぷりと含まれています。

バナナって、皮が黒くなったり、黒いポツポツができたりしたりしますよね。

その理由と、バナナについて少しお話しします。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自分に必要な1日のカロリーを勉強して健康な体を目指そう

みなさんは、1日にどれだけカロリーが必要かを勉強してみよ...

麦ご飯・雑穀米・玄米の違いは?どんな効果があるの?

近年のヘルシーブームにより、麦ご飯・雑穀米・玄米を食事に...

もち麦と玄米って糖質低いの?実際、糖質量はどれ位なの?

もち麦、玄米両方とも、今、ダイエットや健康に良いと言われ...

玄米を食べると血糖値は上がるのか?それとも下がるのか?

玄米が身体にいいことはよく知られています。 では、...

トランス脂肪酸を含むマーガリンと含まないマーガリンの種類

植物性の油を原料とするマーガリンは、加工の過程で部分水素...

沖縄定番の油味噌!ごはんやおにぎりの具におすすめの常備菜

一般的に味噌というと味噌汁や料理の味付けに使用する調味料...

ダイエットに最適!玄米を使ったお粥の炊き方

白米よりも多くのビタミンや食物繊維を含み、栄養価が高い玄...

ヘルシーな玄米の優れた効果は花粉症にも効果的なの!?

お正月が過ぎ、1年で最も寒い時期も終わろうとする頃から気...

玄米を食べるとどうして下痢してしまうのか原因を調べてみた

体に良いと広く認知されている玄米ご飯ですが、食べると下痢をす...

電子レンジでスチーム料理をラップを使って簡単に美味しく

電子レンジでスチーム料理をするときに必要なアイテムがラッ...

トランス脂肪酸が多いとされるマーガリンの含有量について

健康を守りたい世間の風潮の中で、トランス脂肪酸は「悪者」...

玄米で作る毎日食べても飽きない炊き込みご飯の人気レシピ

玄米が身体に良いというイメージは、誰もが持っていますよね。 ...

玄米は粥にした方が消化は良くなるの?美味しい玄米粥って?

健康のために玄米を食べている人も多いですよね。 しかし...

玄米雑炊がダイエットに効果があるって本当なの!?

玄米や雑炊は、それぞれダイエットに効果があると言われています...

もち米と玄米を合わせたもち米玄米とは?栄養価は高いの?

玄米は栄養価が高く、身体にとってもいいといわれていますが、「...

超便利!マイヤー電子レンジ圧力鍋で簡単に手早く玄米料理

知る人ぞ知るマイヤー電子レンジ圧力鍋は時短料理の味方です。 ...

玄米や押し麦でご飯の量を減らす?自然食ダイエットの方法

近年「糖質制限」などのダイエットが一大ブームとなり、すっかり...

玄米ご飯にしようとしての失敗!アレンジでどうにかできる?

玄米ご飯がよく健康に良いと話題にあがっているため、試してみた...

身体に良いといわれる玄米と白米の栄養価を徹底比較!

近年、健康志向が高まり、玄米も摂る人が増えてきましたよね。 ...

玄米のお粥の栄養と、体にもたらす優れたその効果を知りたい

栄養がたっぷり詰まっていると言われている玄米は、健康を第一に...

スポンサーリンク


バナナの皮が黒くなってしまう理由

今やバナナは、スーパーマーケットだけではなく、コンビニエンスストアでも買うことのできる果物です。

ドラッグストアなどにも置いてあることが多く、果物のなかで最も購入しやすいのが、バナナとも言えるでしょう。

そのバナナを買ってきて保存していたら、皮が黒くなってしまったという経験は誰もがあると思います。

なぜ、バナナの皮は黒くなってしまうのかを簡単に説明します。

バナナの皮が黒くなってしまうのは、冷蔵庫で保存していることがほとんどの原因です。

暑い季節などは特に、冷えたバナナを食べたいと思う人も多く、冷蔵庫に入れることもあるでしょう。

しかし、熱帯で育ったバナナは、寒いところに弱いといった特徴を持っているのです。
そのため、冷蔵保存していると、低温障害で皮が黒くなってしまいます。

バナナが黄色い皮から黒い皮になってしまうのは、こんな理由からだったのです。

冷たいバナナを食べたいなら、食べる1~2時間前くらいに、バナナを冷蔵庫に移してみるといいかもしれませんね。

皮が黒いバナナは食べられない?

先ほどお話しした通り、バナナの皮全体が黒く変色してしまうのは、冷蔵保存が原因です。

バナナの皮が真っ黒の場合は、皮をむいて、実を確認してみましょう。
皮をむいてみて、実がいつも通りなら、もちろん食べることができます。

ですが、いつもと違う匂いや硬さであれば注意しましょう。

ちなみに、バナナの実がところどころ黒くなってしまう、そんな経験のある人は多いはずです。

それは、バナナに衝撃が加わり、その部分の細胞が壊れてしまっているからです。

細胞が壊れてしまうと、バナナのポリフェノールは酸化してしまいます。
このポリフェノールが酸化してしまうことで、バナナの実は黒くなってしまうのです。

バナナの実が黒くなってしまう原因は、それだけではありません。

実が黒くなってしまう理由として、皮と同様に、低温障害も挙げられます。
冷蔵保存で、細胞が壊れてしまい、ポリフェノールが酸化することが原因です。

バナナの黒い皮や実が気になる人は、保存温度だけでなく、バナナに物が当たらないよう気をつけましょう。

バナナにできる黒いポツポツは?

黒いバナナより黄色いバナナの方が、美味しそうに見えると思う人は少なくありません。
そう思ってしまうのもわかりますが、なかには、そうではないこともあります。

それが、バナナの黒い(茶色い)ようなポツポツです。

バナナ全体が黒くなるのではなく、ポツポツの黒い点がバナナに出るのです。

この黒いポツポツは、「シュガースポット」と言います。
シュガースポットが出ているバナナは、熟しているという証拠なのです。

そのため、より甘くて美味しいバナナを食べることができます。

シュガースポットを痛んで黒くなったと、勘違いしてしまう人もいますよね。

しかし、この黒い点が出ているバナナこそ、美味しいバナナなのです。

シュガースポットのことを知っておけば、バナナの美味しい食べ頃に気付くことができますね。

ちなみに、黒くなったバナナを食べるのが不安なら、捨てる前に皮をむいてみて確認しましょう。

バナナの皮の見た目で、中の実を確認することはできません。
皮は黒くても、実はそうでないことも、たくさんありますよ。

皮の黒いポツポツ「シュガースポット」の効果

先ほどもお伝えしましたが、バナナの皮の黒いポツポツは、シュガースポットと言って、バナナが熟したときに出る証拠です。

シュガースポットが出ているバナナは、甘く美味しくなるだけではありません。

それ以外にも、嬉しいことがあるのです。

それは、免疫力が高まるということです。

シュガースポットが多いバナナと、そうではないバナナを比べると、その差は驚きです。

なんと、そうではないバナナの8倍もの免疫増強効果があるのです。
同じバナナなのに、8倍も違うことに驚く人は多いでしょう。

同じバナナを食べるなら、シュガースポットが増えたバナナを美味しく食べて、免疫力アップに繋げたいですよね。

では、シュガースポットの多いバナナで、免疫力が上がるのはどうしてなのでしょうか。

シュガースポットのあるバナナは、ある物質を増やす効果を持っています。

その物質とは、TNF(腫瘍壊死因子)と言われる物質です。

TNFとは、リンパ球などの細胞から分泌される、腫瘍の細胞を壊死させる働きのある物質です。

これが活性化されることで、免疫力が高まると言われています。

バナナを長持ちさせる方法①

バナナは、結構すぐ黒くなってきますよね。
そんなバナナを、2週間長持ちさせる方法をご紹介します。

黒い皮になってしまったバナナには効果がないので、黄色い皮のバナナを使ってください。

①まずは、バナナを房から外し、1本1本バラバラの状態に切り離します。

②次は、40~50℃のお湯にバナナを皮はむかずに、5分間つけます。
(沸騰したお湯とお水を半分ずつ合わせると、だいたい40~50℃になります。)

③5分後にお湯から出したら、1時間以上は室温で置いておきます。

④ポリ袋などに入れて、冷蔵庫(野菜室)で保存しましょう。

なぜ、これでバナナが長持ちするのか、気になる人もいると思います。

バナナにとって50℃は、強いストレスを感じる温度です。

この強いストレスを短時間(5分間)与えることは、ショックを与えることにもなります。

ショックを与えられたバナナは、これ以上熟そうとするのを止めるのです。
バナナが熟すのを止めるので、2週間もバナナが長持ちするのですね。

また、お湯につけることで、バナナの甘みも増して美味しく食べることができます。

バナナを長持ちさせる方法②

バナナを長持ちさせる方法は、ほかにもあります。
もちろん、この方法でも、黒い皮になってしまったバナナではなく、黄色い皮のバナナを使いましょう。

買ってきてからすぐに、この方法で保存することをおすすめします。

①まずは、先ほどと同様にバナナを房から外して、1本1本の状態にします。

②バナナの柄を、ラップでしっかりと巻きましょう。

③その上から、さらに、バナナ全体をラップで巻きます。

④そして冷蔵庫の野菜室で保存すると、より長持ちします。

とっても簡単なので、バナナをお湯にくぐらせる方法が面倒だという人は、こちらがいいかもしれませんね。

では、なぜ、ラップに包むだけでバナナが長持ちするのでしょうか?

バナナがすぐに熟して黒くなってしまうのは、バナナが放出する「エチレンガス」が原因です。

さらに、バナナを房のままでまとめておくと、お互いがお互いのエチレンガスを吸収してしまうのです。

ラップをで包んであげることで、エチレンガスの放出・吸収を抑えることができるのです。

バナナが黒くなってしまう理由

バナナが黒くなってしまう理由は分かりましたか?

バナナ全体が黒くなってしまうのと、バナナの黒いポツポツの原因は違う理由だったのです。

上手にバナナを冷蔵で保存したいなら、長持ちさせる方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 - その他食材