ティラミスを自宅で簡単に!いろいろな作り方を紹介します!

イタリアンの定番スイーツ、ティラミス。
作るのなんて難しそう、と思いますよね。

でもティラミスは意外と簡単に自宅で作れるのです。

今回は、定番の簡単ティラミスから、少し変わったティラミスの作り方まで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

そうめんの薬味の定番のわさびの効果や保存方法について!

夏に食べたい食べ物といえば?そうめん!と答える方が多いのではないでしょうか。そう...

冬が旬の野菜!かぶの味噌汁はカロリーがどれくらいあるの?

かぶは、普段の食卓では、どちらかというと脇役的存在ですよね。しかし実は、大切な栄養素がぎ...

オーガニックオイルを使ってみよう!食用オイルのおすすめは

『オーガニック』という言葉が、よく使われるようになりましたね。体に良さそうなイメージはあるけ...

栄養満点?!オーガニックオートミールがおすすめな理由とは

日本では、まだあまり知られていないオーガニックオートミール。簡単に調理できて手軽なだけでなく...

プロテインを選ぶなら無添加でオーガニックなものがお勧め!

皆さんはプロテインと聞いて何を連想するでしょうか?プロテインを使用している人というと、筋肉ム...

イカを使った料理のレシピのご紹介!新鮮なイカは、刺身に!

イカは、私達日本人が最も良く食べる魚介類の一つです。イカは、刺身や、お鮨、天ぷらなど...

わけぎを活用するレシピとは?味噌と合わせるのがおすすめ!

みなさんは普段の手料理に「わけぎ」を使う機会がありますか?わけぎを使うレシピはどんなものがあ...

安くておいしい豚肉ステーキのカロリーはどう抑えれば良い?

料理の王様、ステーキ。高級牛肉のステーキはなかなか食べられませんが、豚肉のステーキならちょっ...

電子レンジを有効活用!卵とマヨネーズを使うレシピとは?

卵もマヨネーズも普段から馴染み深い食品、調味料ですよね。卵は栄養価に優れているというイメージ...

ぶどうを種から上手に発芽させるポイントは?ぶどうの選び方

ぶどうは、甘みと酸味のバランスが特徴的で、とても美味しくて人気があります。シーズンになると、...

チョコレートのパウンドケーキ!気になるカロリーをご紹介

小麦粉1ポンド、砂糖1ポンド、バター1ポンド、卵1ポンドと材料をすべて1ポンドずつ使うケーキをパ...

ししとうの味噌炒めに挑戦!加える具材もかえてみよう

ツヤがあり、彩りも良くなる緑色が魅力的なししとうを使う手料理といったら何が思い浮かびますか?...

電子レンジでプリンが5分で作れる!そのレシピをご紹介!

最近よく聞く、電子レンジを利用した「時短」レシピ。料理の下ごしらえや野菜を蒸すのが定番ですが、...

牛乳を味噌汁に使ったレシピや牛乳と味噌の相乗効果をご紹介

味噌汁といえば、味噌以外に何を入れているでしょうか。鰹や昆布からダシを取ったり、顆粒ダシを入...

家庭菜園のきゅうりの収穫量を増やす!摘芯の方法をご紹介!

家庭菜園では初心者向けで育てやすいため、きゅうりの栽培が人気です。夏野菜の代表格なので、育てて...

スポンサーリンク

ティラミスとは?

イタリアには様々なお菓子があり、日本でも人気のあるものも多いですが、今回はティラミスについてその簡単な作り方やその由来について紹介します。

ティラミスは1960年代にイタリア北部のヴェネツィアで生まれたマスカルポーネと卵をベースにしたイタリアの代表的なお菓子です。

マスカルポーネはもともとイタリアのロンバルディア州産のヤギの乳から作ったチーズで、現在はイタリア全土で生産されています。
乳脂肪分が80%前後で天然の甘味があるクリームチーズです。

このマスカルポーネを、卵黄をミキサーで泡立てたものに加え、さらにそこに泡立てた卵白を加えたクリームを作ります。
これがマスカルポーネのクリームになり、ティラミスの原料となります。

このマスカルポーネのクリームをビスキーやスポンジをエスプレッソに浸したものの上に重ね、ココアの粉末をまぶすとティラミスが完成します。

ティラミスとはイタリア語でTira=持ち上げて mi=私を su=上にという意味で、意訳すると「私を元気づけて」というような意味です。

卵、チーズ、生クリームなど栄養の豊富な材料を使っているのでこの名が付きました。

日本では1990年から1991年にかけてティラミスブームが起き、喫茶店やレストランなどのメニューに登場してから、現在でもいまだに人気のメニューです。

ティラミスに不可欠!エスプレッソの簡単な作り方

ティラミスについて簡単に紹介しました。

ここではティラミスに欠かせないエスプレッソの簡単な作り方を紹介します。

エスプレッソは細かく挽いたコーヒーの粉に、水蒸気をかけて短時間で抽出したイタリア発祥のコーヒーのことを指します。
コーヒーカップの半分ほどの大きさのカップを使うためデミタスとも呼ばれます。
demi=半分 tasse=カップという意味です。

エスプレッソはエスプレッソマシーンがないと淹れられないのですが、ここではインスタントコーヒーでできるエスプレッソの作り方を紹介します。

【材料】(1人分)
インスタントコーヒー2g~3g 
60℃の湯30ml

【作り方】
1)インスタントコーヒーをカップに入れます。

2)カップに湯を気泡が出来ないように注ぎます。

3)スプーンで混ぜてよく溶かします。

以上で完成です。

注ぐ湯の温度が高すぎるとエスプレッソの上に生じるクレマまで溶けてしまうので注意が必要です。
ラテアートに使う場合は大きな気泡は爪楊枝などで消しておきます。

ティラミスはもちろん、うまく泡を立ててラテアートにも挑戦できます。
これなら手軽に挑戦できますね。

簡単!本格ティラミスの作り方

先ほどは簡単なエスプレッソの作り方を紹介しました。
次にボウルで混ぜるだけの簡単で本格的なティラミスの作り方を紹介します。

【材料】(14㎝×18㎝ 1台分)
マスカルポーネ250g 
グラニュー糖50g 
卵2個 
コーヒーリキュール又はアマレット50ml 
フィンガービスケット12本 
インスタントコーヒー小さじ2杯 
カカオパウダー適宜

【作り方】
1)フィンガービスケットを隙間ができないように型に敷き詰めます。

2)インスタントコーヒーを50mlの湯に混ぜます。

3)2にコーヒーリキュール又はアマレットを混ぜ1にまんべんなくかけて浸します。

4)マスカルポーネを滑らかなクリーム状になるまでゴムべらで練ります。

5)卵を卵黄と卵白に分けます。

6)卵黄をマスカルポーネに加え、完全に混ざるまでゴムべらで混ぜます。

7)卵白にグラニュー糖を2~3回に分けて加えながら、泡立て器でメレンゲを作ります。

8)7のメレンゲの半分と6のマスカルポーネをゴムべらで全体が混ざるまでよく混ぜ、7のメレンゲの残り半分を加え、全体が滑らかになるまで、メレンゲの泡をつぶさないように大きく底からすくいながらゴムべらで混ぜます。

9)8を3の上に乗せ、パレットナイフなどで表面を平らにします。

10)冷蔵庫で1~2時間、できれば一晩冷やします。

11)カカオパウダーを全体に振り完成です。

話題沸騰!?ティラミスコーヒーの作り方

ここから簡単にできるティラミスコーヒーの作り方を紹介します。

ティラミスコーヒーはイタリアで飲まれている、泡立てた牛乳やホイップクリーム、エスプレッソを使ったカフェメニューです。

基本的な飲み方はエスプレッソや、泡立てたホットミルク、マスカルポーネをカップに入れ、生クリームとエスプレッソ入りのコーヒークリーム、ココアパウダーを上にトッピングします。
甘さとほろ苦さの両方が味わえるメニューです。

【材料】
ホイップクリーム(甘味付きのもの) 
チョコレートソース 
エスプレッソ 
泡立てたミルク 
ココアパウダー 

【作り方】
1)カップにホイップクリームを入れます。

2)カップのふちに沿うようにチョコレートソースを注ぎます。
中央部分はホイップクリームが見えていても良いですが、チョコレートの層が出来るように厚めに注ぎます。

3)ホイップクリームの層の3分の1程度の量のエスプレッソを静かに注ぎます。
勢いよく注ぐと層が壊れてしまうので注意が必要です。

4)泡立てたミルクを大きめのスプーンなどでゆっくり入れていきます。

5)ココアパウダーを振りかけます。

抹茶と豆腐の変わり種ティラミスの作り方

ここからは少し変わったティラミスについて紹介します。

ダイエットもしたいけれどお菓子も食べたいという人のために、豆腐を使った簡単なティラミスの作り方を紹介します。

★豆腐と抹茶の和風ティラミス★

【材料】(3個分)
抹茶又はグリーンティ大さじ3杯 
湯大さじ1杯(抹茶を使う時は大さじ2杯) 
カステラ1切れ 
絹ごし豆腐1丁 
白味噌(西京味噌)大さじ2杯 
砂糖大さじ1杯(抹茶を使う場合は大さじ2杯)

【作り方】
1)豆腐の水気を切り、豆腐、白味噌、砂糖をミキサーにかけてペースト状にします。

2)カステラを小さく切り容器の底に敷き詰めます。

3)抹茶又はグリーンティを湯で溶き、スプーンで2にふりかけながら染み込ませます。

4)3の上に1を流し込んで、表面に抹茶又はグリーンティを振りかけます。

豆腐は満腹感を誘い、カロリーも低くダイエットに向いている食材です。
この抹茶ティラミスはゼラチンなどで固めなくても食べられる、カスタードやスポンジ、フルーツなどを器に入れて重ねただけのイギリスのデザート、トライフルのようなティラミスです。

ヨーグルトを使った簡単ティラミス

今度は、ダイエットをしている人にオススメのヨーグルトを使った簡単なティラミスの作り方を紹介します。
水切りヨーグルトはクリームチーズのようですが、低カロリーでダイエットにはオススメの食材です。

【材料】
ヨーグルト450g 
冷凍ブルーベリー 
ココアパウダー 
チョコレートソース 

【作り方】
1)ざるの上にキッチンペーパーを敷き、その上にヨーグルトを広げて3時間置き、水気がなくなるまでそのまま置いておきます。

2)チョコレートソース、ブルーベリー、ヨーグルト、ココアパウダー、ヨーグルト、チョコレートソースの順に層になるようにグラスに入れていきます。

3)ココアパウダーをかけます。

ヨーグルトはざるの上に敷いたキッチンペーパーの上で充分水気を切ることで、チーズのような食感を出します。
砂糖とチーズを使っていないので、カロリーも控えめなティラミスが出来上がります。

マスカルポーネと卵を使ったティラミスはもちろん美味しいですが、カロリーが気になるところです。
他の材料で代用することでカロリーを抑えてティラミスも楽しむことが出来ます。

ティラミスを気軽に楽しんで

お気に入りのレシピは見つかりましたか?

ティラミス作りは、そんなに難しい工程がないので、レシピの順番通りに作っていけば、失敗することも少ないと思いますよ。

見た目が少し崩れても、それもティラミスの味わいです。
次の休日に、作ってみませんか。