お菓子作りに欠かせない小麦粉・砂糖・卵!栄養と役割とは?

小麦粉・砂糖・卵はお菓子作りをするときには無くてはならない材料ですよね!

それぞれの材料の栄養とお菓子作りでの役割についてお話したいと思います。

そして、小麦粉・砂糖・卵と、家にある少しの材料でできる簡単なお菓子のレシピもいくつか紹介しますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

味噌汁レシピ×旬の野菜!手軽に季節を感じる味噌汁のススメ

日本のソウルフードとも言える味噌汁は毎日の食卓に欠かせない一品ですよね。味噌汁は地域や作る人...

オーガニックガムシロップの様々な用途とは?料理もご紹介!

アイスコーヒーやアイスティーのお供として、ガムシロップは馴染み深いですね。健康志向が強い最近...

味噌煮込みうどんのおすすめの具と素材を生かした調理方法

味噌煮込みうどんというと、冬の寒い季節に召し上がることが多いでしょうか。しかし、体を芯から温...

バナナとお米のカロリーの違いと栄養素の違いを比較しました

バナナとお米のカロリーって少し気になりますよね。両方とも主食として食べられている食材ですが、...

ティラミスを自宅で簡単に!いろいろな作り方を紹介します!

イタリアンの定番スイーツ、ティラミス。作るのなんて難しそう、と思いますよね。でもティラミ...

クセになる濃厚な味!なすとひき肉のおいしい味噌チーズ焼き

夏野菜の代表であるなすとひき肉を用いた味噌チーズ焼きが人気です。意外に思われるかもしれま...

インスタント味噌ラーメンが坦々麺に!そのレシピをご紹介!

寒い時期は、体の温まるものが食べたくなるという方は多いのではないでしょうか?インスタント味噌...

きび糖と上白糖の違いはあるの?2つの砂糖を比べてみよう

どの家庭にもある砂糖ですが、色や粒の大きさも様々です。スーパーで砂糖を買う時は、何を基準に買...

小松菜の味噌和えレシピを常備菜にしていつもビタミンC補給

小松菜はカルシウムやビタミン、そしてカリウムをたくさんふくむ、優れものの葉野菜です。しかも、...

にんじんのみじん切りが簡単にできる器具は?レシピも紹介!

にんじんのみじん切りが苦手な方は意外と多い気がします。レシピを見ていて「にんじんのみじん切り...

よりおいしくなる!味噌汁に合うナスの切り方とは?

日本の食卓に欠かすことのできない味噌汁。どんな食材にも合うので、旬の野菜などを入れて食べると...

お手軽電子レンジで作れる!簡単美味しいおつまみのレシピ

晩酌をするとき、夕飯とは別におつまみを作るのは、なかなか面倒ですよね。しかし、そんなときにぜひ...

家庭菜園でかぼちゃを収穫しよう!日持ちする保存方法を伝授

夏から秋にかけて旬を迎えるかぼちゃは、緑黄色野菜の代表とも言えます。ホクホクした食感と、甘みが...

電子レンジで手軽に調理!卵を使う絶品デザートレシピ

デザートを手作りしたいけど、毎日忙しくて時間がなかったり、少し面倒だと感じてしまったりなど、さま...

自宅で簡単!自家製バターの作り方!牛乳から作れる!?

お菓子や、料理にと幅広く使われるバター。スーパーなどで手に入るバターですが、バター作りに必要...

スポンサーリンク

お菓子作りには欠かせない小麦粉!その栄養とお菓子作りでの役割とは?

・でんぷん
小麦粉の成分は67~75%が炭水化物(でんぷん)です。
でんぷんは生命維持に必要なエネルギー源で、小麦粉の場合は100gあたり約370kcalと白米よりもやや多めです。

また、でんぷんが糊化する性質を利用して、うどんのツルッとした食感を作り出します。
・植物性たんぱく質
小麦粉には6~14%のたんぱく質が含まれています。
たんぱく質は血や筋肉を作る栄養素で、必須アミノ酸から構成されています。

ですが小麦粉にはリジンという成分が足りませんので、小麦製品を食べるときには肉や卵、乳製品を一緒にとるとバランスがいいでしょう。

・脂質
脂質はわずか1~2%ですが、胚芽部分には10%前後も含まれています。
そしてその中にはリノール酸、リノレン酸などの必須脂肪酸や、ビタミンEが豊富に含まれています。

・ビタミン、ミネラル類
量は少ないですが、数多くのビタミンやミネラルも含まれています。
ビタミンとしてB1、B2、E、パントテン酸、ナイアシン、またミネラルとしてリン、カルシウム、鉄、カリウム、ナトリウム、マグネシウムなどです。

・お菓子作りでの役割
小麦粉は水と混ぜるとグルテンに変化します。
これは砂糖と同じく卵の泡を支え、形を保つ役目があり、スポンジやタルト生地の核となります。
小麦粉を減らすときちんと膨らまなかったりしぼんだりしてしまいます。
お菓子作りには主に薄力粉が使われますが、他にも中力粉、強力粉があります。

お菓子に甘みをつける砂糖!その効果とお菓子作りでの役割とは?

人間関係や仕事などで、私たちは日常的にたくさんのストレスにさらされ、緊張や不安を感じてイライラしたり疲れてしまったりします。

そんなときに甘いものを食べると何だか気持ちが落ち着くことはないでしょうか。

なぜなら砂糖にはリラックス効果があり、ストレスを解消してくれるからです。
これは科学的にも証明されている事実です。

舌で甘みを感じると、脳から「エンドルフィン」と「セロトニン」という物質が分泌されます。
これがストレス解消に大きな力を発揮してくれるのです。

・お菓子作りでの砂糖の役割とは?
砂糖は甘みをつける以外にも、焼き色をつけたり生地をしっとりさせたりします。
また、小麦粉のように卵の泡立ちを安定させてもくれます。
ですから、砂糖の量を減らすとスポンジが膨らみにくくなってしまいます。

お菓子作りには主に上品な味わいのグラニュー糖を使います。
このほかにも砂糖には上白糖、粉糖があります。
上白糖は湿り気のある砂糖ですが、粉糖はふるってサラサラの状態で使います。

お菓子の生地作りなどで使う卵に含まれる栄養とお菓子作りでの役割は?

卵はコレステロールを高くすると思われていますが、実際は除去する働きがあります。
それは「レシチン」の効果です。

レシチンはギリシャ語の「レシトース」を語源とするリン脂質の一種です。
ヒトの細胞膜の主成分で、脳や肝臓に大量に含まれています。
細胞を若々しく保ったり、脳や神経系の働きを活発にしたりしてくれます。

また、酵素の作用を助けてコレステロールを取り除いてくれるので、血管についたコレステロールを溶かして血流をよくしてくれます。
その結果、動脈硬化や狭心症、脳卒中などを予防してくれるのです。

卵はビタミンCと食物繊維以外の栄養素を持ち、必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質なたんぱく質の食品です。
漢字で「蛋白質」と書いた場合の「蛋」の字は、中国で「卵」の意味だそうです。

さらに卵黄にはビタミンAや鉄、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

・お菓子作りでの卵の役割とは?
卵を泡立てると空気を含んでふわふわの泡ができます。
これは卵白によるもので、小麦粉、砂糖と組み合わさってスポンジを膨らませます。
卵黄は水分と油分をつなぐため、バターを使うパウンドケーキやクッキーに必要なものです。
卵が古いと泡立ちも悪くなるので、お菓子作りにはできるだけ新鮮なものを使うのがポイントです。

小麦粉+砂糖+卵でもお菓子が作れる!?簡単レシピの紹介!

小麦粉、砂糖、卵と牛乳(水)で簡単クレープを作りましょう。

【材料】(直径16㎝で8~9枚くらい)
・小麦粉…カップ1弱
・砂糖…大さじ1
・牛乳…カップ1
・卵…1個
・サラダ油…少々

【作り方】
1)ボウルに小麦粉と砂糖を入れ、泡だて器で混ぜましょう。

2)牛乳を半分入れてさらに混ぜてください。

3)次に卵を入れて混ぜ、そのあと残りの牛乳を混ぜます。

4)中火でフライパンをあたため、油を引いて火からおろしてください。

5)生地をお玉半分~1杯を入れ、薄く広げて中火で焼きます。
 
先に粉類を泡だて器で混ぜると、振るわなくてもダマができません。
油が少ないと焼き目がきれいに出ないので、2~3枚焼いたら少し加えましょう。

小麦粉、砂糖、卵のシンプルなパンケーキも紹介します。

【材料】(1~2人分)
・小麦粉…カップ1/2
・砂糖…大さじ1
・卵…2個
・水または牛乳…25㏄
・サラダ油…少々

【作り方】
1)卵白と卵黄を分け、別々にボウルに入れます。

2)卵白に砂糖を加え、泡だて器の筋が残るまで泡立てましょう。

3)卵黄に水または牛乳を加えて混ぜ、泡立てた卵白を加えてよく混ぜます。

4)小麦粉を少しずつ入れてヘラでざっくり混ぜましょう。

5)フライパンをあたため、油を引いて弱火で焼きます。

6)