ホイップした生クリームってどうやって保存する?

デコレーションケーキに欠かせないホイップ生クリームですが、ケーキを作ったけど、少し余ってしまったなんてことありませんか。

他の料理に使おうかな、と思っていたのに、すぐに冷蔵庫の中でダメになってしまいますよね。

そんなときに使えるテクニックがあります。

ホイップ生クリームは、何と冷凍保存が出来るのです。

今回は、その方法についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

きゅうりを使ったいろいろレシピ!大量消費で大助かり

夏野菜の定番と言えば、きゅうりですね。スーパーで安く手に入る夏に、たくさん食べたい野菜です。...

バナナとお米のカロリーの違いと栄養素の違いを比較しました

バナナとお米のカロリーって少し気になりますよね。両方とも主食として食べられている食材ですが、...

青唐辛子と麹でピリッと美味しい「おかず味噌」に!その発祥

唐辛子を使用した味噌と聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか?コチュジャンや豆板醤を連想する方...

味噌汁の作り方を工夫してあさりを美味しくいただこう!

あさりの味噌汁は、あさりの旨味と味噌のコクが一緒に味わえる一品です。より美味しいあさりの味噌...

柚子を使った味噌鍋は絶品!柚子の効果や活用法もご紹介

冬の柑橘類といえば柚子ではないでしょうか。香りもよく、薬味にしたり湯船に浮かべたりと活用方法...

もつ鍋に向いているのは、大腸?小腸?食べられる部位は?

暑い夏はビール、寒い冬は熱燗と。ご飯と一緒に食べるもつ鍋も美味しいですが、お酒との相性も抜群...

カレーなどの料理に使う牛肉が臭い!臭みを消す方法とは!?

簡単に作れる家庭料理としてあげられるのは、やはりカレーやシチューではないでしょうか?小さいお子さ...

美味しくてコクのある味噌鍋!スープのアレンジも豊富!

夕方以降に気温が下がる、寒い時期に食べたくなるのは鍋料理ですよね。今日の夕飯は、冷えた体もぽ...

「醤油チャーハン」の作り方!パラパラにする方法は?

健康に気を遣っていても、たまには香ばしさが食欲をそそる中華の定番メニュー「醤油チャーハン」を...

イカをさばいて刺身を作ろう!イカのゲソを使った塩辛レシピ

お寿司のネタとして定番のイカ・・・。イカを使った調理法って、刺身、煮物、焼物、揚げ物など本当...

秋の味覚!味噌汁の具材には旬のさつまいもがおすすめ

秋の旬と聞けば、さつまいもですよね。暑い夏が去り、少し寒くなった秋から冬にかけて、いろいろな...

夏バテにも効果的!?夏が旬の果物を使ってケーキを作ろう!

今年も暑い夏がやってきましたね。スーパーなどでは、夏が旬の果物が、沢山陳列されています。...

家庭菜園初心者におすすめ!6月に植える育てやすい野菜

プランターひとつ、小さなお庭があれば始められるのが家庭菜園です。もし、少しでも興味があるので...

クセになる濃厚な味!なすとひき肉のおいしい味噌チーズ焼き

夏野菜の代表であるなすとひき肉を用いた味噌チーズ焼きが人気です。意外に思われるかもしれま...

「うど」どうやって食べてる?味噌とマヨネーズ、夢の共演!

スーパーや八百屋さんで山菜が出回り始めると、春を感じますよね。栽培されている山菜で代表的なも...

スポンサーリンク

生クリームの保存ってどうしてる?

生クリームやホイップクリームはスイーツ作りには欠かせませんが、市販されている生クリームは、早く使わなくてはいけないと思っている人がほとんどではないでしょうか?

「生クリームは意外と賞味期限が長いよね」と思いますが、日持ちがするのは未開封の場合で、一度開封すると2~3日で使わなくてはいけなくなり、2~3日の間にケーキやお菓子も作らないので、使い切ることは難しく困りますね。

しかしそのような時、生クリームを冷凍保存することができるのです。
生クリームを冷凍すると1か月くらいは保存できますので、もうこれで慌てなくて済みますね。

未開封の生クリームの保存温度は3℃以下なので、冷蔵庫で保存しましょう。
また、生クリームの未開封の場合の賞味期限は、パッケージに記載してあり、種類にもよりますが、大体は1~2か月は持ちます。

適切に保存していれば、賞味期限ですので多少過ぎても問題はありませんが、味が落ちることがあります。
もし、そのような生クリームを開封して、分離していたり酸っぱいようなにおいがしている場合は。使用するのはやめましょう。

ホイップした生クリームは冷蔵保存できる?

生クリームが残ってしまったら、どのようにしていますか?

生クリームのパッケージの口を閉じて、パッケージごとラップに包むか、そのままパッケージをビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存するという人が多いと思います。
しかし、そのように保存しても生クリームは劣化してしまい2~3日で傷みます。

そんな時にオススメなのが、ホイップしてから冷蔵して保存することです。

生クリームを泡立てたホイップクリームは、冷蔵庫か冷凍庫で保存しますが、まずは冷蔵庫で保存する場合、生クリームの泡立てを7~8分立てまでにして、油分と水分が分離することを防ぎます。

生クリームの八分立てとは、泡だて器で生クリームを泡立てた時に、生クリームをすくって立った角の先が少し曲がるくらいの固さのことをいいます。
このように八分立てにしておくと、分離もしないので長時間保存できるのです。

保存方法は、タッパーなどの容器に入れるか、絞り袋に入れてからジッパー付きの袋に入れ保存しますが、ジッパー付きの袋がない場合はラップで包みましょう。
冷蔵庫で保存する場合の賞味期限は、当日から1日くらいです。

ホイップ生クリームは冷凍保存がオススメ

生クリームを冷凍する場合のポイントは、ホイップクリームで使う場合、生クリームを必ず泡立ててから冷凍にすることです。
生クリームを泡立てずにそのままで冷凍すると、油分と水分が分離してしまい泡立てることができなくなります。

ただ、パスタやカレーで使う時など、ホイップ感が必要ない料理で使う場合は、そのまま液体の生クリームで保存することもできます。

冷凍した生クリームを解凍しないで、冷凍のまま使いたい時の容器は取りだしやすいものがよく、シリコントレーが便利でオススメです。

形はプラスチックの製氷皿みたいですが、シリコントレーは凍ったものを簡単に押し出すことができます。

プラスチック製の製氷皿はひねったり叩いたりして出すので、凍った生クリームも壊れてしまう可能性もあるので、シリコントレーを使うとよいですね。

冷凍したホイップ生クリームのメリットは、長持ちすることで、正しい冷凍方法で1か月は持ちますし、いつも冷凍した生クリームがあるとお菓子作りや料理のレパートリーも広がります。
また、紅茶やコーヒーに入れたり、プリンやゼリーにトッピングをすれば、見た目も可愛く、味もクリーミーで美味しくなります。
手軽にケーキやお菓子も作れて時短にもなりますし、冷凍生クリームをそのままで食べるとアイスのように美味しいので、手軽なスイーツにもなります。

いつも冷凍庫に保存しておけば、パーティーや急な来客にも重宝しますね。

ホイップ生クリームの冷凍保存アイデア

ホイップ生クリームを冷凍保存する時のいくつかの方法を紹介します。

1.タッパーに入れて保存…
ケーキを作る予定がある場合など、冷凍の生クリームを解凍して全部使う時は、タッパーで冷凍保存する方法がよいですね。
ホイップクリームを作りますが、生クリームに砂糖を入れて泡立ててホイップクリームを作り、タッパーに入れてフタを閉めたら冷凍庫で保存します。

この時に、必ず密閉の容器を使用することと、密閉容器がない時は密閉できるビニール袋でもよいでしょう。

2.シリコントレーで保存…
ホイップクリームを作り絞り袋に入れたら、好みの形のシリコントレーの中に丁寧に絞り出していきます。
最近は、シリコントレーも色々な形がありますし、ホイップクリームに色を付けたり、イチゴジャムやチョコレートなどをホイップクリームに埋め込むと可愛く作れますね。

3.あらかじめ絞り袋で絞っておいて保存…
ホイップクリームを作り絞り袋に入れたら、平らなバットにクッキングシートを敷いて、ホイップクリームを好きな形や大きさに絞り出しますが、デコレーションを埋める場合はここで埋めましょう。
そして、冷凍庫にそのまま入れて凍らせますが、凍ったらまとめてタッパーや袋に入れ替えることができます。

コーヒーや紅茶に入れたり、お菓子やケーキに添えるのもオススメですし、手軽に使えて便利です。

ホイップ生クリームを解凍するときのポイント

ホイップ生クリームをケーキのデコレーションに使う時は、冷蔵庫で解凍しましょう。
冷凍庫から冷蔵庫に容器を移して、3~4時間かけてゆっくりと解凍していきます。

常温での解凍は雑菌が繁殖したり、食中毒の危険があるので自然解凍はやめましょう。

温かいコーヒーや紅茶の上に、凍ったままのホイップ生クリームをのせると、少しずつクリームが溶けていくので味の変化が楽しめます。

シリコントレーや絞り袋を使用して冷凍した生クリームは、便利で手軽に使えますね。
ただ、温かい飲み物に冷凍の生クリームを入れると温度が下がるので、飲み物の温度は高めにするとよいでしょう。

ホイップ生クリームは解凍せずに、そのままで食べことができ、アイスクリームみたいな食感と美味しさを味わえます。
生クリームを作る時に甘さの調節もできるので、お好きな甘さにして冷凍しとおくとよいでしょう。

アイスクリーム感覚でケーキやデザートに添えもよいですし、パンケーキやワッフルに果物と一緒に添えると、素敵なスイーツになりますね。

生クリームは、記載の賞味期限は長いのですが、いざ買って開封してしまうと賞味期限に関係なく劣化しますし、2~3日で使い切らないといけませんが、お話ししてきたように冷凍にしておけば1か月くらい保存できます。

ただ、生クリームを冷凍すると、冷凍する前より風味が落ちたりクリーム感も減りますが、生クリームを買ったらとりあえず冷凍しておく方が無難かもしれませんね。

冷凍保存したホイップ生クリームの使い方

冷凍保存したホイップクリームは、ケーキのデコレーションに使うか、温かい飲み物や料理に使うのがオススメです。

冷凍生クリームレシピを3つ紹介します。

1.ウインナーコーヒー…
好みの濃さでコーヒーを淹れたら、そこに凍ったままのホイップクリームを入れて、上にオレオクッキーを砕いてのせてできあがりです。
冷凍のホイップクリームがあれば、手間がかかるウインナーコーヒーも、朝の忙しい時に味わうことができます。

2.チョコレートパフェ…
ガラスの器にココアスポンジとバニラアイス、ホイップクリームを盛るだけで、手軽に作ることができます。
パフェを作るのに時間が掛かった場合でも、冷凍生クリームは、そのままでも溶けてもどちらでも美味しいですし、そこにココアパウダーやチョコレートソースをかけると、美味しさだけではなく見た目もお洒落になります。

3.カルボナーラ…
冷凍の生クリームを解凍してカルボナーラを作ることができます。
解凍した生クリームに粉チーズと卵黄を合わせて卵液を作り、そこに炒めたベーコンを加えて湯せんで人肌に温めましょう。
そして、茹でて湯切りしたパスタに、人肌に温めた先ほどの卵液をからめて塩コショウで味を調整し、お皿に盛って黒コショウをお好みでかけます。

冷凍の生クリームがあれば、カルボナーラなどのパスタやその他の料理にも使え、本格的な料理もできてお料理の幅も広がりますね。

冷凍生クリームでちょっとした贅沢ができるかも

いかがでしたか?

これで、生クリームが余ってしまっても困りませんね。

生クリームはデコレーションケーキ以外にあまり使い道がないと思われがちですが、料理にも使えますので、冷凍して活用してみてください。

1人のコーヒーブレイクにちょっと贅沢してウィンナーコーヒーを作るのも、冷凍生クリームなら簡単にできますよ。