玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

カロリーは低い?高い?ナッツダイエットの全貌明らかに!

      2018/07/31

カロリーは低い?高い?ナッツダイエットの全貌明らかに!

ダイエットとしてナッツが使われることがあります。

いわゆるナッツダイエットと呼ばれるものですね。

ダイエットに使われるということはナッツのカロリーは低いのでしょうか?

今回は、そんなナッツダイエットのやり方やメリット、注意点、ナッツのカロリーなど気になることをまとめてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

濃厚とろとろ茶碗蒸しを電子レンジで作る秘訣はチーズにあり

みなさんは、茶碗蒸しは好きですか? お店で出される茶碗...

電子レンジのターンテーブルにケーキ型をのせて手作りケーキ

小さい子どものため、ケーキを焼きたいという人のために、便利...

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。 昼...

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

スポンサーリンク


ナッツのカロリーは低い?高い?

ナッツダイエットというダイエット方法を聞いたことがありませんか?

実は、じわじわと女性人気が高まっている今大注目のダイエット法なのです。

今回はナッツダイエットの全貌についてお伝えしますが、まず気になるのがナッツのカロリーなのではないでしょうか?

ダイエットに使われるくらいだから、カロリーが低い印象を持つ方も多いはずです。

では、実際のところはどうなのでしょうか?

下記にナッツ100gあたり(食べられる部分のみ)のカロリーについて種類別に分けていくつかお伝えしていきますね。

・ピーナッツ およそ526kcal
・アーモンド およそ600kcal
・クルミ およそ604kcal
・マカダミアナッツ およそ710kcal
・カシューナッツ およそ575kcal
・ヘーゼルナッツ およそ684kcal
・ピスタチオ およそ601kcal

また、比較しやすいように他の食品ともカロリーを比べてみます。

こちらも全て100gあたりのカロリーを記載します。

・白米 およそ168kcal
・食パン およそ264kcal
・ショートケーキ およそ308kcal

このように見比べてみるとナッツのカロリーは決して低いわけではなく、むしろ高めですよね。

ダイエットに用いられるのには他に理由があるようです。

カロリーは低いとはいえないけどダイエット効果がすごい!

ダイエットにも使えると注目を浴びているナッツ類。

しかし、先ほどもふれましたがカロリーは決して低いとはいえないですよね。

ですから、このダイエット方法で着目している点はカロリーではないのです。

実は、ナッツを摂取することでダイエットに役立つ効果が得られやすいといわれています。

◆体脂肪を減らしやすい体質へ!

不飽和脂肪酸の含有量が高いという特徴を持つのがナッツです。

この不飽和脂肪酸の作用で着目すべきなのは、体脂肪をどんどん燃やしてくれるということでしょう。

そのため、身体の代謝が高まり、ダイエットに大いに役立ちます。

◆咀嚼回数が多くて高い満足度が感じられる食材!

ナッツ類は硬いものが多く、よく噛み砕いて食べる必要性がありますよね。

噛み応えがあると食事の満足度が得られ、空腹感をセーブしやすくなります。

よく噛み砕くという動作がポイントです。

◆便秘改善につながる!

腸内環境を整えるには食物繊維が欠かせません。

ナッツは食物繊維が豊富ですから、腸の動きを正常化して便秘の改善に役立ちます。

これらの効果はダイエットには打ってつけだといえますよね。

ですから、カロリーが高くても良い効果が得られそうであれば、十分にダイエットの手助けになることでしょう。

ストレス度が低いナッツダイエット!やり方は?

ナッツのカロリーではなくダイエット効果に注目して、上手にダイエットメニューに取り入れている方が多いです。

肝心のダイエットのやり方ですが、たったのこれだけです。

「1日でおよそ25gのナッツを摂取する。」

または、毎回重さを量るのが面倒である場合には「手のひらで一掴みした分」のナッツを摂取することもおすすめです。

この場合のカロリーは、手の大きさなど変わるので多少違いが見られますがおよそ200kcalですので、ダイエット中でもさほど問題視するカロリー量ではないでしょう。

これらのダイエット方法は、特に食事制限等の必要性はなく、決められた量のナッツを食べるだけですから、ストレス度もかなり低いといっても過言ではありませんよね。

ダイエットというと食事制限やきつい運動がつきものだと思われがちかもしれませんが、必ずしもそうだとは限らないのです。

また、これらナッツダイエットのポイントは、「素焼きのナッツ」を食べるということです。

塩味などの何かしらの味付けがされているナッツも多く市販されていますよね。

ですが、ダイエット効果を引き出すための食べ方としては、素焼きのナッツの摂取が最適です。

例えば、塩味のものですと身体がむくみやすい体質へと変化してしまいがちですからダイエット向きとはいえません。

ナッツダイエットに向いてる人とは?メリットを考える

ナッツダイエットのやり方は簡単で何も複雑な手順はありません。

ナッツを食べるという作業だけですので、時間もかからずにダイエットを行うことができます。

そして、嬉しいことにナッツには栄養成分が豊富に含まれていて、優れた食材です。

短時間に高品質の栄養が摂取できるナッツは、忙しい人の味方でもありますよね。

手軽な栄養補給としてもおすすめです。

次にふれたいことは、ダイエット中でもおやつを抜きたくはないという人にも最適なのがナッツダイエットだということです。

ケーキやポテトチップスなどのお菓子をおやつにしている方は、ダイエットをサポートしてくれるナッツにシフトしてみてはいかがでしょうか?

さらに、咀嚼回数が多いナッツのおかげで、おやつの過剰摂取対策にも効果的でしょう。

最後に、何といっても普段の食事を制限せずにダイエットを行えるという点も好評価であるワケではないでしょうか。

やはり、食事はしっかり摂って健康的に痩せたいものですよね。

食事制限を行うダイエットはストレス度も低いとはいえないのが現状でしょう。

そのような人にもナッツダイエットをおすすめしたいです。

効果が低いなんてことにしたくない!食べる時間にも注目

こちらの項ではナッツを摂取するタイミングにも注目してみましょう!

ナッツダイエットの効果をより高めるには、摂取する時間帯も気にして行うことが大切です。

ダイエット効果が思ったよりも低いと落ち込むことがないように、配慮したい点ですね。

①ナッツをおやつの代わりにする

こちらは先ほどもお話ししましたが、ダイエット中でもおやつを抜くのを避けたいと思っている方には最適でしょう。

ダイエットの大敵はストレスで続かなくなってしまうことですよね。

なるべくストレスを溜めないためにも、無理に間食を抜くことはないでしょう。

②食前にナッツを摂取するのがベーシックなやり方

こちらは噛み応えのあるナッツを前もって摂取しておくことで、自然と食事量をセーブできるとういう方法となっています。

こちらも無理矢理ではなく自然に食事量の軽減を促すやり方なので、比較的ストレス度は低いですよね。

③くるみの場合は食後に摂取をしても効果アリ

もちろん、食前に摂ってもダイエットに効果的ですが、くるみを食後に摂取するとより高い整腸効果で便秘改善の手助けをしてくれるでしょう。

特にくるみは食物繊維の含有量が多いのです。

④カロリーが高い食事内容の場合にはアーモンドを食中or食後に!

アーモンドでナッツダイエットを行う場合にはこんな方法もあります。

カロリーの過剰摂取や体調不良に注意!

ナッツダイエットのやり方について一通りご紹介しました。

ストレス度の低いお手軽なダイエットで、何かと話題になる機会も多いです。

最後に、ナッツダイエットを行ううえで起こり得る失敗例について考えてみましょう。

上記で示したように正しいやり方で行うことができれば問題はありませんが、間違ったやり方をしてしまうと残念な結果となってしまう可能性も否定できません。

●決められた分量は超えないで!

やはり、ナッツ類のカロリーは低いとはいえずむしろ高めだと考えられますよね。

ですから、必要以上にカロリーを摂取して逆効果となってしまった方も存在するようです。

●「素焼き」ではなく「素揚げ」のものは選ばない!

いくら味付けがされていないといっても、素揚げのもののほうがカロリーが高くなってしまうのは当然ですよね。

間違えないように注意しましょう。

●普段の食事で置き換えダイエットはしないで!

ナッツダイエットは自然に食事量をセーブするのが狙いの健康的なダイエット方法です。

そのせいで体調不良を招いてしまったら元も子もないですよね。

ナッツを食べるだけの簡単ダイエット!

今回はナッツダイエットに着目してその全貌を明らかにしてきました。

意外なことに、ナッツのカロリーは低いというわけではなかったですね。

カロリーの高い低いではなく、持ち合わせている効果に注目しているダイエット方法でした。

やり方も簡単で摂取するタイミングもご自身に合わせて選べるのが良いですね。

失敗しないように注意を払いながら、ダイエットを行いましょう!

 - 健康的なダイエット