玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

炭水化物を抜いて、野菜だけを食べるダイエットに潜む危険!

      2017/06/15

炭水化物を抜いて、野菜だけを食べるダイエットに潜む危険!

女性の方は、一度はダイエットをしようと思ったことがあるのではないでしょうか?

よく耳にするのが、炭水化物を抜いて、野菜だけ食べるダイエット。

このダイエットは、手軽で簡単に痩せられると思われがちですが、大きな危険性が潜んでいるのです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

豚肉の味噌鍋レシピは色々!自分だけのオリジナルレシピ作り

寒い時には、身体が温まる味噌鍋レシピは最高ですね。 豚...

豆腐に味噌マヨネーズを合わせ栄養効果を上げるレシピを紹介

豆腐は、手軽に摂れるたんぱく質食品です。 歯が痛い時や...

子どものころから食生活改善!痩せるだけではないダイエット

私たちのほとんどは、ダイエットと痩せるという言葉を同じ意味と...

食事改善でダイエットするには日本食を美味しく食べること!

ダイエット、人は誰でも一度は気にしたことがあるテーマではない...

食事改善で症状を緩和!アトピー性皮膚炎や喘息を楽にしよう

アレルギーと呼ばれるものに、アトピー性皮膚炎や喘息があります...

美味しい醤油うどんの作り方!人気の食材の組み合わせは?

日本人が古くから親しみ、食してきた「うどん」。 うどん...

味噌汁の具の定番!豆腐と油揚げに合わせる具は何がお勧め?

味噌汁の具といえば、豆腐に油揚げ・ワカメ・ネギ・大根・ほうれ...

食生活改善で健康的にダイエット!痩せ体質を作る生活とは?

健康的に痩せたいと思ったら、食生活改善をしましょう。 ...

食事改善のダイエットでは改善できない!低い運動量は要注意

食事改善をしても、ダイエットをするためには運動をすることも大...

ダイエットにはウォーキング!効率的にカロリー消費するコツ

年末年始などの家族の集まりがあると、つい食べ過ぎてしまいます...

カロリー摂りすぎが太るのはなぜ?太る仕組みの改善方法とは

カロリーを摂りすぎると太る、という言葉が一般的になったのは昭...

カロリーは1日にどれだけ必要?成人女性、年代別に解説!

あなたは、毎日の食事から摂取しているカロリーのことをどれだけ...

美味しいお味噌汁に合った味噌も具に合った種類もお好みで

和食では「一汁三菜」というのがあり、この汁はお味噌汁や澄まし...

体の芯からあったまろう!美味しい味噌風味鍋のおすすめ6選

日本人が古くから親しんできた鍋料理。 寒い冬には体をあ...

食生活改善でニキビをなくす!そのため摂りたいビタミンは?

ニキビをなくすためには肌に合ったスキンケア用品を使うこと...

おいしく作ろう!生姜と味噌をつかったアレンジおにぎり

おにぎりに生姜と味噌。 白米を圧倒しそうな具材ですが、...

食生活改善に挑戦してみましょう!ニキビで悩む思春期の方へ

思春期の頃というのは、心も体も子供から大人に変わる時期と...

味噌や納豆は優れた発酵食品!菌の力とその活用方法を解説!

私たち日本人は、優れた発酵食品に恵まれた食生活をしていま...

食生活改善して健康にも精神にも良い食べ方&食べ物を選ぼう

普段の生活でストレスを抱えている人には、どうやら落ち込み...

味噌汁の簡単な作り方はえのきで始めてみましょう

味噌汁は日本に昔から続く伝統料理です。 最近では味噌汁...

スポンサーリンク


野菜だけダイエット、断食ダイエットに潜む危険!

最近では運動をするものや、食事制限をするものなど、さまざまなダイエット法があります。
正しい方法で健康的に痩せるのは、とても理想的です。

しかし間違った方法でダイエットを行うと、さまざまなデメリットが生じ、最悪の場合、ダイエット前より体重が増えてしまった!
なんて可能性もあるのです。

年頃の女の子などは痩せたいがために、危険なダイエットと理想的なダイエットの区別がつかない場合もあるでしょう。

●危険なダイエットの代表

・炭水化物を食べず、野菜だけ食べる

これは、エネルギーとして必要な炭水化物を食べずに、ヘルシーな野菜だけを食べるというダイエットです。
確かに、野菜は食べたほうがいい食材です。

野菜だけを食べるダイエットをすると、一定の体重が減るかもしれません。
しかし、途中から停滞し、さらには増加することがあるのです。

・無理な断食

数日断食したら、〇キロ痩せた!という人もいるでしょう。
でも、それは脂肪が減っているのではなく、水分が減っている状態です。
いわゆる、干からびている状態なだけですよ。

炭水化物を抜いて、野菜だけ食べるダイエットの危険性①

ダイエットをする時に、誰もが意識するのがカロリーですよね。
炭水化物は、そのカロリーを生み出す栄養素です。

なので、カロリーを減らす=炭水化物を抜く。
という考えに結び付くのでしょう。

では、なぜ炭水化物を抜いて、野菜だけ食べるのはいけないのでしょうか?

●脳の思考力低下

炭水化物は脳のエネルギーとなる糖質へと変化します。
その炭水化物を抜いてしまうと、脳はエネルギー不足になるのです。
その結果、集中力の低下・思考力の低下が起こります。

●体重が減ると筋肉量も減る

炭水化物を抜くことによって、体はエネルギー不足になります。

そうなると必要なエネルギーを補うために、筋肉を分解して糖質を作り出そうとします。
その結果、筋肉量が減ってしまうということです。

●体調不良を招く

炭水化物を抜き、野菜だけを食べていると、当然ながら栄養バランスが偏ります。
その状態が続くと、さまざまな症状が出る可能性があります。

炭水化物を抜いて、野菜だけ食べるダイエットの危険性②

●野菜はヘルシーと思われがち

みなさんは、野菜はすべてヘルシーと思っている人も多いと思いますが、実は太りやすい野菜もあるのです。
というのも、炭水化物を多く含む野菜があるからです。

代表的なものを挙げると…

・かぼちゃ
・さつまいも
・ジャガイモ
・とうもろこし

これらの野菜を、野菜だからたくさん食べても大丈夫!なんて思っていませんか?
実は、カロリーの塊、白米をたくさん食べているのと一緒なんです。

蒸しただけのさつまいもでも、炭水化物は31グラム含まれています。
対して、白米は37グラム。
大差がないことがわかりますね。

野菜はヘルシーだからと、たかを括っていると、知らないうちに体重が増加していた!
なんてことも…

●体が冷えやすい

生野菜を食べすぎると、体を冷やしてしまうことがあります。
野菜を炒めたり、煮たり調理して食べる場合は問題ありません。

体温が1度下がった場合、基礎代謝が15%も落ちてしまうと言われています。
その結果、太りやすい体質になってしまうのです。

●女性の敵、肌荒れを招く

人間の肌は、たんぱく質から作られています。
野菜だけを食べることによって、たんぱく質不足になり、肌荒れが起きてしまいます。

これらの危険性は数日間だけ、炭水化物抜き、野菜だけを食べる生活をするだけでは表面化してきません。
ですが、1か月や1年…と行うことで、体には大きな負担を掛けることになるのです。

野菜だけダイエットはやめて、健康的に痩せよう!

先ほどは炭水化物を抜き、野菜だけを食べるダイエットの危険性をご紹介しました。
では、危険なダイエットをせずに健康的に痩せる方法とはなんでしょうか。

●健康的に痩せる

ダイエットをしているみなさんは、「正しい痩せ方」という言葉を一度は耳にしたことがあったり、周りの人に言われたことはないでしょうか?

正しい痩せ方ってなんなの?
そう思う人もいるでしょう。

正しい痩せ方というのは、「体の余分な脂肪を減らす」ということです。
ただ単に、「体重を減らす」というのとは違うのです。

たとえ標準的な体重、標準以下であったとしても、食べ過ぎていたり運動不足であると、体脂肪率が正常値を超えている場合があります。

その状態は「隠れ肥満」といい、生活習慣病を招く重大な状態です。

●バランスを保とう

健康的に痩せるには、炭水化物を抜いて野菜だけを食べるといったような、危険性の高いダイエットをするのではなく、バランスよく継続して行うことが重要となってきます。

健康的に痩せるには、簡単な方法で数日では無理と言えるでしょう。
日々の努力が成果として現れるのです。

炭水化物もしっかり食べて、健康的に痩せるには?

炭水化物を抜いて、野菜だけを食べるダイエットは危険だということがわかったところで、どんな食事を摂ればいいの?と思う方もいるでしょう。

ズバリ!
ダイエットに最適なのは『和食』なのです。

和食は、食材そのもの味を利用し、旬のものを調理します。
一汁三菜を基本としていて、栄養バランスに優れているので、ダイエットには最適といえるでしょう。

また、脂質が少なく、食物繊維が豊富で良いこと尽くしの食事です。

実際に「和食ダイエット」というものが、海外でも流行しているというのです。

和食ダイエットの方法は簡単。
食生活を一汁三菜の和食の基本型にすればいいだけなのです。

現代では、食の欧米化が進んでいると言われています。
その中で、日本人の初心に戻り、和食を食べるということです。

大切なのが、規則正しく1日3食をしっかり食べること。

朝は忙しくて食べられない、食べる気がしないという方もいるかもしれませんが、朝食をしっかり食べることで臓器や脳などにも栄養が届き、元気になります。

また、時間に余裕がないという方も早起きをし、ウォーキングやランニングをするとダイエット効果もあり、お腹の空いた状態で、より美味しく朝食を食べることが出来るでしょう。

炭水化物を食べるならプラス要素を!

野菜だけを食べるのは危険とわかり、3食しっかり食べよう!と思っても、やはり白米の占めるカロリーは多いもので、少しでも炭水化物を健康的なダイエットにプラスの方向に持っていきたい!という方もいるでしょう。

そんな方には、「玄米」がおすすめです。

玄米は、籾穀だけを取り除いたお米です。
ぬかや胚芽が残った状態のものですね。

普段多くの人は、これらのすべてを取り除いた白米を食べているのではないでしょうか。

ぬかや胚芽には、ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれているので、とても体にとってありがたいものなのです。

腹持ちも良く、脂肪の蓄積を抑え、腸内環境を整え便秘を解消するなど、さまざまな効果があるといわれています。

3食を玄米に変えることは、慣れてない人にとっては少し大変かもしれません。
そんな時は、1日1食だけ玄米にすることから始めましょう。

また、玄米だけを炊くのではなく、白米を混ぜてみたり、雑穀を混ぜて雑穀米にしてみたり…
自分にあった食べ方をすると、飽きずに続けることが出来るでしょう。

無理なダイエットをせず、健康的に痩せよう!

炭水化物を抜いて、野菜だけ食べるダイエットの危険性をご紹介しましたが、役に立ちましたか?

偏ったダイエットは、後に体に大きな影響をもたらします。

しっかりと、1日3食摂り、無理のない方法で健康的に痩せましょう!

 - 健康的なダイエット