玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

もち米や白米、雑穀米のカロリーは?低GI値の炭水化物とは?

      2017/07/02

もち米や白米、雑穀米のカロリーは?低GI値の炭水化物とは?

私たちが食べている炭水化物には、たくさんの種類があります。
白米・玄米・雑穀米・もち米・パン・パスタなど、豊富ですね。

その中でも、おもちやもち米は太りやすいって、聞いたことはないですか。
これは実際どうなのでしょうか。

もち米のカロリーは高いのか、本当に太りやすいのかを考えていきましょう。
また、よく耳にする「GI値」についても紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリーゼロ甘味料の魅力とは?人気商品の特徴や用途を探る

1973年にお茶の間に初めて登場した、低カロリー甘味料「シュ...

米麹の甘酒はスーパーで買える!手軽な手作り甘酒もご紹介!

アミノ酸を豊富に含み、健康に良い飲み物として、甘酒は近年ブー...

オーガニックや無添加食品はやっぱり安心!おすすめ5選

現代はたくさんの食品に囲まれ食べることに困らない豊かな時代と...

1人暮らし向け電子レンジとオーブンレンジのおすすめ8選!

これから1人暮らしを始める方、1人暮らしで電子レンジやオーブ...

グルテンフリーなパンなら市販のアレルギー除去米粉パンを!

パン屋さんに並ぶさまざまな種類のおいしそうなパン。 そ...

甘酒や麹は市販の健康食品の中でも大人気!おすすめ理由詳細

今の食生活を改めて見つめてみた時に少し不安を感じることはあり...

味噌鍋にご飯を入れて美味しい雑炊を作るレシピをご紹介

味噌鍋を食べた後のスープを使って、うどんや雑炊を作ると美味し...

冬に食べたい味噌煮込み料理のレシピ!人気の食材は?

味噌煮込みの料理というと、恐らく誰もがイメージするのは愛知県...

味噌と豆腐でメインのおかずになる料理の作り方をご紹介

豆腐をそのまま使うだけでなく、より美味しく食べるために、豆腐...

バランスの良い食生活改善はダイエットだけでなく美容効果も

私たちは、食生活改善をすることでダイエットになり美容にも効果...

食事改善で便秘を軽減し、運動の継続で更に効果が見込める!

体に何らかの病的症状が見られた時、つい、薬に頼ってしまう傾向...

健康のためには食事改善!タンパク質はプロテインで補おう!

ダイエットやメタボリックシンドロームの予防のためには、食事改...

食事改善とダイエットを家事をしながら成功させてみよう!

健康のために、食事改善とダイエットに取り組んでいる方も多いこ...

海老と味噌を使ったヘルシー料理で美味しく食事改善を図ろう

健康の秘訣は、バランスの良い食事と適度な運動です。 食...

メタボリックシンドロームは食事改善で生活習慣病も防ごう!

飽食の時代と言われ、食べ物にあふれた生活を私たちは送っていま...

カロリーが高い食品や食材は一番太る?色々な食品を比較

カロリーが高いと太る、カロリーが低いと太らないと、よくいわれ...

美味しくて健康に良いと評判のオーガニックティーとは?

健康志向の現代人に、オーガニックティーが人気になっています。...

豚肉の味噌鍋レシピは色々!自分だけのオリジナルレシピ作り

寒い時には、身体が温まる味噌鍋レシピは最高ですね。 豚...

豆腐に味噌マヨネーズを合わせ栄養効果を上げるレシピを紹介

豆腐は、手軽に摂れるたんぱく質食品です。 歯が痛い時や...

子どものころから食生活改善!痩せるだけではないダイエット

私たちのほとんどは、ダイエットと痩せるという言葉を同じ意味と...

スポンサーリンク


炊いた時に差が出る!?もち米と白米のカロリー

「おもちを食べると太る」と聞いたことはありませんか?

その理由は「もち米はカロリーが高い」からだと思っている方も多いかと思います。

でも実は、もち米と白米はほぼ同カロリーなのです。
こう聞くと、もちを食べると太る、カロリーが高いというのは嘘だったのか?と思ってしまいそうですが、それは違います。

もち米と白米には、決定的な違いが1つあります。
それは、それぞれ炊いたときの水分の吸収量です。
白米の方がもち米よりも、多くの水分を吸収するので重くなるのです。

なので、同じ100gの炊いた後の白米ともち米を比べてみても、もち米の方が白米より米粒が多いということになります。
つまり、同じ量を食べたときにおもちの方が太りやすいのです。

小さいから大丈夫かなと思って食べているおもちのカロリーはある程度高いということが分かります。

結局、もち米と白米自体は同じぐらいのカロリーでも、食べる量に差が出るので、「おもちを食べると太る」というのは嘘ではなく本当ということですね。

もち米と白米のカロリー、実際の数値

ついつい手が伸びて食べすぎてしまうおもちですが、気をつけておかないと思った以上のカロリーを摂ってしまうことになります。

もち米やおもちのカロリーや、気になる白米のカロリーを具体的な数字で紹介しましょう。

文部科学省のデータによると、炊いたときの白米100gのカロリーは168kcal、炊いたときのもち米100gのカロリーは235kcalだそうです。
もち米の方が、白米の1.4倍もカロリーがあることが分かりますね。

もう少し想像がつきやすい現実的な数字にすると、女子用お茶碗に入れたときの白米110gのカロリーは185kcal、切りもち50gのもち米のカロリーは117kcalです。
50gの小さい切りもちを2個食べてしまうと、お茶碗1杯の白米のカロリーを超えてしまうということです。

さらに、おもちを食べるときにはきな粉やおしるこにしたりするので、もっとカロリーが高いことになります。

おもちを食べるときにカロリーを低くする特別な対策はなく、「食べすぎない」ということが大切になってきます。
特にお正月は、お雑煮や焼きもち、おしるこ等でおもちを食べる機会が多いかと思いますが、何個まで!と個数を決めてから食べるといいかもしれません。

もち米よりカロリーの低い白米!と選ぶ前に、注目すべきはGI値!?

もち米が白米よりもカロリーが高いことが分かりましたね。

では、ダイエットにはどの炭水化物が効果的なのでしょうか。
太りにくい炭水化物を紹介します。

実は、ダイエットのときの気にするべきなのはカロリー以外にもあります。
それは、GI値です。

食事をすると、食べたものは「糖」となって血液中を流れるため、ご飯を食べた後は「血糖値が上昇」します。
作られた糖はエネルギーとなりますが、急激に増えてしまうと「インシュリン」というホルモンが血糖値を下げようとします。
このインシュリンが分泌されすぎると肥満の原因となります。

ここで大切なのがGI値です。
GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、その食品を摂ったときに血糖値が上がるスピードを計ったもののことです。
このGI値が低ければ低いほど、インシュリンの分泌を抑えることができ、ダイエットに効果的なのです。

GI値は、ブドウ糖を摂取したときの血糖値上昇率を100としたときの、相対的な数字で表されます。

GI値が低い炭水化物にはどのようなものがあるのでしょうか。
分かりやすい見分け方としては、白いものより色のついたもの、また精製されたものより未精製のものの方がGI値が低いです。

主な炭水化物のGI値は、白米が81、玄米が55、パスタは65、食パンは91、うどんは85、そばは54、もちは80、中華そばは50、オールブランは45です。

雑穀米と白米のカロリーは変わらない!GI値が低いのはどっち?

ダイエットに効果的な炭水化物の選び方として、雑穀を上手に利用することが大切になってきます。
白米だけだとGI値が高いですが、雑穀を入れることでGI値を下げることができます。

雑穀米には大麦や粟、ヒエ、きびなどの単品のものや、ミックスされているものなど様々な種類があり、組み合わせを選ぶことができます。
雑穀米にすると、玄米と同じぐらいの55ほどのGI値が一気に下がるため、太りにくくなるのです。

雑穀米にはダイエットのイメージが強く、白米の代わりとして食べる印象もあるので、白米やもち米よりカロリーが低いと思われがちですが、実はカロリーは白米とほぼ変わりません。

ただ、白米と比べて食物繊維の量が圧倒的に多いことが大きな違いとして挙げられます。食物繊維を摂取すると、腸がしっかりと働き、便秘を解消することができます。
また、脂肪を吸収せずに体外に排出することもできるので、身体に脂肪が溜まっていくのを防ぐことができます。

白米よりも栄養価が高い!雑穀米の効果

雑穀米の効果はまだまだあります。
満腹感を早く感じやすいことも大きな効果のひとつです。

雑穀米は硬く、よく噛んで食べなければいけなくなります。
そうすると、脳の満腹中枢が刺激され、早く満腹感を感じることができます。
雑穀米のカロリーそのものは白米とさほど変わらないのですが、間接的に摂取カロリーを下げる役割を果たしてくれるのです。

また、白米やもち米とくらべて栄養価が高く、脂肪を燃焼させるためのビタミンやミネラルなどの総合的な栄養が摂れ、美容効果があることもダイエットへの効果として考えられます。

摂取カロリーを減らせばダイエットができるわけではありません。
同じカロリーであっても多くの栄養を摂取することで、健康的に、美容も損なわずにダイエットをすることができるのです。

せっかくダイエットをしても、栄養バランスが崩れたり、肌が汚くなったりしてしまうと魅力も半減、もったいないですよね。
無理なダイエットにならないためにも、雑穀米でバランスの良い食事をすることが大切です。

炭水化物抜きダイエットはNG!白米や雑穀米は抜かずに減らそう

ダイエットの始めとして、炭水化物を抜いてしまう方は多くいます。

ただ、炭水化物を全て抜いてしまうのは、体にとって良くないのです。
最後に、無理なく炭水化物抜きダイエットをする方法を紹介しましょう。

摂取する炭水化物としては、やはり前述した雑穀米がオススメです。
炭水化物を摂らないのではなく、減らすという気持ちで取り組むことも大切です。

では、なぜ炭水化物を減らすとダイエットに効果的なのでしょうか。
炭水化物(糖質)は体内に摂り込まれると、エネルギーとして必要な量は利用され、余るとグリコーゲンとして主に肝臓に蓄えられます。
それでも余った分が脂肪として蓄えられるのです。

つまり、炭水化物を摂ったからと言って脂肪になってしまうのではなく、摂りすぎなければ脂肪にはならないということなのです。

炭水化物の減らし方としては、主食を1/3に減らすことを目途に始めてみるといいと思います。
ダイエットをしているときでも、1日100gは炭水化物が必要と言われています。
平均的な1日の炭水化物の摂取量は200~300gと言われているので、1/3ほどで必要最低限の炭水化物量を摂取できるかと思います。

また、炭水化物を減らすと言っても、朝と昼は抜いて夜だけカロリーの高い白米やもち米でたくさん摂るというような方法はやめましょう。
一度に大量に摂った炭水化物は結局脂肪になってしまうからです。

毎食少しずつ減らしていくことが大切です。

気をつけるならカロリーよりもGI値

もち米は炊いた時に、たくさんの水分を吸収するため、同じ量でも白米よりカロリーが高くなります。
美味しくて、うっかり食べ過ぎないように気をつけましょう。

白米と雑穀米では、カロリー自体は変わらないのですが、雑穀米のほうがGI値が低いのでダイエットには向いています。
もしも炭水化物を減らすダイエットをするなら、選ぶ炭水化物は雑穀米がオススメですよ。

白米や雑穀米、もち米でも、適度に摂取して健康的な体を作りましょう。

 - 健康的なダイエット