玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

味噌作り体験がしたい!大阪で味噌作りができる教室は?

      2018/08/03

味噌作り体験がしたい!大阪で味噌作りができる教室は?

日本人にとってお味噌汁は欠かせないものですよね。

味噌を使って料理することは沢山ありますが、その味噌がどうやって出来ているのか知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

味噌といっても種類は様々で、奥深いものです。

そんな日本人のソウルフード「味噌」を手作りしてみませんか?

きっとその美味しさに驚き、ハマってしまうと思います。

今回はそんな味噌作りを大阪で体験できる教室をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

濃厚とろとろ茶碗蒸しを電子レンジで作る秘訣はチーズにあり

みなさんは、茶碗蒸しは好きですか? お店で出される茶碗...

電子レンジのターンテーブルにケーキ型をのせて手作りケーキ

小さい子どものため、ケーキを焼きたいという人のために、便利...

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。 昼...

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

スポンサーリンク


大阪で味噌作りが体験ができる教室①

日本全国で味噌作り教室は開かれていますが、今回は特に大阪にスポットを当ててご紹介します。

①『Le Pur(ルプ)』

(場所)・・・大阪府大阪市中央区谷町1-3-1

(料金)・・・5㎏ 6500円(2018年現在)

こちらの教室では有機大豆を使って味噌作りをします。

添加物の入っていない味噌はカビが発生しやすいのですが、そのカビを取り除けば問題なく食べられるそうです。

添加物なしの味噌を自分で作って食べられるのはとても嬉しいですね。

②『マルカワみそ』

マルカワみそは、福井県越前市で味噌作りをしているお店です。

全国各地で手作り味噌教室を開催しています。

依頼をすると、講師が来て味噌作りを教えてくれます。

大阪ですと、大阪駅前のグランフロント大阪やルクア大阪で開催されたこともあるようです。

味噌作りでも大切な工程『大豆の炊き具合』から教えてもらえて、入手するのが難しい材料を使って味噌作りが出来ます。

味噌作り100年の歴史のある秘伝の技術もあるそうですよ。

秘伝というのに心惹かれますね。

大阪で味噌作りが体験ができる教室②

ほかにも、大阪で味噌作りが体験できる教室はあります。

③『こくちーず』

こくちーずは味噌作り教室というわけではありませんが、様々な勉強会やイベントなどを告知するウェブサイトです。

大阪で開催される味噌作り教室のイベントなどを探すことができます。

お近くで味噌作り教室が開催されるかもしれませんので、興味がある方は要チェックです。

④『糀屋 雨風』

(場所)・・・大阪府堺市西区津久野町3-32-11

(料金)・・・3㎏ 3150円(2018年現在)

希望する日が一人でも味噌づくり教室を開催してくれます。

出張で味噌作りを教えてくれたりもしますので、近所の方と数人で味噌作りを教えてほしい!という人は出張サービスを受けるのもいいですね。

出張の場合、別途料金かかります。

大阪で味噌作り体験をしている教室は意外とありましたね。

この機会に一度参加してみてはいかがでしょうか。

味噌の成分や効能は?

近年、味噌の健康効果が注目されています。

その健康効果から、味噌作りに興味がある人が増えているようです。

味噌は医者いらずとも言われています。

イソフラボンやビタミンE、タンパク質、ミネラル、食物繊維など豊富な栄養を沢山含み、毎日食べることでがんの発生する割合を減らし、女性に多い乳がんも50%の減らしてくれるという研究報告もあがっています。

女性の大敵、冷え性や貧血などの予防もしてくれる力強い味方でもあるのです。

そして意外にも味噌はカロリーが低めなんです。

他にも、生活習慣病や更年期障害の緩和、骨粗しょう症やアルツハイマーや認知症などの予防に効果があるとされています。

女性には嬉しい、美肌やアンチエイジング、老化防止、さらにはダイエットまで効果があると言われています。

味噌を使った料理は沢山ありますが、やはり一番日常に手っ取り早く味噌を取り入れるためのおすすめの料理は「味噌汁」です。

素晴らしい効能を持つ日本人のソウルフードである「味噌」。

そんな味噌を食べる事で病気になりにくい体を作ることが出来るんです。

是非大阪で味噌作り教室に参加して作ってみてください。

大阪で味噌作り教室を体験した人の口コミは?

大阪だけでなく全国で味噌作り教室は開かれていますので、お近くの味噌作り教室に行ってみてはいかがでしょう。

実際に味噌作りを体験した人の声を聞いてみると、味噌作りにハマった!という声が多くて驚きます。

スーパーなどで販売されている味噌は3か月ほどでできますが、手作りの味噌は10か月もの歳月をかけて出来上がります。

長い間味噌が出来上がるのを待つのも楽しみで、成熟を待つ間に何より味噌に対して愛情がわきます。

子どもと一緒に味噌作りを体験すれば、食の大切さやどのように味噌が作られるのかを教えることができます。

また、味噌作り教室に参加すると、味噌作りだけでなく味噌を使ったレシピなども教えてもらえることが多いようで、味噌料理のレパートリーが増えた、という声もありました。

味噌作り教室に行ってから、毎年自分で作っていますという方も沢山いました。

手作り味噌の良いところは、我が家の味というのが出来ることかもしれません。

口コミでもあったように、子どもにも味噌の作り方を教えて、我が家の味を覚えて貰うと嬉しいですよね。

いろんな大豆を使ってみて、これが我が家の味噌だ!というのを探していくのも楽しいのではないでしょうか。

味噌作り教室で使用する際の容器は?

大阪で体験できる味噌作り教室をご紹介しましたが、味噌作りには容器が必要になります。

容器は、味噌作りをする前に自分で準備しなくてはいけません。

もし、1回だけ試しに作ってみたいというのであればプラスチック容器でも作ることはできますが、毎年作りたいという場合は専用の容器を用意する方が良いです。

容器には主に3つの種類があります。

①ホーロー

<メリット>

匂いや色などが残りにくく、雑菌が付きにくい

<デメリット>

値段が高めで傷がつくと、そこから錆びてくる

②木製

<メリット>

昔ながらの容器で、おいしい味噌ができる

<デメリット>

木は変化しやすく管理が難しい

③陶器

<メリット>

気温に影響されにくく、劣化しないので、長い間使える

<デメリット>

すごく重くて値段が高い

それぞれ特徴がありますので、自分の使いやすいかもと思う容器を選んで大阪で味噌作り教室を体験してみてください。

それぞれの味噌作り容器で人気のものは?

初めて大阪で味噌作り教室に参加される方の為に、人気のあるおすすめの容器をご紹介します。

①ホーロー・・・野田琺瑯さんや富士ホーローさんのものがおすすめです。

野田琺瑯さんだと、野田琺瑯のラウンドストッカーが人気があります。

大豆2㎏で10Lの入れ物が丁度いいようです。

②木製・・・秋田杉の木桶のものがおすすめです。

遠藤桶製作所さんの木桶、沓澤製材所さんの木桶などが人気です。

③陶器・・・越前焼のものがおすすめです。

窯職人の吉田豊一さんのものが人気です。

マルカワ味噌さんで購入できます。

他にも色々ありますが、初めてで良く分からないという方は、上記のものを参考にしてみてください。

上の3種類以外に、最近ではガラス瓶で味噌づくりをする方もいるようです。

少々値段が高いものもありますが、そんなにしょっちゅう買い替えるものではないので、一生使うつもりで選ぶと良いと思います。

毎日食べる味噌だからこそこだわりを

味噌汁は塩分が高いから飲みすぎは良くないと思っていませんか?

しかし、今では味噌汁を飲んでも健康効果の方が高いと考えられています。

スーパーに行けばすぐ手に入りますが、自分で味噌作りをして感じる事や得られる知識があると思います。

私たちの食に欠かせない味噌。

そんな味噌だからこそ、出来るだけ無添加のものを食べたいですね。

一回作ってみると意外と簡単で、次の年からは自分で大豆や塩などを調べて準備して自宅で作っているという人も多いようです。

ぜひ今回ご紹介した大阪での味噌作り教室を利用してみて下さい。

 - 食文化・食生活