玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

バナナに黒いポツポツがある。皮が黒くなるのはどうして?

      2017/09/11

バナナに黒いポツポツがある。皮が黒くなるのはどうして?

果物のなかでも、一番多くの家庭にあるのが、バナナではないでしょうか?

お手頃な値段で買えて、栄養もたっぷりと含まれています。

バナナって、皮が黒くなったり、黒いポツポツができたりしたりしますよね。

その理由と、バナナについて少しお話しします。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ベーコンと味噌汁の組み合わせは意外に合う!レシピをご紹介

味噌は栄養価が高く、古くから日本人に取り入れられてい...

醤油おかきは自宅で手作りもおすすめ!様々な作り方をご紹介

醤油は古くから伝わる調味料ですが、香ばしいおいしさだ...

ヨーグルトメーカーで作るヨーグルト!美味しくて低カロリー

朝ごはんやデザートなどとして食べたり、時には調味料と...

食事改善でダイエット!ストレスを溜めない方法とは?

ダイエットに取り組んでいる方の中には、ダイエットのス...

玄米から虫が発生してしまった!精米機にかけることは可能?

玄米や白米に、虫が湧いてしまったことありませんか? ...

和風の醤油パスタに合う食材とは?簡単な作り方もご紹介!

醤油に「塩分が高いイメージ」を抱く方もいるかもしれま...

基本の味噌汁の作り方!味わい深い「昆布だし」を簡単に作る

味噌汁にはだしが必要不可欠ですが、普段どのようなだし...

カロリーは意外に低い?!ラーメンに含まれる糖質や塩分は?

醤油に味噌、塩といった定番のものから、個性的なラーメ...

ウェイパーを使った簡単鍋レシピ!味噌鍋の味付けはお手の物

野菜や肉、キノコといったたくさんの食材をバランスよく...

味噌は冷蔵より冷凍!気になるおすすめの味噌保存容器とは?

日本の食卓に欠かせない味噌は、どのご家庭にもたいていある...

うどんは炭水化物の中でも低カロリー?ダイエット効果は?

ダイエット中は炭水化物を控える方が多いですよね。 ...

ヨーグルトのホエーは低カロリー&高栄養!有効活用するには

ヨーグルトの上のほうに、分離した水分が溜まっているの...

「醤油チャーハン」の作り方!パラパラにする方法は?

健康に気を遣っていても、たまには香ばしさが食欲をそそ...

味噌の風味を長く楽しむ保存方法とは?常温でも良いの?

味噌は、ほとんどのご家庭で常備されている食品ですよね...

美味しい夏野菜!「ズッキーニ」の味噌汁レシピをご紹介!

「ズッキーニ」は、カリウムやビタミンCを含んでいるの...

食事改善で健康的にダイエット!大切なのは体脂肪率

ダイエットをしている人はどうしても体重に注目しがちだ...

カロリーゼロ甘味料の魅力とは?人気商品の特徴や用途を探る

1973年にお茶の間に初めて登場した、低カロリー甘味料「シュ...

米麹の甘酒はスーパーで買える!手軽な手作り甘酒もご紹介!

アミノ酸を豊富に含み、健康に良い飲み物として、甘酒は近年ブー...

オーガニックや無添加食品はやっぱり安心!おすすめ5選

現代はたくさんの食品に囲まれ食べることに困らない豊かな時代と...

1人暮らし向け電子レンジとオーブンレンジのおすすめ8選!

これから1人暮らしを始める方、1人暮らしで電子レンジやオーブ...

スポンサーリンク


バナナの皮が黒くなってしまう理由

今やバナナは、スーパーマーケットだけではなく、コンビニエンスストアでも買うことのできる果物です。

ドラッグストアなどにも置いてあることが多く、果物のなかで最も購入しやすいのが、バナナとも言えるでしょう。

そのバナナを買ってきて保存していたら、皮が黒くなってしまったという経験は誰もがあると思います。

なぜ、バナナの皮は黒くなってしまうのかを簡単に説明します。

バナナの皮が黒くなってしまうのは、冷蔵庫で保存していることがほとんどの原因です。

暑い季節などは特に、冷えたバナナを食べたいと思う人も多く、冷蔵庫に入れることもあるでしょう。

しかし、熱帯で育ったバナナは、寒いところに弱いといった特徴を持っているのです。
そのため、冷蔵保存していると、低温障害で皮が黒くなってしまいます。

バナナが黄色い皮から黒い皮になってしまうのは、こんな理由からだったのです。

冷たいバナナを食べたいなら、食べる1~2時間前くらいに、バナナを冷蔵庫に移してみるといいかもしれませんね。

皮が黒いバナナは食べられない?

先ほどお話しした通り、バナナの皮全体が黒く変色してしまうのは、冷蔵保存が原因です。

バナナの皮が真っ黒の場合は、皮をむいて、実を確認してみましょう。
皮をむいてみて、実がいつも通りなら、もちろん食べることができます。

ですが、いつもと違う匂いや硬さであれば注意しましょう。

ちなみに、バナナの実がところどころ黒くなってしまう、そんな経験のある人は多いはずです。

それは、バナナに衝撃が加わり、その部分の細胞が壊れてしまっているからです。

細胞が壊れてしまうと、バナナのポリフェノールは酸化してしまいます。
このポリフェノールが酸化してしまうことで、バナナの実は黒くなってしまうのです。

バナナの実が黒くなってしまう原因は、それだけではありません。

実が黒くなってしまう理由として、皮と同様に、低温障害も挙げられます。
冷蔵保存で、細胞が壊れてしまい、ポリフェノールが酸化することが原因です。

バナナの黒い皮や実が気になる人は、保存温度だけでなく、バナナに物が当たらないよう気をつけましょう。

バナナにできる黒いポツポツは?

黒いバナナより黄色いバナナの方が、美味しそうに見えると思う人は少なくありません。
そう思ってしまうのもわかりますが、なかには、そうではないこともあります。

それが、バナナの黒い(茶色い)ようなポツポツです。

バナナ全体が黒くなるのではなく、ポツポツの黒い点がバナナに出るのです。

この黒いポツポツは、「シュガースポット」と言います。
シュガースポットが出ているバナナは、熟しているという証拠なのです。

そのため、より甘くて美味しいバナナを食べることができます。

シュガースポットを痛んで黒くなったと、勘違いしてしまう人もいますよね。

しかし、この黒い点が出ているバナナこそ、美味しいバナナなのです。

シュガースポットのことを知っておけば、バナナの美味しい食べ頃に気付くことができますね。

ちなみに、黒くなったバナナを食べるのが不安なら、捨てる前に皮をむいてみて確認しましょう。

バナナの皮の見た目で、中の実を確認することはできません。
皮は黒くても、実はそうでないことも、たくさんありますよ。

皮の黒いポツポツ「シュガースポット」の効果

先ほどもお伝えしましたが、バナナの皮の黒いポツポツは、シュガースポットと言って、バナナが熟したときに出る証拠です。

シュガースポットが出ているバナナは、甘く美味しくなるだけではありません。

それ以外にも、嬉しいことがあるのです。

それは、免疫力が高まるということです。

シュガースポットが多いバナナと、そうではないバナナを比べると、その差は驚きです。

なんと、そうではないバナナの8倍もの免疫増強効果があるのです。
同じバナナなのに、8倍も違うことに驚く人は多いでしょう。

同じバナナを食べるなら、シュガースポットが増えたバナナを美味しく食べて、免疫力アップに繋げたいですよね。

では、シュガースポットの多いバナナで、免疫力が上がるのはどうしてなのでしょうか。

シュガースポットのあるバナナは、ある物質を増やす効果を持っています。

その物質とは、TNF(腫瘍壊死因子)と言われる物質です。

TNFとは、リンパ球などの細胞から分泌される、腫瘍の細胞を壊死させる働きのある物質です。

これが活性化されることで、免疫力が高まると言われています。

バナナを長持ちさせる方法①

バナナは、結構すぐ黒くなってきますよね。
そんなバナナを、2週間長持ちさせる方法をご紹介します。

黒い皮になってしまったバナナには効果がないので、黄色い皮のバナナを使ってください。

①まずは、バナナを房から外し、1本1本バラバラの状態に切り離します。

②次は、40~50℃のお湯にバナナを皮はむかずに、5分間つけます。
(沸騰したお湯とお水を半分ずつ合わせると、だいたい40~50℃になります。)

③5分後にお湯から出したら、1時間以上は室温で置いておきます。

④ポリ袋などに入れて、冷蔵庫(野菜室)で保存しましょう。

なぜ、これでバナナが長持ちするのか、気になる人もいると思います。

バナナにとって50℃は、強いストレスを感じる温度です。

この強いストレスを短時間(5分間)与えることは、ショックを与えることにもなります。

ショックを与えられたバナナは、これ以上熟そうとするのを止めるのです。
バナナが熟すのを止めるので、2週間もバナナが長持ちするのですね。

また、お湯につけることで、バナナの甘みも増して美味しく食べることができます。

バナナを長持ちさせる方法②

バナナを長持ちさせる方法は、ほかにもあります。
もちろん、この方法でも、黒い皮になってしまったバナナではなく、黄色い皮のバナナを使いましょう。

買ってきてからすぐに、この方法で保存することをおすすめします。

①まずは、先ほどと同様にバナナを房から外して、1本1本の状態にします。

②バナナの柄を、ラップでしっかりと巻きましょう。

③その上から、さらに、バナナ全体をラップで巻きます。

④そして冷蔵庫の野菜室で保存すると、より長持ちします。

とっても簡単なので、バナナをお湯にくぐらせる方法が面倒だという人は、こちらがいいかもしれませんね。

では、なぜ、ラップに包むだけでバナナが長持ちするのでしょうか?

バナナがすぐに熟して黒くなってしまうのは、バナナが放出する「エチレンガス」が原因です。

さらに、バナナを房のままでまとめておくと、お互いがお互いのエチレンガスを吸収してしまうのです。

ラップをで包んであげることで、エチレンガスの放出・吸収を抑えることができるのです。

バナナが黒くなってしまう理由

バナナが黒くなってしまう理由は分かりましたか?

バナナ全体が黒くなってしまうのと、バナナの黒いポツポツの原因は違う理由だったのです。

上手にバナナを冷蔵で保存したいなら、長持ちさせる方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 - その他食材