玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

栄養豊富!簡単で美味しいきりたんぽ&味噌だれの作り方

      2018/02/01

栄養豊富!簡単で美味しいきりたんぽ&味噌だれの作り方

秋田県内では、冬場に学校給食のメニューともなる「きりたんぽ」。

きりたんぽは、味噌だれを付けて焼いて食べたり、鶏がらのだし汁に入れて煮込んだりする郷土料理です。

秋田県に旅行に行ったことがある方は、宿の食事で提供されて、食べたこともあるでしょう。

今回は、きりたんぽと、味噌だれの作り方をご紹介します。

簡単に作れて美味しいので、是非作って、味わってみてくださいね。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

野菜の味噌漬けの歴史と、その栄養がもたらす健康効果

日本人にとって野菜の漬け物は、飯の友として欠かせない存在...

自宅で本格的な味を!味噌ラーメンのスープ、手作りレシピ

ラーメンは味噌・醤油・塩・とんこつ、などの、どの味が好き...

神戸は味噌だれ!餃子のいろいろなたれレシピをご紹介!

餃子のたれというと、酢醤油が一般的です。 しかし、餃子...

名古屋めし「味噌カツ」のソースが自宅でも楽しめるレシピ

名古屋というと、その多彩なグルメを思い浮べる人も多いでし...

自宅で簡単に作れる!味噌ちゃんこ鍋のおすすめレシピ

これからの寒い時期には、鍋料理が食べたくなる人も多いので...

身体の芯から温まるもつ鍋味噌スープの美味しいレシピを紹介

寒い日が続くと身体の芯から温まるものが食べたくなります。...

旬のたけのこを美味しく味わおう!味噌和えのレシピ3選

たけのことは、みなさんがご存知のとおり、竹の芽の部分です...

美味しい味噌汁の作り方!もっと「ほんだし」を活用しよう

和食は、だしが要の料理です。 味噌汁も、だしがなくては...

味噌炒めの材料に嫌われ者の?ピーマンとなすを使ってみよう

子どもの嫌いな食べものと言えば「ピーマン」と「なす」が必...

美味しくてコクのある味噌鍋!スープのアレンジも豊富!

夕方以降に気温が下がる、寒い時期に食べたくなるのは鍋料理...

味噌鍋のおすすめレシピをご紹介!キャベツを入れて栄養満点

寒い冬に温まれる定番の料理と言えば、やはりお鍋ですよね。...

きゅうりの味噌和えのレシピ!低カロリーなのに美味しい!

みなさんは、どんな野菜がお好きですか? 食事のバランス...

醤油を薄めるには水よりお酢?知って得する料理と醤油の知識

煮物に使った醤油が濃すぎて、薄めるべくついつい水など足し...

醤油の違いは古来の製造方法をアレンジメントして生まれた

醤油には本醸造方式・混合醸造方式・混合方式の、主に3つの...

調味料の醤油にはjasマークがあるものとないものがある!?

日本人ならたいていのかたが口にする醤油。 醤油はふだん...

醤油醸造所が取り組む売上確保と伝統を守る姿をご紹介

2018年1月現在、醤油醸造所・メーカーの数は約1500...

新潟県長岡市中心の地域限定の食べ物「醤油おこわ」の作り方

皆さんは醤油おこわ(醤油赤飯)をご存知ですか?通常「赤飯...

醤油も原因?アレルギーの発生メカニズムと症状、対応方法

日本人の実に10人中、3人がなんらかのアレルギーを持って...

日本製の醤油は外国人にとっても日常に欠かせない存在

醤油は今や、外国人にとっても欠かせない調味料として存在感...

味付け調味料は醤油?ソース?焼き飯と炒飯の違いはどこに?

「焼き飯」という名称は、関東地方に住んでいる人にとっては...

スポンサーリンク


きりたんぽの栄養・効能

テレビのバラエティー番組でも、タレントが出身地別に出演し、その土地だけで行われている行事、習慣、郷土料理などを紹介していますね。

全国を旅するのはなかなか難しいので、テレビから各地の郷土料理などの情報を得られるのは、嬉しいものです。

みなさんは、きりたんぽを食べたことがありますか。

きりたんぽは、言わずと知れた秋田県の郷土料理です。

秋田県民にとっては、ソウルフードですよね。

潰したご飯を杉の棒に巻きつけて焼いたものを「たんぽ」、それを食べやすく切ったものを「きりたんぽ」といいます。

江戸時代後期から、この名称が使われるようになったそうです。

一般的には、味噌だれをつけて焼いて食べたり、だし汁で煮込んだりして親しまれています。

きりたんぽは、脂質、マンガン、銅を含んでいます。

そのため、代謝の促進、免疫力を高める、運動機能の維持といったような効果が期待できます。

きりたんぽのカロリーは、80g(1本)で168kcalのカロリーです。

きりたんぽは、100g換算で210kcalのカロリーで、80kcalあたりのグラム目安量は38.1gです。

炭水化物が多く36.96g、たんぱく質が2.56g、脂質が0.32gとなっています。

ビタミンやミネラルについては、マンガンと銅の成分が多く含まれています。

次は、味噌だれとの相性バッチリの、きりたんぽの作り方をご紹介します。

味噌だれとの相性バッチリ!きりたんぽの作り方

それでは、さっそくきりたんぽを手作りしてみましょう。

ご家庭に常備されている、ホットプレートを使用した作り方です。

もちもちして、香ばしくて、市販のものよりも桁違いに美味しいですよ。

【材料】

・白米 4合
・塩 適量

【作り方】

①うるち米を、若干柔らかめに炊きます。

すりこぎを使って、米粒が半分つぶれた状態にしましょう。

②お椀か小さいボウルに、水を200ccくらい入れます。

そして、塩を小さじ半分くらい溶かします。

③塩水を手につけたら、ご飯を茶碗山盛り1杯分くらいを、おにぎりのように握ります。

④乾燥した棒をご飯に刺して、細長く成形しましょう。

この時に使用する棒は、杉の木がベストですが、バーベキュー用の最も太い木の串でも代用可能です。

⑤手に塩水をつけ、ご飯になでるようにつけます。

塩水を多めにつけて、なめらかになるように、まな板の上で転がしましょう。

⑥棒状のご飯の端を、しっかりと閉じます。

⑦高温に熱したホットプレートの上で、ひっくり返しながらまんべんなく焼きます。

⑧全体に焼き目がついたら、きれいな布巾の上に置き、あら熱を取り、まだ熱いうちに棒から抜いてください。

冷めてしまうと、棒が抜けなくなってしまいます。

次は、きりたんぽともよく合う、美味しい味噌だれの作り方をご紹介します。

万能調味料!味噌だれの作り方

味噌だれは、きりたんぽだけでなく、色々な和食レシピに使えます。

家庭に常備されている調味料のみで作れるのも、嬉しいポイントですね。

では、味噌だれの作り方をご紹介します。

【材料 作りやすい分量】

・みそ 大さじ3
・砂糖 大さじ4~5
・酒 大さじ2
・みりん 大さじ1

※砂糖は、使用する味噌の甘みに合わせて量を調整しましょう。

例えば、甘めの味噌ならば大さじ4、甘みが少なめの味噌ならば大さじ5にするといいでしょう。

【作り方】

①味噌だれに使う材料を用意しましょう。

②材料が用意できたら、まず、鍋の中に全ての材料を合わせましょう。

火にかける前にゴムべらなどを使って、ダマをなくすように、よく混ぜ合わせておきます。

③鍋を中火にかけて、沸いてきたら少し弱火にします。

④ヘラで鍋底を混ぜながら、4~5分くらい火にかけます。

鍋肌も焦げ付きやすいので、時おりヘラでぬぐい落としておきましょう。

⑤4~5分くらい火にかけると、ドロッとしてとろみがついてきます。

目安は、ヘラで鍋底に線を書いた時に、すぐに線が消えずに、しばらく残っている状態です。

⑥出来上がったら、保存容器に移し入れておきましょう。

きりたんぽを味噌だれで焼いてみよう

「味噌は医者いらず」と言われているように、昔から味噌にまつわることわざが沢山あります。

それほど健康と味噌の関係は、深いのです。

味噌は栄養学や医学の面で多くの研究が進められおり、その成果も次々と公表されています。

味噌の原料の大豆は発酵作用によって、アミノ酸やビタミン類が沢山作られ、栄養価がアップしています。

また、酵素によって分解された大豆のたんぱく質は、アミノ酸となります。

そこには、生命を維持するためになくてはならない「必須アミノ酸8種類」が全部含まれているのです。

そのほかにも、ビタミン(B1・B2・B6・B12・E・K・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ピオチン)、無機質(ナトリウム・カルシウム・カリウム・マグネシウム、リン・亜鉛・鉄・銅・ヨウ素・セレン・モリブデン・クロム)、多価不飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、食物繊維などが含まれています。

毎日の食事にも、栄養豊富な味噌を積極的に使いましょう。

きりたんぽは鍋にしても美味しいですが、王道は味噌だれで焼いて食べる方法ですよね。

塗って焼くだけなので、簡単に作れますよ。

ここでは、きりたんぽを味噌だれで焼く作り方をご紹介します。

カリッ、ふわっと香ばしく、食欲をそそりますよ。

【作り方】

①前項でご紹介した作り方を参考に、きりたんぽを作りましょう。

②味噌だれも先ほどご紹介した作り方を参考に、作っておきましょう。

③味噌だれをきりたんぽの片面に、ハケなどを使って塗ります。

④グリルに味噌を塗った方を上にして入れ、中弱火でこんがりと焼きます。

⑤裏返して味噌だれを塗って、またこんがり焼きましょう。

焦げやすいので、こまめにチェックしましょう。

味噌だれの扱い方

きりたんぽのほかにも、ふろふき大根や、なす、こんにゃく、里芋などの田楽、酢みそ和えのベースなど、色々と使える優秀な味噌だれです。

そんな味噌だれは「赤みそ(豆みそ)」、「米みそ」、「麦みそ」など、家庭で使っている味噌で作れて、作り方も簡単です。

料理屋では、米みそよりも渋みや酸味があって、仕上がりが上品になる赤みそ(豆みそ)を使うことが多いです。

もし使いきれずに味噌だれが余ってしまっても、密閉容器などに入れて、約2ヵ月くらいは冷蔵保存が可能です。

ですから多めに作っておくと、調理にすぐに使えるので、便利でおすすめです。

作った味噌だれの、上手な扱い方を覚えておきましょう。

手作りしたばかりの味噌だれは、丁度良い硬さで調理にも使いやすいです。

しかし、一度冷蔵庫で冷やすと、硬くなってしまいます。

硬くなってしまった味噌だれを、硬いまま強引に使うのはやめましょう。

電子レンジで少しだけ温めて味噌だれを緩めたり、お湯で少しだけ溶いて、緩くしてから使いましょう。

味噌だれを調理にどんどん活用することで、レシピのレパートリーが増えるはずです。

簡単でヘルシーなきりたんぽ鍋の作り方

きりたんぽは味噌だれ以外にも、お鍋にしても美味しく食べることができます。

きりたんぽ鍋は、わずか一品で主食から野菜までバランスよく栄養を摂取できる、万能メニューなのです。

特別な材料は必要ありません。

寒い季節にピッタリな、美味しくて栄養満点のきりたんぽ鍋を、ご家族で楽んでくださいね。

【材料 2人分】

・温かいごはん 1合
・鶏もも肉 150g
・ごぼう 20g
・三つ葉またはセリ 1束
・舞茸などのきのこ類 100g
・しらたき 100g
・豆腐 1/2丁
☆醤油 小さじ2
☆水 400cc
☆塩 小さじ1/2
☆昆布 約10cm(なければ顆粒だし 小さじ1)
☆酒 大さじ2

【作り方】

①まずは、きりたんぽを作りましょう。

きりたんぽの作り方は、この記事の第二項目でご紹介しているので、そちらをご覧ください。

②焼きあがったきりたんぽを、2等分か3等分くらいに斜めに切ります。

③きりたんぽの用意ができたら、鍋の材料を切りましょう。

鶏肉、豆腐、しらたきは食べやすい一口大に切ります。

ごぼうはささがきにして水にさらし、あく抜きをしましょう。

④きのこは、石づきがあれば切り落とします。

三つ葉またはセリは、根元を切り落として、3~4cmに切ります。

⑤土鍋に☆の材料を入れ、切った舞茸、鶏肉、ささがきごぼうを入れて火にかけ、あくをすくいましょう。

⑥きりたんぽと、三つ葉またはセリを最後に入れ、火が通ったら完成です。

郷土料理を美味しく頂こう

きりたんぽに限らず、全国各地には美味しい郷土料理は沢山あります。

郷土料理を食べることを目的とした旅行をしてみても、楽しそうですね。

また、味噌だれは漬けるのはもちろん、炒め物やあえ物にも使える万能だれです。

魚や肉、野菜にもよく合いますよ。

簡単に作ることができるので、手作りして、毎日の料理に活用していきましょう。

 - その他食材