見た目も可愛いチョコレートのお菓子!マーブル模様の作り方

皆さん、チョコレートって好きですか!?

小さい子どもから大人まで、チョコレートが好きな方って沢山いらっしゃいますよね。

今回は、チョコレートを使ったお菓子&マーブル模様の作り方をご紹介します。

マーブル模様にすることで、手作りお菓子の可愛さやオシャレさがグンっとアップすること間違いなしですよ。
ぜひ、作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家庭菜園でスイカ栽培のコツ、受粉をしっかりしましょう

家庭菜園を行っている方も多いのではないのでしょうか?今回は、夏の風物詩「スイカ」についてです。...

身体の芯から温まるもつ鍋味噌スープの美味しいレシピを紹介

寒い日が続くと身体の芯から温まるものが食べたくなります。当然増えるのは、鍋料理です。その...

ヘルシー&ダイエットに有効!味噌ちゃんこ鍋のスープレシピ

寒くなると親しい友人や家族と囲みたくなるのが、鍋ですね。スープは体が温まり、作り方も簡単で、...

ぶりの味噌焼きで美味しく健康に!味噌焼きレシピもご紹介

ぶりの味噌焼きはごはんにもお酒にもよく合いますね。味噌焼きにすることで、味噌のこってりと...

肉の味噌漬けや魚の西京漬けの作り方!冷凍保存もできて便利

たくさんの魚や肉が手に入ったり、使いきれずに余ってしまったら、味噌漬けにしてみませんか?保存...

味噌漬けに挑戦しよう!豚肉はどのくらい日持ちする?

味噌漬けにされている豚肉などを目にしたことがありますか?ご家庭で焼くだけで立派なおかずになる...

バナナが輸入される時は緑色?!熟し具合で味も栄養も変わる

そのまま食べても美味しいバナナ。店頭に並んでいるバナナは、どれも黄色のバナナですよね。で...

どんな味噌汁の具であれば健康的に作れるの?食材別にご紹介

和食の汁物として定番の味噌汁は、発酵食品として、健康によいおなじみ料理です。みなさんは、どの...

トウモロコシ栽培の天敵!アワノメイガの防除と対策について

トウモロコシを栽培するのであれば、アワノメイガを知っておかなければなりません。アワノメイガは...

白菜とキャベツの違いって?特徴や栄養などに違いはあるの?

白菜やキャベツの違いについて皆さんはご存知ですか?白菜やキャベツは食卓によくでる食材ですよね...

甘酒は米麹を発酵させて作れる!自家製甘酒のアレンジレシピ

よく、初詣などで振舞われる甘酒。寒い冬に外で飲むと、美味しいですよね。そんな甘酒ですが、実...

オーガニックガムシロップの様々な用途とは?料理もご紹介!

アイスコーヒーやアイスティーのお供として、ガムシロップは馴染み深いですね。健康志向が強い最近...

豚肉を使った健康効果のある味噌汁レシピ!厳選6種をご紹介

みなさんは、味噌汁は毎日食べていますか?冬には体が温まり、夏は水分と塩分補給になります。...

知らなかった!?ヨーグルトを作る生物の役割と効果

ヨーグルトを作るのに、必要な微生物である乳酸菌。普段、ヨーグルトを食べていても、特に気にするこ...

トマトを食べよう!手作りトマトソースで長期保存できます

トマトは栄養たっぷりで、積極的に食べたい野菜のひとつですね。トマトをたっぷり使った手作りトマ...

スポンサーリンク

チョコレートの原料・カカオの持つ効果とは?

お菓子作りって楽しいですよね。

今回の記事は、チョコレートを使ったマーブル模様の作り方についてご紹介しますが、まずはチョコレートの原料・カカオの持つ体への効果についてお話しします。

カカオは、ストレスを軽減してリラックスしたい、便秘がちである、生活習慣病予防したい方に特にオススメです。

では、どんな効果があるのか細かく見ていきましょう。

☆リラックスできる

カカオ豆に含まれるテオブロミンという成分には、血行を改善して緊張を緩和する効果があります。
さらに、カカオポリフェノールにはストレスを軽減し、気持ちをリラックスさせる効果が期待できます。

☆便秘解消

カカオには、食物繊維が多く含まれています。
食物繊維は、腸内の不要な老廃物を排出する働きを持っています。

また、食物繊維は善玉菌のエサになるため、その結果、善玉菌も増えて腸内環境を良い状態に整えてくれます。

☆動脈硬化予防

カカオポリフェノールには、抗酸化力があります。
悪玉コレステロールの酸化を防止し、動脈硬化などの生活習慣病予防に効果が期待できます。

チョコレートのお菓子作りに使用するものは体に優しいものを選ぼう

お菓子作りに使う材料のチョコレートは、可能な限り体に優しいものを使いたいものです。

<体に優しいチョコレート選びのポイント>

☆老化防止に効果的!ポリフェノールが多く含まれているカカオ70%以上のもの

チョコレートを購入する際には、裏のラベル表示を見てみましょう。

チョコレートには、チョコレート菓子と準チョコレート菓子があります。

準チョコレート菓子には、カカオが約20%ほどしか含まれていません。
カカオが70%以上の製品は、表面に何%と記載されているものが多いので、意識して見るようにしましょう。

☆食品添加物が使われていないもの

食品添加物が入っていないものを探してみましょう。

自然な素材のみで作られているチョコレートには、多量に摂取すると体への害が不安なものは使われていません。

☆砂糖の使用量が少ないもの

精製された白い砂糖の過剰摂取はイライラしたり、体のだるさの原因になることもあります。
可能な限り砂糖の少ないものや、デーツなどの自然の甘みのものを選ぶようにしましょう。

次は、マーブル模様のチョコレートの作り方についてご紹介します。

簡単!マーブル模様のチョコレートの作り方

ここでは、まずマーブル模様のチョコレートの作り方をご紹介します。

☆材料(20cm角の焼き型1台分)

・ブラックチョコレート 4枚(200g)
・ホワイトチョコレート 4枚(160g)
・テンパリング用(ブラックチョコレート用)
・ピュアココア 6g
▲ホワイトチョコレートのテンパリングにココアは使いません。

<下準備>
 
チョコレートはそれぞれ細かく刻み、ボウルに入れて、約50~55度のお湯で湯せんにかけて溶かし、テンパリングしておきましょう。

このとき、ブラックチョコレートやホワイトチョコレートでテンパリング方法が違うので気をつけてください。

型には、オーブンシートを敷いておきます。
 

1)テンパリングしたブラックチョコレートを、オーブンシートを敷いた型の全部に広がるように流し入れます。

型を何回か台に打ちつけて、表面をならしましょう。

落とす場所は特に決まっていませんが、スプーンなどを使ってテンパリングしたホワイトチョコレートを落とし、竹ぐしを使ってスーッと線を引きましょう。

そうすると、マーブル模様が描けます。
 

2)再度、表面を平らにし、冷蔵庫で30分から1時間冷やし、固まったら完成です。

バナナとチョコレートは相性抜群!マーブル模様のチョコバナナケーキの作り方

バナナとチョコレートって、相性抜群ですよね。

マーブル模様のチョコバナナケーキの作り方をご紹介します。

☆材料 (21×8×5cmのパウンド型1台分)

・無塩バター 100g
・グラニュー糖 60g
・卵黄 3個
・薄力粉 100g
・ベーキングパウダー 小1

・卵白 2個
・グラニュー糖 40g
・製菓用のチョコレート 40g
・バナナ 1本
・ラム酒 大さじ4から5
・型にぬる用のバター 10g
・型にふるう用の強力粉 適量

1)チョコレートは湯せんで溶かし、薄力粉とベーキングパウダーはふるっておきます。

2)常温バターがクリーム状になったら、グラニュー糖、卵黄を1個ずつ加えて、よく混ぜます。

3)薄力粉とベーキングパウダーを加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。

オーブンを170度、45~50分予熱します。
型の内側にバターと強力粉を薄くつけ、余分な粉は取ります。

4)卵白を混ぜ、グラニュー糖を加え、ツノが立つメレンゲを作ります。

5)3の生地にメレンゲの1/3を入れ、よく混ぜたら残りのメレンゲも入れます。

6)溶かしたチョコレートを加えて軽く混ぜます。

7)バナナに強力粉をからめ、型に6の半量を入れたら、真ん中にバナナをのせます。
残りの生地もバナナを包むように入れましょう。

8)表面を平らにして、真ん中をへこませて、180度のオーブンで45~50分焼いたら完成です。

マーブル模様が可愛い!チョコレート入りチーズケーキの作り方

ここでは、マーブル模様が可愛いチョコレート入りのスティックチーズケーキの作り方をご紹介します。

☆材料(15cm×9cm型2個分)

・ミルクチョコ 50g
・クリームチーズ 100g
・砂糖 15g
・生クリーム 100ml
・卵 1個
・薄力粉 12g
・レモン汁 適量
・ビスケット 45g
・バター 30g

1)クッキングシートを使って、15×9cmの型を2個作りましょう。

2)ビスケットを細かく砕きます。

3)600Wの電子レンジでバターを30秒間温め、ビスケットと混ぜます。

4)型に入れ、スプーンなどで平らにします。
その後、ラップを巻いたコップで押します。

5)室温に戻したクリームチーズを練ったら、砂糖を入れ混ぜます。

6)そこに卵を入れ、また混ぜます。

7)薄力粉を茶こしでふるい入れ、混ぜます。

8)生地も茶こしでこします。

9)生クリームを少量ずつ入れ、混ぜたらレモン汁も入れます。

10)チョコを湯せんして溶かします。

11)クリームチーズ生地を1/4くらい入れ混ぜます。

12)クリームチーズ生地を型に入れます。

13)部分部分にチョコ入り生地を入れ、爪楊枝を使って軽く混ぜます。

14)160℃に予熱したオーブンで20分間焼きます。

15)冷蔵庫で一晩冷やし、スティック状にカットしたら完成です。

チョコレートを使ったお菓子などをオシャレにラッピングする方法

ここまで、チョコレートを使ったお菓子の作り方をご紹介してきました。

お菓子にマーブル模様をつけるのもオシャレですが、ラッピング次第で、さらにオシャレにすることが可能です。

最後に、オシャレに見えるラッピング例をご紹介しますね。

☆透明フィルムとレースペーパーを使う方法

<材料>

■透明フィルムまたは透明な袋
■ワックスペーパー
■レースペーパー
■麻紐や毛糸

◎作り方

1)透明フィルムにワックスペーパーと、手作りしたお菓子を入れます。

2)透明な袋の口を裏側に折り返し、そこにレースペーパーをかぶせ、ホッチキスや両面テープなどを使ってとめます。

3)麻紐などを結び付けて完成です。

☆オシャレ見せさせるには透明な袋は必需品!長細いお菓子にも使える

カットしていないパウンドケーキやロールケーキも、透明な素材を使って可愛く変身させちゃいましょう。

<準備品>

■透明な袋
■紐やリボン
■シール

1)パウンドケーキやロールケーキを透明な袋で包みます。

2)紐やリボン、シールなどを使ってアレンジしてみましょう。

3)完成したら、上からレースペーパー・ワックスペーパー・英字新聞などで包むと、さらにオシャレ度アップです。

チョコレートでマーブル模様を作ってみよう

マーブル模様のマーブルって、大理石という意味だとご存知でしたか。

流れるような形を複数の色で幾重にも重ねたり、練り込んだように見えるので、とてもオシャレで素敵ですよね。

そんなマーブル模様の作り方をマスターして、いつもの手作りチョコレートやケーキなどに活用してみましょう。