バレンタインはティラミスを贈ろう☆簡単に作れる裏ワザ4選

バレンタインと言えばチョコレートが定番ですが、実は甘いものが苦手という男性も少なくありません。

そんな相手にピッタリなのが、コーヒー風味を効かせた大人のデザート「ティラミス」です。

お菓子作り初心者の人でも簡単に真似できる裏ワザを使って、美味しいティラミスを作ってみましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

皆さんは何位?きゅうりの漬物やっぱり1位?その食べ方は?

人気のあるきゅうりの漬物ですが、漬物にランキングをつけるとしたら、きゅうりの漬物は何位なのでしょう...

トラウトサーモンと鮭は違う魚だった?!その違いとは?

食卓でもおなじみの鮭ですが、スーパーに行くと、いろいろな名前の鮭が売られていますね。鮭・サー...

冬こそ味噌ラーメン 本格レシピも人気のちょい足しもご紹介

味噌ラーメンと聞いて冬を思い浮かべる方もいるでしょう。寒い冬にコクのある味噌ラーメンは身体を...

トマトの種を発芽させる条件は?種の蒔きどきや方法について

トマトの自家栽培をしている方、たくさんいらっしゃいますよね。トマトを苗からの生育ではなく、種か...

オクラを栽培しよう!夏バテの人に相性抜群の和風レシピは?

この夏は、家庭菜園をしてみたいな…でも、どの野菜がいいんだろう?なんて思っている人はいません...

味噌汁の基本的なレシピ!いりこだしってどうやって使うの?

日本人であるなら、毎日の食卓に欠かせないのが味噌汁。だしのひき方や具材の組み合わせなどのレシ...

バナナ一本の重さはどれくらい?~バナナの種類と栄養~

手軽に手に入れられて、朝食の代わりに、ちょっとしたおやつに便利な食品「バナナ」。多くの人に愛...

冬が旬のどんこ鍋とは?味噌を使ったどんこレシピをご紹介!

どんこ鍋は食べたことありますか?しいたけの傘が7分開きにならないうちに採取したもののこと...

よりおいしくなる!味噌汁に合うナスの切り方とは?

日本の食卓に欠かすことのできない味噌汁。どんな食材にも合うので、旬の野菜などを入れて食べると...

昆布の佃煮の作り方は?冷凍可能?アレンジレシピは?

ご飯によく合う昆布の佃煮。おいしいだけでなく、ビタミンやミネラルなどの栄養を、バランスよく含...

味噌汁と雑炊のレシピ&味噌汁を使った雑炊のレシピをご紹介

和食の定番と言ったら、白いご飯と味噌汁が挙げられます。また、お米を炊いた白いご飯がメインです...

味噌鍋で温まろう!味噌鍋の具に使う肉の種類別レシピ!

毎年やってくる寒い冬。寒さを感じると「体を芯まで温めたい」と思いますよね。そんなときにも...

ホットケーキミックスでおやつ。電子レンジ調理法と調理時間

ホットケーキミックスは家に常備しておくと、ホットケーキ以外にも様々なおやつに展開できて、とても便...

バナナの一本の値段から見える経済。価格差は味の違いなの?

バナナのスーパーの平均価格はいくらでしょうか?そんな疑問はありませんか?コンビニでは、朝食代...

牛乳や生クリームで作るお菓子のレシピは?

牛乳や生クリームで作るお菓子、美味しいですよね。お菓子の生地に牛乳や生クリームを入れることでコク...

スポンサーリンク

ティラミスとは?まずは基本をおさらい

世の中にはスイーツ男子がいる一方で甘いものが苦手な男性も多くいます。

そんな甘いものが苦手な男性へのバレンタインの贈り物をどうしよう…と悩んだ時には、コーヒーの苦さとクリームの甘さが絶妙なティラミスがオススメです!
本格的な味や見た目とは裏腹に混ぜるだけで簡単に作れます。

イタリアのデザートである「ティラミス」は1990年代に日本でも大ブームが起き、今ではすっかり定番のスイーツとなりました。
イタリア語では「Tira mi su」と表記し「私を元気にして!」と訳され、食べると美味しくて元気になれるデザートとして本場イタリアでも昔から愛されています。

ティラミスの基本材料はマスカルポーネ、卵、砂糖、エスプレッソコーヒー、サヴォイアルディ(ビスケット)ととてもシンプルです。
作り方も混ぜ合わせて冷やすだけと簡単なので、イタリアの家庭でもよく作られています。

中でも欠かせないのが「マスカルポーネ」でイタリア原産のチーズです。
マスカルポーネは乳脂肪分を固め水分を抜いただけのフレッシュチーズで、固めに泡立てた生クリームのような滑らかな口当たりと、コクがありながらさっぱりとした味わいが特徴です。
本場イタリアではティラミスに使う以外に生ハムと合わせたり、パスタのソースに使われています。

少し前までは日本で手に入りにくいチーズでしたが、最近は大きめのスーパーのチーズ売り場に国内産のマスカルポーネも置いているほど一般的になってきました。

もうひとつの「サヴォイアルディ」とはスポンジケーキとクッキーの中間のような軽い食感のイタリアのビスケットです。
そのまま食べても美味しいですが、たっぷりとコーヒーが染み込んだヴォイアルディとマスカルポーネクリームの相性は抜群です。
イタリアではスーパーでも売られていますが、日本ではあまりなじみがないかもしれません。
手に入らない場合は普通のスポンジケーキなどで代用可能です。

バレンタインにオススメの簡単ティラミス!サヴォイアルディはスポンジケーキで代用

本場イタリアではティラミスに「ビスコッティ・サヴォイアルディ」というフィンガービスケットを使います。
分類としてはビスケットですがサックリ&ふんわりしていて、スポンジケーキとビスケットの中間のような食感が特徴です。
イタリアのスーパーでは普通に売られていますが、日本ではあまり見かけません。

サヴォイアルディを作ることもできますが、卵白でメレンゲを作り卵黄と粉類を混ぜ合わせ、1本ずつ絞り出してから焼き上げる…と少し手間がかかります。
バレンタインで手作りする時はなるべく簡単に美味しく作りたいですよね。

そこで代用品としてオススメなのがスポンジケーキやカステラです。
スポンジケーキやカステラなら普通のスーパーにも置いてあるので、買ってきてすぐ作ることができます。

スポンジ(またはカステラ)は1~1.5cmくらいの厚さにスライスし、容器の形に切っておきます。
切れ端を組み合わせて容器に敷き詰めるような状態でも大丈夫です。
そこにコーヒーシロップをたっぷりと染み込ませマスカルポーネクリームと交互に重ねていけば、あっという間にティラミスの完成です。

スポンジケーキやカステラで代用する時の注意点は2つです。

1つ目はスポンジもカステラもそれ自体に甘みがあるため、コーヒーシロップやマスカルポーネクリームの甘みを抑えるなどして、全体の味を調整するとより本格的なティラミスに近づきます。

2つ目はカステラの下の茶色い部分(ザラメの部分)は避けた方が食感がよくなるでしょう。

コーヒーが染み込んだスポンジやカステラはホロホロと口の中でほどけるような食感で、柔らかいクリームとよく合います。
簡単なのに本格的な味わいのティラミスが作れますよ。

簡単ティラミスをバレンタインに!サヴォイアルディは市販のビスケットで代用

甘いものが苦手な男性にも喜ばれること間違いなしのティラミス、バレンタインに手作りするなら簡単に美味しく作れる方法がいいですよね。

手間のかかるサヴォイアルディの代用アイディア2つ目はビスケットです。
お店で売られている昔ながらの丸いプレーンビスケットでも美味しいティラミスを作ることができます。

ビスケットはそのままでも砕いてもOKです。
そのままの状態で使う場合コーヒーシロップが染み込みにくいので、長めにシロップに浸しておくと中までしっとりします。
ビスケットを砕いて使う時には小さくなりすぎないように注意しましょう。
あまりボロボロのビスケットだとコーヒーシロップを吸い過ぎてべちゃべちゃになってしまいます。

また加えるシロップが多すぎてもビスケットが溶けたようになってしまうので、全体がしっとりする程度が適量です。

プレーンビスケット以外に全粒粉入りやココア味のビスケットを使うとまた違った味わいになって新感覚のティラミスになります。
ただしクラッカーはビスケットよりも水分を吸いやすくドロドロになってしまうので代用には向きません。

スポンジやカステラ同様、ビスケットも甘みがあるのでコーヒーシロップやクリームの甘さを控えるとバランスがとれます。
サヴォイアルディよりもビスケットの方が食感がサクサクしているので、滑らかなマスカルポーネクリームと合わせるといいアクセントになるでしょう。
ぜひ一度お試しください。

バレンタインにオススメティラミス!マスカルポーネはクリームチーズで代用

イタリアの定番スイーツ、ティラミスに欠かせない材料である「マスカルポーネチーズ」は熟成させないフレッシュチーズで、コクと甘みがあり滑らかな食感が特徴です。
スーパーなどでも見かける機会が増えてきましたが、手に入らないこともあるでしょう。
そこでマスカルポーネに代わる食材を2つ紹介します。

1つ目はマスカルポーネチーズよりも手に入りやすい「クリームチーズ」です。
クリームチーズはお菓子作りでもよく使われるので馴染みがあるでしょう。

クリームチーズを常温に戻して滑らかにしてから、砂糖や生クリームなどの材料を混ぜ合わせていきます。
クリームチーズが冷えて固いままだとダマになり残ってしまうので、予め柔らかくしておくのが滑らかに仕上げるポイントです。
急いで作りたい時にはレンジに20~30秒ずつかけ、柔らかくしましょう。
さらに生クリームなどの水分は少しずつ加えるとダマになりにくくなります。

マスカルポーネとクリームチーズはどちらも熟成させないフレッシュチーズですが、味わいに違いがあります。
マスカルポーネは酸味が少なくチーズというよりは生クリームに近いような味わいですが、クリームチーズは酸味も程よくありチーズの味が濃厚です。
よってクリームチーズで作るティラミスはチーズ感が強くより濃厚な仕上がりになります。
マスカルポーネで作る時よりもコーヒーを濃い目にしたり、クリームを気持ち少なめにするとバランスよく仕上がります。

濃厚な味わい&チーズ好きの男性のバレンタインにはクリームチーズを使った簡単ティラミスはいかがですか?

マスカルポーネは水切りヨーグルトで代用

マスカルポーネの代用食材1つ目はマスカルポーネと同じフレッシュチーズのクリームチーズでしたが、2つ目は水切りヨーグルトです。

水切りヨーグルトとは名前の通りヨーグルトの水分を切ったもので、旨みが濃縮されコクとまろやかさがアップします。
味わいはクリームチーズやサワークリームに近いですが、よりさっぱりとしていてカロリーも抑えられるといった嬉しいメリットがあります。
またヨーグルトには乳酸菌も含まれていてお腹の調子を整える働きも期待できるでしょう。

水切りヨーグルトはキッチンペーパーを敷いたザルにヨーグルトを入れ、冷蔵庫で一晩(6時間以上)置いておけば簡単に作ることができます。
急ぐ場合はヨーグルトの上に重しを乗せるといいでしょう。
作った水切りヨーグルトに砂糖やハチミツで甘みを加えるだけで簡単にクリームの完成です。

マスカルポーネやクリームチーズに比べさっぱりとしているので、泡立てた生クリームでコクをプラスするとさらに本格的な味になります。

甘いものは食べたいけれど体重を気にしている…という男性へのバレンタインにぴったりの水切りヨーグルトティラミスをぜひお試しください。

いつもと違う味わいも!ティラミスの簡単アレンジ術

バレンタインに使えるティラミスの代用アイディアを4つ提案しましたがいかがでしたか?

なかなか手に入りにくい材料も身近なもので代用できれば、いつでも簡単に美味しいティラミスを味わうことができますね。

チーズクリームとコーヒーが相性抜群のティラミスですが、色々なアレンジも楽しめます。
今回は2つのアレンジ方法を紹介します。

まず1つ目は大人向けのアレンジで、リキュールを代えてみることです。
お酒が苦手な人や子どものために作る場合にはお酒は省略可能ですが、大人の男性へのプレゼントならリキュールにこだわってみると面白いでしょう。

本場イタリアでは「マルサラ酒」という甘口のワインが使われることが多いですが、ラム酒やコアントローでも美味しく作れます。
ラム酒はサトウキビで作る蒸留酒で甘い香りが特徴です。
コアントローはオレンジの風味がするリキュールで、爽やかな香りがチーズとよく合います。
他にもブランデーやキルシュなどリキュールの種類は様々なので、作り比べてみるとお気に入りが見つかるでしょう。

2つ目はフルーツを使ったアレンジで、特にオススメのフルーツはいちごとオレンジです。
いちごティラミスは甘酸っぱさが癖になる味わいで、チーズの白といちごの赤で見た目も可愛らしくなりバレンタインにぴったりです。
いちご以外のベリー系もチーズとの相性がいいのでぜひお試しください。
オレンジなどの柑橘類を使うとすっきりとした味わいになり、より大人向けのスイーツに変身します。
いちごもオレンジもクリームを作る時にジャムを加えると簡単にアレンジが楽しめますよ。

他にも定番の抹茶や香ばしいキャラメル、かぼちゃ、ナッツなどアイディアは広がります。
基本がシンプルだからこそ楽しめるティラミスのアレンジに色々挑戦してみてくださいね。

簡単なのに本格的な味わい☆バレンタインはティラミスで決まり

大人の男性へのバレンタインにオススメのティラミスは、簡単に作れるのに味わいは本格的なお助けスイーツです。

グラスや透明なカップで作ると層になった見た目がお洒落でよりプレゼント向きになりますよ!

有名店のチョコレートもいいけれど、簡単に手作りできるティラミスを贈ってみませんか?