玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

甘酒を酒粕で作ってみよう!その栄養とダイエット効果は

      2017/12/28

甘酒を酒粕で作ってみよう!その栄養とダイエット効果は

甘酒は、飲む点滴と言われています。
夏の熱中症対策にも、おすすめされています。

しかし、このように言われているのは、米麹で作られた甘酒のほうです。

甘酒は栄養に富む飲みものですが、甘酒の材料として、酒粕で作るものや米麹で作るものがあります。

今回は、酒粕で作った場合と麹で作った場合の違いや、酒粕で作った甘酒の栄養などについてご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか? 田楽は豆腐や...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。 しかし、塩分が高くて高...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。 手前味噌とも...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。 後は好きな具材を入れるだ...

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

自家製味噌の製造販売の許可を取る方法と必要な資格の取り方

味噌は材料があれば、誰でも製造をすることができます。 ...

味噌鍋、旬の食材や冷蔵庫のもの全てをおいしく食べる作り方

冬と言えば鍋、鍋の定番のひとつは味噌鍋ですね! 味噌は...

発酵食品パワーをおかず味噌で手軽に!6つの作り方をご紹介

味噌は古くから「医者いらず」と言われるほどの発酵食品で、...

スポンサーリンク


酒粕で作った甘酒と麹で作った甘酒の違い

酒粕とは、どのようなものなのでしょうか。

実は、日本酒のもろみを圧搾したときにできる、残存物こそが酒粕です。

アルコール成分があり、価格は米麹より安くなります。

甘酒の甘みは砂糖で付けるので、米麹で作った甘酒と比べると、カロリーが高くなります。

甘酒を麹で作る場合、つぶしたお米に麹菌を加えて、発酵させて作ります。

これには、アルコール分がありません。

お米と麹の自然な甘さがあるので、砂糖は加えない、もしくは少ない量で済むので、カロリーが抑えられます。

ですが、米麹は酒粕より価格が高くなります。

以上のように、どちらも甘酒ですが、価格も味わいもカロリーも違うのです。

好みもありますが、自然な甘みが好きな人は、米麹で作ると良いでしょう。

アルコールは入っててほしいという人や、安く作りたい人は、酒粕で作ることをおすすめします。

では、栄養の違いも見てみましょう。

酒粕と米麹の栄養はどちらがある?

以下、酒粕と麹の100g分の栄養を比べてみました。

◎エネルギー

酒粕 227kcal
米麹 286kcal

酒粕のほうが、カロリーが低いです。

ただし、酒粕を材料にして甘酒をする場合、砂糖を加えるので、その分カロリーは高くなります。

◎タンパク質

酒粕 14.9g
米麹 5.8g

酒粕のタンパク質の量は、米麹の2倍強なので、なかなかの量です。

驚くことに、肉類と比べても、劣らない量なのです。

◎カリウム

酒粕 28mg
米麹 61mg

◎葉酸

酒粕 170mcg
米麹 71mcg

◎食物繊維

酒粕 5.2g
米麹 1.4g

そして、酒粕にはアルコールが8.2g含まれています。

その他では、ビタミンも含んでいます。

こうして、栄養だけに注目してみると、酒粕が栄養価が高いと言えますね。

酒粕で作った甘酒の栄養と効能

酒粕で作った甘酒は、栄養はたっぷりです。

では、その効果・効能はどうでしょうか。

酒粕を使った甘酒は、タンパク質が多いため、体の代謝を促進させ、細菌などへの抵抗力をつけてくれます。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに換えるのを助けてくれます。

ビタミンB2は、皮膚の粘膜を健康に保たせてくれます。

そして、ビタミンB6は、皮膚や髪の毛の成長を促し、神経の働きを正常に戻してくれます。

パントテン酸は免疫力を向上させるだけでなく、肥満予防効果もあり、美肌維持の効果があるとされています。

食物繊維は腸内環境を整え、老廃物を排出する効果があります。

レジスタントプロテインは小腸まで達し、脂肪を吸着して排出してくれます。

そのため、便秘を改善させますし、コレステロール値を低下させるほか、肥満防止の効果もあります。

また、アミノ酸の一種であるS-アデノシルメチニンは関節の軟骨を増加させ、関節症の症状を和らげてくれます。

その他、うつ症状を改善させ、肝機能を高めてくれます。

遊離リノール酸は、メラニン合成を促すチロシナーゼの働きを抑制し、シミをできにくくしてくれます。

ここまでたくさんの効果があると分かると、酒粕を使って甘酒を作りたくなりますね。

酒粕を作って栄養たっぷり甘酒を作ってみよう

今まで見てきたように、酒粕は栄養たっぷりで、効能もたくさんあります。

酒粕で甘酒を作ってみたいものですね。

酒粕の甘酒は、麹で作るより手軽に作ることができます。

アルコール分が含まれているので、子供やアルコールが苦手な方、車を運転する方や妊婦さんや未成年には向いていません。

注意しましょう。

☆酒粕で作る甘酒

【材料】

・酒粕 200g
・水 1ℓ
・砂糖 大さじ6
・塩 少々
・生姜 お好みで

【作り方】

①板状の酒粕を、分量の水に一晩浸けておきます。

水と酒粕をなじませておくと酒粕が溶けやすくなり、とろりと、まろやかな味わいになります。

②鍋に、溶かした酒粕・砂糖・塩を入れます。

③火にかけて温め、出来上がりです。

お好みで、すりおろした生姜を加えても(もしくは生姜の絞り汁でも)、おいしく召し上がれます。

酒粕甘酒ダイエットとは?栄養は足りる?

酒粕(甘酒)ダイエットとは、酒粕を1日に50g摂るというダイエット方法です。

50gの酒粕には110kcalしか含まれていないので、ダイエットにピッタリです。

しかし、反対に考えると、カロリーゼロではないので、1日の摂取量を考えて摂っていく必要があります。

脂肪分も少ないので、酒粕はダイエット向けの食材と言えますが、ダイエット中の食事で、気になるのは栄養です。

酒粕の栄養は、どうなのでしょうか。

先述したように、酒粕にはビタミンB1・B2・B6や葉酸、食物繊維以外に、アミノ酸やたくさんのブドウ糖が含まれており、栄養たっぷりです。

そのため、栄養の偏りを心配することなく、ダイエットに取り組むことができます。

レジスタントプロテインには、脂質を排出してくれる作用があります。
食物繊維は代謝を高めて、痩せやすい体質にしてくれると言います。

また、酒粕は美容や健康効果も高いので、健康的に美しく痩せることができます。

酵素もしっかり入っているので、加齢とともに失われていく酵素を、外から補給することができます。

そのため、消化や代謝をアップさせて、痩せやすい体作りをすることができます。

このダイエットは、やり方が簡単です。

食事制限もなく、普段の食事に酒粕50gをプラスしたり、甘酒を食事代わりに飲んだりしても良いということで、飽きることなく続けやすいダイエットです。

酒粕は、必ずしも甘酒という決まりもなく、料理に使ってもOKです。

例えば、粕床を作って野菜や魚や肉を粕漬けにしたり、酒粕をみそ汁に入れてみたりすると、色々な味が楽しめます。

酒粕甘酒ダイエットの効果はどう?

お金をかけずに、美しく痩せたい方におすすめの酒粕(甘酒)ダイエット。

先述したように栄養たっぷり、でもカロリーや脂肪分は低めという酒粕は、ダイエットにおすすめの食材です。

では、実際に、酒粕ダイエットの効果はどうでしょうか。

およそ3週間続けてダイエットしますが、酒粕に含まれているレジスタントプロテインが脂肪を排出します。

そして、食物繊維が血液中の脂質を体外に排出してくれるので、ダイエット効果を期待することができます。

また、食物繊維はインスリンの働きを抑え、摂取した糖分が脂肪に変わるのを防いでくれます。

つまり、糖分を摂取しても脂肪に変わりにくくなり、太りにくくなると言えるのです。

食物繊維がたっぷりのため、便秘も解消できて、ポッコリお腹もなくなります。

レジスタントプロテインと食物繊維のおかげで、減量だけでなく血液の質も良くなるという、一石二鳥のうれしい効果があります。

また、タンパク質やアミノ酸を含むため、美肌効果も期待できます。

注意したいのは、酒粕に含まれるアルコールです。

アルコールの敏感な方はしっかりと加熱してアルコールを飛ばし、飲みすぎないようにしましょう。

酒粕の甘酒には砂糖が入っていますが、手作りの場合は、砂糖の量は控えめにすることでダイエット向けにできます。

酒粕で作った甘酒で美貌とスリムな体を手に入れよう

酒粕で作った甘酒が、こんなに栄養たっぷりで、ダイエットにも向くとは驚きですよね。

酒粕もスーパーなどで手に入りやすい食材なので、一度試してみるのはいかがでしょうか?

簡単に無理なく、楽しみながらダイエットできるなら、こんなに良いことないですね。

そして、女性にとってうれしいのは、お肌にも便秘解消にも良いということです。

ぜひこの機会に美しく、健康になりましょう。

 - 健康的なダイエット