玄米のリジュベラックって一体何?どんな効果があるの?

リジュベラックという言葉を聞いたことはありますか?

リジュベラックで体重が落ちたとか便秘が解消した、髪の質や肌つやが良くなったなど評価の高いコメントも目立ち、とても期待できる健康法です。

今回はリジュベラックとは何かということから、その効果や玄米を使った作り方など幅広くご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お米とパンだとどちらが安い?色々な面から比較してみよう

毎日食べる主食と言えば、お米とパンですよね。毎日食べるからこそ、お米やパンの値段が安い、高い...

玄米をおかゆにするってどうなの?炊飯器でもできる?

完全栄養食と呼ばれている玄米。今一度、その玄米の栄養について考えていきたいと思います。また...

ご飯を冷蔵庫に入れたときの保存期間と美味しく食べる方法

冷蔵庫に入れたご飯は味が落ちて、パサパサとした食感になります。ですが、毎日ご飯を炊くのは面倒。...

豆腐に味噌マヨネーズを合わせ栄養効果を上げるレシピを紹介

豆腐は、手軽に摂れるたんぱく質食品です。歯が痛い時や、高齢者で飲み込む力が弱くなった人でも楽...

食物繊維たっぷりの押し麦。おいしい炊き方と水加減は?

最近では、おしゃれなカフェでも雑穀米や、麦ご飯が出てくるようになりました。麦ご飯と言えば、「...

簡単!豆腐や豆乳、おからを使ったヘルシーデザートを作ろう

夏は冷奴でさらっと食べやすく、冬は体が温まる湯豆腐で・・・調理法も豊富な「豆腐」。豆腐は昔から体...

ご飯1合は何グラムでしょうか?おいしく炊く方法は?

日本人の食生活に欠かせないご飯。炊きたては本当に美味しいですね。ご飯を炊くとき、お米1合で...

コーヒー生豆を発芽加工し発芽コーヒーが作られる!特徴は?

皆さんが、ほぼ毎日口にしているコーヒー。実際コーヒーを好きな方って多いですよね。そんなコ...

お米の等級やマークが意味することは?米を美味しく炊く方法

高額で有名なブランド米ならば、絶対に美味しいはず!と、つい思ってしまいませんか?いえいえ、そ...

黒豆豆乳の作り方を教えます!黒豆と豆乳で健康増進を目指す

皆さんは、黒豆や豆乳を積極的に摂取していますか?どちらかと言うと、女性の方が男性に比べて、口...

人気が急上昇!夏でも美味しい納豆150gのカロリーと栄養素

納豆は好きですか。私は大好きですが、独特の臭いとネバネバが苦手という人もいますね。今、そ...

玄米といっても、酵素玄米や発芽玄米など違いがある?

皆様、酵素玄米や発芽玄米についてご存知ですか?玄米と言う言葉は聞いたことがあり、また食べたこと...

初夏が旬!青唐辛子を使った味噌の簡単な作り方と保存方法

梅雨の時期がはじまり、雨がしとしとと降り続けるような季節ですが、そんな時季に旬な食材があります。...

栄養豊富な白和えレシピの紹介!味噌入り味噌なしバージョン

今日は、体にいいものを食べたい、そんな日は白和えはいかがでしょうか?普段何気なく食べている白...

パン作りにおけるイースト菌の役割!発酵と温度の関係とは

パン作りでよく耳にする酵母やイースト菌。イースト菌や酵母はパン作りでどのような役割を果たしている...

スポンサーリンク

玄米とは?どんな効果が私たちにあるの?

玄米とは、精白されていない状態で、稲のもみからもみ殻を取り除いたお米を言います。

一方、一般的に白米と言われるものは、玄米から表面の薄皮であるぬかなどを取り除くこと(精白)をされたお米を言います。

玄米から精白が進むにつれてビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養成分がどんどん失われていきます。

玄米は完全栄養食とも呼ばれるように、玄米のまま食べることで、その豊富な栄養が摂取できます。

玄米の胚芽やぬかには、特にビタミンB群や食物繊維が多く含まれています。

ビタミンB群は代謝を助ける働きがあり、疲労回復に効果があります。

また食物繊維は、腸内環境を改善し、便秘を解消し、体内から余分なコレステロールや糖分、発がん物質などの有害物質を排出してくれます。

さらに腸からの脂肪の吸収を抑制しますので、がんや生活習慣病の予防、ダイエットにも効果が期待できます。

ただ、玄米は白米よりも消化に時間がかかりますので、優れた栄養素をしっかりと吸収するためにも、よく噛んで食べないといけません。

よって、よく噛んで食べることで満腹中枢を刺激し、自然と食べ過ぎを防ぐこともできるのですね。

このような栄養豊富な玄米を水に漬けて発芽玄米にし、それを置いておくことで発酵させた水がリジュベラックとして注目されているのです。

リジュベラックって何?その効果は?

リジュベラックとは、野菜や果物からではなく、大麦、ライ麦、米などの穀物を発芽させたものを水に浸し、1~2日置いてできた発酵ドリンクのことを言います。

酵素水や発酵水と呼ばれることもあります。

リジュベラックは、ビタミンB群・ビタミンK・ビタミンE・タンパク質・デキストリン・炭水化物・アミロースなどの栄養素や消化を助ける酵素を豊富に含んでいます。

玄米を水に浸けて発酵させると食物性乳酸菌までできるとも言われています。

玄米で乳酸菌をつくることができるのは、玄米の皮であるぬかに乳酸菌が含まれているからです。

よって特に玄米とお水だけで作るこの生きた酵素飲料は「玄米リジュベラック」として大変注目されている健康飲料なのです。

毎日この玄米でできたリジュベラックを飲むことで、老化や病気の原因となってしまう活性酸素を取り除いてくれますし、乳酸菌が腸内環境を整え便秘を解消してくれます。

リトアニア出身の自然療法士のアン・ウィグモア博士は、小麦を発酵させたリジュベラックを毎日飲み続けたことで、末期の大腸がんを克服し、真っ白だった髪が元の栗色に戻ったそうです。

リジュベラックの持つ自然治癒力は本当に素晴らしいものがありますね。

ぜひリジュベラックの効果を体感してみませんか。

玄米のリジュベラックの効果の活用法は?

玄米から作られるリジュベラックには植物性乳酸菌や酵母などが含まれています。

これらはたんぱく質などを分解する酵素を持っていますので、掃除にも効果があると言われています。

食器洗いやキッチンやお風呂場の拭き掃除、お洗濯に使うのもおすすめです。

その他にもアミノ酸やビタミンDなどが含まれているので、玄米で作るリジュベラックは健康飲料としてだけではなく、他にもいろいろな活用法があります。

例えば、リジュベラックと塩で浅漬けが簡単に作れますし、牛乳や豆乳と合わせて自家製のヨーグルトを作ることも可能です。

ご飯を炊くときに入れてもヘルシーですし、炭酸水やジュースで割ったり、スムージーにしたりしても飲みやすく美味しいですよ。

発芽した玄米はそのまま炊いて発芽玄米ご飯にしてもいいですね。

顔を洗ったり化粧水にしたり、歯磨きやうがいに使ったり、入浴剤にしたりと用途は様々です。

さらに花壇の水やりなどに使うと植物が元気になるそうですよ。

健康への効果はもちろんのこと、環境や自然にも優しい玄米のリジュベラックをぜひ日常生活に取り入れてみませんか。

リジュベラックで気をつけることは?

玄米のリジュベラックには素晴らしい効果がたくさんあることがわかりましたが、注意した方がいいことはあるのでしょうか。

まず玄米の農薬には気をつけましょう。

できれば無農薬で、自然農法のものを使うのがいいです。

農薬が使用された玄米ですと、発酵や発芽をしないことがあります。

水につけても発芽しない場合は、リジュベラックは作れませんので、違う玄米で作り直さないといけません。

また無農薬の玄米であれば、さほど気にしなくても大丈夫ですが、玄米はできれば毎回洗いましょう。

長い間、洗わないでいると、玄米がかびることもあります。

匂いやぬめりも気になってきますので、発芽して3、4回飲んだら炊いて、再度作り直す方がいいかと思います。

発酵が進み過ぎたり、上手く発酵しなかったり、雑菌が繁殖し腐ってしまったりした場合も匂いが気になることがあります。

その時は、初めから作り直してくださいね。

玄米をそのまま使う分、素材を意識して作ることがとても重要ですね。

玄米でできるリジュベラックの作り方は?

リジュベラックを作るのは、温度や水の管理をしっかりとすれば、玄米を洗って水に浸すだけ。

とても簡単です。

【材料】

・玄米 1合

出来るだけ自然農法、無農薬の玄米を使用します。

・水 玄米の2~3倍

【作り方】

①玄米を洗います。

②できれば煮沸消毒した瓶などに玄米と水を入れて、室温で毎日お水を取り替えながら1~2日放置し、発芽玄米を作ります。

夏なら半日~1日、冬なら2日~3日ほどで発芽します。

③玄米に芽が出始めたら水を取り替えます。

④たまにかき混ぜながら、1日常温放置します。

⑤気泡が出てうっすらと水が濁り、少し酸味のあるさわやかな香りがしたら1回目のリジュベラックの出来上がりです。

⑥茶こしなどでこして、冷蔵庫で冷やしてお飲みください。

残った発芽玄米にまた新しい水を注ぎ、繰り返せば、2~3回はリジュベラックを楽しめます。

その後、残った発芽玄米を炊飯して発芽玄米ごはんとして食べられます。

夏場は早く発酵する可能性もあるので、注意しましょう。

真っ白になるまで置いておくと、発酵臭がきつくなります。

また、水と玄米の量や割合は気にしなくても問題なく作れます。

今回の分量は目安ですので、自分の生活スタイルやお好みに合わせて調整し、玄米リジュベラックの効果を感じてみてくださいね。

玄米のリジュベラックを活用したレシピは?

今回は、玄米を使ったリジュベラックで、植物性の乳酸菌たっぷりの豆乳ヨーグルトを作りましょう。

バナナとの相性もぴったりです。

【材料】

・発芽玄米リジュベラック 50ml
・豆乳(無調整、できれば有機栽培のもの) 200ml
・バナナ お好みで

【作り方】

①きれいな容器にリジュベラック50mlと無調整豆乳200mlを入れ、軽くかき混ぜます。

②ほこりなどが入らないように蓋をして、常温(目安は室温20~25度)で8~12時間程、置きます。

途中でかき混ぜないようにしましょう。

夏場は温度に注意してくださいね。

③発酵が進んで全体が固まり始めたら、冷蔵庫で全体が固まるまで置いて完成です。

冬場なら1~2日かかることもあります。

④最後に食べやすい大きさに切ったバナナを添えてお召し上がりください。

完成した豆乳ヨーグルト50mlに、無調整豆乳200mlを加え、上記の手順を繰り返せば何度も作れますよ。

市販のヨーグルトで培養することもできますが、自家製の発芽した玄米のリジュベラックを使えば、良質な植物性乳酸菌の効果を得られます。

常温発酵の途中で明らかな異臭がしたり、ピンク色がかかってきたり、舌をさすような味がしたりした場合は、雑菌が繁殖し腐敗が進んでいますので、破棄してください。

冷蔵で保存し、24時間以内に飲みきるのがベストです。

玄米を使ったリジュベラックを様々なシーンで活用してみよう

とても簡単にできる玄米のリジュベラックは、健康飲料や発酵食品、酵素ドリンクとして、私たちの健康や美容に効果が高いことがわかりました。

さらに掃除や植物のお手入れ、美容目的としても様々な活用法があります。

日常生活のあらゆるシーンでとても役に立つ玄米のリジュベラック。

ぜひ一度作ってみませんか。