家で焼肉!普段のメニューが本格焼肉の味になる!?

お家で焼肉をするという方は、なにか美味しくなるために気を付けていることはありますか?

今回はいつものメニューでも、美味しくなる焼肉の方法を紹介したいと思います。
一度やったらやめられない、家焼肉の方法を知ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

てんさい糖と上白糖を比べる!甘さと成分の違い

砂糖には、一般に上白糖をはじめとするサトウキビから作られるものと、てんさい糖と呼ばれる甜菜を原料...

家庭菜園でトマト栽培!わき芽かきや摘芯・剪定のポイント

家庭菜園で育てた野菜は、一段とおいしく感じますよね。トマトは育てやすく、家庭菜園にもおすすめの...

たまねぎの栄養とは!生のサラダで辛いとき辛味をとるには?

たまねぎはサラダや炒め物など・・様々な料理に使える万能食材ですよね。どのご家庭にもある食材かと思...

味噌を使って鍋や炒め物に!うどんのレシピをご紹介

もちもちとした歯ごたえのうどんは日本人に馴染みの深いものでしょう。ひと口にうどんといっても、...

味噌汁の具の組み合わせ色々!大根と美味しい具で健康促進

味噌汁が美味しい季節ですね。皆さんは味噌汁の具といったら、どんなものが好きですか?味噌と...

ポップコーンを電子レンジで作れる!塩味以外にこんなものも

ポップコーンといえば映画館ですね。映画を観ながら片手にポップコーン、片手にコーラ…定番スタイ...

簡単!味噌豚丼の基本レシピと人気アレンジのご紹介

豚丼は豚肉の旨味と甘辛いタレがご飯と合って美味しいですよね。近年では豚丼は人気で、お店でも多く...

生クリームを使ったレシピ!美味しいアイスクリームの作り方

市販のラクトアイスには添加物のほか、トランス脂肪酸が含まれています。トランス脂肪酸は、心筋梗...

オリーブオイルは高カロリーで実は太るという噂の真相

オリーブオイルといえば、一般家庭に常備される植物油になりましたね。情報番組のお料理コーナーで...

バナナとキウイの家庭菜園での植え方を分かりやすく解説

バナナとキウイと聞くと、ネットで話題となっているキウイバナナを思い浮かべる方が多いと思います。し...

酸っぱいのに酸性ではなくアルカリ性食品な梅干しの栄養効能

梅干しって、食べると酸っぱさが口の中に広がりますよね。酸っぱいことから酸性食品だと、勘違いし...

エビに似ているオキアミとアミエビ。その違いは何?

かき揚げや、お好み焼きに入っている小エビが、エビじゃないということをご存知でしたか。料理だけ...

味噌炒めの味を決めるのはたれ!キャベツを使ったレシピ集

味噌炒めって簡単そうですが、作ってみるとなかなたれの味が決まらないこともありますよね。こちら...

お弁当にもおすすめ!果物の缶詰の冷凍デザートの作り方

お弁当で、主食の楽しみのほかに、もうひとつのお楽しみといえば、デザートですよね!デザートには...

かぼちゃの栄養と効能、レシピの紹介!簡単かぼちゃお菓子!

調理方法の多いかぼちゃは、多くのご家庭で使われる食材の1つですよね!かぼちゃに含まれる栄養は...

スポンサーリンク

家の冷凍庫にある肉で本格焼肉の下ごしらえ

家の冷凍庫に肉が残っているから、今日のメニューは焼肉。
でも上手に肉を解凍しないと、肉の旨味や栄養成分が肉汁になって流れてしまいます。

では、どうやったら美味しく肉を解凍できるのでしょうか。

肉を解凍するには、レンジで解凍・流水につけて解凍・自然解凍・冷蔵庫で解凍・氷水につけて解凍するといった方法があります。

どの方法が美味しく解凍できるのか、出てくる肉汁の量で比べてみました。

結果は肉汁量の多い順に、

レンジで解凍 > 流水につけて解凍 = 自然解凍 > 冷蔵庫で解凍 = 氷水につけて解凍
でした。

実は解凍するのにちょうどいい温度は0度前後です。
ですから、冷蔵庫のチルド室や氷水につけて解凍するのが一番です。

では、冷蔵庫と氷水と比べると、1人前300gの肉の場合、冷蔵庫約9時間、氷水約2時間と掛かる時間が全然違います。
この結果から早く解凍したいときは、氷水につけるのが一番よさそうですね。

そんな氷水での解凍の仕方です。
1)ボールの1/3くらい氷を入れ、水を入れます。

2)水が入らないように肉を密閉して、氷水につけます。

3)2時間くらいすると、肉と氷がちょうどいい状態に解凍されているはずです。

普段のメニューを美味しくする家焼肉もみダレ

家での焼肉に欠かせないのは、美味しいタレです。

普段のメニューより美味しくするもみダレの紹介です。

材料は、砂糖・大さじ2、しょうゆ・大さじ6、酒・大さじ1.5、みりん・大さじ1.5、リンゴ・1/6、ショウガのすりおろし・小さじ1、ニンニク・1かけ、レモン汁・小さじ1、ゴマ油・小さじ1、すりごま・小さじ1 です。

【作り方】
1)砂糖、しょうゆ、酒を耐熱ボールに入れて、電子レンジの600Wで1分・500Wで1分10秒ほどチンします。
このとき、沸騰しないよう気をつけてください。

2)みりんを加えて、よく混ぜ、完全に冷まします。

3)冷めたら、すりおろしたリンゴ・ショウガ・ニンニク、レモン汁を加えて混ぜます。

4)ごま油、すりごまを入れたら、ラップをかけて冷蔵庫で半日以上寝かせます。
寝かせることで角がとれてまろやかになります。

※ふたをして冷蔵庫に保存すれば1週間持ちます。
それ以上の保存する場合は、ジップロックに入れて冷凍してください。

もみダレに漬ける時間をメニューで変える

できあがったもみダレに肉を漬けましょう。
漬ける時間は自分の好みで変えます。
あっさりした焼肉が好みなら短めで、こってりなら長めにつけます。

家での焼肉だからできる、好みの味を探してみてはどうでしょう。

また、肉の質によっても漬ける時間は変えたほうがいいです。
もみダレに入れたリンゴのすりおろしには、肉を柔らかくする効果があるからです。
固い肉や赤みが多い肉は半日~1日、脂が多めの柔らかい肉なら1時間~3時間が目安です。

上にあげた漬け時間は絶対ではなく目安ですので、自分の好みにぴったりあった漬け時間を見つけてくださいね。

焼肉以外の肉を使ったメニューでも、リンゴのすりおろしで肉を柔らかくすることは応用できます。
例えば唐揚げを作るのにも、下ごしらえの味付けにリンゴのすりおろしを入れてみませんか。
ちなみにリンゴのすりおろしが肉を柔らかくするのは、リンゴにリンゴ酸という成分が含まれているからです。

また、リンゴ酸には肉を柔らかくするだけでなく、疲労回復を促すクエン酸サイクルを活発にしたり、におい成分を分解したりする作用もあります。

家で本格焼肉をするための焼肉プレート

家でのご飯のメニューに焼肉をするとき、どんな焼肉プレートを使えばいいのでしょうか。

焼肉プレート選びのポイントは、なによりも美味しく焼けるかどうかです。
そのためにはプレートが十分な温度に上がるかどうかが重要です。

温度が低いと、旨味が流れ落ちてしまいますし、肉が固くなってしまいます。
電気式のホットプレートは温度調節ができていいように思えますが、一度に肉を何枚も乗せると温度が下がることもありますから、気をつけてください。

反対に強すぎる温度・火力もいけません。
特に肉に直接火が当たると、肉がすぐに焦げてしまうばかりか、ガスのにおいもついてしまいます。
網を直火において焼くのはやめておいたほうが無難ですね。

また、溝がついているなど、脂が溜まらないような構造のプレートがオススメです。
フライパンや平らなホットプレートですと、溶けた脂のせいで脂っこくなってしまいます。

ふっくらと肉を焼きたいのなら、炭火で焼肉をすることですが、家でそれは難しいでしょう。
その場合、炭火と同じ効果の遠赤外線効果のあるプレートを選ぶといいでしょう。

焼肉プレート選びで欠かせないこと

焼肉プレートを選ぶときに、チェックしておいたほうがいいことがあります。

まず、脂を焦がさないタイプかどうかです。
肉の脂が焦げると、あの白い煙が出てきます。
煙を吸い込むタイプのプレートも出てきてはいますが、家で焼肉をするなら、あまり意味がありません。
吸った煙は消えるわけでなく、結局は家の中に出てくるのですから。

では焼肉店はどうなのといえば、焼肉店の無煙ロースターは吸った煙を外に排出しているので、店の中が煙だらけになっていないのです。

次にチェックしたいところは、後片付けが楽なタイプかどうかです。
ホットプレートのようなフラットなタイプですと、脂が溜まって周りに油はねがします。そうなると、食べた後、プレートだけでなく周りの掃除も大変です。
ですから脂が溝などから流れるタイプを選びましょう。

プレートがそのまま洗えるタイプかどうかも確認してください。
肉を焼けばプレートもべとべとになりますから、プレートだけまるごと水洗いできると便利です。

最後に重要なのは、かさばらないかどうかです。
焼肉がメニューの日が毎日続くわけではありません。
かさばらずにしまっておけるかどうか、出し入れが楽かどうかは要チェックです。

普段メニューが変わる!美味しい焼き方法

家での焼肉を豪華メニューに変える焼き方を紹介します。

肉のどの部位でも、焼く前にプレートをしっかりと熱して焼くことです。
十分に温まっていない状態で焼き始めると、肉汁がこぼれて旨味も流れてしまいます。
肉汁には旨味がぎゅっと詰まっていますから、肉汁をこぼさないことが美味しく肉を焼くコツなのです。

かといって、熱しすぎるのも焦げてしまって不味くなります。
プレートの上に箸から水を垂らすと、ジュッと蒸発するくらい、150~200℃が焼くのにちょうどいい温度です。

肉を焼くときに気をつけたいことは、食べる箸と焼くのに使う箸を別々にすることです。
O157など、食中毒の原因になる細菌は、肉の表面に繁殖しています。
75℃以上の熱で焼けば死滅してしまうので、安心して食べてもらって大丈夫ですが、生肉をはさんだ箸でそのまま焼いた肉を食べれば、口の中に細菌が入ってしまいます。

ですから、絶対に食べる箸と焼く箸を同じにしてはいけません。

少し手間をかけるだけで家焼肉がもっと美味しい

今回は、お家でする焼肉を格段に美味しくする方法を紹介しました。

毎回焼肉店に行くのはちょっと…と考えられている方は、紹介したこの方法でお家焼肉をしてみてはいかがでしょうか?

普段のお肉が焼き肉店の味のようになれば、とっても嬉しいですよね。