玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

大根レシピをご紹介!夏大根の食べ方は冬大根とは違う?

      2017/06/12

大根レシピをご紹介!夏大根の食べ方は冬大根とは違う?

大根といったら、冬の食べ物と思っていませんか?

実は大根には、冬に取れる冬大根と、夏時期に取れる夏大根があり、それぞれ味も食感等も変わってきます。

では冬大根と夏大根の違いを見ながら、合うレシピをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

みんな大好き味噌ラーメン!野菜や○○を使って具だくさんに

ラーメンには、味噌ラーメン、醤油ラーメン、豚骨ラーメンな...

うまみアップ!味噌漬けレシピで魚をおいしく食べよう

スーパーマーケットの魚売り場でよく見かける、味噌漬けの切...

体に良い、ザ・日本の発酵食品味噌。味噌汁の作り方は簡単!

発酵食品が注目されています。 発酵食品は、含まれる微生...

味噌煮込みうどんのレシピは意外と簡単 八丁味噌料理もご紹介

味噌煮込みうどんと聞いて名古屋を思い浮かべる方も多いので...

野菜の味噌漬けの歴史と、その栄養がもたらす健康効果

日本人にとって野菜の漬け物は、飯の友として欠かせない存在...

自宅で本格的な味を!味噌ラーメンのスープ、手作りレシピ

ラーメンは味噌・醤油・塩・とんこつ、などの、どの味が好き...

神戸は味噌だれ!餃子のいろいろなたれレシピをご紹介!

餃子のたれというと、酢醤油が一般的です。 しかし、餃子...

名古屋めし「味噌カツ」のソースが自宅でも楽しめるレシピ

名古屋というと、その多彩なグルメを思い浮べる人も多いでし...

自宅で簡単に作れる!味噌ちゃんこ鍋のおすすめレシピ

これからの寒い時期には、鍋料理が食べたくなる人も多いので...

身体の芯から温まるもつ鍋味噌スープの美味しいレシピを紹介

寒い日が続くと身体の芯から温まるものが食べたくなります。...

旬のたけのこを美味しく味わおう!味噌和えのレシピ3選

たけのことは、みなさんがご存知のとおり、竹の芽の部分です...

美味しい味噌汁の作り方!もっと「ほんだし」を活用しよう

和食は、だしが要の料理です。 味噌汁も、だしがなくては...

味噌炒めの材料に嫌われ者の?ピーマンとなすを使ってみよう

子どもの嫌いな食べものと言えば「ピーマン」と「なす」が必...

美味しくてコクのある味噌鍋!スープのアレンジも豊富!

夕方以降に気温が下がる、寒い時期に食べたくなるのは鍋料理...

味噌鍋のおすすめレシピをご紹介!キャベツを入れて栄養満点

寒い冬に温まれる定番の料理と言えば、やはりお鍋ですよね。...

きゅうりの味噌和えのレシピ!低カロリーなのに美味しい!

みなさんは、どんな野菜がお好きですか? 食事のバランス...

醤油を薄めるには水よりお酢?知って得する料理と醤油の知識

煮物に使った醤油が濃すぎて、薄めるべくついつい水など足し...

醤油の違いは古来の製造方法をアレンジメントして生まれた

醤油には本醸造方式・混合醸造方式・混合方式の、主に3つの...

調味料の醤油にはjasマークがあるものとないものがある!?

日本人ならたいていのかたが口にする醤油。 醤油はふだん...

醤油醸造所が取り組む売上確保と伝統を守る姿をご紹介

2018年1月現在、醤油醸造所・メーカーの数は約1500...

スポンサーリンク


夏大根と冬大根、違いは?

大根が旬といわれている冬時期の大根は、みずみずしくて、柔らかく甘いので、フロフキ大根やおでんなどの煮物の定番ですよね。

しかし、大根は冬だけに作られているわけではありません。

夏から秋にかけて出回る夏大根は、やや硬く、甘味も少ないです。
すりおろした夏大根は、冬大根より、辛味が強いのも特徴です。

この夏大根は、煮物より生食や炒め物のレシピが人気があります。
大根はデンプンの消化酵素であるジアスターゼを多く含むので、天然の消化剤の役目を果たすといわれ、腸の働きも助ける役割があるといわれています。

また、ビタミンCやB2を多く含んでいる大根は、美肌にも効果があるといわれているのです。

特に、夏は胃腸や肌が弱りがちです。
大根は冬だけでなく、夏も意識して摂取しましょう。

注意点として、生のダイコンは体を冷やす作用があるので、食べすぎに注意しましょう。

では、冬大根、夏大根それぞれのおすすめレシピを、さっそくご紹介していきます。

冬大根のおすすめレシピをご紹介①

大根は、主菜・汁物・副菜など様々な料理に使うことが出来る優秀な野菜ですね。

大根レシピといっても、上部・真ん中・下部と部位によって味の違いや、夏など季節によっても、味や食感が異なるため、向いている料理が異なります。

まずは、旬でもある冬の大根レシピからご紹介します。

夏大根に比べると柔らかい冬大根ですが、葉に近い上部は硬めです。
ですが、とても甘いので、薄切りや千切りにしてサラダや漬物、大根おろしにもおすすめです。

○大根サラダ

大根の千切りはスライサーを使うと簡単です。
ツナとマヨネーズを合わせれば、満腹感のあるサラダの出来上がりです。

○浅漬けや酢漬

浅漬けや酢漬けにすると、大根の甘みがグッと増して、よりおいしくなります。
密閉容器に入れて、冷蔵庫でしっかり冷やすと、味がよく染みます。

真ん中の部分は、水分が大目の柔らかい部分です。
甘さと辛味のバランスも、ちょうどいい部分と言えるでしょう。

生でもおいしく食べられますが、煮物やフロフキ大根、おでんにもおすすめです。
どんな調理方法にも合う部分でもあります。

冬大根のおすすめレシピをご紹介②

では最後に、冬大根下の根っこに近い部分の特徴を見ながら、おすすめレシピをご紹介しましょう。

下の部分は辛味が強く、繊維質です。
水分が少なく筋っぽいので、薄く切ったり、細かく切ったりして、繊維を感じさせない工夫をしてあげる調理方法がおすすめです。

○味噌汁

味噌汁に入れてしまえば、辛味も繊維も気にならず、おいしく食べられます。
ごま油で炒めると、よりコクと風味がアップします。

細かく切って、炒めるのもおすすめです。

大根下の部分を焼き魚などの付け合わせとして、大根おろしにしてあげると、ピリッと辛くてさっぱりとします。

大根おろしをメインに使う料理には、あまり向いていないですが、こうした付け合せに使用することで、いいアクセントになります。

ちなみに大根おろしにする時は、丸く円を書くように優しくすったほうが、辛味が少なくなります。
逆に、力強く直線ですると辛味が強くなります。

冬大根について、レシピをご紹介しました。
では次に、夏大根についてご紹介していきましょう。

硬くて辛い夏大根、おすすめレシピは?

冬大根と比べると甘みも少なく、辛味が強い夏大根は、どういった調理方法が合うのでしょうか。
夏大根の特徴を見ながら、おすすめのレシピをご紹介していきましょう。

○夏大根を生で食べる

夏大根は冬大根に比べると硬く、辛味が強いという特徴があります。
そのため、煮物よりは生で食べるのがおすすめです。

生の大根の辛味を抑えるには、油分を合わせることで辛味を抑えることが出来ます。
千切りにして、マヨネーズやドレッシングをかけて、サラダとして食べるのがおすすめです。

また、辛味は加熱すると弱まる性質があります。
すりおろした夏大根、そのままでは辛いですが、煮てあげることで辛味を抑えることが出来ます。

○夏大根のみぞれ煮

大根おろしにしてから料理に使用することで、大根は「みぞれ」という名前に変身します。
具材のうまみや調味料といっしょになることで、おいしさがアップします。

暑い夏は食欲がダウンしがちですが、みぞれにすることで、さっぱりおいしく食べられるようになります。

おすすめレシピは、大根おろしを鍋に入れ、そこに揚げたナスを投入し、さっとめんつゆで煮ます。
温かくても冷蔵庫で冷やしても、おいしく食べることが出来ます。

夏大根は、炒めて食べよう

他におすすめの夏大根のレシピは、炒める調理方法です。
夏大根は水分が少ない特徴があるので、炒めものにするのもおすすめです。

○夏大根のきんぴら

まず、夏大根を太目の千切りにして油で炒めます。
サラダ油でもいいですが、ゴマ油を使用すると、よりコクと風味がアップします。

砂糖・酒・醤油で、きんぴらのように味付けするのがおすすめです。

○焼き大根

炒める調理方法が合う夏大根。
辛みの強い夏大根も焼くことで、ほのかな甘みを出してくれます。

大根を焼くならではの、歯ごたえのある食感を楽しむことが出来ます。

<焼き大根の作り方>

まず、大根を1.5cm~2cmの輪切りにします。
火を通すために、5分ほど下茹でをしましょう。
余分な水分は、キッチンペーパーなどで取り除いてください。
味をつける際は、焼いてからにしましょう。
事前に味をつけると、大根の水分が出てしまいます。
油を薄く敷いたフライパンで、弱めの中火で中までじっくり焼きます。

新感覚!夏大根を使った、フライド大根

大根は揚げ物のイメージが無いですが、水分が少ない夏の大根ならフライにすることもおすすめです。
普段大根を食べない方でも揚げることで、びっくりするほど食べやすくなります。

○フライド大根のレシピ

・夏大根 半分
・にんにくのすりおろし 小さじ半分
・しょうゆ、サラダ油、小麦粉、片栗粉 それぞれ適量

まず大根を切り、下味をつけます。
大根の皮をむき、長さ8㎝、7~8㎜角の棒状に切ります。
フライドポテトのような形をイメージしてください。

バットや袋に入れ、にんにくとしょうゆ大さじ1を絡めて、10分ほど置いて、味をしみ込ませましょう。

10分たったら、衣をつけ、大根を揚げていきます。

鍋に油を用意したら、170度~180度の温度にします。
下味のついた大根に、小麦粉大さじ3を加えて混ぜ、さらに片栗粉を適宜まぶします。

ここで、余分な粉は叩き落としてください。

衣がしっかり付いたら、2分ほど揚げ、時々ひっくり返しながら2~3分揚げます。
最後の仕上げで強火にして、さらに1~2分揚げ、油を切って器に盛り、完成です。

大根を揚げる時は、十分に油はねに注意してください。

冬大根と夏大根のレシピ

冬大根と夏大根はそれぞれ、特徴があり、合う調理方法も変わってきます。

冬が旬の大根ですが、夏大根も調理方法でおいしく食べることが出来ます。

大根は美肌にいいとされるビタミンCも豊富な上、消化酵素を含んでおり、消化の働きを助けてくれます。

食欲が落ちる夏に、大根を意識して摂取してみましょう。

 - その他食材